西洋占星術のタグまとめ

西洋占星術」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには西洋占星術に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「西洋占星術」タグの記事(462)

  1. 2020年10月天秤座の新月と星々のことの葉 - ことの葉暦

    2020年10月天秤座の新月と星々のことの葉

    知ることは、できないのかもしれません。覚えることは、できないのかもしれません。受け容れられていることの。愛されてることの。そのほんとうの、よろこびを。知ることは、できないのかもしれません。覚えることは、できないのかもしれません。受け容れられないことの。愛されないことの。そのほんとうの、かなしみを。私たちが受け容れることをしないかぎり。愛することをしないかぎり。その人を。その人々を。そのなにか...

  2. 2020年10月牡羊座の満月と星々のことの葉 - ことの葉暦

    2020年10月牡羊座の満月と星々のことの葉

    私たちは望みます。強くありたいと。たしかに、必要です。強くあることは。ただし、必要ではありません。誰よりも強くあることは。強くあれますように。自分よりも強いものを忌むことなくいられるだけ。誰よりも強くなれない自分を忌むことなくいられるだけ。愛すべき大切なものを愛することをやめないでいられるだけ。2020年10月牡羊座の満月と星々の香りパイン1滴プチグレン1滴エレミ1滴

  3. 2020年天秤座の太陽と星々のことの葉 - ことの葉暦

    2020年天秤座の太陽と星々のことの葉

    私たちはしばしば正しくないことをしてしまう。傷付けまいとするあまりに。傷付くまいとするあまりに。私たちはしばしば傷付けてしまう。傷付いてしまう。正しくあろうとするあまりに。どちらを選びましょう?傷付くことが決してない世界と正しいことがたしかにある世界と。ひとつ、覚えていてくださいね。傷付いたものは必ず愛されます。傷は必ず癒されます。そこが正しいことがたしかにある世界なら。そこで私たちが正しい...

  4. 2020年9月乙女座の新月と星々のことの葉 - ことの葉暦

    2020年9月乙女座の新月と星々のことの葉

    そこに愛がないのなら。私たちはきっと、苦しまないでしょう。わからないことがあることに。できないことがあることに。もっともまた私たちはきっと、ほんとうにはよろこべないでしょう。わかるようになることを。できるようになることを。ほんとうにわかるようになることでほんとうにできるようになることで私たちはむしろゆけなくなるのかもしれない。ここのほかのどこへも。それでも私たちはきっと、苦しまないでしょう。...

  5. 2020年9月魚座の満月と星々のことの葉 - ことの葉暦

    2020年9月魚座の満月と星々のことの葉

    もたなければなりません。私たちの幸せの責任を。私たちの人生の責任を。私たちは生きることができません。何ひとつもたずには。それでいて何ひとつないのです。そのほかには。私たちがもてるものなど。私たちがもってしかるべきものなど。私たちすべてがそのほかに何ひとつもたないなら私たちは自由にできる。私たちを。重荷から。私たちは自由にできる。私たちのほかのすべてを。私たちから。2020年9月魚座の満月と星...

  6. 2020年8月獅子座の新月と星々のことの葉 - ことの葉暦

    2020年8月獅子座の新月と星々のことの葉

    たしかにより早く見られるのかもしれません。迎えられるのかもしれません。夜明けを。より高いところにいったなら。もっとも見られないことなどないのです。迎えられないことなどないのです。夜明けは。低いところにいたとしても。私たちが隠れていさえしなければ。夜明けは、然るべき時に訪れます。その時、私たちは、隠れていてはいけないのです。2020年8月獅子座の新月と星々の香りティートリー1滴シダーウッド・ア...

  7. 私の出生図☆太陽と月 - Lunarioの西洋占星術セラピー

    私の出生図☆太陽と月

    今日は私の出生図を読んでみたいと思います。専門用語で、出生図のことをネイタルチャート(略してネイタル)といいます。こちらが私のネイタルまずホロスコープを読む上で最も重要なのは太陽と月です。スーパーざっくり説明すると、太陽=オフィシャルの顔月=プライベートの顔を表します。私は太陽魚座で月乙女座。惑星同士が向かい合う180°(オポジション)という位置関係です。正反対で向かい合うということは、太陽...

  8. 2020年8月水瓶座の満月と星々のことの葉 - ことの葉暦

    2020年8月水瓶座の満月と星々のことの葉

    たしかに、あることでしょう。こえなければならないものが。こえてゆかねばならないものが。ゆくべきところへゆくために。ゆえに私たちはしばしば懸命にのぼる。高いところへと。たしかに通らなければならないところではあるのかもしれません。高いところは。ゆくべきところへゆくためには。もっともならばとどまるべきところではないのかもしれません。高いところは。ゆくべきところへゆくためには。懸命にのぼった高いとこ...

  9. 2020年獅子座の太陽と星々のことの葉 - ことの葉暦

    2020年獅子座の太陽と星々のことの葉

    あなたが何かを成し遂げたとしても、その何かはあなたのものでもあなたでもないのです。あなたはただあなたのまま。その何かはあなたではないものとなる。あなたはただゆるすでしょう。よろこぶでしょう。あなたではないものがあるようになることを。愛はそのようにしてすべてを成し世界を創って来ました。私たちは働く。この世界を私で満たすためではなく、私が愛するもので満たすために。2020年獅子座の太陽と星々の香...

  10. 2020年7月蟹座の新月と星々のことの葉 - ことの葉暦

    2020年7月蟹座の新月と星々のことの葉

    私たちはむしろ安らうものなのです。やるべきことがあることに。負うべきものがあることに。やるべきことがないことに負うべきものがないことにではなくって。やるべきことがあるのは負うべきことがあるのはいるべきところにいるからこそ。怠惰などとはまるで反対のことなのです。そこに安らうことは。そこがいるべきところなのなら。そこからどこにも行こうとしないのは。そこがいるべきところなのなら。2020年7月蟹座...

  11. 2020年7月山羊座の月蝕と星々のことの葉 - ことの葉暦

    2020年7月山羊座の月蝕と星々のことの葉

    新しいものは新しいままではいられない。愛され続けるならば。すなわちそれは必ず古いものになるのです。愛され続けたならば。それが古いものであるのは愛され続けられたから。そうしてあり続けることをゆるされたから。そのように古いものはもはや自由であることでしょう。愛されることの理由を求めることから。あることの理由を求めることから。だから嘆かなくてよいのです。日のもとに新しきものがたとえないのだとしても...

  12. 宇宙の理 - ひよこまめ通信 

    宇宙の理

    昨日のつづき。土星は現実的に物事を考えて実用的に使っていこうとします。でも海王星は理想主義的なエネルギー。土星は固めるエネルギーですが、海王星は境界線を溶かしていくエネルギー。このふたつがアスペクト(角度)をもつと、相反するエネルギーで葛藤も起こりやすくなります。葛藤や苦しさを、人生において経験させられるということです。そしてそれは過去世からの経験があります。どのようなことが起こってくるかは...

  13. 2020年6月蟹座の日蝕と星々のことの葉 - ことの葉暦

    2020年6月蟹座の日蝕と星々のことの葉

    私たちがもとめるものそれはもしかしたら私のほんとうの名などではないのかもしれません。私が呼ばれるべき名などではないのかもしれません。私たちがもとめるものそれはむしろ呼ぶべき名なのです。呼ばれるべき愛すべきものの名なのです。私たちは名をもとめる。自分のためにではなく愛するもののために。愛するものが呼ばれるために。そうしていつしか私たちはなってゆく。名を与える者に。その時きっと私たちは自由です。...

  14. 2020年蟹座の太陽と星々のことの葉 - ことの葉暦

    2020年蟹座の太陽と星々のことの葉

    わかりあうために言葉があるようになったのではないのです。すなわち言葉があるゆえにわかりあえるようになったのではないのす。わかりあっていたのです。わかりあえるのです。私たちは。だからこそあるようになることができたのです。あることができるのです。言葉は。そして、だからこそ、なのです。私たちが、黙っていられないのは。黙っていなくてよいのは。黙っていてはいけないのは。2020年蟹座の太陽と星々の香り...

  15. 2020年6月射手座の月蝕と星々のことの葉 - ことの葉暦

    2020年6月射手座の月蝕と星々のことの葉

    知れば知るほど私たちは知るでしょう。この世界は、思ったとおりではないことを。思うようにはならないことを。いつだって世界は、軽々と遥かに超えていく。私たちの思いを。その真実は理由となるはずです。知ることをやめないことの。世界を愛することの。知ることをやめることの世界を愛さないことのではなくって。2020年6月射手座の月蝕と星々の香りライム1滴グレープフルーツ1滴ペパーミント1滴

  16. 2020年5月双子座の新月と星々のことの葉 - ことの葉暦

    2020年5月双子座の新月と星々のことの葉

    私たちは変わらなければならない。生きてゆくために。私たちは死にゆかなければならない。変わりゆくゆえに。私たちは生きてゆけない。変わることを怖れていては。私たちは変わることができない。死ぬことを怖れていては。どうしたらよいのでしょう。私たちは。覚えていましょう。私たちは不幸せではないということを。愛するものがために生きるのなら。死にゆくのなら。変わりゆくのなら。2020年5月双子座の新月と星々...

  17. 2020年双子座の太陽と星々のことの葉 - ことの葉暦

    2020年双子座の太陽と星々のことの葉

    私たちはなぜ怖れるのか。それはその何かゆえにこの世界で生きていけなくなるように思うから。すなわち私たちが怖れるのは、この世界で生きてけなくなること。その何かなどではないのです。私たちはなぜ戦うのか。それはその何かゆえにこの世界で生きていけないようにされたくないから。すなわち私たちが戦うのは、この世界で生きていくため。その何かを憎んでいるためなどではないのです。ただ私たちはこの世界で生きていき...

  18. 2020年5月蠍座の満月と星々のことの葉 - ことの葉暦

    2020年5月蠍座の満月と星々のことの葉

    もしも私たちが、すべてを知るようになれたとしたらなくなることでしょう。不条理なことなどひとつも。けれどもまたなくなることでしょう。奇跡と呼べることなどすべて。もしも私たちが、全てを信じるようになれたとしたらなくなることでしょう。不条理なことなどひとつも。それでいてなくさないことでしょう。奇跡と呼ぶことをひとつとして。2020年5月蠍座の満月と星々の香りサンダルウッド1滴ヤロウ1滴クラリセージ1滴

  19. 2020年4月牡牛座の新月と星々のことの葉 - ことの葉暦

    2020年4月牡牛座の新月と星々のことの葉

    私たちは、知っています。雨は、いつか必ず止むものであることを。だから、待つことをします。雨の止むのを。嵐が止むのを。だからまた時に、責めることもします。止まないと言って。私たちは、知っています。虹は、雨上がりに顕れるものであることを。それでいて、待つことをしません。虹が顕れるのを。だからまた決して責めることはしません。顕れないと言って。虹はいつも、私たちにとって、不意に顕れる。あたかも奇跡で...

  20. 2020年牡牛座の太陽と星々のことの葉 - ことの葉暦

    2020年牡牛座の太陽と星々のことの葉

    私たちは、さだめられています。変えられるべく。変わるべく。けれどもそれは、さだめではあるけれども、目的ではないのです。私たちの人生の。変えられざるをえないこと。変わらざるをえないこと。それは、私たちの人生のためにある。そのために、私たちの人生があるのではなくって。そうしてすなわちそれは、呪いではなく救いであることでしょう。私たちの、人生の。2020年牡牛座の太陽と星々の香りサイプレス1滴タイ...

総件数:462 件

似ているタグ