西郷隆盛のタグまとめ

西郷隆盛」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには西郷隆盛に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「西郷隆盛」タグの記事(79)

  1. 王政復古の大号令(「青天を衝け」121) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    王政復古の大号令(「青天を衝け」121)

    王政復古の大号令(「青天を衝け」121) 今日は、王政復古の大号令について書いていきます。王政復古の大号令は、慶応3年(1867)12月9日に発せられました。これは討幕派の仕かけた宮廷内クーデターです。王政復古の大号令は、岩倉具視と大久保利通・西郷隆盛を中心に計画されました。12月1日、大久保利通、西郷隆盛、品川弥二郎等は、岩倉具視、中山忠能、正親町三条実愛、中御門経之等と会合し、「八月十八...

  2. 青天を衝け第23話「篤太夫と最後の将軍」その3~江戸薩摩藩邸焼き討ち事件~ - 坂の上のサインボード

    青天を衝け第23話「篤太夫と最後の将軍」その3~江戸薩...

    「その1」「その2」のつづきです。王政復古のクーデターの報告を受けた徳川慶喜は、善後策に苦慮します。辞官はともかく、納地の命令は、徳川家15代当主として簡単に受け入れられるものではありません。それならば薩摩と一戦交えるか・・・・。幕兵、会津兵、桑名兵を合算すれば、薩長の在京兵力を打ち破れないことはない。しかし、いったん朝敵となってしまえば、尾張、越前、土佐が推し進める調停が水の泡になる。さり...

  3. 青天を衝け第23話「篤太夫と最後の将軍」その2~小御所会議~ - 坂の上のサインボード

    青天を衝け第23話「篤太夫と最後の将軍」その2~小御所会議~

    「その1」のつづきです。慶応3年10月15日(1867年11月10日)、徳川慶喜から受けた大政奉還の上表を承認した朝廷でしたが、やはり慶喜が考えていたとおり、ただちに政権を運営できる能力が朝廷にはなく、どうにも手のうちようがありませんでした。したがって、ことごとに慶喜の意見を聞き、指示を仰ぎ、結局は政務を慶喜に委託するしかありませんでした。慶喜の思惑どおりにことが運んでいたといえるでしょう。...

  4. 山頭火「生き残ったからだ」西郷隆盛→李鴻章に(゚д゚;)) - 憂き世忘れ

    山頭火「生き残ったからだ」西郷隆盛→李鴻章に(゚д゚;))

    とゆうことで、西郷隆盛は「擬死」の後どうなったか。李鴻章って知ってます?私は「蒼穹の昴」で初めて知りました。生き残ったからだ掻いてゐるA生=西き=来=こ=後=郷残=さん=下ん=おん=生ん=南った=つた=伝=テン=十=洲から=下ら=り=李だ=太=大=お掻い=うだ掻い=お二=おおて=手=取=とり*おおとり=鴻い=五=小=章る=流=良=代=荷=に西郷南洲、李鴻章に\(^_^ )B生=西き=木=目=...

  5. 西郷隆盛、なんで写真がないんだ!! - 憂き世忘れ

    西郷隆盛、なんで写真がないんだ!!

    「風の中のマリア」の第二章2「見えない敵」が西郷隆盛と読んでいる。この人も勝っちゃんと仲良しで「死んでない」と思う。「西南の役」で遺体がない。それと、今気づいたんだけど、写真がない。例の外国人が描いた肖像画と、上野の銅像だけが、私たちの「西郷どん」のイメージ。眉毛ぶっとい、ギョロ目のあの顔。勝っちゃんの作戦で、写真を全部破棄したのでは。つまり、実際は全然似ていない気がする。「風の中のマリア」...

  6. 慶喜、「禁門の変」で激闘(「青天を衝け」89) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    慶喜、「禁門の変」で激闘(「青天を衝け」89)

    慶喜、「禁門の変」で激闘(「青天を衝け」89) 今日は「禁門の変」について書いていきます。「禁門の変」は、「青天を衝け」では詳細には描かれませんでしたが、幕末史の中では重大事件の一つであるとともに慶喜の活躍が目立った事件です。 「禁門の変」とは、元治元年(1864)7月、八月十八日の政変によって京都を追われた尊攘派公卿と長州藩主の雪冤などを目的に出兵した長州藩と会津・薩摩藩を中心とした諸藩と...

  7. 青天を衝け第17話「篤太夫、涙の帰京」~禁門の変(蛤御門の変)~ - 坂の上のサインボード

    青天を衝け第17話「篤太夫、涙の帰京」~禁門の変(蛤御...

    平岡円四郎暗殺の凶報を関東出張中の渋沢栄一(篤太夫)と渋沢喜作(成一郎)のふたりが知ったのは、事件発生から14、5日後のことでした。栄一の自伝『雨夜譚』によると、栄一はこの凶報を聞いたとき「じつに失望極まった」とあります。そうだったでしょうね。栄一らが一橋家の家臣となってわずか半年ほどしか経っていませんでしたが、円四郎から受けた恩顧は人生いちばんだったといってもよく、その恩人の横死に接した彼...

  8. 「風の中のマリア」西郷隆盛、生きてオランダへ💣💥 - 憂き世忘れ

    「風の中のマリア」西郷隆盛、生きてオランダへ&...

    勢いで、もう一つ。「風の中のマリア」第二部2「見えない敵」これを西郷隆盛と読んでいる。「死んでない」噂のある人たちから推理しているだけなので、もともと根拠が希薄。遺体がないというのがアヤシイ。勝海舟と絡んだ人たちは、同じ国民同士殺し合わない。海舟さんは、英仏のやり口を知っている。こんな感じで。2「見えない敵」A見=さえ=生=いない=無い=六一=七=五二=郷敵=てきて=手=た=立=隆き=生=せ...

  9. 栄一、西郷と豚鍋を食べる(「青天を衝け」82) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    栄一、西郷と豚鍋を食べる(「青天を衝け」82)

    栄一、西郷と豚鍋を食べる(「青天を衝け」82) 「青天を衝け」第15回の解説の最後に、栄一と西郷とが豚鍋を食べたことにっいてお話します。「青天を衝け」では折田要蔵のところで西郷隆盛と豚鍋を食べていました。しかし、栄一が西郷と豚鍋を食べたのは史実ですが、折田要蔵のところではなかったようです。 栄一には「実験論語処世談」という著作があります。「実験論語処世談」は、栄一が『論語』をテーマに実体験を...

  10. 西郷、折田要蔵と大喧嘩(「青天を衝け」81) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    西郷、折田要蔵と大喧嘩(「青天を衝け」81)

    西郷、折田要蔵と大喧嘩(「青天を衝け」81) 「青天を衝け」で、折田要蔵のところで、西郷隆盛と出会い、豚鍋もごちそうになるというシーンがありました。「雨夜譚」には折田要蔵のところで西郷隆盛と会ったとは書いてありませんので、この西郷隆盛と出会うシーンは創作だと思います。だからといって、折田要蔵のところでの西郷隆盛の話がすべて創作だとはいえせん。西郷隆盛が折田要蔵と大喧嘩をしたのは実話です。この...

  11. 青天を衝け第15話「篤太夫、薩摩潜入」~折田要蔵への弟子入りと西郷隆盛との出会い~ - 坂の上のサインボード

    青天を衝け第15話「篤太夫、薩摩潜入」~折田要蔵への弟...

    一橋家に仕官した渋沢栄一と渋沢喜作は、平岡円四郎の勧めもあり、栄一は「篤太夫」、喜作は「成一郎」と改名します。ドラマでは、喜作は「成一郎」という名を気に入っていたようですが、栄一は「篤太夫」が不服そうでしたね。まあ、これはドラマのコミカルな演出でしょうが、明治になると二人とも元の名前に戻すので、当ブログでは、これまでどおり栄一と喜作で通したいと思います(もっとも、喜作の場合、成一郎という名の...

  12. 勝海舟記念館を見たら洗足池を一周してみたら?五反田から池上線散歩♪ - ルソイの半バックパッカー旅

    勝海舟記念館を見たら洗足池を一周してみたら?五反田から...

    2019.11.4見よ、この堂々たる建築♪ずっと前から中を見たいなあと思っていたらなんと勝海舟記念館としてOPENしたのでスクラッチタイルやアールデコの様式など楽しめました♪何?勝海舟は?って?...洗足池のほとりには、かつて勝海舟の別荘「洗足軒」がありました。(財)清明会は遺跡の保存や図書の蒐集などを目的に発足し、昭和8年に清明文庫として開館。この扉のデザインはいいですねえ♪洗足池は日蓮上...

  13. 遠くへ行きたい(2019.08.12)…‼  市内観光編 - バイクツーリングチーム ZERO SIGHT

    遠くへ行きたい(2019.08.12)…‼ 市内観光編

    鹿児島2日目桜島フェリーを下船してからの 鹿児島市内入り第5目的地と第6目的地のお話。写真の場所は、鹿児島市内のど真ん中になるのかな⁉第5目的地『 西郷隆盛像 』前からでございます。桜島同様に鹿児島に来た感がでた場所‼結構間近で観れると思っていたのですがちょっと高台に有るんですよねぇ~撮影を手伝ってくれた息子もかがんで撮影してましたよこの後は…第6目的地 標高100m程の『 城山展望台 』目...

  14. 鹿児島・維新ゆかりの地を巡る - マルオのphoto散歩

    鹿児島・維新ゆかりの地を巡る

    維新のふるさと鹿児島でゆかりの史跡を駆け足で巡った。改めて西郷さんの人気の高さを感じ、加治屋町では狭い一角にこれほど明治の元勲が集中して生活していたことに驚かされ、尚古集成館では島津斉彬が取り組んだ様々な西洋の先端技術を見て維新への原動力を垣間見た。あいにくの雲で桜島が見えなかったが、貴重な歴史散歩だった。若き薩摩の群像城山・西郷洞窟西郷隆盛終焉の地南洲墓地(桐野利秋)(村田新八)南洲神社島...

  15. 西郷隆盛の名言 - 千葉県剣道連盟居合道部(iaidou)八千代支部

    西郷隆盛の名言

    「事」には上手と下手が、「物」にはできるできないがあり、そのことに心を動かされる人もいる。しかし、人は「道」を行うものである。「道」を実践するのに上手も下手もなく、できない人もいない。だからひたすら「道」を行い「道」を楽しむのだ。《 西郷隆盛の遺訓 》この西郷隆盛の言葉を居合道という道に置き換えると、居合を通した修行とは本来如何にあるべきか深く考えさせられます。

  16. 西郷隆盛さんゆかりの侍達松ヶ岡開墾当初の開墾地 - 「 ボ ♪ ボ ♪ 僕らは釣れない中年団 ♪ 」Ver.1

    西郷隆盛さんゆかりの侍達松ヶ岡開墾当初の開墾地

    鶴岡市水道部水源地脇の赤川土堤に鎮座する琴平神社大正拾年八月六日赤川堤防決壊之跡地石碑松ヶ岡開墾当初の開墾地説明盤文字おこし松ヶ岡開墾当初の開墾地明治維新の大変革に際し、旧荘内藩士は刀を鍬にかえて松ヶ岡開墾の大事業に着手した。その開墾に先立ち試みとして明治五年四月三六〇名で、赤川流域の此処伊勢横内・斎藤川原赤川の川原地約10ヘクタール(三万坪)を開墾し桑苗を植え茶種をまいた。爾来赤川の洪水等...

  17. 藤田八束の鉄道写真@地方経済の発展性を考える・・・自分のこれからを考える、若者のこれからの生き方、鹿児島の路面電車 - 藤田八束の日記

    藤田八束の鉄道写真@地方経済の発展性を考える・・・自分...

    藤田八束の鉄道写真@地方経済の発展性を考える・・・自分のこれからを考える、若者のこれからの生き方、鹿児島の路面電車経済中心の社会の中で私たちは生活をしている。従って最低限の収入源がないとと生活が出来ないし、楽しく個人生活を送ることも困難である。「学歴だけが幸せを生む物ではない、健康第一だ・・」・そうはいってもやっぱりこの発展し続ける世の中で確固たる生活を得るにはそれだけの知識を持ていかなけれ...

  18. 明治維新150年ということで(2)〜「西郷どん」かく語りけり - 前田画楽堂本舗

    明治維新150年ということで(2)〜「西郷どん」かく語りけり

    今回は本年度大河ドラマ「西郷どん」の主人公としても有名な西郷隆盛の格言を収めた「西郷どんの教え」をご紹介させていただきたいと思っている。こちらの一冊との出会いは2011年(平成23)3月、出張で鹿児島に足を運んだ際に空き時間に立ち寄った鹿児島市内の書店で購入した一冊である。西郷亡き後にかつて起こった戊辰戦争の際に助命・減刑され、その後西郷と親交を持った庄内藩士たちによって編纂された「南洲翁遺...

  19. 鹿児島の旅@NHK大河ドラマ西郷どんを終了日曜日が寂しい、鹿児島を旅行城山と桜島の間に錦江湾、それは神様からの贈り物だ - 藤田八束の日記

    鹿児島の旅@NHK大河ドラマ西郷どんを終了日曜日が寂し...

    鹿児島の旅@NHK大河ドラマ西郷どんを終了日曜日が寂しい、鹿児島を旅行城山と桜島の間に錦江湾それは神様からの贈り物だ鹿児島は学生時代を送った私にとっては素敵な街である。先日までNHK大河ドラマ西郷どんがテレビで放映されていたがそれが終了、一寸寂しい感じで新年を迎えようとしている。ている。城山から桜島を見てからフェリーで桜島に渡り、桜島を少し観光として鹿児島の街を見ようと思い出かけました。城山...

  20. 上野の西郷さん - 坂の上のサインボード

    上野の西郷さん

    明治維新150年にあたるメモリアルイヤーの今年、平成30年(2018年)の大河ドラマは『西郷どん』でしたが、その第1話のオープニングに登場した上野恩賜公園の西郷隆盛像についての起稿です。今年の春、たまたま東京に行く機会を得たので、ついでに足を運んできました。 周知のとおり、西郷隆盛がこの世を去ったのは明治10年(1877年)9月24日、西南戦争における反乱軍としての戦死でした。そのため西郷は...

総件数:79 件

似ているタグ