西郷隆盛のタグまとめ

西郷隆盛」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには西郷隆盛に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「西郷隆盛」タグの記事(89)

  1. 鹿児島・維新ゆかりの地を巡る - マルオのphoto散歩

    鹿児島・維新ゆかりの地を巡る

    維新のふるさと鹿児島でゆかりの史跡を駆け足で巡った。改めて西郷さんの人気の高さを感じ、加治屋町では狭い一角にこれほど明治の元勲が集中して生活していたことに驚かされ、尚古集成館では島津斉彬が取り組んだ様々な西洋の先端技術を見て維新への原動力を垣間見た。あいにくの雲で桜島が見えなかったが、貴重な歴史散歩だった。若き薩摩の群像城山・西郷洞窟西郷隆盛終焉の地南洲墓地(桐野利秋)(村田新八)南洲神社島...

  2. 西郷隆盛さんゆかりの侍達松ヶ岡開墾当初の開墾地 - 「 ボ ♪ ボ ♪ 僕らは釣れない中年団 ♪ 」Ver.1

    西郷隆盛さんゆかりの侍達松ヶ岡開墾当初の開墾地

    鶴岡市水道部水源地脇の赤川土堤に鎮座する琴平神社大正拾年八月六日赤川堤防決壊之跡地石碑松ヶ岡開墾当初の開墾地説明盤文字おこし松ヶ岡開墾当初の開墾地明治維新の大変革に際し、旧荘内藩士は刀を鍬にかえて松ヶ岡開墾の大事業に着手した。その開墾に先立ち試みとして明治五年四月三六〇名で、赤川流域の此処伊勢横内・斎藤川原赤川の川原地約10ヘクタール(三万坪)を開墾し桑苗を植え茶種をまいた。爾来赤川の洪水等...

  3. 藤田八束の鉄道写真@地方経済の発展性を考える・・・自分のこれからを考える、若者のこれからの生き方、鹿児島の路面電車 - 藤田八束の日記

    藤田八束の鉄道写真@地方経済の発展性を考える・・・自分...

    藤田八束の鉄道写真@地方経済の発展性を考える・・・自分のこれからを考える、若者のこれからの生き方、鹿児島の路面電車経済中心の社会の中で私たちは生活をしている。従って最低限の収入源がないとと生活が出来ないし、楽しく個人生活を送ることも困難である。「学歴だけが幸せを生む物ではない、健康第一だ・・」・そうはいってもやっぱりこの発展し続ける世の中で確固たる生活を得るにはそれだけの知識を持ていかなけれ...

  4. 明治維新150年ということで(2)〜「西郷どん」かく語りけり - 前田画楽堂本舗

    明治維新150年ということで(2)〜「西郷どん」かく語りけり

    今回は本年度大河ドラマ「西郷どん」の主人公としても有名な西郷隆盛の格言を収めた「西郷どんの教え」をご紹介させていただきたいと思っている。こちらの一冊との出会いは2011年(平成23)3月、出張で鹿児島に足を運んだ際に空き時間に立ち寄った鹿児島市内の書店で購入した一冊である。西郷亡き後戊辰戦争の際に助命・減刑され、その後西郷と親交を持った庄内藩士たちによって編纂された「南洲翁遺訓」を児童向けに...

  5. 鹿児島の旅@NHK大河ドラマ西郷どんを終了日曜日が寂しい、鹿児島を旅行城山と桜島の間に錦江湾、それは神様からの贈り物だ - 藤田八束の日記

    鹿児島の旅@NHK大河ドラマ西郷どんを終了日曜日が寂し...

    鹿児島の旅@NHK大河ドラマ西郷どんを終了日曜日が寂しい、鹿児島を旅行城山と桜島の間に錦江湾それは神様からの贈り物だ鹿児島は学生時代を送った私にとっては素敵な街である。先日までNHK大河ドラマ西郷どんがテレビで放映されていたがそれが終了、一寸寂しい感じで新年を迎えようとしている。ている。城山から桜島を見てからフェリーで桜島に渡り、桜島を少し観光として鹿児島の街を見ようと思い出かけました。城山...

  6. 上野の西郷さん - 坂の上のサインボード

    上野の西郷さん

    明治維新150年にあたるメモリアルイヤーの今年、平成30年(2018年)の大河ドラマは『西郷どん』でしたが、その第1話のオープニングに登場した上野恩賜公園の西郷隆盛像についての起稿です。今年の春、たまたま東京に行く機会を得たので、ついでに足を運んできました。 周知のとおり、西郷隆盛がこの世を去ったのは明治10年(1877年)9月24日、西南戦争における反乱軍としての戦死でした。そのため西郷は...

  7. 西郷どん総評 - 坂の上のサインボード

    西郷どん総評

    「幕末」と呼ばれる時代はいつからいつまでを言うのか、という話題になったとき、その始まりは「黒船来航」からという意見で概ね一致しますが、その終わりとなると、ある人は「王政復古の大号令」だといい、別の人は「戊辰戦争の終結」だといい、いやいや「廃藩置県」だろうという人もいれば、「西南戦争の終結」まで幕末は続いていたという人もいて、なかなか解釈が定まりません。 わたしの個人的意見を述べさせてもらうと...

  8. 西郷どん第47話「敬天愛人」その4~紀尾井坂の変~ - 坂の上のサインボード

    西郷どん第47話「敬天愛人」その4~紀尾井坂の変~

    シリーズ最後です。ドラマは西郷隆盛の物語でしたが、西郷の生涯を語るには、西郷の死の約8ヶ月後に起きた出来事まで語らなければ完結しません。すなわち、大久保利通の死です。大久保は明治11年(1878年)5月14日、東京の紀尾井坂において不平士族たちによって殺されました。 事件当日の午前8時、大久保は明治天皇に謁見するために裏霞ヶ関の自邸を出発し、赤坂の仮皇居に向かいました。共は下僕で馭者の中村太...

  9. 西郷どん第47話「敬天愛人」その3~西郷死す~ - 坂の上のサインボード

    西郷どん第47話「敬天愛人」その3~西郷死す~

    昨日の続きです。明治10年(1877年)9月24日早朝、政府軍は西郷隆盛らの籠もる城山を包囲しました。政府軍は兵力の差で西郷軍を圧倒していましたが、それでも、その包囲網は幾重にも連ね、さらに柵などで囲って防御用の陣地を構築するといった念の入れようだったといいます。これは、政府軍の参軍・山縣有朋の慎重すぎる性格が濃厚に反映していたと見られます。前稿で紹介したように、山縣は前日に西郷に宛てて畏敬...

  10. 西郷どん第47話「敬天愛人」その2~鹿児島への帰還~ - 坂の上のサインボード

    西郷どん第47話「敬天愛人」その2~鹿児島への帰還~

    昨日の続きです。政府軍の虚を衝いて可愛岳の突破に成功した西郷隆盛率いる西郷軍は、九州の中央を貫く山脈の尾根伝いに百里余りの険しい道を突き進み、明治10年(1877年)9月1日に鹿児島に入りました。2月の決起以来、実に199日ぶりの帰還でした。2月の決起時には1万数千人いた西郷軍兵士の数も、このときには400人を切るまでに減っていました。 当時、城山と私学校には政府軍の新撰旅団の一部がいました...

  11. 西郷どん第46話「西南戦争」その4~西郷軍解散と木戸孝允の死~ - 坂の上のサインボード

    西郷どん第46話「西南戦争」その4~西郷軍解散と木戸孝...

    昨日の続きです田原坂の陣を奪われた西郷軍は、以後、退却を重ねていくことになります。3月20日に田原坂をあとにした西郷軍の本営は、4月以降、神瀬、木山を経て、もともと薩摩国に接し、薩摩の影響の強い人吉へと移されました。ここで西郷隆盛は、負傷した別府晋介を鹿児島に帰らせ、先に熊本から帰郷していた桂久武とともに、新たな兵員の募集に当たらせました。この期に及んで、まだ西郷は戦いを諦めてはいなかったよ...

  12. 西郷どん第46話「西南戦争」その2~熊本城攻防戦~ - 坂の上のサインボード

    西郷どん第46話「西南戦争」その2~熊本城攻防戦~

    東上を開始した西郷軍は、連日の雪のためにその行軍は難行しましたが、明治10年(1877年)2月21日、熊本城下に到着しました。当時、熊本城には日本陸軍の熊本鎮台が置かれていました。ここで西郷軍は軍議を開き、全軍をもって熊本城を攻撃するか、一部の兵で城を攻撃し、残りはこのまま熊本城を捨て置いて北上するかが話し合われます。冷静に考えれば、彼らの目的が上京して政府に詰問するためにあるならば、熊本城...

  13. 西郷どん第46話「西南戦争」その1~西郷の挙兵~ - 坂の上のサインボード

    西郷どん第46話「西南戦争」その1~西郷の挙兵~

    明治10年(1877年)2月15日に挙兵した西郷軍は、出水街道と大口街道の二道に分かれて東上を開始。そしてその総大将である西郷隆盛も、2月17日に鹿児島を発ちます。このとき、南国の鹿児島では珍しい50年に一度と言われた大雪が数日前から降り続き、町を白く染めていたと伝えられます。西郷軍は出陣するにあたって7大隊を編成し、篠原国幹、村田新八、永山弥一郎、桐野利秋、池上四郎、別府晋介に、それぞれ大...

  14. 藤田八束の鉄道写真@明治維新が教えてくれた若者教育法、勉強と訓練・・・教育環境の大切さ、西郷隆盛と坂本龍馬 - 藤田八束の日記

    藤田八束の鉄道写真@明治維新が教えてくれた若者教育法、...

    藤田八束の鉄道写真@明治維新が教えてくれた若者教育法、勉強と訓練・・・教育環境の大切さ、西郷隆盛と坂本龍馬NHK大河ドラマ「西郷どん」が最高に面白い。とうとう西南の役に入っていく…。熊本出身のこの私もどうも西南の役の真実が知りたい。西郷隆盛が西南の役に入っていくその訳とは、優秀な人たちはどの様な行動をとって行ったのか。そして、得られた日本は希望ある国となったのか。その後改革どう展開していった...

  15. 西郷どん第45話「西郷立つ」その3~弾薬庫襲撃事件~ - 坂の上のサインボード

    西郷どん第45話「西郷立つ」その3~弾薬庫襲撃事件~

    昨日の続きです。西郷隆盛の暗殺計画が持ち上がる少し前、政府内では鹿児島の不穏な動向に対処すべく、ある計画を立案します。その計画とは、鹿児島の兵器弾薬製造所を大阪へ移すというものでした。もちろん、これは鹿児島での反乱の発生を視野に入れた緊急対策でした。この製造所は、かつては薩摩藩の弾薬庫でしたが、維新後は政府軍の管轄下になっていました。国のものである以上、政府がこれをどこに移そうが鹿児島県には...

  16. サラ・オレイン - まほろば日記

    サラ・オレイン

    先日、オットさまのお供で、とある企業のクローズドコンサートに出かけました。そこで、今年の大河ドラマ「西郷どん」にて「我が故郷」を歌っている歌姫が出演なさっていました。サラ・オレインさんマイクを使った歌唱でしたが、素晴らしい歌声でした。「我が故郷も」拝聴しましたが、改めて、せつなさが募るようなとてもいい曲、いいフレーズだと思いました。作曲家の方自らが、彼女を大河ドラマの曲に抜擢なさったそうです...

  17. 西郷どん第45話「西郷立つ」その2~西郷暗殺計画~ - 坂の上のサインボード

    西郷どん第45話「西郷立つ」その2~西郷暗殺計画~

    昨日の続きです。各地で不平士族の反乱が勃発していた同じ頃、鹿児島県では、県令・大山綱良以下の役人には一人も県外人を入れず、すべて私学校とその分校の幹部を就かせて、県政は中央政府の法令には一切従わず、私学校の指導で行われていました。県下の租税はいっさい中央にあげず、県下では秩禄処分もなく、太陽暦も採用せず旧暦を守り、士族は相変わらず刀を帯び、ひとたび西郷隆盛の命令が下ればただちに戦闘状態に入れ...

  18. 藤田八束の鉄道写真@NHK大河ドラマ「西郷どん」いよいよ西南の役へ・・・越すに越されぬ田原坂、日本平和の歴史 - 藤田八束の日記

    藤田八束の鉄道写真@NHK大河ドラマ「西郷どん」いよい...

    藤田八束の鉄道写真@NHK大河ドラマ「西郷どん」いよいよ西南の役へ・・・越すに越されぬ田原坂、日本平和の歴史 日本は平和で豊か、こんなに素晴らしい国が他にあるのだろうかと思っています。しかし、僅か150年前にも明治維新の革命が起っており多くの尊い命が亡くなっている。その後は世界大戦と紛争は多くの尊い命を無くしている。今、NHK大河ドラマ「西郷どん」はその真っただ中の革命が起り、これからの新し...

  19. 藤田八束の鉄道写真@NHK大河ドラマ「西郷どん」に涙・・・西郷隆盛、日本を変えた偉人たちと日本の平和 - 藤田八束の日記

    藤田八束の鉄道写真@NHK大河ドラマ「西郷どん」に涙・...

    藤田八束の鉄道写真@NHK大河ドラマ「西郷どん」に涙・・・西郷隆盛、日本を変えた偉人たちと日本の平和NHK大河ドラマ「西郷どん」を見ながら涙しています。日本がいかなる歴史を経て今日の平和が築かれたのか、そしてそれにどんな人たちが関係してきたのか、今の私には最も興味あることです。そして、現実に明治維新で偉人たちを輩出したその地が何故にそんな偉人を多く輩出したのか、それはとっても興味があります。...

  20. 西郷隆盛像 - My Palpitation

    西郷隆盛像

    西郷愛に溢れた鹿児島でした。霧島市鹿児島空港そばの西郷さん。鹿児島市内にいる西郷さん。鹿児島出身の彫刻家渋谷の忠犬ハチ公の制作者でもある安藤照が8年かけて制作したそうです。第三回プラチナブロガーコンテストを開催!写真部門

総件数:89 件

似ているタグ