西郷隆盛のタグまとめ

西郷隆盛」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには西郷隆盛に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「西郷隆盛」タグの記事(90)

  1. 西郷どん第8話「不吉な嫁」~西郷最初の妻・須賀との離縁~ - 坂の上のサインボード

    西郷どん第8話「不吉な嫁」~西郷最初の妻・須賀との離縁~

    祖父の西郷龍右衛門、父の西郷吉兵衛と母のマサ(満佐・政佐)が相次いで病没した嘉永5年(1852年)、西郷吉之助(隆盛)は鹿児島城下上之園町に住んでいた伊集院兼善の長女・須賀と結婚しました。安政3年(1856年)に書かれた西郷自身の書簡に「両親よりめとらせ候妻を」と記されていることから、二人の結婚は両親の死より前だったということがわかります。しかし、二人の結婚生活は長くは続かず、安政元年(18...

  2. 幕末京都逍遥その1「東山霊山護国神社~維新の道」 - 坂の上のサインボード

    幕末京都逍遥その1「東山霊山護国神社~維新の道」

    平成30年(2018年)の今年は、明治維新150年にあたります。そこで、今回、維新胎動の舞台のとなった京都のまちを、幕末維新のみに限定してゆかりの地をめぐってみました。幕末といえば、志士。そこで、まずはじめに幕末の動乱を生きた志士たちの墓参りをすべく、東山霊山護国神社を訪れました。 東山霊山護国神社は、幕末、各藩がここ東山霊山にそれぞれ殉難者を祀ったのがはじまりで、その後、慶応4年(1967...

  3. 西郷どん第6話「謎の漂流者」~ジョン万次郎と薩摩藩~ - 坂の上のサインボード

    西郷どん第6話「謎の漂流者」~ジョン万次郎と薩摩藩~

    土佐の貧しいの家に生まれながら、少年期に遭難してアメリカの捕鯨船に助けられたことで、アメリカに渡り、西洋文化に触れ、帰国後はその知識で幕府高官にも討幕の志士たちにも多大な影響を与えたことで知られるジョン万次郎こと中濱萬次郎。天保12年(1841年)、14歳のときに漁師仲間4人と共に遭難し、伊豆諸島の無人島鳥島に漂着して何とか命を繋いでいると、143日目にアメリカの捕鯨船ジョン・ホーランド号に...

  4. 西郷どん - 独り言の日記

    西郷どん

    西郷どんは新しいドラマで紹介していて気になりました。西郷どん、すなわち西郷隆盛と言えば日本の武士、政治家としてとても有名で学校の授業でも習いました。その西郷隆盛がドラマになるということで観てみたいなと、とても興味が湧きました。西郷隆盛像を見ると大きく太く豪快な印象を受けますが、ドラマの主演を務める俳優さんは優しそうでかっこいい方なのでどんな感じの西郷隆盛を演じるのかも気になりました。また、他...

  5. 西郷隆盛、NHK大河ドラマ西郷どんスタート・・・子供は国の宝物、子供若者教育の大切さ - 藤田八束の日記

    西郷隆盛、NHK大河ドラマ西郷どんスタート・・・子供は...

    藤田八束とNHK@西郷隆盛、NHK大河ドラマ西郷どんスタート・・・子供は国の宝物、子供若者教育の大切さNHK大河ドラマ西郷どんがスタートしました。大いに期待し、楽しみにしています。大学生活を鹿児島で過ごした私にとって鹿児島は私の故郷でもあります。たくさんの人との出会い、お世話になった人、楽しい思い出がいっぱいです。錦江湾に浮かぶ桜島の雄姿を見ながら勉強をしました。毎日大きく噴煙を上げる桜島は...

  6. せごどん - 太陽のように

    せごどん

    西郷隆盛を祀っている南洲神社へ⛩明日から始まる大河ドラマの影響もあるのかお詣りする人も多いよう。すぐ近くのお店では「せごどんとつん」のおみくじがありました。下の方におみくじが入ってました。南洲神社から見える桜島

  7. 坂本龍馬 没後150年の節目に再考する暗殺犯の諸説。その2 - 坂の上のサインボード

    坂本龍馬 没後150年の節目に再考する暗殺犯の諸説。その2

    前稿の続きです。次に、こちらも歴史ファンから根強く支持されているのが、薩摩藩黒幕説です。坂本龍馬と親交の深かった薩摩藩ですが、慶応3年(1867年)に入ると、その関係は微妙になってきます。龍馬の推し進める「大政奉還」に表面では賛同しながらも、実際には武力倒幕の準備を着々と進めていた薩摩藩にとっては、平和改革路線を主張する龍馬は次第に目障りな存在になりつつあり、革命成就後の薩摩閥の地位確保のた...

  8. 大坂漫遊その16 - H.ABE SASAKI の日記

    大坂漫遊その16

    各位260年続いた幕藩体制が崩壊、明治新政府が樹立、廃藩置県、四民平等、廃刀令が公布され、米経済から貨幣経済、藩、武士が廃止され、大阪商人たちの金融業も成り立たなくなってしまった。当然彼らは、新政府も武士中心と思っていたのが、当てが外れてしまった。しかし、2度目の夢が実現しそうになったこともあったのである。新政府の政策は政府の重鎮である板垣退助、木戸考充、大隈重信、大久保利通、などが、先進国...

  9. 大坂漫遊その16 - H.ABE SASAKI の日記

    大坂漫遊その16

    各位260年続いた幕藩体制が崩壊、明治新政府が樹立、廃藩置県、四民平等、廃刀令が公布され、米経済から貨幣経済、藩、武士が廃止され、大阪商人たちの金融業も成り立たなくなってしまった。当然彼らは、新政府も武士中心と思っていたのが、当てが外れてしまった。しかし、2度目の夢が実現しそうになったこともあったのである。新政府の政策は政府の重鎮である板垣退助、木戸考充、大隈重信、大久保利通、などが、先進国...

  10. 藤田八束の鹿児島観光@鹿児島の観光事業に注目、路面電車は最高!!・・・西郷どんが残してくれた遺産 - 藤田八束の日記

    藤田八束の鹿児島観光@鹿児島の観光事業に注目、路面電車...

    藤田八束の鹿児島観光@鹿児島の観光事業に注目、路面電車は最高!!・・・西郷どんが残してくれた遺産観光に行ったときに特に嬉しいのは交通機関の充実です。行きたい時にいつでも手短に行ける。これが観光するときに最も嬉しい条件になります。北海道へ行くとこれが真逆である。ああなかなか良い所でなあ、…さて次はと考えて行動を起こそうとしたときに次がなかなか続かない。たいていが大きな時間を必要とする。これはつ...

総件数:90 件

似ているタグ