親のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには親に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「親」タグの記事(118)

  1. ママがママなんです♬ 常連さんが親のお店を支えてくれている!♬ - 亜蘭の日常★思うこと考えること気づくこと  

    ママがママなんです♬ 常連さんが親のお店を支えてくれて...

    こんばんは!亜蘭です✨みなさんのお父さん、お母さんはどんなお仕事されてますか?🙃🌈わたしのお母さんはスナックのママをしています😆💕カウンターだけではないので見た目はキャバクラみたい🤣‼️笑居抜きでもともと30歳のお姉さんがキャバクラを経営されていたようなのです✨今、お母さん...

  2. 流行りものにはケチがついたりするものです - 自分遺産

    流行りものにはケチがついたりするものです

    最近の流行と言えば、「鬼滅の刃」、アニメ第2期の放送決定が情報公開された。次のシリーズは「遊郭編」である。その発表後、ネットが炎上したという。物語の舞台が遊郭のため、SNS上では子供への悪影響を懸念する声や、女性差別との指摘が上がったらしい。今更感のある議論に思えた。「遊郭」が存在したのは事実で、そこを舞台にした作品はいくつもある。鬼滅は東京周辺が舞台だから、吉原だとして、「吉原炎上」という...

  3. 「いないいないばあ」 - 自分遺産

    「いないいないばあ」

    身近に赤ちゃんがいたら、ふとしてしまうことが「いないいないばあ」だ。赤ちゃんが笑ってくれるとしている方も嬉しくなる。『いないいないばあ』という絵本がある。文を松谷みよ子さん、絵を瀬川 康男さんが担当して、1967年に童心社から刊行された。読んだ、読んでもらった、読んであげたという方が多いのではないだろうか。この本は、日本で一番出版されている絵本で、昨年11月に累計700万部を超えたと報道され...

  4. 冬の岩手 帰省中 - ふうりゅう日記

    冬の岩手 帰省中

    晴天青白雪原岩手山岩手帰省中です。母親左手首骨折して一ヶ月とのこと。ギブスの生活。高齢者宅ゆえ何かと行き届かずますますざつぜーんな台所~(苦笑)さて、目の前のイライラ事象と思える事にいかに平常心で取り組めるかが私の課題であります。ということに気付いてはリセット!(笑顔)

  5. そして、バトンは渡された - 自分遺産

    そして、バトンは渡された

    「そして、バトンは渡された」(瀬尾まいこ著、文春文庫)通勤読書と思って重くない内容の本と思って、近くの本屋で売れている文庫を買った。幼い頃に母親を亡くし、父とも海外赴任を機に別れ、継母を選んだ優子。その後も大人の都合に振り回され、高校生の今は二十歳しか離れていない“父”と暮らす。血の繋がらない親の間をリレーされながらも出逢う家族皆に愛情をいっぱい注がれてきた彼女自身が伴侶を持つときー。大絶賛...

  6. 幼鳥の見張り、 - ぶらり探鳥

    幼鳥の見張り、

    アオバズクが巣立ちしてから数日後、幼鳥の近くで見張りをする親の姿、、子を思う気持ちが強く感じます、、庭に咲くミソハギの花

  7. 「私」の作り方 - イマココ対話室だより

    「私」の作り方

    「親」という要素は自動的・反射的自責欲求において重大な働きを担っています。(※自動的自責欲求という言葉については前回の記事で書いてます。簡単に言うと自分で自分を責めたくないのに責めちゃう欲求のこと)親との関わり方、親から言われた一言、言われなかった一言。親の在り方、生き方のスタンスから受け取ってきた言語的、非言語的にかかわらず、受け取ってきたメッセージがあります。「過去の記憶」という脳が持つ...

  8. 一年 - ないものを あるもので

    一年

    居宅から、駅へゆく間に、小さな個人蔵のお宮さんがある。かつて農家ばかりだった村らしく、旧家の敷地には小さな鳥居があり、神様が祀られているのだ。このお宮さんが何だか好きで、通るたびに帽子を取って挨拶する。那須へ、死にそうな状態で通った時いつも、手を合わせ、「生きて着けますように」と祈り、「行ってまいります」と駅へ向かった。苦しくて、独りきりで、救いがなくて、辛かった。何より、自分を歓迎しない母...

  9. 離れて暮らしている親の介護で大切なこと - 先を見据えて事前に相談

    離れて暮らしている親の介護で大切なこと

    親が高齢になると必ず問題になるのが介護のことでしょう。特に親が一人暮らしをしている場合は心配事も多いのではないでしょうか。その場合、やはり大切なのは事前の準備です。親と話し合い、自分と親それぞれの希望をできる限り尊重した対応策を考えておくと、実際にその時が来ても慌てずに冷静に対応できます。親が高齢になったら、できるだけ帰省の回数を増やしてコミュニケーションを取るようにしましょう。なにげない会...

  10. 教師、公務員人気は堅い? - 自分遺産

    教師、公務員人気は堅い?

    「高校生と保護者の進路に関する意識調査」というのが行われている。高校2年生とその保護者に対するもので、一般社団法人全国高等学校PTA連合会より依頼した9都道府県、各3校ずつ計27校の公立高校で調査された。その結果についてのプレスリリースメインはAIの影響のようだが、注目したのは「就きたい、就かせたい職業」についてである。■高校生の「就きたい職業」のトップは「教師」11%。・男子 1位 「公務...

  11. 父の生きる力2 - 料理研究家ブログ行長万里  日本全国 美味しい話

    父の生きる力2

    先日、島根の同級生と会って、年に1回出雲に帰って3~4日、過ごすとすると、親とあと1ヶ月しか会えない。なんて話をしていました。確かにそうだなぁと、父は東京に来たりしていたので、もっと会えたかもしれなかったけれど、今後はもう無いかもしれません。後悔が無いように、出来るだけ会おうと思い、父に「出雲に帰る。」とメールをしました。「仕事じゃなければ、御構い無く。」と返信があり、航空券もとったし、顔...

  12. 子供の為に父親が手パイプで殴打! - 電話占いヴェルニが大好き!

    子供の為に父親が手パイプで殴打!

    大阪府吹田市で、暴行事件があったようなんですけど、こんな親子もいるので気をつけないと…って改めて思い知らされるような事件でした。その事件の経緯ですけど、路上で19歳の少年がタバコを吸ってたらしいです。それを見た33歳の男性は、その少年に注意をしたらしいです。そのとき、どんな会話がなされたのか、少年がどんな感じだったのかは不明なんですけど、その少年は、自分の49歳の父親に連絡をして、33歳の男...

  13. 私の想い - 料理研究家ブログ行長万里  日本全国 美味しい話

    私の想い

    お正月休みが明けて、早く目が覚めた私に早朝の電話。もちろん良い電話でないことはわかります。妹が居て対処してくれたので、大事には至らずで、逐一報告してくれます。本当にありがたい。 日々色々な事に好奇心を持って、勢力的に動いている父、たくさんキャンセルすることが出てきます。プライドが高くて、興味があることには努力を惜しまない意欲的な父。悔しい思いをしている事と思います。回復に向けての努力が始まっ...

  14. 夫婦2人の年末 - いぬ猫フェレット&人間

    夫婦2人の年末

    2019年、令和1年も今日で終わりです。とうとう2020年、令和も2年目。で、気づけば、このブログも11年目に入っておりました。ブログ歴は2005年からで、ヤフーやmixiを経てエキサイトにお引越ししたのは、まだ子猫だったしじみとあさり(猫、ともにメス)の写真をいっぱいUPしたかったから。*写真を綺麗にUPしたいと思ったら、当時はエキサイトが特出していた。まぁ、私の写真は特出したい程の出来に...

  15. 2217 クリスマスパーティーは親も同伴 - 紀本直美の俳句ブログ

    2217 クリスマスパーティーは親も同伴

    今年ももう終わりますね。「クリスマスパーティーは親も同伴直美」(くりすますぱーてぃーはおやもどうはん)〔季語:クリスマスパーティー(冬)]

  16. 会話の中で仕事の中で表れる自分というパーソナリティ - what i am

    会話の中で仕事の中で表れる自分というパーソナリティ

    今日は心理学と近い内容の本を読んだので、またその内容を一部抜粋させて頂きながら、記事を書きたいと思う『ストレスと適応障害』岡田 尊 司幻冬舎新書*「少しはそうやねって聞いてーや!」母が言ったこちらとしては反論や愚痴を聞かされているストレスもあったがそういえば、私は姉に対しても否定的なことを言うことが多いと思っていた❝不安型の愛着スタイルのもち主では、ついネガティブな反応をしてしまうのがクセに...

  17. 親の運転 - ゆきのおと

    親の運転

    今年に入ってから、小さいけれど事故を起こすようになり、母に車を降りてもらうよう、勧めている。都会のように、鉄道やバスなどの公共交通機関が便利でなく、いままで「ちょっとそこまで」の用事でも車を使っていたため、結構 抵抗が激しい。免許を返納したら、市町村から特典が受けられるなどというけれど、この辺りではほとんどないに等しい。運転させないために、なるべく足の代わりをしようと心がけているけれど、自分...

  18. 永遠の仔※小説の話ではなく - 四月の魚

    永遠の仔※小説の話ではなく

    「かくれんぼ」の途中に、帰ってしまった夕暮れがある。鬼が私を見つけられなくても、「風待っちゃんがいない!」とは誰も騒がないだろうと思えた夕暮れ。「缶蹴り」も、ただ隠れていた。鬼が缶を離れて、「いまなら蹴れる」というタイミングでも、私は出ていかずに、誰かが蹴ってくれるのを待っていた。「風待っちゃんがほしい」と言われないのが恐ろしくて、やりたくなかった「花いちもんめ」。追いかけられる夢は「悪夢」...

  19. 最後の一日 - ないものを あるもので

    最後の一日

    那須、家族との最後の一日。だからといって悲しがれと押し売りしても仕方ないので、散歩する。すごく綺麗に菊を咲かせているおうちのまえを通った。丹精してこんなにたくさんの花を咲かせたんだなぁと思う。丹精はしていただいた。もう、親から離れて自分で生きて当たり前どころか、超遅すぎだ。しっかり前を見て。与えられた時間を生きること。父に最後に調べてあげたのは、文部省唱歌「児島高徳」という歌。「天こうせんを...

  20. セイタカアワダチソウの教え - ないものを あるもので

    セイタカアワダチソウの教え

    那須は寒いです。母の不用品のセータ着てそれでも寒い。先日干していったセイタカアワダチソウをお風呂にしました。わざわざ東京から袋を持参。大昔におみかんの皮用に作ったものです。古くなったハンカチを2枚、縫い合わせて、パンツのゴムを輪にして、縫い止めてあります。古いハンカチは生地が薄くティーバッグとして優秀です。白い側は実は、スヌーピーのハンカチですが、もう誰の姿も見えませんw細く刻んだアワダチソ...

総件数:118 件

似ているタグ