観戦記のタグまとめ

観戦記」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには観戦記に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「観戦記」タグの記事(137)

  1. パンクラス300の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    パンクラス300の感想

    佐藤天〇-×マット・ベイル(2RTKO)序盤からベイルのローにパンチを合わせていく佐藤。左ストレートを打ち込みダウンを奪う。一度はベイルにバックを取られヒヤリとするものの、スタンドに戻すと組んでのヒザ、離れ際のヒジで攻勢を仕掛け1R終了。2R開始早々、ベイルのパンチが入り佐藤が吹き飛ばされるようにダウン!しかしシングルレッグでしがみつきピンチを凌ぐと、再びスタンドで圧力をかけていく。ヒジでベ...

  2. 村田陥落。聖地で示されたシビアな現実。 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    村田陥落。聖地で示されたシビアな現実。

    WBA世界ミドル級タイトルマッチ、村田諒太vsロブ・ブラントを視聴。入場時の表情からは余計な気負いは感じられない村田。1R、開始早々ブラントがスピーディーな連打。村田は笑みを浮かべ余裕は見せようとするが、アッパーも被弾し苦しい出だし。2R以降も圧力をかける村田に対し、ブラントがジャブからの連打で先手を取り続ける展開。3Rから村田は右ストレート→左ボディのコンビネーションが入りだし、ようやくリ...

  3. ベラトール208の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    ベラトール208の感想

    エメリヤーエンコ・ヒョードル〇-×チェール・ソネン(1RTKO)ソネンがタックルに行こうとしたところにヒョードルがパンチを合わせ、ソネンいきなりダウン!グラウンドに付き合わないヒョードルはこの後もソネンのタックルをがぶり、さらには軽々と投げ飛ばす。それでも足に食らいつきテイクダウンを奪うソネンだが、ヒョードルはトップを取り返すとそこからパウンド。ジリ貧状態になるソネンだが、ラウンド後半にタッ...

  4. ベラトール207の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    ベラトール207の感想

    遂にDAZN再契約。相変わらず画質が悪い。セルゲイ・ハリトーノフ〇-×ロイ・ネルソン(1RKO)ハリトーノフは腹ダルダルだがパンチは的確。左ジャブが次々とネルソンに突き刺さる。両手を着いたネルソンの頭部に反則のヒザを入れてしまい一時中断になるが、再開後もハリトーノフがパンチと組んでのヒザで圧倒。最後はケージ際に詰めアッパー連打を叩き込み、1R終了間際にネルソンが崩れ落ちフィニッシュ。いや、ま...

  5. UFC229の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    UFC229の感想

    メイン以外の感想を。ミッシェレ・ウォーターソン〇-×フェリス・ヘリッグ(判定)蹴りで間合いを取るウォーターソン。ヘリッグは右ストレートから組み付いて削っていく。2Rはウォーターソンが離れ際に右、さらに左ハイをヒット。テイクダウンも奪ったウォーターソンがガードから削る。3R、払い腰を狙ったウォーターソンに対しヘリッグ上を取るものの、ウォーターソンは下からパウンド。スタンドに戻るとヘリッグが組み...

  6. 拳四朗vsメリンド - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    拳四朗vsメリンド

    WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ、拳四朗vsミラン・メリンドの感想を。拳四朗は小刻みなリズムで体を動かしながらメリンドとの距離を測っていく。1Rはまずは様子見か。2Rはメリンドの右クロスでヒヤリとする場面もあったが、拳四朗が着実に左ジャブをヒット。3Rに入るとギアを上げた拳四朗はワンツーの手数を増やしていく。この日の拳四朗はとにかく出入りのスピードが素晴らしく、ワンツーをもらったメリン...

  7. This is Monster!! 井上、激勝!! - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    This is Monster!! 井上、激勝!!

    WBSSバンタム級トーナメント一回戦、井上尚弥vsファン・カルロス・パヤノをテレビ観戦。両選手入場前の照明を天井へ向ける演出がカッコいい。パヤノは筋肉のつき具合もよく、しっかり仕上げてきた感じ。開始直後に左右のパンチで牽制するパヤノに対し、井上はじっくりと距離を測る。井上が踏み込んでの左ジャブ、パヤノの顔面が跳ね上がったところにすぐまさ右ストレート!両足を揃えて背中からマットに倒れたパヤノ、...

  8. ヌルマゴメドフ、マクレガーを粉砕!されどオクタゴンに秩序は戻らず… - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    ヌルマゴメドフ、マクレガーを粉砕!されどオクタゴンに秩...

    UFC229をWOWOWオンデマンドで視聴。まずはメインの感想から。ハビブ・ヌルマゴメドフ〇-×コナー・マクレガー(4R 裸絞め)久々のオクタゴン復帰だが硬さは一切見せず、これまで通りの堂々たる表情で入場するマクレガー。むしろヌルマゴの方が表情が硬いか。先にパンチを繰り出すのはマクレガー。ヌルマゴのシングルをマクレガーが切るが、ここからのしつこさがヌルマゴの真骨頂。クラッチを離さずマクレガー...

  9. 那須川vs堀口!最強は二人いた! - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    那須川vs堀口!最強は二人いた!

    JRが20時以降運転見合わせというニュースを聞き、実家(さいたま市内)に泊まる算段を整えつつ会場に向かったのだが、生放送を中止し試合順入れ替えという対応。主催者のこの決断には本当に敬意を表したい。とにもかくにも、メインの感想から。那須川天心〇-×堀口恭司(判定)予想記事に書いたとおり戦前は「那須川問題なく勝つでしょ」という思いだったのだが、入場前の堀口の全く気負いが感じられない表情を見て、急...

  10. K-1の感想(スーパーファイト) - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    K-1の感想(スーパーファイト)

    皇治〇-×スタウロス・エグザコスティディス(延長判定)皇治がロー、パンチで接近戦でもスタウロスと五分に渡り合い、思った以上にいい動きを見せる。それでも1R終盤からスタウロスは回転を上げ、徐々にリズムに乗ってくる。2、3Rともにスタウロスがパンチの手数を上げ、回転力・正確性ともに上をいっている印象。皇治もローとパンチを返すものの、ポイントは取れていないだろう…と思ったら判定は皇治1-0で延長戦...

  11. K-1の感想(クルーザー級トーナメント) - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    K-1の感想(クルーザー級トーナメント)

    OD・KEN×-〇シナ・カリミアン(延長KO)カリミアンの右がタイミングよく入るが、OD・KENの反撃のパンチもけっこう当たる。本戦でカリミアンの勝ちでも良かったと思うが、ドローで延長戦へ。延長R開始と同時に猛攻を仕掛けたカリミアンが、コーナーに詰めてのラッシュでKO勝利。この爆発力を本戦で見せれば良かったのに。K-Jee〇-×ブライアン・ミクグラス(1RKO)K-Jeeがボディから顔面への...

  12. ゴロフキンvsカネロ、至高の名勝負 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    ゴロフキンvsカネロ、至高の名勝負

    WBA・WBC世界ミドル級タイトルマッチ、ゲンナディ・ゴロフキンvsサウル・カネロ・アルバレスを視聴。1Rはお互い様子見。前回はゴロフキンの圧力に下がらされたカネロだが、今回はどっしり構えて対峙する。微妙だが、手数でカネロが取ったか。2Rに入るとカネロがゴロフキンの打ち終わりにパンチを返し、さらにノーモーションからの左フックをヒット!さらに3Rには圧力を強めたカネロがゴロフキンを下がらせる。...

  13. UFN135の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    UFN135の感想

    ジェイク・エレンバーガー×-〇ブライアン・バーバリーナ(1RKO)特にどうということもないパンチをもらったエレンバーガーがダウンし、最後はうつ伏せでパウンドをもらい続けてストップ。もうダメージの蓄積が限界まで来ているのは明らかで、試合後にオクタゴンにグローブを置いていったのは残念ではあるが妥当な判断をしてくれたと思う。マイケル・ジョンソン〇-×アンドレ・フィリ(判定)フィリがパンチからミドル...

  14. Krush.92の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    Krush.92の感想

    ラスト3試合がスカッとするKO決着。いい興行だった。大和哲也〇-×ツイ・ジェンホイ(2RKO)序盤から大和がロー。ツイのパンチが大和の顔面に入る場面もあったが、1R終盤には大和の左右のフックがツイを捉える。2Rも大和が奥足へのローをヒット。ツイもパンチを打ち返していくが、次第にローをもらい足が流れるようになる。最後は大和の左ボディをもらったツイが悶絶するようにダウンしフィニッシュ。野杁返上後...

  15. G1 CLIMAX(優勝決定戦) - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    G1 CLIMAX(優勝決定戦)

    2018年の夏男決定戦、棚橋弘至vs飯伏幸太を新日本プロレスワールドで観戦。棚橋のセコンドに柴田が着いたのにはやられた…。これもう、棚橋が負けるわけにいかない流れでしょう。試合の方は飯伏の人でなしドライバーやエプロンでのフットスタンプに始まり、棚橋の場外ハイフライフロー、飯伏の三角跳びラ・ケブラーダと互いの大技を出し合う。とはいえエグい技を出していくのは主に飯伏で、昨日の飯伏vsケニーのよう...

  16. G1 CLIMAX(武道館初日) - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    G1 CLIMAX(武道館初日)

    Aブロック最終戦は新日本プロレスワールドで視聴。昔(2000年代前半)は仕事早退して金曜の両国に行ったこともあったが、便利な時代になったよなあ。勝ち点はともかく猛威を振るうバレットクラブOGだが、ここに来てタマ・トンガのSNS上での不適切発言など急に不穏な情勢に。団体HPに「今度乱入したら出場停止・罰金」という告知が出るのを初めて見たが、舞台裏で相当ゴタゴタしているんだろうか。明日はいつもと...

  17. UFC on FOXの感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    UFC on FOXの感想

    ヨアンナ・イエンジェイチック〇-×ティーシャ・トーレス(判定)1R、ヨアンナがジャブ。トーレスが組み付くが、ヨアンナは体を入れ替えて押し込みながらヒザ。テイクダウンを許さない。2Rもヨアンナがパンチからミドル。トーレスのタックル切る。終盤はトーレスがパンチ連打で攻勢。トーレスは打撃戦の方がチャンスがあるか。3R、ヨアンナがローからパンチ。トーレスのローに合わせ顔面を捉える。終盤にト-レスがシ...

  18. RIZIN.11の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    RIZIN.11の感想

    五味隆典〇-×メルヴィン・ギラード(1RKO)序盤からガードもへったくれもなくお互いのパンチが当たりまくる乱打戦。体重超過のギラードの方がこの展開は優位かと思ったが、最後は五味がロープ際に詰めてからの連打でフィニッシュ。五味の勝つ姿、それもKOを見れる日がまた来ようとは。レベル的には元UFCファイター同士とは思えない大味ファイトだったが、これはもう会場で見ていた人たちの完全勝利ですよ。石岡沙...

  19. 伊藤vsディアス - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    伊藤vsディアス

    UFCの感想から書こうかと思ったが、WBO世界スーパーフェザー級王座決定戦、伊藤雅雪vsクリストファー・ディアスが凄かったのでそちらから。並ぶと体格では伊藤が上回っている。1Rは伊藤が開始から距離を詰めていき積極的にパンチ。伊藤がボディを入れ、ディアスのパンチはスウェーでかわしていく。2Rに入るとディアスが回転を上げてくる。空振りのパンチも迫力満点だが、伊藤は打ち下ろしの右から、ラウンド終盤...

  20. UFN133の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    UFN133の感想

    メインのみ視聴。ジュニオール・ドス・サントス〇-×ブラゴイ・イワノフ(判定)圧力をかけながら右の一発を狙っていくJDS。パンチやミドルを出すが、攻めが単発。両者手数が出ない印象で1Rが終了。2RはJDSがハイキック、さらにバックスピンを繰り出す。ジャブからワンツーを突き刺し、リズムに乗ってきたか。続く3Rはイワノフがパンチを振り回す。JDSのジャブでイワノフが後退するものの、イワノフの右が入...

総件数:137 件

似ているタグ