観戦記のタグまとめ

観戦記」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには観戦記に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「観戦記」タグの記事(1648)

  1. RIZIN.19の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    RIZIN.19の感想

    台風にも長い休憩にも負けなかった会場組の皆さん、本当にお疲れ様でした。RENA〇-×アレキサンドラ・アルヴァーレ(1RKO)開始からプレッシャーをかけたRENAがパンチを叩き込み、アルヴァーレがあっさりダウン。わざわざ海外から素人紛いの選手を呼ばなくても…。まあRENAが勝ってくれるのが大事か。今日はSBのラウンドガールは来てなかったのね。ハム・ソヒ〇-×山本美憂(2RTKO)前に出ていくハ...

  2. アデサニヤ王座統一!ミドル級新時代へ! - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    アデサニヤ王座統一!ミドル級新時代へ!

    UFC243、メインの感想。「マーベルスタジアム」という名称に息子が食いついていた。ロバート・ウィテカー×-〇イスラエル・アデサニヤ(2RKO)ウィテカーが開始早々、関節蹴りを織り交ぜながら飛び込んでのパンチ。最初は簡単に懐に入られてしまうアデサニヤだが、徐々に間合いをつかんできたか、ウィテカーの攻撃をスウェーでかわすと軽めのハイキックを返していく。1R終了間際、ウィテカーのパンチをかわした...

  3. デービス、(相変わらず)強し! - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    デービス、(相変わらず)強し!

    エキサイトマッチの感想。まずライト級10回戦、ユイオルキス・ガンボア対ローマン・マルチネス。1R後半から回転力を上げたガンボアが、2R開始直後に飛び込んでの左フックを打ち込みダウンを奪取!ガンボアはやや慎重に追撃を入れると、最後はロープ際でワンツー!マルチネスは立ち上がれないままカウントアウト。古豪対決はガンボアが健在ぶりを示し圧勝。もうひと花を狙ってほしいところだが、今のライト級だと厳しい...

  4. スペンスvsポーター - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    スペンスvsポーター

    エキサイトマッチのライブ配信を視聴。セミはWBC世界スーパーミドル級タイトルマッチ、アンソニー・ディレル対デビッド・ベナビデス。大柄なベナビデスが序盤からプレスをかける。ディレルは流れを変えようと3Rに自ら前に出て押し返そうとするが、ベナビデスの圧力は弱まらない。きれいなジャブでディレルの顔面を繰り返し跳ね上げる。この後もベナビデスの圧力と手数は止まらず、6Rにはディレルがパンチで出血。7R...

  5. RISE WORLD SERIESの感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    RISE WORLD SERIESの感想

    “ブラックパンサー”ベイノア〇-×タップロン・ハーデスワークアウト(延長判定)タップロンの左フックを警戒してガードをがっちり固めるベイノア。2Rにタップロンが右ストレートをヒットさせるが、ベイノアは落ち着いて立て直す。3Rになると攻め疲れか大振りになったタップロンに対し、ベイノアは着実にジャブを起点に反撃。延長Rではベイノアがほぼ一方的に攻め続け、タップロンが下がったところに右ハイでダウンを...

  6. UFC on ESPN+16の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    UFC on ESPN+16の感想

    ドナルド・セローニ×-〇ジャスティン・ゲイジー(1RKO)ローを入れるゲイジーにセローニがパンチを合わせる。セローニがワンツーを打ち込むと、今度はゲイジーが返しのパンチ。両者ガンガン手数を出していくわけではないが、それでも至近距離でパンチが交錯するヒリヒリした展開。ゲイジーが徐々に押し気味になっているか。1R残り1分を切ったところでセローニが踏み込んでワンツーを出すが、ゲイジーが打ち終わりに...

  7. UFC242の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    UFC242の感想

    マイルベク・タイスモフ×-〇ディエゴ・フェレイラ(判定)下がりながらカウンター狙いのタイスモフは1Rに右をヒット。効かされて下がるフェレイラだが、タイスモフは無理に追わない。すると2R以降は持ち直したフェレイラが手数を増やし、右を繰り返しヒット。受けに回り続けたタイスモフを判定で下し逆転勝利。カーティス・ブレイズ〇-×シャミル・アブドゥラヒモフ(2RTKO)ブレイズが序盤からテイクダウン&パ...

  8. ロマチェンコvsキャンベル - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    ロマチェンコvsキャンベル

    3団体統一世界ライト級王座タイトルマッチ、ワシル・ロマチェンコvsルーク・キャンベルをWOWOWで視聴。初回は様子見のロマチェンコに対し、キャンベルが手数でわずかに上回る。ロマチェンコは2Rに入るといつものフットワークを使いだすものの、キャンベルの長いリーチを警戒してか手数はまだ少なめ。3Rにはロマチェンコのパンチがキャンベルの顔面を捉える回数が増え、いつもの無双モードの気配。キャンベルはボ...

  9. UFC241の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    UFC241の感想

    RIZINのメインの結果を知ってひっくり返りそうになったが、まだ映像未見なのでUFCの感想から。こちらはこちらで当たり興行だった。デレク・ブランソン〇-×イアン・ハイニッシュ(判定)開始直後にハイニッシュのハイがヒット。効かされながらもタックルに行ったブランソンが抱え上げるが、ハイニッシュはテイクダウンさせない。このあともハイニッシュがボディバランスの良さを見せながら打撃で押していく。2R、...

  10. UFC on ESPN+14の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    UFC on ESPN+14の感想

    ヴァレンティーナ・シェフチェンコ〇-×リズ・カモーシェ(判定)1Rからシェフチェンコが前に出ていくものの、お互い目立った有効打はなくラウンドが経過。3Rにカモーシェの両足が揃ったタイミングでシェフチェンコがワンツーを打ち込み、ダウンを奪取。シェフチェンコはさらに反り投げでテイクダウンを奪う。ここからはシェフチェンコが明確にペースを握り、4Rはカモーシェの入り際にバックブローをヒット。最終ラウ...

  11. G1 CLIMAX(優勝決定戦) - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    G1 CLIMAX(優勝決定戦)

    最終日は新日本プロレスワールドで観戦。優勝決定戦以外にも9月以降につながるどんな動きが出てくるか…というのが最終日の楽しみなのだが、セミ前でKENTAがまさかのバレットクラブ入り!さらに怒りの柴田と乱闘!CHAOSと共闘でD.O.G.のタッグ王座に挑戦するのかなあ、というぐらいの予想しかしていなかったので、これは本当に驚き。とはいえG1で思うような結果とインパクトを残せなかったKENTAは、...

  12. RIZIN.17の感想② - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    RIZIN.17の感想②

    ホベルト・サトシ・ソウザ〇-×廣田瑞人(1RTKO)サトシが弾丸タックルからテイクダウン。ブレイクがかかりスタンドに戻るが、今度はサトシが飛び込みながらの右フックを立て続けにヒット!ダウンした廣田にパウンドを入れたところでストップ!北岡戦に続きグラウンドで仕留められなかったものの打撃でフィニッシュという展開で、技術云々でなく「生き物として強い」という感じの勝ち方。ライト級GPでも台風の目にな...

  13. RIZIN.17の感想① - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    RIZIN.17の感想①

    地上波当日放送なしで正直一般層へのアピール力という点では弱いカードだったが、客入りは悪くなかった。イベントとしての集客力は安定してきているのだろうか。これがビジネス的な均衡点につながってくれればいいのだが。渡部太基×-〇Hideki(判定)序盤は渡部が押し気味に進めていたが、1R終盤にHidekiが右ストレートを効かせてからの連打でダウンを奪取。一気に決めるかと思いきやこの後はHidekiが...

  14. UFC on ESPN5の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    UFC on ESPN5の感想

    ジム・ミラー〇-×クレイ・グイダ(1Rギロチンチョーク)ミラーの蹴りにグイダがパンチを合わせ、ミラー後退!しかし詰めてきたグイダにパンチを入れ返すと、そのままギロチンに捕らえ一本!危なっかしさは感じさせたものの、レジェンド対決を制したミラーがライト級最多勝利記録を更新。コルビー・コヴィントン〇-×ロビー・ローラー(判定)開始から突進して組み付こうとするコヴィントンに、ローラーはパンチで応戦。...

  15. ONEの感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    ONEの感想

    エドゥアルド・フォラヤン×-〇エディ・アルバレス(1R裸絞め)打ち合いからフォラヤンの左フックがヒット。フォラヤンの圧力に下がらされるアルバレスは、カーフキックをもらいダウン!すぐさま追撃のパウンドにいくフォラヤンだが、アルバレスがスイープに成功するとそのままバックマウントを奪い裸絞めで一本!逆転勝利を収めたアルバレスだが、危なっかしさが目立った一戦。決勝も苦しい戦いになりそう。フォラヤンと...

  16. UFC240の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    UFC240の感想

    クリス・サイボーグ〇-×フェリシア・スペンサー(判定)組み付こうとするスペンサーにサイボーグは中間距離からパンチ。スペンサーは飛び込みながらのヒジをヒットさせつつ押し込む。額をカットし流血するサイボーグだが、距離が空くと再びパンチをヒット。2R、しつこく組み付くスペンサーだが、引き込むように下になったところでサイボーグが強烈なパウンド!スタンドでもサイボーグは落ち着いて距離を取りながらパンチ...

  17. RISE WORLD SERIES 2019の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    RISE WORLD SERIES 2019の感想

    那須川天心〇-×スアキム・PKセンチャイムエタイジム(3RTKO)1R、那須川はスアキムの蹴り足をつかみながらパンチ。この後もハイを織り交ぜながらパンチでスアキムの顔面を捉えていく。2Rも那須川はロー、ハイ、パンチで上下に散らしながら攻勢。主導権をつかんでくる。迎えた最終ラウンド、距離を詰めたスアキムが強引にパンチの連打。被弾した那須川は一瞬動きが落ちるが、すぐパンチを返していくと、近距離か...

  18. パッキャオvsサーマン - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    パッキャオvsサーマン

    WBA世界ウェルター級王座統一戦、マニー・パッキャオvsキース・サーマンを視聴。1R、前に出るのはサーマン。パッキャオは時おりアタックは仕掛けるものの様子見か…と思ったところで右がヒット!サーマンが尻餅をつくようにダウンし、パッキャオはいきなり大きなアドバンテージ。勢いに乗ったパッキャオは鋭い踏み込みからの連打を繰り返す得意のパターン。一方のサーマンもダメージはさほど感じさせず、思い切って距...

  19. UFC239の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    UFC239の感想

    ディエゴ・サンチェス×-〇マイケル・キエサ(判定)1R、キエーサが下から腕十字。凌ぐサンチェスだが、キエーサはテイクダウンを奪うとバックからチョークを狙いつつパウンドで削っていく。2Rもキエーサがあっさりテイクダウンすると、パウンドで削りながらチョークやアームロック狙い。サンチェスは粘り続けるものの、一本取られないように逃げるのがやっと。3Rもキエーサがサンチェスに逆転のチャンスを与えず、大...

  20. K-1 WORLD GPの感想(トーナメント) - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    K-1 WORLD GPの感想(トーナメント)

    玖村将史〇-×ペッパンガン・モー・ラタナバンディット(1RKO)開始からパンチで押せ押せモードの玖村弟。ボディからのフックでダウンを奪うと、追撃の連打であっという間にフィニッシュ。注目のペッパンガンはいいところなく姿を消した。晃貴×-○サンベル・ババヤン(判定)晃貴がパンチとテンカオで押し気味に進めるものの、1R終盤にババヤンがハイキックを入れ晃貴ダウン!2R以降は晃貴が反撃に転じ消耗戦の展...

総件数:1648 件

似ているタグ