観音崎公園のタグまとめ

観音崎公園」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには観音崎公園に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「観音崎公園」タグの記事(19)

  1. 極小の ハチ と アブ - 野山の住認たちⅡ

    極小の ハチ と アブ

    常用の300mmでは限界もあり、見て見ぬふりをしてあまり撮らないようにしているのですが・・・ついつい(笑)そんな在庫から、体長5mmほどの小さな小さな ハチ と アブ になります① 「 キンケハラボソコマユバチ (近似) 」葉上と葉裏に一頭づつ、確認出来ました。(二頭同一画角はこの一枚だけでした)虫眼鏡の世界と言っても良いのでしょう、肉眼ではほとんど細部については分かりません。モニターを拡大...

  2. ヤンマの母さん ヤブ    に マルタン  (2) - 野山の住認たちⅡ

    ヤンマの母さん ヤブ に マルタン (2)

    昨日の続き、嬉しい誤算です。ヤブヤンマの産卵を観察後、次なる目的、マルタンヤンマにも会えればと言うことで、過去実績からすると時期尚早、ダメモト覚悟でMFへ移動例年の池には1頭の雌が産卵に・・・ラッキー「 マルタンヤンマ 」産卵場所探し、よく飛び回りサービス満点でした。そして産卵場所に着止すぐさま産卵にかかります。リスク管理なのでしょうか?産卵場所もいろいろ腹部を目いっぱい水中に入れることもあ...

  3. 黄色を楽しむ   テントウムシ & イトトンボ - 野山の住認たちⅡ

    黄色を楽しむ  テントウムシ & イトトンボ

    黄色基調の テントウムシ と イトトンボ、そんな二種の紹介です。① 「 キイロテントウ 」ナナホシテントウなどと比べるとひと回り小さく、よく動き回り、菌食性(ウドンコ病原菌など)と言うこともあり、薄暗い所で見かけること多くカメラ泣かせのところはありますが、ついつい夢中になってしまいます。夢中にさせる一つに、黄色の衣装に頭部の白、その中に大きな黒いつぶらな瞳、そんな配色とバランスの良さがありま...

  4. 青 蜂 ( クロバネセイボウ ) - 野山の住認たちⅡ

    青 蜂 ( クロバネセイボウ )

    今年も 「 クロバネセイボウ 」 に会えました。毎度お馴染みのスズメのオブジェの付いた公園入り口の車止めここには、この時期に限り運が良ければ30分置きぐらいに1~3頭がやって来ては、2~3分ほど筆者の相手をしてくれます。3頭一緒の写真はありませんでしたが、2頭の写真からセイボウ科に分類され、日本には38種類が生息していると言われています。これらのセイボウと呼ばれるハチは、漢字では “ 青蜂 ...

  5. 鳥糞 と チャバネセセリ - 野山の住認たちⅡ

    鳥糞 と チャバネセセリ

    人が座っているのを見たことのない林縁を背にした 薄汚れたベンチ。そんなベンチに、小さな先客(〇印)を見つけました。「チャバネセセリ」でした。よく見ると、白い鳥の糞の上で盛んに口吻と腹端を動かしていました。久しぶりに見るチャバネセセリの “ 吸い戻し行動 (*1) ” でした。腹端をアリが舐めているように見えた写真が一枚ありました(笑)(*1)セセリチョウやタテハチョウの仲間で、乾いた鳥の糞や...

  6. ハチに似た蛾 二態 - 野山の住認たちⅡ

    ハチに似た蛾 二態

    久しぶりにハチ似の蛾、二種に出会いました。① 「 ヒメアトスカシバ 」 (体長 約15mm)♂は初見になりました。特徴の扇状の腹端、♀から見ると格好良く見えるのかもしれませんね。参考までに♀の腹端です( 2014.07.02 撮影)② 「 ムナブトヒメスカシバ 」 (体長 約10mm)触角とは別に、何やら刺々しいツノ状のものを突き立てています。これよく見ると前脚、いいえ中脚なのですね。先日紹...

  7. 季節の中で (3) - 野山の住認たちⅡ

    季節の中で (3)

    下草の中に 「 ネジバナ 」 が目につくようになりました。まるで、螺旋階段のようですねそんな階段を登る 一頭の 「 モンシロチョウ 」容量の関係で小サイズですが、大サービスの6コマ動画です(笑)そして、いつもの2コマです。モンシロチョウの他には「 ベニシジミ 」「 ツバメシジミ 」MFでは今季初見になりました。ネジバナ、面白い花姿ですね。この花姿、ラン科と言うことで分からないこともないのです...

  8. 季節の中で (2) - 野山の住認たちⅡ

    季節の中で (2)

    「 ネムノキ 」 針のように繊細な白い一本の雌しべを囲む穂先を淡紅色に染めたたくさんの雄しべが目につく季節何処に蜜源があるのかと思いますがそんなネムノキにやって来た昆虫たちです。「 クロアゲハ 」昨年は、MF観音崎では縁がなかったクロアゲハでした。最初はカラスアゲハと思い撮影していましたが、モニターで見たところ後翅にはっきりとした白い一筋の♂の性標が確認出来、ヤッタね状態久しぶりの出会い、ち...

  9. ヒゲナガハナバチ 特大号( 付録編 ) - 野山の住認たちⅡ

    ヒゲナガハナバチ 特大号( 付録編 )

    特大号(野草編)から一か月以上経ってしまいましたが(汗)・・・子供のころ買ってもらった お正月などの特大号 と言うと付録がいっぱいで楽しかったですね。そんなことを思いつつ・・・毛色の違う2頭数ある中で、わざわざ同じアザミに来なくてもいいのにと思いましたが・・・仲が良いのか悪いのか分かりませんが、暫くは同じ花上で可愛い仕草ここで脳裏をよぎったのは・・・もしかして「 ニッポンヒゲナガハナバチ 」...

  10. ゴミ と呼ばれて - 野山の住認たちⅡ

    ゴミ と呼ばれて

    クモの巣に付けた、ゴミの中に身を隠し生活をしているクモがいます。その名はずばり 「 ゴミグモ 」 です。如何にゴミらしく見せるかゴミと同化することに、誇りを持って生きる彼らはゴミグモと呼ばれて、きっと喜んでいることでしょう(笑)さて、TOPの写真では、蜘蛛の巣に長いゴミがついているようにしか見えませんが・・・ 拡大して見ると・・・拡大しても良く分からないですって。。。そう言われてみるとそうで...

  11. 翅 模様 ジンガサハムシに遊ぶ - 野山の住認たちⅡ

    翅 模様 ジンガサハムシに遊ぶ

    アジサイが勢いを増してきました。例年より梅雨模様まで早めのようですね。そんな中、5月に夢中になった翅模様です。光り輝く 「 ジンガサハムシ 」 の紹介です。ヒルガオ類の葉っぱに食痕を見付けたら しめたもの。体長7~9mm程、色彩は様々です。真上から見ると・・・あれれ・・・昆虫なのに4本足?それも太くて立派な・・・大別すると黒色タイプと金色タイプに分かれます。クマモン似の黒色タイプは背中の出っ...

  12. インスタバエ - 野山の住認たちⅡ

    インスタバエ

    と言っても、そんな名前のハエはいませんが・・・葉上で自慢の翅を広げ、休むことなく動き回る姿についつい夢中になってしまいます。― ① ―先日、ヤツデの葉上で見かけた小さいけど(体長6~7mm)よく目立つミバエの仲間「 ミツボシハマダラミバエ 」 です。前肢 すりすり やっぱりハエさんですね平均棍(〇印)が写っていました。アブやハエ、ガガンボなどには後翅がありません。その後翅が退化(進化?)どち...

  13. アカスジ 2態 - 野山の住認たちⅡ

    アカスジ 2態

    タイトル、何だか分かりませんよね今日のMFから、そろそろ会えるかなぁと思っていた名前に “ アカスジ ” のつく、カメムシ 二種 に会いました。最初に出会ったこの子滑稽な模様の5齢幼虫、あと一回脱皮すると・・・かの有名な 「 アカスジキンカメムシ 」 の成虫に変身それにしても、幼虫から成虫への変身ぶりは見事ですね。お尻を失礼そして、Jewelry 細工の裏側です。毎年一度は見たいカメムシです...

  14. MFのゼフィルス第一弾 アカシジミ - 野山の住認たちⅡ

    MFのゼフィルス第一弾 アカシジミ

    昨日、今季のゼフィルス(注)第一弾 「 アカシジミ 」 に遭遇。まだ、羽化して間もない様子、少し飛んではすぐ止まり下草や眼線で何度かサービスしてくれました。足元と触角、黒と白の縞模様で合わせ、お洒落ですもうすぐゼフィルスの季節だなぁと思っていた矢先のこと。こんなに早く第一弾に会えるなんて思ってもいませんでした。嬉しい誤算それも、昨年見た場所から直線で300m程離れたノーマークのエリアでした。...

  15. GWに相応しく 金ピカの虫たち - 野山の住認たちⅡ

    GWに相応しく 金ピカの虫たち

    ゴールデンウイーク いかがお過ごしでしたか・・・筆者は毎日がGWのようなもので気の向くまま晴外雨家のいつものパターンそんな折、黄金週間に相応しい金ピカな虫たちと出会いました。① 「 イノコヅチジンガサハムシ 」( 体長 : 約6mm / 食草 : 成虫、幼虫ともイノコヅチの葉 )② 「 同 ・ 交尾態 」③ 「 ハンミョウ 」( 体長 : 約20mm / 食物 : 成虫、幼虫ともアリ、ミミズ...

  16. ヒゲナガハナバチ 特大号( 野草編 ) - 野山の住認たちⅡ

    ヒゲナガハナバチ 特大号( 野草編 )

    「 ヒゲナガハナバチ 」(注)の追っかけを一か月程していました(笑)撮り貯めた在庫から、春の野草絡みのシーンを古いものから順に並べて見ました。ヒゲ(触角)の長いのが♂、短いのは♀になります。( ♀は♂に比べ、出会いは一割程度でした )「 ムラサキケマン 」 (♂ 0328・A) (♀ 0409・A)「 ヒメオドリコソウ 」 (0331・B08)「 ショカッサイ 」 (0401・A)「 セリバ...

  17. ビロードツリアブ 特大号 ( 能書き編 ) - 野山の住認たちⅡ

    ビロードツリアブ 特大号 ( 能書き編 )

    途中、アオバセセリが飛び入りで入ってしまいましたが特大号の最終回、「 ビロードツリアブ 能書き編 」になります。先日、口吻の手入れの様子を3コマ動画にして見ましたが稀に先端が二つに割れることがあります。2コマ動画にて口吻、長い針状とばかり思っていましたがこの先端割れどんな意味があるのでしょうね。これだけ長い口吻を持っているアブは特異ですが、その口吻の構造はチョウの口吻と同じように左右2本がく...

  18. ビロードツリアブ 特大号 (ホバリング編) - 野山の住認たちⅡ

    ビロードツリアブ 特大号 (ホバリング編)

    春を代表するアブ、「 ビロードツリアブ 」春の進行とともに見かけることが少なくなってきましたそろそろ年貢の納め時、撮り貯めた在庫から・・・暖かな日差しの中、忙しく飛び回りますうしろ姿は、毛深いダルマさん(笑)このモコモコ、日中は暑そうですが夜には役に立つことでしょう。アブ類にはよく見られますが・・・飛びながら足の手入れを? それともバランスをとっているの??さすがにトレードマークのストロー(...

  19. ツグミの水浴び など - 野山の住認たちⅡ

    ツグミの水浴び など

    特に目的もなくMFをひと回りして見ました。冬芽を楽しませてくれた「オニグルミ」でしたが 赤い雌花と下部には雄花序を付けていました。「サクランボ」がひとつ目にとまりました。「ツグミ」が水浴びのサービスをしてくれました。“ いつの間にか汗ばむ季節に・・・あぁさっぱりした ”繁殖地への北帰行、いつになるのでしょうね?以前、アンテナ止まりを紹介した「ハヤブサ」今日は海側に張り出した松の木で待機中でし...

1 - 19 / 総件数:19 件

似ているタグ