観音崎公園のタグまとめ

観音崎公園」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには観音崎公園に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「観音崎公園」タグの記事(21)

  1. カマキリ 二態  ( ヒナカマキリ & オオカマキリ ) - 野山の住認たちⅡ

    カマキリ 二態  ( ヒナカマキリ & オオカマキリ )

    『 MFの ヒナカマキリ 』一昨日は当MFでも 「 ヒナカマキリ 」 を見ることが出来ました(嬉)いつもの道路端の安全柵での出会いでした。何のために、胸ほどの高さの安全柵に登って来るのでしょうかネ?産卵場所の探索? それともいつも落ち葉の中での徘徊行動ばかりでは息が詰まりたまには息抜きもしなくてはと言うことで、見晴らしの良い所で休憩したいのかな落ち葉の中にいれば見つかる事もないだろうに・・...

  2. MF の キビタキ ?  - 野山の住認たちⅡ

    MF の キビタキ ? 

    昨日、MFでは見かけない鳥が二羽いました。ヒタキ類の一種だとは思うのですが、メスや幼鳥の見分けは筆者には難しくいつも他力本願なのですが、この日に限り鳥類の詳しい方にお会いすることもなく同定は ?マーク付きの暫定と言うことになります。「 キビタキ ? ♀ 」「 キビタキ ? 幼鳥 ? 」同定に必要な色々な角度から詳細な写真が撮れれば良いのですが、生き物相手そんなに都合よく行くはずもなく、また今...

  3. 花と昆虫(2) - 野山の住認たちⅡ

    花と昆虫(2)

    在庫整理を兼ねて、気になる植物で見かけた昆虫たちの続きです。― オミナエシ にて ―「 ムモントックリバチ 」 (0817・C04)「 オオコンボウヤセバチ 」 (0821・B09)細くて長~い産卵管、そしてスマートすぎる容姿10頭身美人と言ったところでしょうか?「 キオビツチバチ 」 (0810・B09)「 オオモンツチバチ 」 (0817・C04)「 プチヒゲカメムシ 」 (0817・C...

  4. 花と昆虫(1) - 野山の住認たちⅡ

    花と昆虫(1)

    先のアップでは紹介できなかった、花が頼りの昆虫たちです。― ソナレマツムシソウ にて ―「 ヒメアカタテハ 」「 イチモンジセセリ 」「 コハナグモ 」 と 「 イチモンジセセリ 」大きさ、そして腹部の容から♂のコハナグモが、花上でじっとしていました。そこへ、イチモンジセセリがやって来ました。まるでクモなど眼中にないように夢中で吸蜜していました。以前、♀でしたがイチモンジセセリの捕食現場を見...

  5. 彼岸花 と アゲハたち(2) - 野山の住認たちⅡ

    彼岸花 と アゲハたち(2)

    ファインダーに複数頭が入り込み、それは賑やかでした。「 モンキアゲハ 」3頭の戯れは圧巻でした。そんな モンキアゲハ に比べ、撮影チャンスは少なかったのですが「 アゲハ 」「 カラスアゲハ 」「 ナガサキアゲハ 」そして、異種同士で時には入り乱れ「 カラスアゲハ や モンキアゲハ 」 に迫る 「 アゲハ 」「 ナガサキアゲハ や モンキキアゲハ 」 に迫る 「 カラスアゲハ 」異種の絡みを見...

  6. 彼岸花 と アゲハたち (1) - 野山の住認たちⅡ

    彼岸花 と アゲハたち (1)

    秋の気配と共に、陽が短くなってきました。この頃になると、真っ赤な彼岸花に訪れるアゲハチョウたちが気になります。昨日、今日とMFのポイントを覗いて見ました。昨日は台風後と言うことで、花が倒れてしまっているのではと心配でした。一部は倒れていましたが、倒れながらもしっかりと花を付けていました。そんな倒れた花にも、数日ぶりの晴れ間を待ち構えていたようにアゲハチョウたちは、頻繁にやって来ました。「アゲ...

  7. ゴマダラチョウの悲劇  二態 - 野山の住認たちⅡ

    ゴマダラチョウの悲劇  二態

    時には、見なくても良いようなことまで・・・これも自然界の現実なのですね。道路に黒っぽいリボンのようなものが風に揺れていました。よく見ると・・・・ なんと 「 ゴマダラチョウ 」 でした。少しですが、翅を動かしますが、地べたを這う程度で飛ぶことは出来ません。ここは、公園の境界線に隣接した一般道です。頻度は少ないとはいえ車も通ります基本的には自然界の出来事に、手を貸さない主義ですが、この時ばかり...

  8. 青い 尻尾 - 野山の住認たちⅡ

    青い 尻尾

    青いシリーズの続きになります(笑)鮮やかなメタリックブルーの尻尾ですね!このブルーの尻尾は 「 ニホントカゲ の 幼体 」 に現れろ特徴です。そして、成体になるにつれ、尾の青色と胴体全体の縦筋模様は薄れるとのこと。この写真は8日MF観音崎での撮影です。翌9日はMFではありませんが、どうせなら幼体と一緒に成体を載せたいと思い意識して散策して見たものの思い通りにはゆきません。トカゲなどを大好物に...

  9. スズメバチ と 団子 - 野山の住認たちⅡ

    スズメバチ と 団子

    スズメバチ科のハチたちは、幼虫の餌として青虫を探し出しては上手に丸め、団子状にして巣へ持ち帰る事はよく知られていますが今回は、青虫団子ならぬ 「 ダンゴムシ 」 と 「 スズメバチ 」 にスポットを当てて見ました。スズメバチと言ったら黄黒模様の大きなイメージですが、そのイメージからは、かけ離れた白黒模様の小さな(15mm前後)スズメバチの「 クロスズメバチ 」いつもは草むらを、忙しく動き回り...

  10. トウネン 自由自在 - 野山の住認たちⅡ

    トウネン 自由自在

    なんて参考書もありましたね (古ウっ)と思い、ちょっと調べて見たら今でもあるようですね。息の長い参考書ですね一昨日、久しぶりにMF観音崎の海辺(礒)を覗いて見ました。二学期も始まり、磯遊びの家族連れもなく、また釣り人もいなかったこともあり筆者独り占め、その磯で 「 トウネン 」 (注) との自由自在の時を過ごしました。最初に見つけた、単独行動の二羽です近付き過ぎたかな  優しく睨まれてしまい...

  11. ピンボケもまた嬉し オニヤンマ - 野山の住認たちⅡ

    ピンボケもまた嬉し オニヤンマ

    連結した大型のトンボがハンノキの樹上に止まりました。(嬉) 撮りたいと思っていた 「 オニヤンマ 」 でした。モニターを確認している間に、飛び出し目追いするもあとの祭りたった一枚でしたが、MF観音崎では初めて撮り、まぁいいかぁ~昔は大型トンボと言えば、オニヤンマで普通に見られたものですが市内では、いつしか見かけなくなり、久しい年月が続いていましたが最近になって時々見かける様になりました。あぁ...

  12. 鳥糞を吸うチョウ - 野山の住認たちⅡ

    鳥糞を吸うチョウ

    チョウのアップ、久しぶりのような気がします。先日、「 チャバネセセリ 」 の “ 吸い戻し(注1) ” 行動を見ました。綺麗な鳥糞ですね(笑)(注1)セセリチョウやタテハチョウの仲間で、乾いた鳥の糞や果実に止まり、腹端から水滴を出して獣糞などに含まれる成分を溶解させた液体を吸う行為を「吸い戻し行動」と言いどのような成分(栄養素)の補給なのかその生態的な意味は良くわかっていないようですこの行為...

  13. ヤンマたちの産卵 - 野山の住認たちⅡ

    ヤンマたちの産卵

    いつも、オオシオカラトンボだけが我が物顔で飛び回っている小池ですが先日はヤンマたちの産卵日和だったのでしょうか、入れ替わりでやって来ては産卵に励んでいました。三種4態の産卵に立会うことが出来ました① 「 マルタンヤンマ 」この時期、この池での観察対象の大本命と位置付けています。今季も確認することが出来ました。3年連続の嬉しい実績が出来ました。本来は、特集したいトンボですが、今回は特集するほど...

  14. キバラヘリカメムシ など - 野山の住認たちⅡ

    キバラヘリカメムシ など

    先日のカメムシの幼虫たちのアップ時には間に合わなかった 「 キバラヘリカメムシ 」 でしたが今季も、何とか・・・成虫と終齢幼虫(5齢)が同じ葉上で幼虫、黄黒衣装の警戒色でしょうか? 成虫よりインパクトがありますね初齢幼虫は見つかりませんでしたが終齢と、たぶん4齢だと思うのですが・・・4齢、ちょっとやんちゃな、中学生と言ったところでしょうか?終齢、こちらは、生意気そうな高校生風やがて、腹部に黄...

  15. 真夏の決闘 - 野山の住認たちⅡ

    真夏の決闘

    いい加減なタイトルですが・・・池中の石上に「 シオヤアブ 」 と 「 シオカラトンボ 」 が絶妙な間合いで・・・どちらも肉食系、勝利するのは? 賭け率は “ アブ 8 ” に “ トンボ 2 ”レンズ越しに、先に動いた方が負けかなぁ などと勝手に想像する筆者トンボとアブ、そして筆者に暫く緊張の時だけが流れ・・・そして、沈黙の時は破れすかさずシャッターを押した瞬間(どちらが先に動いたかは分かり...

  16. コシアカツバメの幼鳥 - 野山の住認たちⅡ

    コシアカツバメの幼鳥

    電線に一羽、普通のツバメとは少し違う感じのツバメが・・・どうやら、「コシアカツバメの幼鳥」のようです。盛んに羽繕いをしていました。他の写真もそうでしたが、羽繕い時には瞬膜を閉じていることが多かったです。背景を変えて撮って見ました。親鳥が給餌に来るのではと思い、暫く見ていましたが一向にそのような気配はありませんでした。既に、親から給餌を受ける過程は終了したのかな?コシアカツバメの幼鳥は初めて見...

  17. その名も アオメアブ - 野山の住認たちⅡ

    その名も アオメアブ

    先日のムシヒキアブの特大号 (笑)には間に合わず夏休み(市立小は21日からですが、筆者は既に毎日が夏休み)の宿題のひとつとしましたが、早くも宿題ひとつクリアーです・・・(ホッ・笑)「アオメアブ」ムシヒキアブの中では変幻な輝きを放つ複眼の持ち主特に青(ミドリ)に輝いた時には見応え十分です。交尾態を見つけました。最初見、体の大きさから上側が♂、下側が♀だと思いましたが、腹部をよく見るとその膨れ具...

  18. ヤブヤンマ の 旦那(♂)さん - 野山の住認たちⅡ

    ヤブヤンマ の 旦那(♂)さん

    夜半の雨もすっかり上がり、朝から蒸し暑い・・・そんな中、出掛けた甲斐がありました。MF観音崎では嬉しい初出会い 「 ヤブヤンマ ・ ♂ 」が薄暗い木立の上の方にぶら下がっていました。 シャッターを押してはモニターを確認するも複眼の色合いがはっきりしません。そこで内蔵ストロボを使用しましたが、距離が3mほどで助かりました。裏側からは撮れず、何とか分かる程度ですが、複眼の他に腹部前方裏側にある副...

  19. 半夏生 や 合歓の木 にて - 野山の住認たちⅡ

    半夏生 や 合歓の木 にて

    梅雨空や野暮用などがあり、9日ぶりの散策・・・午後から熱中症にならない程度にMFを覗いて見ました。暑かったです。まだ体も慣れずなおさら・・・そんな中、久しぶりのフィールドと言うこともあり季節感と虫たちをテーマに探してみました。やや旬は過ぎたかもしれませんが、何とかの数カットです。― 合歓の木 にて ―「 カラスアゲハ 」 (上♂ 下♀)「 モンキアゲハ 」― 半夏生 にて ―「 ムネアカク...

  20. 雀 と 青蜂( セイボウ) - 野山の住認たちⅡ

    雀 と 青蜂( セイボウ)

    正確に言うと 「 スズメのオブジェ 」 と体長10mm前後の 「 クロバネセイボウ 」 ですここは、公園入口のスズメの飾りのある車止めですどう言う訳か、ここに数頭の 「 クロバネセイボウ 」 がやって来ます。思い切りトリミング拡大してみました。偽物のスズメと言うことを知っているのでしょう。平気で嘴に止まったり、纏わりついたりします。スズメの付け根に、ほんの少しの隙間があります。中の様子をうか...

1 - 20 / 総件数:21 件

似ているタグ