角野栄子のタグまとめ

角野栄子」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには角野栄子に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「角野栄子」タグの記事(13)

  1. 読んだ本記録『角野栄子 エブリデイマジック』『角野栄子の毎日 いろいろ』 - ♪アロマと暮らすたのしい毎日♪

    読んだ本記録『角野栄子 エブリデイマジック』『角野栄子...

    2020年読み終わった本26~27冊目。『角野栄子 エブリデイマジック』角野栄子『『魔女の宅急便』が生まれた魔法のくらし 角野栄子の毎日 いろいろ』角野栄子 ごくごくありきたりの感想で恥ずかしいのですが、おばあさんになったらこんなふうになりたいものです。2冊とも、ふんわり角野さんの生活を書いたものですが、もっと突っ込んだ自伝や評伝など読んでみたい。もっと深く。そういう意味ではもの足りなさも。...

  2. 海辺の本棚『 角野栄子 エブリデイマジック』 - 海の古書店

    海辺の本棚『 角野栄子 エブリデイマジック』

    角野栄子さんは、鎌倉の人にとってはとても身近な人。カフェでコーヒーを飲んでいらしたり、御成通りでお買い物をしていらしたり、文学館で読み聞かせをしていらしたり、そして、タッタッてお散歩をしていらしたり。いつも輝いていらして、綺麗。この本を読むと、それは角野さんの人生への努力と工夫の現れなのだとわかります。自分に魔法をかけること。それはとても難しそう。でも、角野さんはずっとやっていらしたようです...

  3. 心に魔法をかけるために。 - にじみ色Life/// better feel, better life !!!

    心に魔法をかけるために。

    こんにちは、イン・ルーチェです。世の中はすっかりと万葉の世界ですね。角野栄子さん、大好きです。憧れです。もちろん、「魔女の宅急便」も大ファンです。“心が動くと、だんだんとその人の魔法が育っていくのよね。だから、魔法は一つ。そして誰でも持っているものだと思っているの”(『角野栄子の毎日いろいろ』P108より)「もしも魔法が使えたら…」と想像したことは、誰でも一度や二度はあるのではないでしょうか...

  4. 「角野栄子の世界」展 - SUGAR & BUTTER

    「角野栄子の世界」展

    土曜日に、大川市の広松木工で開かれた「角野栄子の世界」展に行ってきました。角野栄子さんは、ご存知「魔女の宅急便」の原作者で、今年、国際アンデルセン賞作家賞を受賞されました。大川市の家具屋さん「広松木工」は、角野栄子さんと以前から親交があり、2010年にも福岡市のお店で、角野さんのトークショーを開いたことがあるのですが、その時も、私達は大ファンの長女と一緒に参加しました。今回再び、このイベント...

  5. 本、ポチッと。 - ヨウコのhappy days

    本、ポチッと。

    断捨離世代のわたし、この頃は単行本など図書館にお願いすることが多かった。雑誌、文庫本、新書は買います。でもこの本、ポチッとしてしまった。角野栄子さんの本です。どんな方なのかどうしても知りたくて・・・。いっぺんに読んでしまうのがもったいない。オシャレの章をまず読みました。わたしも好きなグリーン系のワンピース。こんな大きな柄のプリントもステキ!カラフルなネックレス。こんな長さはちょっと敬遠してい...

  6. 角野栄子さん ステキ! - ヨウコのhappy days

    角野栄子さん ステキ!

    児童文学作家 角野栄子さんが「徹子の部屋」に出ていらっしゃった。昨日?一昨日?「あさイチ」にも。きれいな方。かわいらしくて大好きなオシャレ。今日は水玉のワンピース。襟が小さな水玉で、あかいアクセントがステキ。ボタンかしら?この方は、メガネに合わせてお洋服を選ばれるらしい。ワンピースが多くて、それがまたハッとするほど美しいプリント。いちごの赤がお好みとのこと。こんなキュートな80代、憧れます!...

  7. 角野栄子さんプレミアムトーク - たなかきょおこ-旅する絵描きの絵日記/Kyoko Tanaka Illustrated Diary

    角野栄子さんプレミアムトーク

    録画しておいたNHKあさイチの角野栄子さんのプレミアムトークを見る。●「外国というものに行ってみたかったから」(当時はブラジルとアルゼンチンしか選択肢がなかった)と船旅で2ヶ月かけてブラジルに移民として渡った話。●物語は最初に登場人物の絵を描いて、服装は?家は?といったように世界を広げていくという話。●白髪になったことでカラフルな服が似合うようになった。「歳をとるのは悪いことばかりじゃないの...

  8. 『魔女の宅急便』 - 天使と一緒に幸せごはん

    『魔女の宅急便』

    先日、作家の角野栄子さんが国際アンデルセン賞を受賞されました。角野さんと言えば『魔女の宅急便』1989年にジブリが描いたキキの世界は、今でも新鮮で観るたびにときめきます。(ジブリ マイベスト3 に入ってる! )13歳のキキが新しい世界に飛び込んで自立していく姿は大人の私が見ても学ぶところがいろいろあります。初めてこの作品を観たとき、魔女って13歳で親元を離れて独り立ちしなくちゃいけないのか...

  9. 海辺の本棚『ファンタジーが生まれるとき』 - 海の古書店

    海辺の本棚『ファンタジーが生まれるとき』

    角野栄子さんに国際アンデルセン賞。ステキなニュースでしたね。この本は角野さんの人生と物語との出会いを幼いころからの思い出とともに綴られたもの。5歳でお母様を亡くされた泣き虫角野さんをたいへん慈しみ深く育まれたお父様とのエピソードに物語の種を見出せます。さまざまな迷いの中で過ごされた学生時代、そして結婚後ブラジルへ移民。2年間のブラジル生活がその後の角野さんの人生を物語へ導いて行きます。80歳...

  10. 角野栄子『魔女の宅急便』展―魔女とおばけと―」 - たなかきょおこ-旅する絵描きの絵日記/Kyoko Tanaka Illustrated Diary

    角野栄子『魔女の宅急便』展―魔女とおばけと―」

    港の見える丘公園のすぐ近く、神奈川近代文学館でやっている角野栄子さんの展示に行ってきた。直筆原稿や、本の原画、ブラジルに渡った時の船のチケット(!)などなどが展示されていて角野栄子ファンには楽しい展示。紙で簡単に作れるジジの帽子やおばけのアッチとかもあり、最近小さなおばけシリーズに夢中の小さい人もかなり楽しかったみたい。大人用の魔女変装セットもあります。久しぶりの横浜だったので、中華街でご飯...

  11. お気に入りの本 - タイ式マッサージ サイチャイ

    お気に入りの本

    こんにちは!サイチャイ大澤です✨私は本屋さんの雰囲気が好きで、よく行くのですが、滅多に本は買いません(;^_^Aですが、先日久しぶりに、手元に置いておきたい!と思って衝動買いした本がありました。これです。『角野栄子の毎日いろいろ』 角野栄子さんは児童文学作家で、『魔女の宅急便』の作者でもあります。82歳の現在も美しく、好きなものに囲まれて生活する姿が素敵だなぁと思いました(*^^*)&...

  12. 世界で一番おしゃれな魔女 - たなかきょおこ-旅する絵描きの絵日記/Kyoko Tanaka Illustrated Diary

    世界で一番おしゃれな魔女

    ↑数年前に「好きな人」の課題で描いた角野栄子さん。本屋さんで偶然「角野栄子の毎日いろいろ」という本を見つける。ぱらぱらーっと読んだら、もうすごく素敵!!こんなにキュートな82歳の先輩、憧れです。鎌倉にお住まいだし!近い。旅行も大好きな角野さん。娘さんが4歳の時に、ヨーロッパに2ヶ月連れてったのだって!かっこいい〜。(きっと50年くらい前の事!)インタビューで、娘さんに対して「何になってほしい...

  13. 明日(3/10)は東京大空襲があった日☆「トンネルの森1945」 - 絵本のおかあさん

    明日(3/10)は東京大空襲があった日☆「トンネルの森...

    押してくれると、うれしいな(^^V)にほんブログ村明日3/10は、今から72年前の1945年に、東京大空襲があった日。トンネルの森1945角野 栄子/KADOKAWA/メディアファクトリーundefined小学5年生くらいからこの本は、作者の角野栄子さんが実際に体験した戦争体験・集団疎開・継母との暮しを元に、東京大空襲について書かれたものです。(以下、あらすじです)主人公の少女イコは、5歳の...

総件数:13 件

似ているタグ