言葉の意味のタグまとめ

言葉の意味」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには言葉の意味に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「言葉の意味」タグの記事(26)

  1. 奥様!オ〇ン〇でのワンワンスタイル大丈夫? - 岩瀬労に言わせろう!

    奥様!オ〇ン〇でのワンワンスタイル大丈夫?

    極めてプライベートな話で恐縮であるが・・・。お宅のアノ営みは、ノーマル?それとも、アブノーマル?っていっても・・・。何がノーマルなのかがハッキリしないのだから、その判断は下し辛いものがある。ご本人が「これで良し!」とすれば、他人様に迷惑をかけない限り、何でもアリ!のヤリたい放題!でいいと思う。だが、オ○ン○のときのワンワンスタイルでは、結構迷惑をかけても平気な人が多い昨今である。少子高齢化の...

  2. それは、トイレにあるよ! - 岩瀬労に言わせろう!

    それは、トイレにあるよ!

    昨日のこと。 早く目覚めたので、暖かい日差しに誘われて散歩に出かけた。丁度、小学生たちの登校時間のようだ。ピカピカの新入生も、そろそろ学校に慣れて来たころだろうか?真新しいランドセルを眺めながらそんなことを思っていた。 そこへ、背後からやって来た黒色の乗用車が、私を追い越すなりピタリッ!と停まった。そのパワーウインドウが静かに開き、顔をだした男性が、生徒の列の一人に大声で、「○○君!座ってす...

  3. 「マン臭事変」と「満州事変」の違いについての一考察 - 岩瀬労に言わせろう!

    「マン臭事変」と「満州事変」の違いについての一考察

    外国人の皆さんが日本語を習得するにあたり、難関のひとつとしてあげるのに<同音意義>がある。今回取り上げる単語の「まんしゅうじへん」もその一つである。「マン臭事変」とは、性交の前戯として極一般的に行われる、<クンニリングス(単にクンニともいう)>時に女性器から立ち上がるニオイによって、殿方が下腹部の一物に<事変>をきたす様子を指す<ネットスラング>である。自称ドスケベで<ニオイフェチ>の友人Y...

  4. 「孤独の作法」下重暁子・著<中経出版>を読んだ - 岩瀬労に言わせろう!

    「孤独の作法」下重暁子・著<中経出版>を読んだ

    <いわろう>は、脱サラ後31年間ずっと一匹狼だ。何をするのも一人だから気楽だ。でも、気が休まらない。成功も失敗も自分自身の責任なんだから。生きがいがあるんだ!とちょっと格好をつけてみるが、将来の不安に潰れそうになるときが、しばしばある。著者は、「孤独を知る男こそ美しい」と説く。つまり「自分で考えてその通りと思えば従うが、思わなければ従わない」という生き方をヨシ!とすること。<いわろう>は、元...

  5. 調子に乗りすぎて・・・大失敗! - 岩瀬労に言わせろう!

    調子に乗りすぎて・・・大失敗!

    今日のこと。取引先でも「新元号」が話題になった。「いわろう」は、持論を展開する。「レイ!って音からくるイメージが悪いと思いません?」「・・・」ところが先方さんは、乗ってくる様子もなく、随分さめた表情である。そんなこともお構いなしに・・・お調子者の「いわろう」は、グイグイと持論を押し進めた。「冷遇!冷淡!冷酷!って感じがしません?」そこで、先方さんが、ぽつりと言った。「私は、気に入っているよ!...

  6. 「令和」ってどうなの? - 岩瀬労に言わせろう!

    「令和」ってどうなの?

    ラジオの前で正座して、今か?今か?と待っていた「いわろう」は、冷や水をかぶせられた!「新元号はレイワです!」晴れやかに官房長官が発表したのだが・・・この際!万葉集から引いたとかいう講釈はどうでもいい!日常会話で使う機会が多い、音から入ってくるイメージが大切なのに・・・レイワ?聞くたびに、冷酷!冷淡!寒冷!冷遇!・・・おまけに・・・何もないれい!(ゼロ!ともいう)そんなマイナスイメージがある!...

  7. アオカンしたい!? - 岩瀬労に言わせろう!

    アオカンしたい!?

    先日、友人のY君と新橋駅前で、安い酒を飲みながら、愉しく歓談していた時のことだ。ほろ酔い気分の「いわろう」は、Y君の発した言葉に一瞬耳を疑った。なぜか?酔えば耳は遠くなるし、声が大きくなる。その言葉が、店内に轟いたように思ったので、Y君の言葉を遮った。 「オイ!オイ!アオカンがしたい!なんて大声で叫ぶもんじゃないだろうが!」「だれが?アオカンなんて言ったんだよ!」と、Y君は真顔になった。「君...

  8. 「今夜もオ〇ンコだって?」カミさんはもう~アレ依存症だ! - 岩瀬労に言わせろう!

    「今夜もオ〇ンコだって?」カミさんはもう~アレ依存症だ!

    カミさんは69だ!新元号に変わる5月1日の彼女の誕生日がくれば、70の大台に乗る!古希というのに、お盛んなことだ!オ〇ンコなしでは、夜も日も明けないというのだ!「いわろう」が「身体を壊すゾ!」と、いくら言っても、オ〇ンコ依存症のようになってしまっている。 若い時ならいざ知らず、歳も歳なのだから、ピタッ!と止めることは無理だろうけど、せめて回数を減らすことから始めなければと思う。若い時に比べて...

  9. 今夜はカレーなの?シチューなの? - 岩瀬労に言わせろう!

    今夜はカレーなの?シチューなの?

    カミさんの友人が、昨年暮れに「お店」を出した。なんと75歳になるというのに・・・。長年の夢だった「お店」を出し、90歳まで頑張るのだと聞くと「人生100年時代」が、すでに現実になっているように思う。 そのお店というのは、「一膳めし屋」以上、「レストラン」未満の「お食事処」らしい。カミさんは、連日のように「お手伝い」と称して、「お店の立ち上げに」顔を突っ込んでいるようだ。頼まれもしない「お品書...

  10. グッサリ!刺さった言葉 - 岩瀬労に言わせろう!

    グッサリ!刺さった言葉

    一昨日、年末の挨拶回りの最終に訪れた会社でのこと。 珍しく、そこの社長夫人と巡り合った。彼女は毒舌家で、常に物言いが辛辣で、誰もが苦手にしている。いわろうは、『これは、マズイ!』と、こころで思っていると、運悪く「岩瀬さん!」と、掴まってしまった。 『逃げるが勝ち!』という戦法を「いつもお世話になっております。来年もよろしくお願いします!」と、先手必勝の戦法に出て、深々とお辞儀をした。その瞬間...

  11. 魔女に一撃を食らった! - 岩瀬労に言わせろう!

    魔女に一撃を食らった!

    特に重い物を持ったわけでもないのだが、突然腰が痛くなり動けなくなってしまった。久しぶりの「ぎっくり腰」である。正式には「急性腰痛」というらしい。読んで字の如く急激に発症した腰痛を指す。欧米ではその激しい痛みから「魔女の一撃」とも呼ばれている。 多くは一週間~二週間程度で自然に快復するが、時間経過によって改善が見られない、または下半身に痛みやしびれといった症状が出現した場合などは「椎間板ヘルニ...

  12. 「休日」っていつのこと? - 岩瀬労に言わせろう!

    「休日」っていつのこと?

    今朝、郵便物送付のため、久しぶりに近所のポストまでひとっ走りした。日曜日って取集されるのだろうか?あるとしたら何時ごろだろう?そんな疑問とともに、ポストの横に貼られた、取集時刻を確認した。 そこには、「平日」「土曜日」「休日」のそれぞれの時刻が書かれてあった。「よかった!間に合った!」と安心したら、また新たな疑問がわいてきた。『休日って言い方ってどうなの?』 以前は、「平日」と「休日」の取集...

  13. だったら、みんなが障害者だ! - 岩瀬労に言わせろう!

    だったら、みんなが障害者だ!

    パラ五輪視覚障害者柔道で、韓国人健常者がメダルラッシュという。どうも、眼科医も関与した組織的国際詐欺行為のようだ。視力があるのか?ないのか?のテストなんか簡単だ。目の前で突然、両手を叩く、あの白鵬関お得意の「猫騙し」をパシリとやれば、視力があれば思わず瞬きするだろう。そんな簡単なテストすら事前にやっていなかったのだろうか? ところで、よその国の詐欺行為を憂いている場合ではない。 わが国では、...

  14. 若い女の子には刺激的だよ! - 岩瀬労に言わせろう!

    若い女の子には刺激的だよ!

    日曜というのに、所用で都内に出かけることになった。それも、10ヵ所を一日で回るという強行軍のため、効率の悪い車はヤメにし、公共交通機関を利用することにした。今日は、全国的に晴れとの天気予報通りに、清々しい秋晴れの一日だった。 といっても、主に東京メトロや、都営地下鉄線の利用であるから、ほとんどモグラ状態であった。それにしても、いつものことだが、大江戸線にしろ、副都心線にしろ、階段やエスカレー...

  15. 左見て!右見て!左見て!渡ろう!横断歩道 - 岩瀬労に言わせろう!

    左見て!右見て!左見て!渡ろう!横断歩道

    <いわろう>は、テレビをできるだけ<観ナイ派>である。似たり寄ったりの番組が多いし、知ったかぶりするコメンテーターに辟易する。用意された台本通りに喋っているクセに、あたかも自分の知識のように話している。「いい質問ですね~!」も、あったものではない。それに、なぜ?司会者や、進行係に<お笑い芸人>が多いのだろう?実に目障りだ。やれやれ・・・ジジイの戯言は、この辺にしておこう! とはいっても、ニュ...

  16. 「新しい分かり方」佐藤雅彦・著<中央公論新社>を読んだ - 岩瀬労に言わせろう!

    「新しい分かり方」佐藤雅彦・著<中央公論新社>を読んだ

    <いわろう>は、一匹オオカミだ。古希を過ぎた老いたオオカミの社長だ。かつて、勤めていた会社を、不惑であるべき四十歳で、退社して柄にもなく「独立」したのだ。創業当時は、サラリーマンの年収を越える稼ぎがあったが、創業以来三十年間で、手にしたものは借金だけだ。 夢もなくショボくれていた職場から、三十歳のとき運よく超のつく優良企業に転職。それまでとは別世界のように、働いたというより働かされた。超どこ...

  17. 殿方に「硬さ」「太さ」「長さ」の何を第一にお望み? - 岩瀬労に言わせろう!

    殿方に「硬さ」「太さ」「長さ」の何を第一にお望み?

    「硬さ」も「太さ」も、ましてや「長さ」も、まるで自信のない<いわろう>に、申し上げる資格はありませんが、三拍子ともそろった殿方など、そう簡単にはお眼に掛かれないと思う。かと、申しあげても、世の中は広い。「オレこそ!三拍子そろっている!」という、強者もいらっしゃることだろう。 ところで、私ごとで恐縮だが。 <いわろう>は、女系家族で育ったためか、涙もろく心優しい性格である。新しい挑戦で、少しの...

  18. 「日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない」湯山玲子と二村ヒトシの対談集<幻冬舎>を読んだ - 岩瀬労に言わせろう!

    「日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない」湯山玲...

    「結婚適齢期」とは、男女が結婚するのに適切とされる年齢範囲のこと。しかし、それは国によっても、文化や社会、あるいは時代によっても大きく異なる。わが国における現代では、大きく晩婚化しているのは、ご存知の通りだ。極端なことを言えば「結婚適齢期」は、わが国ではもう死語化しているといえそうだ。 <いわろう>の青年期では、なんの疑いもなく「結婚するのが当たり前」の社会通念があった。<いわろう>は5人兄...

  19. あなたは、迷惑がられていませんか? - 岩瀬労に言わせろう!

    あなたは、迷惑がられていませんか?

    今朝、仕事に出かけようと、玄関のドアーを開けると、ドアの前の傘立てに「回覧板」が、無造作に立てかけてあった。隣人が気をきかせて、呼び鈴を押さずに、そっと置いて行ってくれたのだろう。でも、本来の「回覧板」が持つ<コミニュケーションツール>の意味から、少しズレているようにも思えた。ところで、その内容だが、「自分の家の前といえども、車を長時間停めないようにしましょう。迷惑を感じている人がいます」で...

  20. セックスで知る「十分」と「充分」の違いについての一考察 - 岩瀬労に言わせろう!

    セックスで知る「十分」と「充分」の違いについての一考察

    <いわろう>は若かりし頃、小説家志望だった。そんな夢を叶えるために、まず言葉の基礎から学ぼうと、某語学教室に通っていたことがある。 そこでは、基礎からみっちり、言葉の一つ一つの意味を理解することから、たたきこまれた。日本語には、同じ読みでも全く違う意味をもつ言葉があるかと思えば、同じような言葉で微妙な使い分けがある言葉がたくさんある。 ある日のこと。「十分」と「充分」の微妙な違いと、使い分け...

総件数:26 件

似ているタグ