言葉のタグまとめ

言葉」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには言葉に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「言葉」タグの記事(219)

  1. 聖書の言葉 - レチクルムアモン

    聖書の言葉

    凄い痛みがしたのね3日ぐらいなったんだよね結局ね誰が見舞いに来たのかさっぱりわかんないけど1秒ごとに頭をね父で殴られるような感じでしたね。僕の電車じゃないくらい痛い経験を三日三晩にしたのでも経験ないので本当にね痛いでお医者さんはねなんか麻酔が効きやすい体質なのかなのか医療ミスではないと思いますよね。確実にねでも僕の体質上の問題だと思うけど鍵師の魔剣のような感じになったって言うんですね。なんだ...

  2. ダブルワーク - 四月の魚

    ダブルワーク

    内職が割と本格的になってきた。ありがたいことだ。昨夜は、パソコンが不調で、何度も「応答なし」になり、予定していた時間に仕上がらず、寝るのが1時を過ぎてしまった。その前夜に、半分やっていたからできたようなもので、昨夜だけなら間に合わなかったと思う。子供のころ、夏休みの宿題は、初日に完璧な計画を立てたが、実行できたのは最初の2、3日で、2学期の始業式の3日前くらいから、ほとんど徹夜した。いまは、...

  3. 残念だからこそ良しもあり♪ - 気ままな日々

    残念だからこそ良しもあり♪

    それは・・・運?!かって、地球の王者は巨大な恐竜でした。しかし今、恐竜は一匹もいません。とつぜん落ちてきたいん石のせいで、地球が寒くなってしまったからです。食べ物がへり、おなかをすかせた恐竜たちは、寒さにこごえてほろんでしまいました。どんなに強い生き物でも、地球の環境がガラリと変わればあっという間にほろんでしまう。これが、自然のきびしいおきて。地球がいつ、どう変わるのか、だれもはっきりとはわ...

  4. 自己宣言 - アタランテーアントリア

    自己宣言

    二つのものが退避されてるんです。が1番目かっこいちご一緒に選んでくれますかはい肉的動機と霊的動機これが22節から29節2番目古いまなと新しいまなこれが30から35節3 信じない者と父から招かれたもの俺が36から4014番目つぶやきと信頼41節から59節そして5番目桔梗と忍耐これが60節から71節です。つまり言葉が大されていてそして信仰のないものと親交のあるものの姿が描かれてくるということです...

  5. 吉兆! - アガパンサス日記(ダイアリー)

    吉兆!

    もう12月に入ってしまった!これから寒い寒い冬だと思うと、南国生まれの私はあまり嬉しくない。秋からポンと春になればいいのに、と思うくらいだ。それは無理。寒い冬があってこその春のあかるさ。そんなことを考えながら歩いていたら、葉の落ちてしまった木の枝に、白鷺が一羽。我が家の近くには川も池もあるので、鷺はよく見かける。真っ白な鷺を見かけると、私は「吉兆!」と思うことにしている(実はけっこうよく見か...

  6. 先発型だが先発完投型ではない - Life.

    先発型だが先発完投型ではない

    僕の元上司はいつも僕のことを先発型の選手と呼ぶ。0を1、2にするのが得意だが、5を8にしたり8を10にしたりするのは得意でない、という意味。当たっているかどうかは僕自身にも分からないが、言わんとすることは分かるし、僕がやっていて楽しいことにも合致していると思う。同じ方からはもっと大袈裟な誉め文句ももらうが、畏れ多いのでここには書かない。

  7. ボッチ(ひとり)という自虐・自慢・差別用語。 - 危険分子の部屋

    ボッチ(ひとり)という自虐・自慢・差別用語。

    ぼっち(ボッチ)という言葉がある。一人ぼっちという意味だが、実に異様な風に使われる。自慢ぽく使ったり、自虐的に使ったり、差別的に使われる。何の意味があるのか?人はみな一人だ。親兄弟、親戚、友人、恋人ともいつか別れ死別する。もしくは自分が先に死ぬ。没頭できる趣味が無いやつに限って良く使う。逆に言えば没頭するくらい好きな物がないから周りばかり気にして孤独感・悲壮感を感じる。なら、好きな物を見つけ...

  8. 応援してもらっていいですか - アガパンサス日記(ダイアリー)

    応援してもらっていいですか

    娘から時々届くメール。「ちょっと応援してもらっていいですか?」電話が苦手な娘とのやりとりはスマホのメッセージ機能がほとんど。だから良かった。こういうことを口頭で伝えるのはかなり勇気がいる。その点、メッセージ機能の地味な画面はいい。フラットな感じで思いを伝えられる。スマホ画面にこのフレーズを見ると、つい笑ってしまう。「応援してください。」ではなく、「応援してもらっていいですか?」がいかにも娘ら...

  9. 虚彩 - 四月の魚

    虚彩

    蛇が自分の尻尾を呑みこんでいく。限界点に到達した瞬間、くるりと反転して、それまで腹の内側だったところが外側になる。抱え込んでいたものが、意志に関係なく解放され、手離そうとしていたものが内包される。あるとき突然、オセロの黒と白が入れ替わる、それを想像するときの、ちょっとした快感。「欲しいのは龍宮城の玉手箱今まではみな夢だったのねと白髪婆が言う」

  10. 親の手柄? - アガパンサス日記(ダイアリー)

    親の手柄?

    「子どもを〇〇にした母」「子どもを▲▲大学に入れた母」といった文言を目にすることが最近多い。本のタイトルなどで。勉強したのは母ではなくて子どもだよな、なんか変な感じじゃない?と私はモヤモヤしてしまう。親の手柄ではないと思うんだけどな…ああもしかしたら、母の言うことをきちんと聞くことで、〇〇になれた、▲▲大学に合格できたということなのか。大学に入ったり、職業を選んだり、というのは親が手を引いて...

  11. ただの好き嫌いの話 - 四月の魚

    ただの好き嫌いの話

    昔、ブログはうさんくさいものだった。「オタク」という言葉がいまも生きているか知らないが、いまよりもっとそちら側に近かった印象がある。ネットだから。顔が見えないから。リアルでの関係がないから。正直に心の内を吐露する。そういう人が多かったように思う。いま、私がリアルでもつきあいを続けている友人たちは、そのほとんどが最初のブログで知り合った。最初に感情の吐露があり、共感があって、次に背景事情を知る...

  12. CMに感動することがある~自分的傑作w選~ 18/11/10 - 岩佐徹のOFF-MIKE

    CMに感動することがある~自分的傑作w選~ 18/11/10

    言葉が持つ力について~宝石・時計の長野のCM~(2009/03/09 初出 )言うまでもなく、アナウンスの基本は言葉だし、私自身、言葉への関心は現役引退後も持ち続けています。先日も“失笑”について嫌味たっぷりに突っ込まれたばかりです。元アナウンサーですが、言葉については絶対間違えないなどと言うつもりはありません。これまでに何度も間違いを指摘されています。たしかに間違いだと思えばその都度、訂正...

  13. 詩「会える時」 - すまいるらいふCAFE  ~ I love your smile♪~

    詩「会える時」

    『会える時』迷っているヒマはない会える時に会いにゆこう大切な人との時間は日に日に短くなり別れの時が近づいている自分の都合ばかり優先していると時すでに遅しとなりかねない“会える時”とは自分の時間ができた時を云うのではない相手が生きている時を云うのだ2018/9/9………………日々の忙しさに追われていると、相手との残された時間のことを忘れています。まるでいつまでも相手が生きているかのように思って...

  14. わけあって、絶滅しました。 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    わけあって、絶滅しました。

    ちょっと疲れ気味。こういう時の特効薬がこれ。こういう本。好きなんですよねー。専門的知識を踏まえた上で、絶滅生物のキャラ設定に則ったセリフまわしが面白い一冊。ふざけてるようで大真面目。命を何億年という単位で考えてみると、人間という種の命の小ささに思いいたる。況や私個人の命をや、である。絶滅する時はする。人智を持ってしても抗えない事態は起こる。だったら悔いなく毎日を過ごしたい。疲れた時は存分に休...

  15. Sing - Life.

    Sing

    ネス湖の畔でネッシーハンターをしているおじさんが、なぜ何十年もネッシーを探しているのかと聞かれて、Do what makes your heart sing.と言っていて、いいフレーズだなと思った。 @ビビる大木のアナザースカイ

  16. 学校というイデア - アガパンサス日記(ダイアリー)

    学校というイデア

    先日、3トラ集合して打ち合わせをした時のこと。不登校って何だろう、と今さらながら考えた。わが子の場合、原因、理由は複合的だったけれど、「学校に行きたくないから行かない」というシンプルな不登校。で、私は実はずっと不思議だったのだ。学校に行きたいのに、行けない。よく聞く言葉である。で、今回、その言葉の真意について考えてみたいと思ったのだった。学校に行きたいのなら、行けば良い。シンプルだ。でも、そ...

  17. 無神経な標語たち - アガパンサス日記(ダイアリー)

    無神経な標語たち

    学校でよくあることですが、「元気な子、明るい子」などの標語が教室に書いてあります。おかしいよなあ、と思います。言葉の力は強い。毎日見えるところにある言葉は、子どもの心に植え付けられます。明るくて元気で、周りに気配りができて、そういう人は確かに素敵です。でも、人見知りで無口で愛想がないから、周りに合わせられないからといって、それが良くないことなのでしょうか?世の中にはいろんなタイプの人がいて、...

  18. ブログの私が本当の私 - 四月の魚

    ブログの私が本当の私

    小学校の頃、登校拒否児童だった。田舎と都会のギャップは、今よりうんと大きかったし、なにより埋めようのない生活格差があった。いじめっ子の餌である。小学校は、進級できる出席日数ギリギリだったと思う。勉強は好きだが学習は嫌いで、宿題はもっと嫌い。最悪なのは運動会と遠足で、近づくにつれて体調が悪くなり、当日はほとんど動けなくなった。周囲はみな、仮病だと責めたが、本当に痛かったのだ。学校生活で一番好き...

  19. づくし柿 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    づくし柿

    さなトラから大きくて立派な「西条柿」をおすそ分けしていただいた。西条柿は渋柿なのだけれど、木の上で柔らかくなるまで完熟させると、渋みが抜けて甘くなるのだそう。これを収穫したものを「熟し柿」、それが訛って「づくし柿」と呼ばれているそうだ。甘い「づくし柿」を食べながらぼんやり考える。「づくし」っていう響きがいいなあ。たくさんのことがこの柿に詰まっている感じで。完熟の前に渋柿として収穫して、干し柿...

  20. Just an ordinary guy  フレディ・マーキュリーのこと - アガパンサス日記(ダイアリー)

    Just an ordinary guy フレディ・...

    10/24、クィーンのボーカリスト、フレディ・マーキュリーの自伝的映画「ボヘミアンラプソディー」の試写会に行ってきた。クィーンファン歴42年の私。画面に映る若いフレディ(を演じるラミ・マレック)を見て感無量。14歳の頃にワープしてしまったのだった。映画について。サウンドトラックが素晴らしい。エピソードも満載。メンバーを演じる俳優陣がしっかり脇を固めていて安心できる。ぜひぜひ、ご覧下さい。11...

総件数:219 件

似ているタグ