言葉のタグまとめ

言葉」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには言葉に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「言葉」タグの記事(670)

  1. 書き残す - 四月の魚

    書き残す

    ウフさんからの伝言板を回す。私も、憶えておくぞ。書き残しておくぞ。

  2. 4月14日の夢「入社式」「指輪」 - 降っても晴れても

    4月14日の夢「入社式」「指輪」

    今朝の夢。①入社式私、どこかに入社するようです。②指輪最初に見た時は、3センチぐらいの長さの細い小枝が3つ束ねてあるように思いましたが、拾い上げてみると、ちゃんと輪っかになっていて、変わったデザインだけど、とても良い雰囲気の指輪だなと思いました。

  3. 4-8 2020 (1) - SIDE-B Hand Made Diary

    4-8 2020 (1)

    こんにちは!Nくんの”しき紙フレーム”と同時進行で創っているA5サイズのフォトフレーム。いつも以上に明るい作品を創りたくなります!!言葉ありきです!!発する言葉はとても大事。こんな時だからこそ明るく感謝に溢れた言葉をつかいます!******************ご覧いただきありがとうございます。手創り、一点モノを中心に額縁を製作しているSIDE-B KUSTOM PICTURE FRAME...

  4. 子どもの言葉に脱帽させられる本 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    子どもの言葉に脱帽させられる本

    最近読んだ本のご紹介。『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこさんによるノンフィクション。1965年生まれ福岡市出身、音楽好きが高じて、高校卒業後アルバイトでお金を貯めては英国と日本を行ったり来たりする生活。1996年から英国在住。アイルランド人の男性と結婚、子どもが生まれたことをきっかけに保育士資格を取得。「最底辺保育所」で働きながらライター活動を開始。けっこうぶっ飛...

  5. 「心に留まることば№46」如来寺さんの掲示板より。 - 京都の骨董&ギャラリー「幾一里のブログ」

    「心に留まることば№46」如来寺さんの掲示板より。

    ・「おこるないばるなあせるなくさるなそしておこたるな」・・・平常心ですね。でも小生の日常は、残念ながらこの言葉とは反対、喜怒哀楽が行動にも顔にもスグ出てまいります。・如来寺さんの言葉は初めてご紹介させて頂きました。これからもどうぞよろしく。如来寺さんは、京都市中京区六角通大宮西入南側(因幡町97)です。▼如来寺さん近くの幼稚園、桜が満開でした。(3月31日撮影)

  6. 山岡荘八『伊達政宗』(ただし漫画版)で、心に引っ掛かった言葉〜例によって仏教関連〜 - とらっしゅのーと

    山岡荘八『伊達政宗』(ただし漫画版)で、心に引っ掛かっ...

    引き続き、重苦しい辛いニュースが続きますね。ですが、敢えて平常運転といたします。でないと、こちらも精神的に持ちそうにないので。 さて、大河ドラマにおける伝説的名作の一つに、『独眼竜政宗』があります。その原作となったのは、山岡荘八の小説。主人公・伊達政宗は幼少期から虎哉禅師による薫陶を受けました。それだけに、特に幼少期を描いた序盤は仏教的な話題もちらほら出てきます。今回、手元にある横山光輝先生...

  7. 「花見」2020 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    「花見」2020

    昨日ついに福岡県にも、週末不要不急の外出自粛要請が出ました。世界中で起こっていることを、対岸の火事と思わず、節度を持って1人ひとりが行動したいですね。こんな時だから余計に桜の美しさが心に染みます。いつもとは違う形で桜を愛でる年になってしまったかもしれないけれど、来年も桜は咲くんだし。みんなが来年、心から桜を楽しめるように、今は考えて過ごしたいですね。「お花見」は桜の名所に行ってシート引いて宴...

  8. へのつっぱり - maki+saegusa

    へのつっぱり

    これまでの人生において、私が一度も会話で使ったことのない言葉の中で、その巧い用法を掴めていないものは、一体なんだろうかと考えていたら、「へのつっぱり」を閃くに至り。この言葉の持つオリジナルの風情を損ねないような、最高の例文を編み出そうとしていたら、特にこれと言った閃きもないまま、夕方になっていた。実に意義深い日であった。・・・(笑)【BLOG BINGO 2020】DAY36 - Today...

  9. 3月24日の夢「入路塚水光」「卒業のソラティ」 - 降っても晴れても

    3月24日の夢「入路塚水光」「卒業のソラティ」

    今朝の夢。①入路塚水光②卒業のソラティ①の『入路塚水光』、漢字だけが出てきて、必死に記憶しました😅起きてから調べてたけど、もちろん分からず😓ただ「入路」は、和歌山の地名にありました。日高郡由良町。ちょっと遠いなー💦💦💦②の『卒業のソラティ』は、起きる直前、ずーっと唄っていま...

  10. 子どもたちの叫び - アガパンサス日記(ダイアリー)

    子どもたちの叫び

    映画「子どもたちをよろしく」を観て来ました。紛れもなくリアルな、鋭い、大人に問いかけてくる映画でした。もしかしから世の中には「衝撃的な内容に作ってあるだけだろう」などという人もいるかもしれません。そうではなくて、これが日本の現実。大人社会の歪みが、子どもたちに否応なしにのしかかっている現実。1人でも多くの大人が、現実を知って考えていかなければ、子どもたちは救われない。答えはすぐには出ないけれ...

  11. いい事を言ってても言葉の選び方で聞く気になれなくなってしまう - 電話占いヴェルニが大好き!

    いい事を言ってても言葉の選び方で聞く気になれなくなってしまう

    安倍首相は、オリンピック開催に関して、「完全なる開催」って言ってましたけど、完全なる…ということは、延期や無観客はありえないって事なんでしょうか。それとも、オリンピック開催の時期は変更があっても、オリンピックそのものは、無観客などはせず、従来通りの形でやるって事なんでしょうか。なんかイマイチよく分からないですよね。まぁ、詳細を言わないというか、言えないっていうのも分かりますけど…。ただ、国際...

  12. 「反省寛容」 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    「反省寛容」

    「不寛容な社会」という言葉を最近見かけて、昔々の父とのエピソードを思い出しました。私が小学6年の時の話です。正月に父から1枚の色紙を渡されました。そこには「反省寛容」と書かれていました。その時私の担任の先生は書道家でもあり、その先生にわざわざ頼んで書いてもらったとのことでした。「これは晶子の今年の目標!」父曰く「お前にはこれが足りん!」。その時私は「カンヨウ」って何?と思ったのでした。意味は...

  13. 「心に留まる言葉№45」妙泉寺さんの掲示板より。 - 京都の骨董&ギャラリー「幾一里のブログ」

    「心に留まる言葉№45」妙泉寺さんの掲示板より。

    ・今回の言葉は、「世の中はおれがおれがの我を捨てておかげおかげの下(げ)で暮らせ」です。いつもの妙泉寺さんの掲示板からです。・お互いに「おかげさま」という感謝と敬いの心があれば、もう少し穏やかで分かりやすい世の中になるのでは・・と思う次第です。まずは自分に言い聞かせて頑張ります。・妙泉寺さんは、京都市中京区三条通大宮西入南側、三条大宮公園の西隣です。いつも有り難うございます。

  14. 修行中 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    修行中

    いや、私、まだまだだなあと思ってしまった昨日。ちょっとショックなことがあったのです。仕事上のことなので、責任は私にあり、指摘された点についても納得できることだったので、反省することしきりです。たまたま連絡をくださった方が、そんな私を心配して、「そんな風に気づいて、事実を受け入れる自分を認めてあげることはできない?」とおっしゃってくださいました。響く。でも、正直、まだそんな風に自分を認めること...

  15. 続・陽口(ひぐち)★陽口られ慣れてない人が陽口られるとフリーズする。 - maki+saegusa

    続・陽口(ひぐち)★陽口られ慣れてない人が陽口られると...

    陽口(ひぐち)とは、ありとあらゆる角度から人を褒め、本人不在のところでも、その人物のスバラシさを他の友人知人にプレゼンしがちな私が、この性質を美しく表現する最適の用語がないために発明した新語。(⇒「私は、それを「陽口(ひぐち)」と呼ぶことにした。」)そしてこの度、そんな陽口にまつわる、以下のような興味深い現象が報告された!私に陽口られた人物が、「陽口られていたよ」と人づてに知ったとき、なんと...

  16. 3月16日の夢「バイト」「ネバーランド」 - 降っても晴れても

    3月16日の夢「バイト」「ネバーランド」

    今朝の夢。①バイト②ネバーランド

  17. 朗読する詩 - 人間のクズより愛を込めて  穴田丘呼 覚書き集

    朗読する詩

  18. ぶすについてのとりとめない考察 - 四月の魚

    ぶすについてのとりとめない考察

    お風呂に入ってびっくりした。太ももに身に覚えのない青痣。私は、これを「青たん」と言う。青たんの「たん」はたんこぶのような気がしていたのだが、別に腫れているわけではない。いつどこにどうやってぶつけたのかまったく記憶にないのだが、内出血のあとが青くなっているに過ぎない。もしも、青たんの「たん」がたんこぶのことなら、これをそう呼んでいいものかと悩む。それとも、「たん」はたんこぶじゃないのか? 昔、...

  19. たのしみは - アガパンサス日記(ダイアリー)

    たのしみは

    新型ウイルス、未だ治まらず。休校から一週間が過ぎ、ちょっと殺伐としたニュースも耳にするようになりました。社会全体がいらだっているような気がします。私自身も例外ではありません。人間の意思ではいかんともしがたい事態に直面したとき、最も怖いのは、その事態そのものよりも、そのせいで人々から寛容の心が失われてしまうこと。せめて、自分の機嫌は自分でとりたいなあと思うのです。橘曙覧(たちばなあけみ)をご存...

  20. 口から出た言葉 - LINEクリエイターズスタンプ研究所

    口から出た言葉

    人の記憶は曖昧だ。自分が口にした言葉すら正確に覚えてはいないのだから。例えば、ある人の話を二人で聴いていた場合。その話の解釈に相違があることがある。人は自分の方が正しいと思いたがるものだから内心間違っているのは相手だと思う。しかし、100%自分が正しいという自信もない。もしかしたら相手の方が正しいのかも。でも自分は確かにそう聞いたのにな・・・。録音もしていないから、証明する術もない。この場合...

総件数:670 件

似ているタグ