記事のタグまとめ

記事」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには記事に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「記事」タグの記事(79)

  1.  悪の展示会が開催 - 世の中の動き

    悪の展示会が開催

    「悪」をテーマにした展示会が、東京都内6施設で、一斉に開催されている。近寄りがたい好奇心をそそるその存在は、浮世絵や現代アートなどの題材として、表現されてきた。企画の中心を担った、浮世絵専門の太田記念美術館では、3年前に開催して好評だった展示会の第2弾「江戸の悪 PARTⅡ」を開催中。渡辺晃主幹学芸員は「江戸時代、盗賊や悪党は人気で、脚色されて歌舞伎になり、それを題材に浮世絵が多く描かれた。...

  2. ジーンズ出勤 - 世の中の動き

    ジーンズ出勤

    家電メーカーや保険会社などのお堅い印象の大企業で、カジュアルの中でも抵抗が強かった「ジーンズ出勤」を解禁する動きが、広まっている。家電大手パナソニック本社の一室ではジーンズ、Tシャツ、スニカーなどを着用した社員が机を囲んでいた。「前はパンプスをはいていたが、今はスニーカーやぺったんこ靴。子供の送迎時も動きやすい」と子育て中の女性社員は話す。伊藤忠商事は昨年、ジーンズなどで出勤していい「脱スー...

  3. 具材の多様でコッペパンが人気 - 世の中の動き

    具材の多様でコッペパンが人気

    給食でおなじみのコッペパンが人気だ。懐かしさだけでなく、シンプルなパンに様々な食材を挟むことで豊富なバリエーションを楽しめるのが受けているようだ。魔女のとんがり帽子のロゴが目印の専門店「魔女のコッペパン」(さいたま市浦和区)。家族連れや年配客が続々と訪れる。野菜やマロンクリームを挟んだコッペパンなど。コッペパンに特化した理由は主に二つ、一つは、中身を変えることで多様な商品を生み出せる手軽さ。...

  4. 伊能忠敬 - 世の中の動き

    伊能忠敬

    没後200年を迎えた江戸時代の測量化、伊能忠敬(1745~1818)。日本初の実測によってつくられた日本地図は、その精巧さから幕府の禁制品だったとされてきた。だが、最近の研究で民間知識層に広まっていた可能性も浮上している。伊能忠敬は、現在の千葉県香取市にあった商家の当主。隠居後の50歳で江戸へ移り、天文学や暦学などを学ぶ。測量を始めたのは、学問上の課題だった経度1度の長さを測り、「地球の大き...

  5. 左利き用グッズ - 世の中の動き

    左利き用グッズ

    人口の1割を占めると言われる左利き。文具や料理器具のメーカーなどが、左利き用グッズのマーケットに熱い視線を注いでいる。文具メーカーのゼブラの「サラサドライ」。左利きの人は、書かれた直後の文字をこすりながら手が移動するため、インクで汚れてしまうことが多い。水性インクでありながら素早く乾くのが特長。調理器具メーカー「ののじ」は、左利き用のスプーンやフォークも販売している。利き手に応じて料理をカッ...

  6. 宝蔵院流槍術で女性初の初級 - 世の中の動き

    宝蔵院流槍術で女性初の初級

    460年以上前から奈良に伝わる古武道「宝蔵院流槍術」で今春、女性が初めて初級に昇進した。昨年から女性の入門を認めていた。江戸時代には4千人を超える門下生がいたという。現在は奈良の他、大阪、名古屋、ドイツ、ハンブルグに道場があり、約100人が入門、うち女性は6人。それまで宝蔵院流は女人禁制だった。「槍は重くて長い。女性にはとても持てない」「門下生の人数は足りている」と慎重な声もあった。宝蔵院流...

  7. 不登校新聞 - 世の中の動き

    不登校新聞

    不登校や引きこもりの現状を伝える「不登校新聞」が、5月に創刊20年を迎えた。当初から、編集方針に「当事者視点」を掲げ、これまでに延べ1千人を超える不登校の子供達の声を紹介。当事者や家族に寄り添い続けている。「不登校が問題なのではなく不登校を問題にする社会こそ問題なのである』。創刊号の1面の論説にこんな文章を載せ、学校に行かない子供に寄り添う、と宣言した。文部科学省の調査によると、児童生徒数は...

  8. SHIZUOKAは模型ファンの聖地 - 世の中の動き

    SHIZUOKAは模型ファンの聖地

    「SHIZUOKA」が世界の模型ファンの間で、「聖地」となっている。静岡市で開かれているホビーショーは海外からの参加希望者が増え、模型メーカーの見学者も外国人が急増している。人気のあまりにホビーショー会場が手狭になるほど、課題も生まれている。「静岡ホビーショー」は国内最大級の模型見本市。毎年、模型ファンら約7万人が集まる。ツインメッセ静岡(静岡市駿河区)で開かれ、模型メーカーなど約80社が新...

  9. ヒップホップが中国でブームに - 世の中の動き

    ヒップホップが中国でブームに

    米国生まれの音楽、ヒップホップが中国の若者に受けている。中国語で?哈(シーハー)。等身大の自分をさらけ出すスタイルが人気の秘密だ。当局が規制に乗り出しても、熱気は衰えない。米国のストリートバスケットボールの動画で流れるヒップホップを聴くうちに好きになった人が多いという。昨年は「ヒップホップ元年」と言われた。ネット番組が始まって人気に火が付いたためだ。中国での報道によると、メディアを監督する国...

  10. 習志野の捕虜収容所でドイツ作曲家が作曲 - 世の中の動き

    習志野の捕虜収容所でドイツ作曲家が作曲

    100年前、今の千葉県習志野市にあった捕虜収容所で、第一次世界大戦で捕らわれたドイツの作曲家がある歌曲を作っていた。地域の埋もれた歴史を伝えようと、地元の人達が近年、音楽界を開いて演奏したのがきっかけとなり、6月1日に東京・渋谷で約170人の混声合唱により披露された。ドイツ人作曲家はハンス・ミリエス(1883~1957)。第一次世界大戦の開戦後、中国・青島に出征して旧日本軍の捕虜になり、習志...

  11. カプセルホテルの今昔 - 世の中の動き

    カプセルホテルの今昔

    1979年2月、大阪・梅田駅近くに世界初といわれるカプセルホテル「カプセル・イン大阪」が開館した。開発に携わった中野佳則さん(69)は振り返る。当時、24時間営業のサウナの廊下やラウンジの床は、寝る客でぎっしり。思い浮かんだのが建築家の黒川紀章さんが大阪万博で発表した六面体のカプセルを組み合わせた建築。黒川さんの事務所に依頼。カプセルホテルは連日満室。だが、91年をピークにバブル崩壊とともに...

  12. 京大のタテカン撤去 - 世の中の動き

    京大のタテカン撤去

    京都大学吉田キャンパスの周囲にある立て看板が、大学によって撤去された。学生らは新たに掲示物を置いて抵抗するなど「いたちごっこ」が続く。京大の「名物」とも言われるタテカン。学生運動が盛んだった1960年代から目立ち始め、政治的な内容のほか、サークルの勧誘、演奏会の告知など多種多様なものが立てられきた。市は2007年から「京都」の優れた「景観」づくりを進める政策を打ち出した。その柱の一つが「屋外...

  13. FANSかわら版06号発行しました - spaceben情報案内

    FANSかわら版06号発行しました

    発行を再開した、FANSかわら版も6号まで発行しました。これからはこちらでもお知らせしていきます。頑張って続けます!かわら版vol.6は【こちら】

  14. 元少年Aからの手紙無し - 世の中の動き

    元少年Aからの手紙無し

    1997年に神戸市須磨区で起きた連続児童殺傷事件で、小学6年生だった土師淳(はせじゅん)君(当時11)が亡くなってから、24日で21年を迎えた。父の守さん(62)は命日を前に朝日新聞の取材に応じた。当時14歳だった加害者の男性(35)から毎年届いていた手紙はまだ届いていないという。男性は2004年に医療少年院を仮退院した後に手紙を送り始めてが、15年に突如、遺族に知らせずに「元少年A」として...

  15. お年寄りに仮想旅行を体験 - 世の中の動き

    お年寄りに仮想旅行を体験

    VR(仮想現実)の技術を使い、外出が難しいお年寄りに、思い出の地や観光地を巡る「仮想旅行」を体験してもらう活動が始まっている。横浜市の元介護職員、登嶋健太さん(31)が撮りためてきた各地の映像に加え、全国の元気な高齢者にカメラマンをお願いし、より多くの映像を集める。有料老人ホームに入居の斎藤正子さん(90)。VR機器を使い、360度の景色を楽しんだ。齊藤さん1人での外出は難しい。登嶋さんは以...

  16. エンゲル係数の今 - 世の中の動き

    エンゲル係数の今

    消費支出に占める食料品の割合を示す「エンゲル係数」。戦後長く生活水準の指標とされ、低いほど水準が高いと説明されてきた。しかし、ライフスタイルが変わる中、生活水準の高低を意味するのか。国会で野党議員がエンゲル係数のデータなどを示し、「国民生活が苦しくなっている」と迫った。安倍晋三首相は「アベノミクスで雇用は大きく改善している」と反論。青山学院大の美添(よしぞえ)教授は、「生活水準や貧困の尺度と...

  17. カンヌ交際映画祭にネットフリックス不参加 - 世の中の動き

    カンヌ交際映画祭にネットフリックス不参加

    映画祭の最高峰で、フランスで19日まで開催されたカンヌ国際映画祭が揺れた。有名な映画像作品を制作するネット動画配信大手のネットフリックスは今回、不参加。スクリーンで上映しない映画は映画なのか。カンヌ国際映画祭は今回から「フランスで劇場公開しない作品はコンペ部門に参加できない」という新ルールを設定した。ネトフリも「コンペ部門に出品できないのなら、他部門にも参加しない」と全面的な撤退を表明。ネト...

  18. 大谷選手を支える日本企業の技術 - 世の中の動き

    大谷選手を支える日本企業の技術

    投打「二刀流」に挑む大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手が日米の野球ファンを熱狂させている。旋風を支えるのは日本企業の技術と知恵だ。大谷選手が履くスパイクは、日本ハム時代と同じアシックス製。昨季までは投球と打撃で2種類のスパイクを履き分けていた。アシックスの開発陣は、投打両方で使えるスパイクの研究に着手。野球用では初めて化学素材「ポリウレタン樹脂」で全面を覆ったスパイクを開発した。開発担当の河...

  19. 温泉熱でエビの養殖 - 世の中の動き

    温泉熱でエビの養殖

    全国津々浦々にある温泉。使ってほっこりした気分になれるだけでなく、熱エネルギーを様々な形で使う事が出来ます。発電に利用し、その過程で生じた温水でエビを育てたり、残り湯を道路の融雪に使ったり。福島市郊外にある土湯温泉。温泉街の一角に置かれた大型水槽で、体長10㌢前後のエビが泳いでいた。温泉熱を利用して卵から育てられた。家族連れが水槽に釣り糸を垂らし、釣れるたびに歓声が上がる。釣果はその場で串焼...

  20. 千利休は切腹していなかった - 世の中の動き

    千利休は切腹していなかった

    千利休は秀吉の怒りを買い、切腹させられたいわれる。だが実は、利休は切腹しておらず、九州まで逃げ延びていたいう説がある。文教大学の中村修也教授(日本茶道史)によると、利休が切腹させられたという従来の根拠になっているのは、表千家4代の「江岑宗左(こうしんそうさ)」が1653年に紀州徳川家に提出した「千利休由緒書」。年代など間違いが多く、一次資料としては信頼できないという。一次資料には利休と秀吉が...

1 - 20 / 総件数:79 件

似ているタグ