記事のタグまとめ

記事」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには記事に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「記事」タグの記事(442)

  1. 箱根山の火山活動 - 世の中の動き

    箱根山の火山活動

    温泉地として人気の高い箱根山の噴火警戒レベルが2へ引き上げられ、5月19日で1カ月になった。気象庁は5月18日、箱根山で前日はゼロだった火山性地震を43回観測。翌日未明、警戒レベルを2に引き上げた。町は温泉や黒たまごで知られる大涌谷への立ち入りを禁じ、箱根ロープウェイは全線運休となった。ではレベルの上げ下げは何を根拠に決めているのか。過去の噴火歴などや居住地域との距離などに左右され、火山ごと...

  2. 緊急避妊薬 - 世の中の動き

    緊急避妊薬

    望まない妊娠を避けるために飲む緊急避妊薬がスマートフォンなどによるオンライン診療で処方箋を受けられるようになる。海外では医師の診療なしに、薬剤師を通じて薬局で買える国が多い。COMLの理事長・山口育子さんは「女性にとって産婦人科の受診はハードルが高い。女性を守る視点を持ってほしい」と訴える。緊急避妊薬は、性交から72時間以内に飲む必要があり、入手するには医師の処方箋(せん)が要る。近くに医療...

  3. カスハラ - 世の中の動き

    カスハラ

    客が過度のクレームなどの迷惑行為で、対応する従業員を心身とも追いつめる「カスタマハラスメント」(カスハラ)が広がっている。カスハラが注目されたきっかけは産業労組[UAガンセン」が実施したアンケートだった。回答を分析した関西大の池内裕美教授は「迷惑行為が近年増えているという回答が4割以上あった。状況は深刻だ」と話す。SNSの普及など、メディア環境の変化による影響もあるという。消費者がクレームを...

  4. ファッション誌に自民党の広告記事 - 世の中の動き

    ファッション誌に自民党の広告記事

    講談社が発行する女性ファッション誌「ViVi」が10日、ウェブ版で自民党の広告企画記事を掲載した。ViViの公式ツイッターがキャンペーンについてつぶやくと、大きな反響が広がった。2100超のコメント欄の大半は「Tシャツより年金が欲しい」といった批判や、「(ViViに対して)がっかりした」などの意見だった。企画は自民党が参院選で若者を取り込む狙いで5月から始めた広報戦略プロジェクトの一環だ。講...

  5. ボードゲーム - 世の中の動き

    ボードゲーム

    世界中で人気を集めた「スペースインベーダー」がボードゲームに生まれ変わる。1978に生まれたスペースインベーダー。ボードゲーム盤は頭脳戦。2~4人で242枚のカードを使い、武器を開発するなどして、押し寄せてくるエイリアンから自陣を守る。世界的にボードゲームの復活期がきているという。東京・お台場で5月に開かれたアナログゲームの祭典「ゲームマーケット」には2日間で、2万5千人が訪れた。東京や大阪...

  6.  「セサミストリート」の授業 - 世の中の動き

    「セサミストリート」の授業

    見た目や考え方が違う多彩なキャラクターが登場する教育番組「セサミストリート」。米国での放映開始から今年で50年となり、150カ国・地域以上で親しまれている。先入観にとらわれない発想や相互理解の大切さなどを学んでもらおうと、日本では学校の授業などでも使われ始めた。埼玉県戸田市の市立小学校。4年2組の教室で4月、セサミを教材にした授業があった。2年前に始まった「セサミ授業」。評判は上々だ。セサミ...

  7. 乳化剤不使用の表示 - 世の中の動き

    乳化剤不使用の表示

    市販されているパンの袋にある「乳化剤は使用しておりません」といった表示について、パン業界内外から不適切との声が上がり、政府も是非の検討に乗り出す。「乳化剤不使用」と表示された他社製品から、乳化剤と同じ成分が検出された。業界大手の山崎製パンが3月、こんな調査結果を公表した。乳化剤をそのまま添加する代わりに、卵黄油や酵素を使って乳化剤と同様の成分を製品中に育成する製法がある。他3社は、こうした代...

  8. 自動車教習所でドローン免許 - 世の中の動き

    自動車教習所でドローン免許

    少子化で自動車運転免許取得人口が減るなか、ドローンスクールの併設に活路を求める自動車教習所が増えている。埼玉県川越市の三共自動車教習所で5月27日、「三共ドローンスクール」の開校式があった。同教習所では自動車の指導員2人がドローンの指導員も兼務する。航空法などの筆記と操縦実技の試験を経て「日本UAS産業振興協議会」がが発行する操縦士と安全管理者のライセンスが取得できる。受講料は約26万円だ。...

  9. 70歳定年 - 世の中の動き

    70歳定年

    政府が「70歳定年」を打ち出した。半世紀前は55歳だった定年だが、引き上げの動きが加速し、なかなか老後がやって来ない。背景にあるのは、財政難に伴う年金支給年齢の引き上げだ。男性は2025年度、女性は30年度に、厚生年金の受給開始年齢が65歳になる。「年金制度のほころびは、税制などで国が解決すべき問題だ。企業の人事制度を巻き込むのは筋違い」。ある王手企業の人事部長はいう。定年は世界共通の制度で...

  10. 転勤 - 世の中の動き

    転勤

    会社の都合の転勤は原則なし。そんな方針を打ち出す会社が登場した。AIG損害保険だ。昨夏から、会社都合による転居を伴う転勤の原則廃止を試験的に開始した。日本企業ではこれまで、会社側が勤務地などを決め、命じる仕組みが一般的だった。キリンビールは4月から、産休や育休から復帰する社員が希望する勤務地を選べる制度を導入する。従来は元の職場に戻ることが原則だったが、「実家の近くで復職したい」といった要望...

  11. 記事を書いてみよう - 歩いてみっか!

    記事を書いてみよう

    久しぶりの記事更新です。前に更新した日付がわからないくらいの久しぶりです。

  12. クジラの打ち上げ - 世の中の動き

    クジラの打ち上げ

    神奈川県の海岸で5月、相次いでザトウクジラの死体が打ち上げられた。「クジラやイルカが漂着している」という報告は全国で年300件ほどあるという。5月21日夕、神奈川県鎌倉市の材木座海岸に頭と尾を失ったザトウクジラが打ち上がった。船に衝突したり、興味本位で定置網に近づいたり、シャチに襲われたり、その道中は危険にあふれている。漂着したクジラの調査で死因がはっきりわかるのは、2割程度だという。全国的...

  13. 歓迎行事での旗振りの子どもたち - 世の中の動き

    歓迎行事での旗振りの子どもたち

    トランプ米大統領の訪問中にあった皇居・宮殿での歓迎行事は、大人に交じって小学生も日の丸を振って出迎えた。旗を振っていたのはどんな子供たちなのか。子どもたちは、皇居から約7㌔離れた東京都千代田区立番町(ばんちょう)小学校の6年生。総合学習の授業として教員が引率しており、参加者の希望は聞いていない。暑さでしゃがみこむ児童もいて、列の後で水を飲ませたという。番町小は、これまでも外務所からの依頼で国...

  14. 姓名のローマ字表記 - 世の中の動き

    姓名のローマ字表記

    日本人の名前をローマ字で書く際は姓→名で。文化庁が宮内庁や報道機関などに通知を出して呼びかけることになり、是非をめぐって議論が再燃している。そもそもなぜ、ローマ字での名前表記は名→姓が一般的なのか。2020年東京五輪・パラリンピックに向け政府内で検討を進め、民間にも呼びかける考えを示した。日本ではどのように名→姓が浸透していったのか。文化庁の担当者は「明治時代の欧化主義の影響だろう」と話す。...

  15. ジャニーズファンよ… - 世の中の動き

    ジャニーズファンよ…

    アイドルグループ[Hey!Say!JUMP」が、デビュー以来続けてきたアリーナツアーの開催を今年は見送ると発表した。駅でアイドルを追いかける。アイドルが乗った新幹線に近づき発車を妨げる。車両に乗り込み、通路を占拠する。「エスカレートするマナー違反の対応に苦慮しております」。事務所は数年前から再三、注意を促してきた。ジャニーズ事務所ができて60年。数々の人気アイドルが輩出してきた。実はそのたび...

  16. 国名からヴの文字が消える - 世の中の動き

    国名からヴの文字が消える

    政府が決める外国の国名表記から5月、「ヴ」が消えた。外務省が使う国名の基準となる法律の改正案が施行されたためだ。日常に「ヴ」はあふれている。国立国語研究所の馬淵洋子さんによると、早いものでは江戸時代の儒学者・新井白石が1717年に著した語源研究書「東雅」で『呉』の中国語音を表すフリガナとして「ヴ」を使った。英語のV音に対してつかわれ始めたのは、異国との交流が盛んになる幕末からという。終戦後、...

  17. 富士山登山鉄道は実現するのか - 世の中の動き

    富士山登山鉄道は実現するのか

    富士山の北のふもとから登山者や観光客を運ぶ「富士登山鉄道」は、実現に向けて動き出すのか。山梨県が22日、可能性を探る勉強会を東京都内で開いた。戦前から幾度も浮かんでは消えた鉄道構想。地元には疑問視する向きもある。ふもとの同県富士河口湖町から富士山5合目をつなぐ有料道路を敷き、一般車両の通行を禁止したうえで、電車を走らせるプランがある。富士山の登山鉄道構想は1920~30年代から繰り返し打ち出...

  18. 自民党の失言防止マニュアル - 世の中の動き

    自民党の失言防止マニュアル

    所属議員の失言が止まらない自民党が、「失言防止マニュアル」を議員に配った。自民党のすべての国会議員や党職員らに10日に配られた文書のタイトルは「『失言』や『誤解』を防ぐには」。最初に挙げた注意点は、「発言は『切り取られる』ことを意識する」。テレビの放送時間や新聞記事の文字数には限りがあるため。政治家の発言を丸ごと発信することはほぼないとする。防止策としては、『切り取り』のリスクを減らすため、...

  19. 御朱印を高額転売 - 世の中の動き

    御朱印を高額転売

    寺院に参拝した証しである御朱印をめぐり、トラブルが相次いでいる。元号が令和に変わったことで、ブームが過熱。授与される側の暴言や転売が問題視され、取りやめるところも出てきた。「こっちはお客だぞ」。東京都台東区の浅草神社では4月末から、「平成」「令和」と言う新旧の元号が入った御朱印を数量限定で配布したところ、予想を超える行列ができた。入手できなかった人が神職や巫女(みこ)に罵声を浴びせたという。...

  20. 認可保育所の保育士が一斉に - 世の中の動き

    認可保育所の保育士が一斉に

    各地の認可保育所で、保育士が一斉に退職する事態が相次いでいる。今年3月、横浜市の認可保育所「寺谷にこにこ保育園」が閉園した。昨春、園長を含め11人の保育士が退職。求人しても集まらなかった。人手不足で現場の負担が大きいことや、人間関係のトラブル、給与など待遇への不満が理由という。いま、各地で保育士不足が深刻化している。より良い待遇を求めて他の園に移る人も多いという。簑輪明子・名城大准教授は「保...

総件数:442 件

似ているタグ