設計コンセプトのタグまとめ

設計コンセプト」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには設計コンセプトに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「設計コンセプト」タグの記事(23)

  1. 12/15(日)「16坪の平屋」完成見学会開催(三条市林町2丁目) - 加藤淳一級建築士事務所の日記

    12/15(日)「16坪の平屋」完成見学会開催(三条市...

    三条市林町2丁目に完成した「16坪の平屋」の完成見学会を開催します。 日にち/2019年12月15日(日)時間/10:00~17:00場所/三条市林町2丁目(三条警察署近く)※予約制となっておりますので、問い合わせフォーム・電話・メールのいずれかにてご連絡ください。※お申し込みをいただいた方に、地図をお送りします。 16坪の平屋概要ミニマリストという言葉に代表されるように、モノを多く所有しな...

  2. 子ども部屋の設計ポイント - 加藤淳一級建築士事務所の日記

    子ども部屋の設計ポイント

    子ども部屋の設計ポイント。今まで設計した物件で、子ども部屋のタイプを、4つほどご紹介します。写真:星野裕也①個室型①個室型一番オーソドックスなパターンです。三仏生の家小学校低学年のうちは、それぞれの個室は必要ないと思いますが、個室型を選択されるご家族は、「将来、工事するなら最初からやっていた方が良い」という考えの方が多いように思います。②将来分離型一室→二室(又は三室、四室...)子どもの成...

  3. 変形敷地のプランニング金沢町の家2 - 加藤淳一級建築士事務所の日記

    変形敷地のプランニング金沢町の家2

    金沢町の家2。変形の土地ながら、敷地のポテンシャルを最大限に活かす設計を心掛けました。提案時の手描きプランプランが固まるまで、プランニングは手描きで進めています。CADだけだとどうしてもプランが描けないです💦どんな難題でも、粘り強く手を動かしていると、自然にまとまってくるから不思議です。敷地状況として、入り口に既存の車庫があり、奥が鍵状になっているところに新しく建物を...

  4. 金沢町の家2見学会のお知らせ - 加藤淳一級建築士事務所の日記

    金沢町の家2見学会のお知らせ

    金沢町の家2。もう少しで完成です前々回のブログで、何組か見学希望があったので、10月27日に予約制の見学会をします場所は新潟市秋葉区金沢町です。現時点で空いている時間が、下記のとおりです。10月27日(日)①12:30~②13:30~③14:30~ホームページの問合せフォームか、メールアドレス(kato@jun-arch.com)まで。ホームページの問合せフォーム(←クリック)問合せフォーム...

  5. 敷地の特性を有効活用するには? - 加藤淳一級建築士事務所の日記

    敷地の特性を有効活用するには?

    設計する際、その敷地の持っている特色や個性などをどのように引き出し、有効活用するかを重点的に考えています。昨年にお引き渡しした東中島の家の例です。お引き渡しから1年経って、お邪魔した時の写真です↓窓からみえる植栽が良い感じです(^^) お子さんの洋服もおそろいで可愛いです☆実は、窓から見える緑は、自分の家ではなく、お隣さんのお庭なんです。敷地調査時の写真。西側の建物と建物の合間に、燐家の庭が...

  6. 広がり感をつくる設計ポイント - 加藤淳一級建築士事務所の日記

    広がり感をつくる設計ポイント

    設計する際、限られた空間の中で如何に広がり感を出すか色々と工夫しています。その一例で、先週撮影させていただいた関屋下川原の家の例を挙げます。↑設計コンセプト↑どのように広がり感を出すことが出来るか、図にしてみました。関屋下川原の家での大きなポイントとしては、「空間の容積を変えずに、如何に広がり感を出せるか」という点です。①一つのボリュームを二つに分けます↓↓↓②そのボリュームをずらします(平...

  7. 敷地環境を愉しむ五十嵐の家04 - 加藤淳一級建築士事務所の日記

    敷地環境を愉しむ五十嵐の家04

    五十嵐の家04。新潟市西区の五十嵐地域にはご縁があるようで、もう4棟目になりました(^^) 南面に雑木林があり、最高のシチュエーションです☆南面の雑木林もそうですが、五十嵐の家04では、ルーフテラスから日本海をみることが出来ます!佐渡島までバッチリ見えるんです(^^) 加藤淳一級建築士事務所では、綿密な敷地調査を行い、その敷地が持つポテンシャルを最大限に引き出せるような提案を心掛けています。...

  8. 竣工写真奈良三郷町の家 - 加藤淳一級建築士事務所の日記

    竣工写真奈良三郷町の家

    奈良三郷町の家、写真家の星野裕也さんに撮影していただきました。写真は北庭のウッドデッキ道路側からのファサード木塀の場所が南庭。奈良三郷町の家は、居間から南庭と北庭が愉しめるプランになっています。提案時のプラン居間←左が北庭右が南庭→居間から北庭をみる居間と吹抜右側にちらりと見えるのが南庭。吹抜上部の採光により、階段から放射状に陰影ができます。階段か1階の居間と、中二階をみる居間からも、中二階...

  9. オープンハウスを開催します!新発田猿橋の家 - 加藤淳一級建築士事務所の日記

    オープンハウスを開催します!新発田猿橋の家

    新発田猿橋の家が完成しました!。Ag-工務店さんがオープンハウスを行います。オーナーのご厚意に感謝です☆<新発田猿橋の家完成見学会> 日時2019年8月17日(土) 10:00-16:00 予約制(じっくり設計者の解説付きで話を聞きたい方向け) 2019年8月18日(日) 10:00-16:00 フリー入場 (ご自由にご覧ください) 会場新発田市舟入町1丁目(猿橋コミュニティーセンターそ...

  10. 再訪奈良の慈光院 - 加藤淳一級建築士事務所の日記

    再訪奈良の慈光院

    奈良の慈光院に再訪しました。奈良三郷町の家から、車で約20分。オーナーご夫妻と写真家の星野裕也さんと行って来ました。写真に写っているのはTご夫妻。ご主人は背が高いので、普通に歩いていると、鴨居に頭がぶつかります💦でもこの昔の民家のようなスケール感が、慈光院の魅力だと思います☆山門書院広間障子がすべて取り外されていました。とても蒸し暑かったのですが、ここは風が抜けて、と...

  11. 南庭と北庭を愉しめるプラン奈良三郷町の家 - 加藤淳一級建築士事務所の日記

    南庭と北庭を愉しめるプラン奈良三郷町の家

    奈良三郷町の家に、外構工事の確認で行って来ました。初期プラン北東側に余白をつくり、そこをキタニワにしました。道路側は、ミナミニワ。キタニワとミナミニワを愉しめるプランでご提案しました。庭づくりありきのプランです(^^)敷地奥のキタニワウッドデッキ手前のアオダモが育つと、隣家からの目線も気にならなくなります。道路側から道路側のミナミニワ敷地のところどころに草花が設えてありました☆造園は、植物屋...

  12. ○○風、○○調を使わない家づくり - 加藤淳一級建築士事務所の日記

    ○○風、○○調を使わない家づくり

    設計者の拘りとして、木目調、タイル調といった○○風、○○調の疑似的な素材を出来るだけ使わないようにしています。しかし、建売住宅やハウスメーカーなど、そんな疑似的な製品で全て造られている印象です。外壁はレンガ風で玄関ドアは木目調でフローリングもまた木目風でキッチンやお風呂などの住宅設備機器が、これまた木目調だったり、石目調だったり。。。○○風、○○調ばかりで日本の住まいが仕上げられています。日...

  13. 竣工写真荻曽根の家 - 加藤淳一級建築士事務所の日記

    竣工写真荻曽根の家

    4月に竣工した新潟市江南区「荻曽根の家」の竣工写真です。道路側のファサード、外観。白いシンプルな板張りの下屋が外観のアクセントになっています。程よい開放感のあるLDKオーナーから、大きな吹抜空間のご要望がありました。2階の天井までの吹抜にすると、敷地条件から2階の諸室を確保することができませんでした。そのため、1階の床を少し下げて、2階の一部の床を少し上げて、どーんっとした大空間ではなく、天...

  14. 太陽に素直な設計新発田猿橋の家 - 加藤淳一級建築士事務所の日記

    太陽に素直な設計新発田猿橋の家

    住宅設計は、さまざまな諸条件から成り立っています。敷地や周辺の環境、採光や風の抜け、オーナーの夢やライフスタイル、10年20年後の生活、コストなどなど。それら諸条件を整理し、最適解を導き出すのが、設計者の務めだと思っています。さまざまな諸条件のうち、敷地や周辺環境の比重はとても高いです。その一つの例として、建築中の新発田猿橋の家の設計コンセプトをご紹介します。敷地は約70坪と比較的、広い土地...

  15. 斜め壁の理由奈良三郷町の家 - 加藤淳一級建築士事務所の日記

    斜め壁の理由奈良三郷町の家

    奈良三郷町の家。玄関ドアを開けると、こんな感じで、斜めの壁がみえます。道路側からの写真もう少しで足場解体!壁が斜めなのは、奇をてらって斜めにしたわけではありません。壁を斜めにせずに、真っすぐにすると、ポーチ階段が狭くなってしまうからです。(↓の画像参照)屋根を壁からもっと出せば幅を広く出来ますが、屋根を出し過ぎると、今度は屋根の端が下がってきてしまいます。雪の降る地域では、最悪のケース、折れ...

  16. 人間的なスケール感奈良の慈光院 - 加藤淳一級建築士事務所の日記

    人間的なスケール感奈良の慈光院

    奈良の慈光院 に行ってきました。JR大和路線、大和小泉駅から歩いて15分ほどの小高い丘の上に、慈光院があります。拝観料を払うと、まず初めに書院に案内され、抹茶が振舞われます。その時の景色がこちらです!どうですか?良いですよねっ!?もう一枚!書院に通され、赤い毛氈の上に座り、庭を眺めていると、徐々に落ち着いて心が静まってきました。振舞われた抹茶をゆっくりと飲むと、それまで気がつかなかった風の音...

  17. インタビューから考えていること - 加藤淳一級建築士事務所の日記

    インタビューから考えていること

    先日、Daily Lives Niigataの鈴木亮平さんにインタビューしていただきました。あらためて質問されることにより、独立してからの仕事をしっかりと振り返ることが出来ました。そして、事務所を立上げ当初に考えていた、「加藤淳一級建築士事務所へ依頼される方へ、どのようなものを提供することが出来るだろうか?」ということを改めて考え直す良いキッカケになりました。まだ少しモヤモヤっと考えています...

  18. 基礎のフーチング巾について - 加藤淳一級建築士事務所の日記

    基礎のフーチング巾について

    奈良三郷町の家へ、基礎の配筋検査に行って来ました。新潟と違い、積雪量が少ないので、基礎の鉄筋量も新潟に比べて少なく、一瞬見た時にちょっと不安になります。がしかし、そこはしっかりと許容応力度計算をしているので、大丈夫(^^) 過剰にならず、必要な所に、必要な分、強度を増しているので安心です。もちろん、ギリギリではまずいので、安全率もふまえて計算しています☆奈良三郷町の家は布基礎仕様です。布基礎...

  19. 竣工写真関屋下川原の家 - 加藤淳一級建築士事務所の日記

    竣工写真関屋下川原の家

    関屋下川原の家、竣工写真です。関屋下川原の家は、長方形になりがちなLDKを雁行させることにより、実面積以上の広がりを感じさせる住まいです。LDKのコンセプト図です。視線の距離が延びるため、広がり感が出ます。さらに、ダイニングに小さな吹抜を設けました。一部を小さな吹抜にして、視線の抜け感をつくっています。水平方向に加え、立体方向での広がり感も加えています。テーブルを置く、ダイニングスペースです...

  20. 竣工写真東中島の家 - 加藤淳一級建築士事務所の日記

    竣工写真東中島の家

    東中島の家、竣工写真です。白色の三角屋根に板張りがアクセントになっています。南側(道路側)からの採光がメインだったので、カーポートを目隠し代りにしています。道路まで距離があり、庭とカーポートが道路までのクッションの役割も兼ねているので、幼いお子さんも安全に遊べます(^^) 隣地に立派なお庭があったので、借景に。畳スペースにして、ちょっと奥行きを持たせています。そのことにより、籠り感がでて、同...

総件数:23 件

似ているタグ