設計事務所のタグまとめ

設計事務所」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには設計事務所に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「設計事務所」タグの記事(317)

  1. ふたりと二匹の家進捗状況 - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign

    ふたりと二匹の家進捗状況

    工事は着々と進んでいます。階段踊り場の作り付け本棚の制作中。杉板で作っていただいています。細かな加工で側板と棚板を組んでいただいています。階段状の本棚で、猫が上まで登って窓の外の景色を見ることが出来るようにしています。当初は四角の階段状の本棚でしたが、お施主さんと打ち合わせをしてお持ちの本のサイズと猫の上りやすさを考えこのような設計になりました。2階から見たところ。完成が楽しみです。外部の足...

  2. 古い建物の改造 - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign

    古い建物の改造

    今日は次男が帰省していたこともあり、久しぶりに一日休みを取り奈良市内の画材屋さんへ。画材屋さんの場所を検索をしているとすぐ近くにカヌレの美味しいお店があるようで、帰りにカヌレを買いに寄りました。ドアを開け細い通路を通って店内に入るとかなりおもしろい改造のようでしたので、じっくり内部を見学したくお茶を飲むことに。2階の席に案内されました。階段を上がると、真ん中が吹き抜けで回廊状の床に席がありま...

  3. 奈良町西村邸で涼ませていただきました - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign

    奈良町西村邸で涼ませていただきました

    毎日暑い日が続きますね。先日、仕事で奈良に行ってついでに奈良町の西村邸さんで涼ませていただきました。入り口の暖簾が涼しげです。夕立がザーッと来てほしいところです。雷も夏の風物詩ですね。中に入ると長い通り庭からスーッと涼しい風が。アイスコーヒーと自家製デザートのビワ杏仁をいただきました。いつもながら庭を丁寧に手入れされているご様子で、苔が青々とむしています。庭の見える席でいただきました。今年の...

  4. LEONの家 - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign

    LEONの家

    工事は着々と進んでいます。外部周りは窓のアルミサッシが設置されて左官壁下地の間〆板もおおよそ張り終わりました。構造や下地の木材が次々と入ってきています。材料は吉野材の杉と桧を使っています。今日は大工さんが梁の架け替え材を刻んでおられました。暑い中お疲れ様です。今回の改修工事では駐車スペースを確保するために建物の一部を減築をしました。建物の減築側の小屋組みの納まりや屋根と外壁の取り合いについて...

  5. 奈良漬けのレアチーズケーキ ~ LAエンジェルス・フライト - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign

    奈良漬けのレアチーズケーキ ~ LAエンジェルス・フライト

    休日の買い物帰りに5月にオープンした学園前のカフェ宿雨さんに行ってきました。以前から気になっていたお店です。店内は椅子席は無く、カウンターのスタンドバーです。スイーツはチーズケーキが多く、メニューを見て「奈良漬レアチーズケーキラムレーズン添え」にしました。オーダーしてから目の前でグラスに盛り付けられ、そのあとコーヒーができるまでのしばらくのあいだ冷蔵庫に入れられコーヒーと一緒に出していただき...

  6. 京唐紙 - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign

    京唐紙

    現在工事を進めているふたりと二匹の家の和室の襖に京唐紙を使うことになり、柄などを選ぶために丸二さんのサンプル帳をお借りしました。前回使ってから少し時間があいており、サンプル帳が新しくなっていました。柄の種類が増えているように思います。サンプル帳より右から、光琳大波、こうもり桐、千家中桐置上細うず、横段、つぼつぼこの「つぼつぼ」紋様は高欄や欄間、お茶室、風呂先屏風などの透かし模様にもよく使われ...

  7. ペルシャ絨毯と鍋島緞通 - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign

    ペルシャ絨毯と鍋島緞通

    少し前のことになりますが、奈良の五風舎さんで開催されていたペルシャ絨毯展に行きました。ペルシャ絨毯が好きで、このような展示会が近くで開催されている時は勉強がてら観に行くようにしています。最近は若いひとに人気のあるギャべの展示か多いのですが、今回は正統派のペルシャ絨毯かたくさん展示されおり目の保養をさせて頂きました。上の絨毯はイランのナイン地方のものだそうで、淡い色合いのペルシャ絨毯はナイン産...

  8. 十里木高原別荘地@ご近所のお施主様 - 小粋な道草ブログ

    十里木高原別荘地@ご近所のお施主様

    十里木高原別荘地気持ちのいい季節がやってきました。日中の気温は今日は28度前後朝晩は窓を開けていると寒いくらいで薄めのかけ布団で熟睡できます。エアコンが苦手なので世田谷の家では良く眠れず用事を済ませて早々に移動してきました。先日、ご近所に永住されていていつもお世話になっているお施主様のお宅にお邪魔しました。設計させていただいてから早いもので10年少し経ちます。お庭もきれいにされていて素敵に暮...

  9. トヨさんの椅子 - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign

    トヨさんの椅子

    仕事で奈良に出たついでに4月に奈良町でオーブンした鹿猿狐ビルヂング(中川政七商店)に立ち寄りました。設計は内藤廣氏。建物の中の喫茶店、猿田彦珈琲で「トヨさんの椅子」が使われているのがガラス越しに見えました。一度座ってみたかった椅子でしたので、迷いもなく喫茶店に入りました。この椅子は工業デザイナー豊口克平さんがデザインした椅子で、秋岡芳夫さんの「男の椅子」のルーツになった椅子です。どちらも座面...

  10. しごと日誌 210721 - design room OT3

    しごと日誌 210721

    『(仮称)大額紫雲閣』の現場です。建物の基礎工事に先立って、敷地の造成工事が行われています。いわゆる残土のようなものではなく、切込砕石にてしっかりとした地盤を形成していきます。翠建築設計室〒929-0327石川県河北郡津幡町庄ト39tel・fax 076-289-2211■ 設計実例アルバム■ 資料請求・お問い合せmailはこちら■ 設計室のFacebookページ

  11. ふたりと二匹の家進捗状況 - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign

    ふたりと二匹の家進捗状況

    階段を掛ける工事が始まりました。階段の材料は段板・側板とも吉野桧で、大工さんに刻んで作っていただいています。壁側に設置されたところ。階段の掛け方は大工さんによっても違うそうで、細かな工夫をされます。半分以上は隠れる厚板ですが、節が無くてよかった、という印象です。刻むときに硬い節に当たると大変ですので、あまり目に見えないところですが材料の采配で大事なところですね。階段は折り返し階段で、途中に踊...

  12. ミナの家家具搬入 - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign

    ミナの家家具搬入

    建物の改修工事が終わり、お引越し前に家具を搬入されました。改修した空間に家具が入ると、すっかりお施主様らしい暮らしの場に生まれ変わりました。flameさんのミナペルホネンのスタンドと中村弘文さんのうさぎをモチーフにした椅子。上の写真のペンダント照明もflameさんのもので、今回新調されました。ダイニング。小花柄のテーブルクロスもとても素敵です。左のキッチンとの仕切りの建具は元々使われていた戸...

  13. しごと日誌 210713 - design room OT3

    しごと日誌 210713

    VectorworksのCameraMatchという機能で、現地画像に3Dモデルを合成してみました。現地調査に行った日時と同じ太陽光設定で、影の向きもバッチリです!ずいぶん前からあった機能のようですが、ウチの事務所が完全にBIM化してまだ2年半ほど。ひとまず3Dモデルからパースと図面の描き出しまではできるようになりましたが、まだまだ使っていない機能がありチャレンジの日々です。翠建築設計室〒9...

  14. 地域の花火大会 - 今井ヒロカズ設計事務所/ LLC北風と太陽舎

    地域の花火大会

    昨日、裏の土手で地域の花火大会がありました小さな小さな花火大会、アナウンスやミュージックもなく200発の打ち上げいきなり打ち上がり、いきなり終わる福田式アート花火で撮影しましたが、もともと不安定な腕まえが、去年はどこの花火も中止で、福田式で撮影していなかったためますます落ちてました設定は?ピントは?といっているうちに打ち上げ終了レンズがダメだねとレンズの性にする始末少しまともなにはこの2枚、...

  15. しごと日誌 210630 - design room OT3

    しごと日誌 210630

    早いもので2021年も今日で折り返し。上半期最終日に住宅のプレゼンテーションを行いました。平面スケッチ、インテリアスケッチ、1/100模型の3点セットを提出いたします。翠建築設計室〒929-0327石川県河北郡津幡町庄ト39tel・fax 076-289-2211■ 設計実例アルバム■ 資料請求・お問い合せmailはこちら■ 設計室のFacebookページ

  16. ミナの家before after - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign

    ミナの家before after

    ミナの家改修工事。築40年超えの木造住宅の改修工事です。床の養生シートが取れて保護塗料の自然系オイルも塗り終わりました。外構や植栽工事、カーテンなどの設置などが残っていますが、beforeafter の写真を紹介させていただきます。8畳の居間と4.5畳(床の間付き)の和室だった空間を一室にして居間食堂空間にしました。床と南の壁は杉板張りです。ペンダントの照明器具は仮のものですが、電球が灯るだ...

  17. ミナの家進捗状況 - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign

    ミナの家進捗状況

    工事は仕上げの段階になりました。玄関の木製扉の吊り込みも終わりました。改修前はアルミ扉の欄間両袖一体のものが入っていました。アルミ部分を枠ごと取り外して木製の扉と欄間を入れ、袖壁は杉板張りにしました。真壁の左官仕上げは来週始まります。居間食堂はクロスが張り終わり、内窓も入りました。東西の腰窓は、格子の引き違い戸を内窓に入れています。床の養生シートが取れるのが楽しみです。二階の寝室もクロスを張...

  18. ふたりと二匹の家進捗状況 - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign

    ふたりと二匹の家進捗状況

    現場では、吉野杉の床板張りが進んでいます。廊下の床板張り中。赤身がちの杉板です。室内の木製建具は全て引戸で、敷居のVレールも木製のものを使っています。床や腰板、建具の枠などは柿渋の濃茶色に着色します。柿渋は塗膜を張らずに浸透しますので、しっとりとした仕上がりになります。床塗装ということで、外部にも使える水に強いものを使います。左2枚は桧の板、右の2枚は杉板です。脂分の多い桧でもしっかり着色で...

  19. しごと日誌 210610 - design room OT3

    しごと日誌 210610

    『(仮称)大額紫雲閣』の起工式が執り行われました。木造(鉄骨梁とのハイブリッド構造)平屋建ての会館です。30度を超える真夏日の中、皆さまおつかれさまでした。立派に建ち上がり、地域に愛される会館になりますよう、しっかりと設計監理してまいります。式の最後に株式会社サンレー佐久間社長のご挨拶にて大額(おおぬか)という地名についてお話されていました。大額(おおぬか)の額(ぬか)というのは「ぬかずくこ...

  20. ミナの家進捗状況 - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign

    ミナの家進捗状況

    大工工事がほぼ終わりました。居間と和室だったところを一室に繋げて広々とした空間になりました。開口部には内窓を入れています。東西の腰窓は木製の格子の内窓です。玄関扉も吊り込み中。扉の小窓に型板ガラスが入りました。ガラスの向こうに植栽の緑が見えて良い感じになりました。外から見たところ。玄関やホール、廊下や二階の部屋は真壁です。今回の改修では真壁の塗替えをすることになりました。40数年前に建てられ...

総件数:317 件

似ているタグ