診るのタグまとめ

診る」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには診るに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「診る」タグの記事(119)

  1. 胃腸炎 - カミナリハリナミカ?

    胃腸炎

    吐き下し。からだの状態を整えるのが鍼灸東洋医学ですから、こういったことももちろん治療します。病院に行っても具体的な対処法はないようですね。ひどくなると点滴。吐く症状がひどいうちは水を飲んでも戻してしまいますからね。数十分おきに吐いて、眠ることもしっかりできない。そういう子を見るのは親として辛いですよね。「うちで診ますから、今度そうなったら連れてきてください。」と言っておいたら、しっかり連れて...

  2. 喉にも左右がある!? - カミナリハリナミカ?

    喉にも左右がある!?

    風邪をひいたにせよ、他の原因にせよ、喉が痛いという経験はほとんどの人が経験あると思います。何がその痛みの原因か。それを考えることはもちろんなのですが、左右どちらに痛みが出ているのか、というところも大事です。これを患者さんに聞くと「えっ?、どっちってあるんですか?真ん中だと思いますが、、、」というような応えが返ってきます。そこで右に向いて「ゴクリ」、左に向いて「ゴクリ」とツバを飲み込んでもらい...

  3. 狭心症にならなかったのは、、、 - カミナリハリナミカ?

    狭心症にならなかったのは、、、

    3ヶ月ぶりにとある患者さんが帰ってきました。帰ってきたというのは、今年86歳になる高齢の方なので、1時間くらい通うのにかかるし、体力的にもきついので近くのいい先生を紹介してほしいということだったのです。直近も来る頻度が減っていて、2週間に一度いらしていたのが、数ヶ月、半年とあいたりしていました。その間に狭心症を発症。僕も通うのは負担だろうと思い、わりと近いところに同じ会に所属している先生がい...

  4. ツボの理解 - カミナリハリナミカ?

    ツボの理解

    体表観察のレベルが上がってくると、それまでそこまで気にならなかったツボが気になってくる。師匠がおっしゃっていたツボの効用が理解できてくる。「このツボは〇〇の効果がある」と師匠が書いた本に書いてあっても、そういうように見えていなければ、そんな効果を出すことはできない。見えるものが広がると世界が広がってくる。さらに広げていかねば。当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますありがとうございます!

  5. 側弯 - カミナリハリナミカ?

    側弯

    学校において検査する項目のひとつにに「側弯」があります。若年層におけるスマホやパソコンの過度の使用により、これは増えてもおかしくないと思うのですが、整形外科においてはコルセットによる固定というのを治療としてまだ行っていたことに驚きました。成果がしっかり出ているということなのですかね?子どもの頃コルセットをしていて、大人になり、手術をしたという人を知っていますが、僕はコルセットは根本的な解決に...

  6. 鼻水 - カミナリハリナミカ?

    鼻水

    「足の三里」というツボ。結構有名ですよね。松尾芭蕉の『奥の細道』にも出てきます。胃の経絡のツボ。ここに鍼をして、鼻がスッと通り、鼻水が楽になる人がいます。実の反応。食べ過ぎです。花粉症と言って苦しんでいる人、食生活を見直すことで改善されるものも多いです。全部がそうだというわけではないですよ。いろいろあります。いろんな身体を診ると、いろいろわかります。おもしろいです。当ブログ応援ポチッとよろし...

  7. 冬季研修会『順雪会』2019.2.10〜11② - カミナリハリナミカ?

    冬季研修会『順雪会』2019.2.10〜11②

    前回の続きです。研修会の初日、実技指導の擦り合わせの後、刺鍼実技を受講しました。講師だけが参加でき、別室で行われます。数ミリ深さが違うだけで効果が全く違う。刺す前の捉え方、刺す瞬間の捉え方、刺しているときの捉え方でも違ったものになります。もちろんそんな段階的なものではなく、ひとつの流れの中で起こっているもの。少数鍼、一本鍼で治すには、ひとつの鍼へのこだわり、ひとつのツボへのこだわりは半端ない...

  8. 同病異治 - カミナリハリナミカ?

    同病異治

    毎回頭痛を訴える方。同じ人が訴える同じ病。でも毎回同じ治療ではありません。手に鍼をすることが多い。でも決めてかかっているわけではありません。今日は足の内顆の下。そのときの様々な状況、季節、天候、それらを考慮して導き出します。患者さんにとっては治ればいいんですけどね。僕らはそこに根拠が必要です。頭痛だからこのツボということはしません。同じ病でも異なる治療をする。「同病異治」といいます。当ブログ...

  9. 治るために通る道 - カミナリハリナミカ?

    治るために通る道

    喉が痛い。こんな症状を訴えて当院に来られる方もいます。風邪をきっかけになることは多いです。腫れて食べることもしづらい。大人でも子どもでもあります。「かわいそうに、、、」小さい子が食べられない状態になっていると、親もまわりもそんな感情を抱きますよね。でも、そうなる前に食べ過ぎていた、なんてことはよくあるんですよ。風邪、風寒邪を受けたときに、それによって体内の熱が逃げ場がなくなり強くなったりしま...

  10. そろそろ、、、 - カミナリハリナミカ?

    そろそろ、、、

    今日から2月。もうすぐ立春です。立春の天気予報を見ると、かなり気温が上昇する感じです。その前の日くらいから南風が強くなるとのこと。そろそろじゃないですか?もう少し気配のある人もいると思いますが、花粉症の人は立春あたりに症状が強く出そうです。東洋医学的にはこの時季に起こることから、春の気、肝気の上昇に注目します。平素から肝気が昂ぶっている人、そして捌けてない水分の多い人が、気の上昇とともに水を...

  11. 肩の力を抜く - カミナリハリナミカ?

    肩の力を抜く

    「肩の力を抜いて〜」よく指摘される方いますよね?僕はあまりことばとしては使わないんですけどね。「肩」と言っても、人それぞれ意識するところが違うから、手をあてて「ここの力抜いて下さい」とか、足とか膝、別の部位を抜くことを意識させたりすることが多いです。でも、最近自分自身まだまだ肩に力が入っていることに気づきました。。。これ、入っているか、抜けているかという二者択一ではないんですよ。入っている状...

  12. 舌の正しい置き場 - カミナリハリナミカ?

    舌の正しい置き場

    東洋医学の考えをもって診断治療する中で舌診というものがあるということは以前伝えました。色や苔の状態、形、偏りなどによって身体がどうなっているか、ということを診るわけです。でも普段どういう状態で収まっているべきか、というところは特に言っておりません。歯科の分野では理想の位置というものを言っています。口腔外科でも言うのかな?舌が上の歯に当たっている状態。これがいい状態とされています。そうだろうと...

  13. どこに鍼をするか、、、 - カミナリハリナミカ?

    どこに鍼をするか、、、

    立っているより座っている方が楽。立ちっ放しや、座りっ放しという状態でなくても、ちょっとその状態をとっただけで、なんとなくいい感じがしない。普段感じていなくても、意識させてみると、そう感じる人は少なくありません。立ってる状態の方が嫌な感じ。からだが強張る。どういう症状が主訴かということに限らず、こういう方には足に鍼をすることが多いです。もちろん弁証論治はします。その上でどこに鍼をするか。鍼をす...

  14. からだは正直 - カミナリハリナミカ?

    からだは正直

    今日2診目の方。初診時では「肝の臓」のツボにパーンと張った実の反応。「胃の腑」のツボはペコっと凹んだ虚の反応。主訴ではないですが、数ヶ月前に胃炎と診断されていて、食欲はイマイチ。痛みは今はないが、スッキリしない感じでした。今日診てみると、凹みが改善されているではないですか!僕「胃が回復してきましたね。」患者「胃は気にならなかったです!」からだは正直です。あっ、もちろん主訴も改善されていますよ...

  15. ウェルカムです! - カミナリハリナミカ?

    ウェルカムです!

    今日いらした普段から患者として来ている小学生の男の子の母親。家族がインフルエンザに罹って大変だったとのこと。そしてインフルエンザが治ったから子どもを連れて来院。僕「インフルエンザも来ていいんですよ。」母親「えっ?そうなんですか?」他の患者さんに迷惑がかかるからと気にしてこなかったり、僕に伝染しては悪いと思って来ない方いるようです。同じ空間にいたらマズいと思う患者さんと一緒の時間にはしません。...

  16. インフルエンザ検査への憧れ?? - カミナリハリナミカ?

    インフルエンザ検査への憧れ??

    インフルエンザ流行っていますね。学校でも学級閉鎖や学年閉鎖になったという話も聞きます。インフルかもという人は当院にも来ていますが、正直僕らには断定することはできません。より病邪として強力だなぁとか、単純に片付かないなぁと感じるものはそうだろうなと思いますが、基本外感病の延長なので、明確な違いはありません。我が家はというと、、、実は長男が昨日学校から早退するよう言われて昼前に帰ってきました。3...

  17. 悪いのは? - カミナリハリナミカ?

    悪いのは?

    首を痛めた方の多くは言います。「枕が合わなかったのか、、、」「寝方が悪かったのか、、、」寝て起きたら首が痛い。これは枕に問題があるのではないか?寝方に問題があるのではないか?ただ寝てるだけなのでそう思うのもわからないでもない。でも責任転嫁はよくないですね。きっかけにはなっても主要ファクターではない。問題はその人自身です。どんな枕にでも合わせられる柔軟性があればいいし、どんな寝方をしても意に介...

  18. 病が浮くということ - カミナリハリナミカ?

    病が浮くということ

    治療をする上で大事なことのひとつに「病を浮かせる」ということがあります。どういうことかというと、病は古くなってくると、また進行してくると、身体の内部に沈んでいく傾向があるのです。ツボも沈んでいきます。わかりやすい例でいうと、肩こりが酷くなって、マッサージに行っても、かなり強く、しかも奥深くまで押さないと効かないなんていう方聞いたことありませんか?マッサージそのものを否定はしないのですが、こう...

  19. ミスのできない仕事? - カミナリハリナミカ?

    ミスのできない仕事?

    こういうこと言う患者さんいます。「ミスできないので、ずっと緊張しっぱなしなんですよ。仕事変えなきゃ治らないですね。」たぶんこの方は仕事を変えてもあまり変わらないかと思います。まぁ本当に緊張感のない仕事ならば違うのでしょうが。僕らの仕事もミスはできません。ミスをしたら患者さんが悪化して困るか、治療が効果なく次から来ないか、ここはよくないという評価を受けるか。でもそんなことを考えて治療はしていま...

  20. 小指が浮いている - カミナリハリナミカ?

    小指が浮いている

    裸足になってもらい立ってもらう。当院では必ずやってもらうことです。地についている自分の足の状態を認識してもらいます。よくわからないという人は多いですけどね。そのときに、小指が浮いている人も少なくありません。小指の下に隙間がある。もともと認識している人もいれば、初めて知ったという人もいます。浮くということは足の外側が使えてないということ。小指が使えるということは、自分の前方の外側にもスムーズに...

総件数:119 件

似ているタグ