詩のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには詩に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「詩」タグの記事(2845)

  1. 考える - 明日、風になる

    考える

    考えるってことは自分の考えを変えていくということ考えを変えないなら思考停止と同じだこれでだいじょうぶそう思えれば楽なのだ私が正しいあなたが間違っているそれですめば何も苦労はないそうでないところに答を探すそれが考えることなのだ

  2. 月刊新次元42号 - 新次元

    月刊新次元42号

    平居謙プロデュースONLINEJOURNAL詩とサブカルチャーと批評空間月刊新次元ISSN2432-8839℗北爪満喜この表紙写真は北爪満喜氏『月光の音』中に収録されたご本人撮影による写真を特別に許可をいただき使わせていただきましたSUPERSTAGE*新次元とは言語・文化・芸術・創作における「新しい次元」の模索と提示を目指すオンラインジャーナル。2017年6月創刊ISSN2432-8839...

  3. 中原中也「秋の日曜」 - 小出朋加(こいでともか)の朗読ブログ

    中原中也「秋の日曜」

    今回は中原中也の「秋の日曜」を朗読しました。聴いていただけたら嬉しいです。テキスト/青空文庫(青空文庫、耕作員の皆様に心より感謝し使用させていただきます)人物について/Wikipediaより一部引用添付人柄・性格/Wikipediaより一部引用添付声/動画作成/サムネ作成/こいでともかグットボタン&チャンネル登録もいかがですか?小出朋加のナレーション・朗読チャンネルです♪※挿入曲は「YouT...

  4. 雨 - 明日、風になる

    冷たい雨が降るあなたの心とどちらが冷たいだろうか雨よ私を濡らしてくれこの先の望みなどなくてもいいから雨よ私を凍らせてくれ固まってしまえば責められさえしない雨よ私を流し去ってくれここにいたっていいことなど何もない雨よ私を消し去ってくれ終わらせるには今日がちょうどよい

  5. 八木重吉/6作品収録/哀しみの火矢/鉛とちょうちょ/花になりたい/無造作な雲/劒を持つ者/壺のような日 - 小出朋加(こいでともか)の朗読ブログ

    八木重吉/6作品収録/哀しみの火矢/鉛とちょうちょ/花...

    今回は八木重吉の詩「哀しみの火矢/鉛とちょうちょ/花になりたい/無造作な雲/劒を持つ者/壺のような日」を6作品つづけて朗読しました。テキスト/青空文庫(青空文庫、耕作員の皆様に心より感謝し使用させていただきます)作品の特徴/Wikipediaより一部引用添付人物について/Wikipediaより一部引用添付声/動画作成/サムネ作成/こいでともかグットボタン&チャンネル登録もいかがですか?小出朋...

  6. うごけ - 明日、風になる

    うごけ

    動け動きながら考えるんだじっとして考えてても何もうかばない頭を働かすにはからだを動かすんだ理屈ばかり言う左脳を黙らせるんだ

  7. それでも - コトノハ綴り~every Wednesday~

    それでも

    それでもやっぱり私は彼が好きだ彼が誰を好きであろうと私より想っていようと今の私にとっては大したことじゃないのだ彼が好きそれだけでいいじゃないか*それでもやっぱり私は彼が好きだ彼は卑怯で臆病で残酷だ私を何度も傷つけるそれなのにまだ私は彼が欲しいのだちょっとどうかしてるんじゃないかそう自分でも思ったりする*彼は今頃その女を抱いているのだろうか私のことなんてきれいさっぱり忘れて思い出すことさえなく...

  8. 晩秋の草原 - 日々是窯ぐれ

    晩秋の草原

    ―― 晩秋の草原 ―― 晩秋の草原は塞(ふた)がれた匂いが漂っている 夏の日盛りは遠く去り冬枯れにはまだ間がある宙づりな気持ちはどこへも行けずさ迷っている 草々は淡くしおれ吹く風に諾々となびきはしない何処かためらいがちに何処か不安げに生気の失せた首(こうべ)を揺する 夏の陽ざしの中であれほど飛び交っていた虫たちは影を潜め、茶色い滲みとなって時おり微かな声をたてるばかりだ 全てが枯れた季節の...

  9. 抵抗 - 明日、風になる

    抵抗

    仕事も少しずつ入るようになってきたでもなんだかこころの中では抵抗しているオレのやりたいことはこんなんじゃないんだってじゃあお前は何ができるの?と言われたらやっぱり今やっていることしかできないその殻を破りたいけど破ったら丸裸内臓が剥き出しでそれで終わりになるかもしれないでも破ってみたいどっちみち終わりが来るんだから

  10. 水城ゆう「ボトム・クオークの湯川結合で見えてきたタイムトラベルの可能性」朗読小説短編 - 小出朋加(こいでともか)の朗読ブログ

    水城ゆう「ボトム・クオークの湯川結合で見えてきたタイム...

    皆さんは、「過去」と「未来」どちらに行きたいですか?朗読した「ボトム・クオークの湯川結合で見えてきたタイムトラベルの可能性」の著作使用権を解放してくださっている「水城ゆう」さんです。http://mizuki-u.comYouTubeもされています。https://www.youtube.com/user/juicymizukiテキスト/水城ゆう声/動画作成/サムネ作成/こいでともかグットボ...

  11. 永遠の約束 - 詩と写真のブログ***** 『Pollyの楽書き』

    永遠の約束

    会いましょういつかまた会える日までさようならカレンダーに記した予定は目に見えない敵により消されてしまった予定は未定しばらくの間空白の未来我慢が限界を越えたとき今の気持ちは生きているのかな叶わなかった約束は綺麗なままで永遠になる2020.11.20.

  12. /水谷まさる3作品朗読/五つの色/ふしぎな人形/お菓子 - 小出朋加(こいでともか)の朗読ブログ

    /水谷まさる3作品朗読/五つの色/ふしぎな人形/お菓子

    今回は水谷まさる「歌時計童謡集」より、五つの色/ふしぎな人形/お菓子の3作品を収録しました。テキストと人物紹介/青空文庫(青空文庫、耕作員の皆様に心より感謝し使用させていただきます)声/動画作成/サムネ作成/こいでともかグットボタン&良かったらチャンネル登録もいかがですか?小出朋加のナレーション・朗読チャンネルです♪※挿入曲は「YouTubeオーディオライブラリー」より、毎回全て自分で選曲し...

  13. 吐き出す - 明日、風になる

    吐き出す

    言葉にして吐き出したいこの黒いドロドロした何かをでも吐き出したらそれが固まっていつまでも消えなくなってしまうんじゃないかそれが形を変えて襲ってくるんじゃないかそんな気もするしかしもうこれ以上ためてはおけない吐き出した後のことはそのときになってから考えよう

  14. 業 - 明日、風になる

    周りには私を利用しようと手ぐすねを引いている人ばかり。私が何を言っても半分も聞いてくれない。助けを求めても、誰も手を差し伸べてくれない。それが私にとっての「この世」というところ。何十年たっても変わらなかった。変わるはずがない。もともとそれが実態だったのだから。よほどの罪を私は背負っているのだろう。もっともっとひどい目に遭わされなければ許されることはないのだろう。まるで地獄だ。しかし死んだその...

  15. まだあげ初めし・・・帰りました。 - hibariの巣

    まだあげ初めし・・・帰りました。

    まだあげ初めし前髪の林檎のもとに見えしとき前にさしたる花櫛の花ある君と思ひけり優しく白きてをのべて林檎をわれにあたえしは薄紅の秋の実に人恋初めしはじめなりわが心なき溜息のその髪の毛にかかる時愉しき恋の杯を君が情けにくみしかな林檎畑の木の下におのずからなる細道は誰が踏みそめしかたみぞととひたまふこそ恋しけれ島崎藤村「初恋」hibari2020.11.20

  16. 代弁者であってほしい(想いをぶつけることも大事だが) - Miemie  Art. ***ココロの景色***

    代弁者であってほしい(想いをぶつけることも大事だが)

    「帰る前に」何層にも塗り重ねられた雲夜と間違えそうな空ひといき雲に向かってふぅと吹きかけてみると羽のように舞った雲間から光が射すのがみえた埋立地埠頭に並ぶ鈍色の車海までもコンクリート色白いカモメがやけに映えて通り過ぎるコンビニコーヒーの蓋を開けると香りが車内に充満する紙コップを両手で包むと温かい工場のライトが灯りはじめたさあ帰ろう夜が来る前に※地元の2020.11.16新聞の読者文芸で優秀作...

  17. 戻らない過去 - コトノハ綴り~every Wednesday~

    戻らない過去

    もう戻れないんだろうか彼はもう私だけを見てくれることなどこの先ないのだろうか哀しくて淋しくてやりきれない*彼のいない世界は果てしなく暗い色を失ったといってもいいこんなところでひとりきりでいつまでやっていけるだろう*もうだめなんだろうか彼はもう私を求めてくれないのだろうか背中が寒い*彼のいない世界は息苦しい寄り掛かるものがなくなり私はぼんやりしたり泣いたりしている*あの時あんなことを言わなけれ...

  18. 秋島崎藤村 - ゆっくり生きる

    秋島崎藤村

    古文は、むずかしいです。雰囲気で(笑)、お聞き下さい。(*^▽^*)オネガイシマス「写真を主とした日記です」の志摩次郎さんのブログから、可愛いモミジの写真をお借りしました。とっても素敵で、お借りした写真で詩の朗読をして見たくなりました。もちろん、モミジが似合う秋の詩です。11月18日はゆめの誕生日です。今日で満4歳になりました。娘がペットショップで、出逢った時は、4ヶ月だというのにやせ細っ...

  19. 森川義信/2作品収録「あの人/歌のない歌」 - 小出朋加(こいでともか)の朗読ブログ

    森川義信/2作品収録「あの人/歌のない歌」

    今回は、森川義信の詩より「あの人/歌のない歌」を2作品つづけて朗読しました。「あの人」は女性の心、「歌のない歌」は男性の心でしょうか。(本日収録&作成作品♪出来たてです)テキスト/青空文庫(青空文庫、耕作員の皆様に心より感謝し使用させていただきます)声/動画作成/サムネ作成/こいでともか※挿入曲は「YouTubeオーディオライブラリー」より、毎回全て自分で選曲し、楽曲を無償提供してくださるア...

  20. やすむこと - 明日、風になる

    やすむこと

    最近はあまり休めていない気がする人生の残り時間が少なくなってきてあせっているのだあせったところで今さらどうにもならないのだが夕方にはエネルギー切れになってバタンキューそれでも夜中には起き出してこそこそ何かを始めるこれが年取ったということなのだろうか眠くて眠くて気づいたら目を閉じているそれなら昼寝でもと思うが10分ほどで目が覚める結局だれに似たのか動き回っていなけりゃ生きていられないカツオみた...

総件数:2845 件

似ているタグ