読書記録のタグまとめ

読書記録」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには読書記録に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「読書記録」タグの記事(116)

  1. サッカー批評 87 - 湘南☆浪漫

    サッカー批評 87

    世界最強リーグと呼ばれていた頃に嵌ってしまった身からすれば、現状のセリエAにはそんなに魅力を感じないけど、やっぱり気になってしまう。でも、カルチョスキャンダル以降、ユベントスにはそんなに魅力を感じないな…。連覇はしているけど。

  2. フットボール批評 16 - 湘南☆浪漫

    フットボール批評 16

    大木さんのインタビュー記事は秀逸だった。10人で踊っていて右手を挙げたとき、ひとりだけ左手ををあげたら個性的な子どもということになるかもしれないけど、それではダンスは成り立たない...チームでやっているから。どこかのチームにも当てはまりそうな(苦笑)

  3. 西花池湖南「プロレス名言の真実」 - 湘南☆浪漫

    西花池湖南「プロレス名言の真実」

    「シューティングを超えたものがプロレス」。オンタイムで聞いたコメントではないけど、馬場全日本を愛したきっかけとなるコメント。プロレスの砦を守ったのは馬場さん。今は新日本でごめんなさいだけど(苦笑)

  4. サッカー批評 86 - 湘南☆浪漫

    サッカー批評 86

    インタビュー記事は、ほぼ過去の記事という(苦笑)35年史だからって、過去のインタビュー満載じゃ…。

  5. サッカー批評 85 - 湘南☆浪漫

    サッカー批評 85

    規模は違うけど、イズムという面ではお手本になるクラブ。一貫して続けられているところは素直に凄いと思う。

  6. プロレス最強は誰だ? - 湘南☆浪漫

    プロレス最強は誰だ?

    個々それぞれ最強がある。でも、プロレスは強いだけじゃなくてお客さんを呼べて、かつ満足させることが最強の条件だから。

  7. ミゲル・ロドリゴ「日本人チームを躍動させる決断力の磨き方」 - 湘南☆浪漫

    ミゲル・ロドリゴ「日本人チームを躍動させる決断力の磨き方」

    ここは勝負しないといけない局面で、日本人はひるまず勝負できる。ロドリゴさんが感じた日本人の特徴。じゃ見せるしかない、ロシアで!!以前、小田原アリーナで行われていたFリーグの試合を視察に来たミゲル監督とスタンド席で遭遇したことがあって。試合開始前に迷惑かな?と思ったけど、この機会を逃すわけにはいかないと思い、直撃してチケットの半券にサインを頂いた。日本語も上手で、何よりも凄く握手が力強かったwww

  8. 後藤健生「ワールドカップは誰のものか」 - 湘南☆浪漫

    後藤健生「ワールドカップは誰のものか」

    2010年、南アフリカW杯直前に出された本。結構生々しく書かれた一冊。いよいよ始まるね。

  9. 中村俊輔「察知力」 - 湘南☆浪漫

    中村俊輔「察知力」

    成功かどうかなんて、引退してから考えること。まさにその通り。プレースタイルは好きじゃないけど、生き様は嫌いじゃない(苦笑)

  10. 吉田春生「ツアー事故はなぜ起こるのか」 - 湘南☆浪漫

    吉田春生「ツアー事故はなぜ起こるのか」

    目的を達成させることが全てに優先されるなら、当然リスクは背負わないといけない。ただ、それが命を懸けるべきものかどうか判断しないと…。

  11. ザ・シークレット・フットボーラー - 湘南☆浪漫

    ザ・シークレット・フットボーラー

    プロレス的には闇の中に葬った方がいい案件だね(苦笑)事実は小説より奇なり、何があってもおかしくない…とは思っているけど。

  12. 西部謙司「ふたつのマンチェスター 赤と青」 - 湘南☆浪漫

    西部謙司「ふたつのマンチェスター 赤と青」

    赤寄りになってしまった青はこれからどういう立ち位置で突き進んでいくのか。お金は…ある…両クラブとも(苦笑)

  13. 田崎健太「真説・長州力」 - 湘南☆浪漫

    田崎健太「真説・長州力」

    ここまで話したのか、という一冊。確かに、人間長州力の魅力が詰まっている。インタビュー、大変だっただろうな…(苦笑)

  14. 布施克彦「男なら、ひとり旅。」 - 湘南☆浪漫

    布施克彦「男なら、ひとり旅。」

    「一人旅の醍醐味は、旅の途中ではなく、帰った後の思い出と、次の旅への思いにある。」あ~そうかもしれない!!

  15. 徳永圭「片桐酒店の副業」 - 湘南☆浪漫

    徳永圭「片桐酒店の副業」

    完全に本のタイトルと表紙のハートランドビールに魅かれて購入(苦笑)法に触れる以外は何でも配達します、という副業。何かを届けながら自分の過去と向き合う。酒屋さんの副業?と思ったけど、引き込まれて一気に読破。

  16. 日垣隆「すぐに稼げる文章術」 - 湘南☆浪漫

    日垣隆「すぐに稼げる文章術」

    文章を書いて稼いでいるわけじゃないけど、文章を書く上で参考になることが多くてためになる。「どう書くか」よりも「どう読まれるか」。書きっぱなしじゃダメだということだね。

  17. 安藤宏「太宰治 弱さを演じるということ」 - 湘南☆浪漫

    安藤宏「太宰治 弱さを演じるということ」

    身を滅ぼしながらも生き抜いていく姿に魅かれるというわけではないんだけど、気になって深く深く読みいってしまう作家。「青春のはしか」とは巧く言ったものだけど、自分としては好きな作家の一人。

  18. 東京サザエさん学会「磯野家の謎」 - 湘南☆浪漫

    東京サザエさん学会「磯野家の謎」

    結構マニアックな裏読みで、プロレスファンも十分に楽しめる内容。細かいところまで原作を拾って謎解きしていて感心する。だいぶ前に買った記憶があったんだけど、家になかったので108円で購入(苦笑)

  19. ミスター高橋「マッチメーカー」 - 湘南☆浪漫

    ミスター高橋「マッチメーカー」

    ある程度は敢えて喋らないんだ、という美学が無いものか、と(苦笑)色々とお金に困っているのかな?と心配になる…。

  20. 井上章一「京都ぎらい」 - 湘南☆浪漫

    井上章一「京都ぎらい」

    衝撃的なタイトルだったので思わず。京都出身でも、生まれた土地土地によっていろいろなプライドが発生するのね…。良かった、第三者でwww

1 - 20 / 総件数:116 件

似ているタグ