読書記録のタグまとめ

読書記録」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには読書記録に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「読書記録」タグの記事(486)

  1. フットボール批評 21 - 湘南☆浪漫

    フットボール批評 21

    川島のW杯回想。コロンビア戦のFKを食らってしまった舞台裏が書かれていてなるほど、と。曺さんの振り返りも読み応えあり!!

  2. フットボール批評 20 - 湘南☆浪漫

    フットボール批評 20

    ハリル解任を前面に受けた構成。結果的に何となく巧く言った感じにはなったけど、継続性から見ると…ね(苦笑)前向きに捉えて前へ進んで行かないと。

  3. KAMINOGE 88 - 湘南☆浪漫

    KAMINOGE 88

    AEW、完全に新日本プロレスと縁を切っていないから、チャンスはあるのかな?WWEと新日本、どちら寄りかな?っていう部分もあるだろうけど。

  4. 下薗昌記「ラストピース」 - 湘南☆浪漫

    下薗昌記「ラストピース」

    どこかで聞いた名前だな、と思ったらエルゴラのガンバ担当さんだった。かなり深いところまで突っ込んで書かれていて、リアリティがある。落ちるべくして落ちたんだな、と。

  5. 井上譲二「プロレス暗黒の10年」 - 湘南☆浪漫

    井上譲二「プロレス暗黒の10年」

    今の時代にはそぐわないのかもしれないけど、週刊ファイトが復活して欲しい気持ちはある。ただ、あの当時と同じ熱量は出ないだろうな、ということも分かっちゃっているんだけど(爆)暗黒の10年があったからこそ、今の時代がある。マイナスに考えずにプラスに考えて業界は上がってきた。そこのところは間違えないようにしないとね。

  6. 近藤隆夫「プロレスが死んだ日。」 - 湘南☆浪漫

    近藤隆夫「プロレスが死んだ日。」

    なかなかインパクトのある題名だけど、死んだ日というよりも殺された日という印象。高田が負けて、ここまでぼろカスに言うか、というコメントがプロレス側から出てきて、違和感を感じたんだよね。出て行かない奴が何言ってんの?って。ヒクソン側の取材が結構細かくて、読んで損なし。

  7. 吉田類「酒場詩人の流儀」 - 湘南☆浪漫

    吉田類「酒場詩人の流儀」

    紀行エッセイ。お酒だけではなく、俳句にスポットが当てられている一冊。ただの酒飲む人ではない一面がwww

  8. 木崎伸也「サッカーの見方は1日で変えられる」 - 湘南☆浪漫

    木崎伸也「サッカーの見方は1日で変えられる」

    風間さんの影響を受けているな、と感じさせる着眼点。頭では分かっていても、なかなか言葉で表現できないところを上手く表現してくれていて非常に分かりやすい。

  9. 大下英治「内閣官房長官秘録」 - 湘南☆浪漫

    大下英治「内閣官房長官秘録」

    いかに首相をバックアップできるか、黒子に徹することができるか。何人かの官房長官が取り上げられているけど、やっぱり菅官房長官がベストかな。

  10. 早草紀子「あすなろなでしこ」 - 湘南☆浪漫

    早草紀子「あすなろなでしこ」

    2008年に出された本なので栄光のW杯優勝は載っていないんだけど、それまでの女子サッカーの歴史が写真とともに振り返れる。マーキュリーの写真や、このスタンドの米粒の人…おそらくタイミング的に自分だな、という写真も(苦笑)

  11. 朝倉秀雄「国会議員とカネ」 - 湘南☆浪漫

    朝倉秀雄「国会議員とカネ」

    実名を出さないところに情けがある…か。悪いことばかりではなく良いことにも頭を使って欲しいところ。みんな上手くやっているんだな、と変な感心をしてしまう(爆)

  12. ミック・スホッツ、ヤン・ラウツェン「クライフ公認 トータルフットボーラーの全貌」 - 湘南☆浪漫

    ミック・スホッツ、ヤン・ラウツェン「クライフ公認 トー...

    クライフ公認ということで、結構細かいエピソードが載っていて、最後にはインタビューまで載っていてお得感がある一冊。フライングダッチマン、現役時代をLIVEで見たかった選手の一人。

  13. 安藤隆人「壁を越えろ」 - 湘南☆浪漫

    安藤隆人「壁を越えろ」

    運命を受け入れるのではなく、自ら運命を引き寄せて歩むべく道を決める。確かにこの本に登場する選手たちはそういった決断をしている。この部分が特別なんだろうね。

  14. ゆでたまご「ゆでたまごのリアル超人伝説」 - 湘南☆浪漫

    ゆでたまご「ゆでたまごのリアル超人伝説」

    キン肉マンは、ゆでたまごが小学生の頃に誕生、当時"筋肉"と漢字で書けなかった"キン肉"になったと書かれていて衝撃を受けた(爆)プロレス頭を全開にして書かれたストーリーは引き込まれたな…。

  15. 越中詩郎、ケンドーコバヤシ「やってやるって!!」 - 湘南☆浪漫

    越中詩郎、ケンドーコバヤシ「やってやるって!!」

    こんな本を出していたとは…。やっぱり、反選手会同盟から平成維震軍だね。高田延彦との対談も載っていて、サムライ魂を感じさせる一冊。

  16. 中溝康隆「隣のアイツは年俸1億」 - 湘南☆浪漫

    中溝康隆「隣のアイツは年俸1億」

    巨人の2軍選手を取り上げている本。岡崎元2軍監督のインタビュー記事も載っていて、1軍から声が掛かるのを待つのではなく、声が掛かる前に行く。そのために、常に準備を怠ってはいけない。確かにそうだよね。

  17. 北健一郎「10番は司令塔ではない」 - 湘南☆浪漫

    北健一郎「10番は司令塔ではない」

    トップ下という言葉の意味も段々と変化してきている。今だとポジションの位置を示す言葉、っていうね。昔ほどの絶対的な影響力は薄くなっている印象。

  18. 牧原出「安倍一強の謎」 - 湘南☆浪漫

    牧原出「安倍一強の謎」

    政権交代を通じて与野党は勉強する。なるほど、確かに。よほどのことがない限り政権交代はなさそうだけどね(苦笑)

  19. ゆっくり動くと人生すべてうまくいく小林弘幸著PHP出版 - 質素で素敵なマンションライフ  日本文化を満喫しつつ生涯働くことを目指しています。

    ゆっくり動くと人生すべてうまくいく小林弘幸著PHP出版

    一期一会風の宿宿泊中、小林弘幸先生の本を読んで、非常に感銘を受けたので紹介します。たいへんに、解りやすく、主張に根拠が明確に示されています。これからの生活に役立ち、手放せない1冊になったので紹介します。著者は、医師としてゆっくりを意識して生活すれば、人生がうまくゆき、アスリート、アーチストの指導も着実に成果が上がっているといいます。その理由とメカニズム、ゆっくりを実践していくコツを本書で紹介...

  20. 佐伯一麦「芥川賞をとらなかった名作たち」 - 湘南☆浪漫

    佐伯一麦「芥川賞をとらなかった名作たち」

    どうしても選ぶ側に優先権があり、好みもあるから、名作が全て受賞するとは限らないのが難しいところ。

総件数:486 件

似ているタグ