読書雑感のタグまとめ

読書雑感」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには読書雑感に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「読書雑感」タグの記事(3)

  1. 「妻のトリセツ」黒川伊保子・著<講談社+α新書>を読んだ - 岩瀬労に言わせろう!

    「妻のトリセツ」黒川伊保子・著<講談社+α新書>を読んだ

    いわろうは、男三人女三人の六人兄弟の末っ子として、この世に生を受けた。長男はいわろうが、生まれる前、肺炎で他界。次男は昨年、ガンで急死した。古希過ぎた現在、男兄弟はいわろう一人である。女性の平均寿命が男性のそれに比べて長いことを、我が家の兄弟構成でも、証明されている訳だ。我々の青春時代には、結婚適齢期という時期があり、それなりの年齢に達した男女は、結婚するのが当たり前であった。いわば、明治以...

  2. 「すごいトシヨリBOOK」池内紀・著<毎日新聞出版>を読んだ - 岩瀬労に言わせろう!

    「すごいトシヨリBOOK」池内紀・著<毎日新聞出版>を読んだ

    <いわろう>はサブタイトルに惹かれて本書を読んだ。そのサブタイトルとは<トシをとると楽しみがふえる>である。人生100年なら、古希の<いわろう>なら、あと30年もあるのだから、もう~ひと花どころか、ふた花でも咲かせられるかもと、エロ気を出して読み始めた。 ところが、ドイツの詩人が、若いころ「老人は醜い」という、短い詩を書いたと、いきなり冷や水を浴びせられる。人生は単なる順番であるのにだ。若者...

  3. 「読んだら忘れない読書術」樺沢紫苑<サンマーク出版>を読んだ - 岩瀬労に言わせろう!

    「読んだら忘れない読書術」樺沢紫苑<サンマーク出版>を読んだ

    このタイトルにフラッ!と手が出る「自称・読書家」も多いことだろう!<いわろう>も、読んだ後からすぐに忘れるタイプだから、もちろん手が出た。「オ~ッ!これは、ボクのための本だ!」って、一気に読んでしまった。 <いわろう>は、読書しながら“ピン”ときたところに付箋を貼りつけ、読み終えたのちに、その付箋ヶ所を再読しているのだが・・・。たった今、読み終えたところなのに、そうなんだ!と新たに知見したか...

総件数:3 件

似ているタグ