読書のタグまとめ

読書」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには読書に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「読書」タグの記事(445)

  1. なしくずしの死(上・下) - blog版 がおろ亭

    なしくずしの死(上・下)

    第1次大戦前?のパリでやくざな医師をやってるフェルディナン。熱にうなされながら前世紀を振り返る。「糞尿とへどと精液にまみれた」どうにもならない少年時代。どんな場面も現実にはありえんやろうってなカタストロフィーに向かって突き進む。お上品な読者なら、途中で胸糞が悪くなってページを閉じてしまいたくなることだろう。けど、「アナーキーな破壊的文体」からはユーモアとペーソスが漂うのである。少年にとって大...

  2. 「空海の風景(下)」司馬遼太郎_読めば読むほど味わいの深い名作! - Would-be ちょい不良親父の世迷言

    「空海の風景(下)」司馬遼太郎_読めば読むほど味わいの...

    この「空海の風景」のあとがきで、この著作が連載であったことを知りました。著者は、連載中多くの識者から誤りの指摘を受け有難かったと述べていました。千数約年前の人物など、時間が遠すぎて人情も通いにくく、小説の対象になりにくく思われたそうですが、空海が生存した時代の事情、その身辺、その思想などといったものに外光を当ててその起伏を浮かびあがらせ、筆者自身のための風景にしてゆくにつれてあるいは空海とい...

  3. 夕顔とタイタニック - 原語から見える聖書のイメージ

    夕顔とタイタニック

    図書館でたまたま手に取った本も偶然の出会いがあってたまには良いですねシネマで英会話今年は映画をよく見てるのですが、洋画の翻訳者に目がよく行きますこの軽そうな本(笑)、パラパラ見てた時に、ラジオから今日は何の日で、タイタニック沈没の日だと聴こえてきました4月15日この本、タイタニックの映画から始めてるので、やっと、読む気になりタイタニックだけ読んでみましたこはたさんのキャラが可笑しくて自爆があ...

  4. 「紫式部日記 」「紫式部集」 - 4速アソビ

    「紫式部日記 」「紫式部集」

    「紫式部日記 」「紫式部集」山本利達 校注_______________________________________やっと原文にとりかかれた高校の古文の時間、ほとんど寝ていた僕が古典を原文で読むから僕が一番驚いている古典に興味を持ったのは大学の講義とドナルド・キーン氏氏の方が僕より日本の古典を知っていることに愕然としたから源氏物語を読みたかったけど、日記の方が短いし源氏物語の背景を知るこ...

  5. *森見登美彦氏対談集 ぐるぐる問答* - *つばめ食堂 2nd*

    *森見登美彦氏対談集 ぐるぐる問答*

    『森見登美彦氏対談集 ぐるぐる問答』とはなにか。対談は苦手だけれども、作家生活10周年を記念し憧れの人や編集者からの提案で実現した対談集なのである。座談の名手ではないので、ぐるぐるしているけれども、そのぐるぐるを楽しんでください、と登美彦氏。万城目学氏と、時空のねじれで実現化した2015年の登美彦氏とデビュー直後の自分との対談が実に愉快なのである。今回の表紙の装画は、フジモトマサル氏かと思い...

441 - 445 / 総件数:445 件

似ているタグ