読書のタグまとめ

読書」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには読書に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「読書」タグの記事(78)

  1. 読める英語の本の選び方 - 英語学習は楽しみながら。

    読める英語の本の選び方

    今、私は、英語の本を読んでいます。英語の先生だから、英語の本は読めて当たり前でしょ。と思われるかもしれません。でも私には、読める本もあれば読めないと挫折してしまう本もあります。挫折してしまうのは私の英語力がないから?勿論それも一理あるかもしれません。ただそれ以上に読む本の内容に関する知識を持っていないと本は、読めないのです。例えば、日本語で、金融の本を読んでもいまいちピンときません。それは日...

  2. 【読書】学ぶのは何のため? - HAPPY LIFE☆

    【読書】学ぶのは何のため?

    こんにちは♪毎日読書週間☆ ぽじ☆ですっ♪最近お気に入りの本がありますいわゆる自己啓発のビジネス書なんですが、ハッとさせられる言葉が多くて、個人的にものすごく好きなんですよね喩え話とかがすごくわかりやすくて、ブログ発信をしている立場としてもすごく勉強になってます本の角を折るいわゆる「ドッグ・イヤー」ていうんですか、あれが多くなりすぎて、すでに本の上側の角がボロボロになってしまいました!本当は...

  3. 恩田陸「月の裏側」 - ― Metamorphose ―

    恩田陸「月の裏側」

    画像はTwitterから流れてきたものをお借りしました。かつて読書家だった私ですが、最近は創作することばかりに腐心して本も読まず、読書の楽しさを忘れてしまっていた。面白い物語を書くためには、私自身が読者の視点に戻るべきだと考え『読書日誌』を付けようと思い立った次第であります。最近では紙の本だけではなく、楽天Koboにて、電子書籍での読書もしています。 ■ 著書名 ■『月の裏側』  ■ 著者 ...

  4. 今年の漢字は? - 【作文・小論文教室】今はじまる未来へ

    今年の漢字は?

    12月7日(金)昨日、クリスマスツリーを飾って、やっと12月らしくなりました。飾りつけをしながら、来週発表になる「今年の漢字」を考えました。この1年をふりかえってみると、色々なことがありましたね。冬季オリンピックやサッカーのワールドカップが開催され、多くの感動をもらいました。テニスでも日本人が大活躍した年でした。秋には、米朝首脳会談、南北首脳会談と続き、新しい時代の幕開けを予感させられました...

  5. 喀痰と咳が収まらない。 - はまあやのくらし

    喀痰と咳が収まらない。

    昼間数時間咳と喀痰が収まり夕食も美味しく食べ夕食後の服薬したにも拘らずひどい咳と喀痰がきました。まだマル2日しか服薬してないからか。こんなに咳き込んだ事って初めてかも。食欲あるのが唯一の楽しみだけど抗生剤のせいか段々と胃が重くなってきた肺炎って大変なんですね。今迄知らんかった。右肺下の影だって万一悪性だったら切除後の痛みが大変だ。病気は様々体験した。手術は58年の人生で4回。入院は8回。切れ...

  6. 最近の読書 - 合歓の風

    最近の読書

    大好きな作家 木内 昇の長編『新撰組 幕末の青嵐』を読みました 集英社文庫 569頁読んだ彼女の小説はこれで14作品になりました。どれも好きなものばかりで文体や構成が私に合っているんでしょうね。好きな順に並べるとだいたいこんな感じ1.笑い三年、泣き三月 2.漂砂のうたう3.櫛挽道守4.地虫鳴く5.新選組 幕末の青嵐6.よこまち余話7.光炎の人8.球道恋々9.みちくさ道中10.火影に咲く11....

  7. 【感想】カレイドスコープの箱庭 - ☆目指せ!素敵母ちゃん☆

    【感想】カレイドスコープの箱庭

    こんばんは☆母ちゃんです 読みたかった本がやっと手元にきました。時間も忘れて読みふけってしまいました。 『カレイドスコープの箱庭』海堂尊・著/宝島社ドラマ化や映画化もされている東城大学医学部付属病院を舞台にしたバチスタシリーズの最終章です2015年7月に発刊されているのでもう三年も前ですね・・・ 私、このシリーズは大好きでチーム・バチスタの栄光から読んでいますもちろんちょっと前にドラマ化され...

  8. エッセイ本 - 夕暮れみかん堂

    エッセイ本

    今月は気持ちが落ち着かなく、まだ1冊も完読出来てなかったけど、やっと『しをんのしおり』を読みました。三浦しをん氏のエッセイでしかも10年ほど前の発行本。初めてエッセイを読んだけど、本当に面白い人でますます筆者を好きになりました。漫画が大好きでコミケやま○んだらけにも行くし、バンドのライブにも参戦する。そんな三浦氏がとても身近に感じます。それに爆裂する妄想力には圧巻!普段の生活でも溢れ出る妄想...

  9. ひとり時間 - 気ままに体重維持

    ひとり時間

    ゆったり過ぎる時間の流れです。全て自分ペース。のんびりお洗濯しても誰も急かさないし、時間にも追われていない。出勤前のドタバタもない。動悸もしない。きっとこういった時間が私には必要なかもしれません。お洗濯を終わらせて、読書。風と共に去りぬ去ぬの続編、スカーレット。この本を読んで元気をだそう。

  10. 2018年11月に読んだ本 - A氏の感想文

    2018年11月に読んだ本

    2018年11月に読んだ本は16冊。ここにきて、ハイペースで本を読めている。談志師匠、たけし、太田の鼎談が、かなり面白い。あとは、金正男さんの書簡もようやく読めた。それから、菅さんに関する著作、あとは「極みプロジェクト」に関する1冊が印象に残った。政治にかかわるジャンルも、たまには読んでいかないといけないと感じた次第。11月の読書メーター読んだ本の数:16読んだページ数:3278ナイス数:1...

  11. 二つ山がま口のメガネケース - tema works ~ひとてまをたのしむものづくり~

    二つ山がま口のメガネケース

    ■二つ山がま口のメガネケース(口金の幅:18㎝、厚さ:約3cm)今まで、がま口のメガネケースは2種類作ってきました↓ ・サングラスや花粉症眼鏡も入る、マチ付きのもの ・普段使いの眼鏡を入れる、コンパクトなもの今回は後者の、普段使いのコンパクトなものを作りました。マチではなく、ダーツで少しふくらみを出しています。市販のメガネケースは大きいものが多いけれど、これは軽くて持ち運びしやすいと、母も愛...

  12. *堀川アサコ『幻想温泉郷』* - *つばめ食堂 2nd*

    *堀川アサコ『幻想温泉郷』*

    堀川アサコ『幻想温泉郷』を読みました。幻想シリーズ第5弾、『幻想郵便局』から2年後のお話です。登天郵便局は、亡くなった人が成仏する前に立ち寄る、あの世とこの世をつなぐ郵便局。生前の善行と悪行を『功徳手帳』に記入して、地獄極楽門を通って、どちらかに旅立ちます。しかし、善行だけしか印字されず、門の手前で突然消えてしまう人が続出。どうやら、生前に罪を洗い流す温泉につかったことが原因らしい。探し物が...

  13. 神無月 - そらみて

    神無月

    あいアイAI逢相合愛阨哀 誰かの哀しみに寄り添うことなんて、僕たち大人だってできてるかどうかわからないほど難しいことだろ。でも、年齢とともに、少しずつそういうことができるようになっていくのは、自分も同じ哀しみを経験したことがあるからじゃないかと思ってね。大切な人との別れとかね。「ソバニイルヨ」喜多川泰 著幻冬社勉強嫌いで自分に自信のない中1の男の子のお話。お父さんが置いて行ったAI...

  14. 29 September  TSUTAYA - Digital Diary

    29 September TSUTAYA

    数日前私が薦めた本を読んで以来息子は、読書に没頭するようになった。天気のすぐれない週末なので家族揃ってTSUTAYAへ。読みたい本を物色して、試し読み。

  15. 地獄のように熱く、恋のように甘く - PHOTO GALLERY Y&S MAKING

    地獄のように熱く、恋のように甘く

    今年最強の台風が接近中・・列島縦断の悪い予報が出ていますが「最悪の・・・」というニュースにならぬことを祈ります。約1年前に、タイトル「昔日の客」が気になり手にした関口良雄箸の本を糸口に出あった作家が野呂邦暢でした。野呂邦暢(クニノブ)の名前から話がさらに展開もしま したが・・・そんな作家 野呂邦暢が「地獄のように熱く、恋のように甘く、思い出のように苦く、というのがコーヒーを淹れるこつだそうで...

  16. 禁を犯す~再読「龍の子太郎」~ - 四月の魚

    禁を犯す~再読「龍の子太郎」~

    私は「再読」が多い。10代に読んだときには気づかなかったことに、20年、40年経って気づくことの喜び。あるいは、20代の頃には面白いと感じたのに、いまは「どこが?」と思うこともある。自分の過去と現在を重ねて、同じ文字、同じ文章が違った味になる。だから私は、本を売れない。最初に読んだのは、たぶん小学生の頃に遡る。文庫本になっているのを買ったのは、主として併載の「ふたりのイーダ」が気に入っている...

  17. 読書が好きな三人 - やさしい光のなかで

    読書が好きな三人

    一年に多分、2回ほどでしょうか、お会いして3人でランチを楽しみながら多岐にわたる話題で、親交を深める友達がいます。最も話題に出るのは読んだ本や旅の話など、、、***3人とも読書が好き・・・は、共通しています。Kindleで読むと、字が大きくできて読みやすいという一人古本屋で上手に本を見つけ最近は”ニーチェの言葉”を読んだ、、という一人、わぁ!!哲学的!とメモ、メモ、、、私は、須賀敦子さんのエ...

  18. ギフテッドの読書遍歴(ネネ・トキ) - マシュマロとまんじゅうと

    ギフテッドの読書遍歴(ネネ・トキ)

    ギフテッドは読書好きという記事を書いていて、ちょっと昔のことを思い出しました。今日はそんな懐かしい話を綴りたいと思います。→「ギフテッドは読書好き(ネネ、本を読む)」→「ギフテッドは読書好き(トキ、よく理解する)」私は元々、子供の教育に読み聞かせは非常に良いという信念がありましたので、ネネとトキには生後数ヶ月のうちから絵本の読み聞かせをしていました。私自身も幼い頃から本がすごく好きだったんで...

  19. 10月11月の読書 - わたらせ

    10月11月の読書

    ◆ ロードバイク関係・自転車の教科書 堂城 賢(たかぎまさる)文庫本を購入・ BiCYCLE CLUB 図書館で立ち読み◆ 小説・雪炎       著者:馳 星周・三間茶屋星座館  著者:柴崎  ・・冬のオリオン ・・春のカリスト ・・夏のキグナス ・・秋のアンドロメダ・天女屋おれん     著者:諸田 玲子・天女屋おれん 春色恋 著者:諸田 玲子・天辻峠      著者:城野 隆・引かれ者...

  20. 放課後読み聞かせ11月② - こもれびの庭

    放課後読み聞かせ11月②

    昨日は放課後読み聞かせ1年生のあんちゃんが私も1冊読みきかせしたいけれどいいですか??と聴いてきました。本の大好きなあんちゃんは1年生とは思えないほど絵本をスラスラと読みます。2年生が来る前に練習してみようか?二人でしりとりを掛け合いながら風の子しりとりを読んでいきました。本番も上手に読んでくれました。かっこあるいよだいふくくんとってもすてきなだいふくくんのお話ネコのなまえはこちらは最後まで...

41 - 60 / 総件数:78 件

似ているタグ