読書のタグまとめ

読書」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには読書に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「読書」タグの記事(75)

  1. 寒い時期にはかどる読書 - ちょっと田舎暮しCalifornia

    寒い時期にはかどる読書

    この冬買ったデロンギのヒーターが期待した以上に役立ってますアメリカではセントラルヒーターが主流で屋根裏から暖房パイプが通り各部屋を一気に温めます朝晩も冷えなくて良いのだけど誰も居ない部屋を常時暖めるのってもったいない今年は自分の部屋もできたのでここ用に買ったヒーターワンコたちも集まって来ます昼間はすねーるしか居ないのでセントラルヒーターの設定温度をぐっと下げたら電気代もぐっと下がった電気ガス...

  2. 今年は読書をしたいな^^ - 柴まみママの大多喜便り

    今年は読書をしたいな^^

    新年明けましておめでとうございます。2018年の紅白、いろいろな企画があって楽しかった!最後まで見ました^^Uターンして丸10年!今年も日常を綴ります。つたないブログですがどうぞよろしくお願いします。町民記者として暮れにお話を聞いた101歳のお隣の大先生(お医者さん)!礼儀が大切!読書をして人格を高めなさい!というメッセージをいただきました。早速久しぶりに書店へ・・・数年前までもっぱら雑誌と...

  3. アメリカで転職する際に非常に参考になった本 - じゃポルスカ楽描帳

    アメリカで転職する際に非常に参考になった本

    アメリカで転職して約5か月近くが経過しました。今の職場は、私の人生の中で今までほとんど経験したことがない、全くの異業種での職務内容及び仕事環境で、最初は不安を覚えていたのですが、実際に働き始めてみるとものすごく自分に合っているらしく、職場では唯一の日本人(というか外国人)なのですが、様々な年代のアメリカ人に囲まれ、毎日とても楽しく働くことが出来ています。上記写真は、私が転職をする際に非常に参...

  4. 小説「居合 林崎甚助」 - 千葉県剣道連盟居合道部(iaidou)八千代支部

    小説「居合 林崎甚助」

     八千代市大和田図書館を覗いていたら、近衛龍春著「居合 林崎甚助」のタイトルの本を見つけました。林崎甚助に関する本はなかなか目にすることができませんが、ついに出たかの感です。居合道(術)の始祖林崎甚助については、残されてる資料が少なく伝承の部分が多いようです。父親の仇を打つために修行を重ね、ついに居合術を編み出したと言われていますが、この敵討ちも確実に資料としてあるのではなく「一説」として伝...

  5. 忘れて よかった? - チェリーちゃんねる  第2章

    忘れて よかった?

    なんか本読みたいなぁと思ったけど書店いく時間がなく佐賀に置いてる前読んだ本の中からこちらをチョイス自分でビックリなんとなくのストーリーは覚えてたんですがこんなだった??初めて読むような感覚のページも・・・記憶がすりかわってる感じも??別のミステリー小説と混ざった感じ??いろいろ忘れてしまったおかげで新鮮に読むことができましたこれが良いのか悪いのか・・・(^◇^;)

  6. Kindle(電子書籍)で楽しむ読書 - やさしい光のなかで

    Kindle(電子書籍)で楽しむ読書

    Lillyさんのお母様がKindleで読書を楽しまれていらっしゃる、、、とブログに書いていました。本屋さんで本を探すことも楽しいけれど読み終わった本の処分に困る、、と思っていた私。なら私も買おう。*****夫に「Kindle買うわ」と、言うと「あるよ、、」と出してくれた。「いつ買ったの?早く言ってくれれば、、」すっかりKindleマニアになってしまった。ベッドの中の読書を欠かさない私は暗いと...

  7. 読書コーナーに - 音楽・スィーツ・そしてBoston

    読書コーナーに

    とうとう、クリスマスツリーを片付け外へと出しました前日から出している家もあり、歩道はツリーだらけ(後は収集車を待つのみ)何だか寂しいような…空しいような…いつものように「あっ、ツリーのライト点けないと!!」ってなりそうですafterさて、ツリーを置いていた場所は今度は私の読書コーナーとしました小さなテーブルも横に置き、子供の頃、部屋の隅っこにいって本を読んでいたみたいな感じで集中できそうです...

  8. 読書三昧 2019年3月26日迄 - わたらせ

    読書三昧 2019年3月26日迄

    前回のアップから読んだ本は・・・・AIのある家族計画 著者:星野伸一 以前読んで報告済み 再読しましたが、そんな先の未来でもなさそうである。湖底の城 8巻 著者:宮城谷昌光本を立ち読みした時は読んでないと思ったが、家で読み進めるとこれ読んだと気づきました。天下なんぼや。 著者:吉川永青江戸時代の鴻池屋の話、主人公の新六が酒蔵の丁稚から始め両替商、大名貸になるまで、山中鹿之助の息子となっている...

  9. 今週の本、寝込んでます。 - オシャレと旅とetc.

    今週の本、寝込んでます。

    月曜日の夜に身体に違和感。火曜日の夜、悪寒。水曜日朝3時、久しぶりに38℃台の熱。1日37℃〜38℃。インフルエンザではなく、ホッ。熱が出ても汗はかかない、解熱も遅い。木曜日、ほぼ解熱。ようやく汗をかきはじめる。発熱は37℃前半くらいが1番辛く感じる。38℃になると、意外と平気?寝て養生すればいいのに、雑誌をペラペラと。これは今週読もうと借りてきていた本。月曜日、借りたそばからカフェに入り読...

  10. 読書開始しました。 - 静かに過ごす部屋

    読書開始しました。

    立町カヌレ最近 「カヌレ」 っというフランスの食べ物の名前を 小耳に挟んでいたので 気になっていたところ娘その1が 以心伝心というのでしょうか。持って帰ってくれたので ワタシもカヌレデヴュー(笑)感想としては外壁が少し固めですが食べるとクロワッサン生地のような触感で中身が生煮え?(←言い方はわるいのですが良くいうと「しっとり」)感あり一口レベルだったのでもう少し食べたいという気持ちです(笑)...

  11. 早いもので、今日は・・ - UNITY

    早いもので、今日は・・

    早いもので、今日は12/31。2018年も今日で終わりです。なんだか今年は、本当にあっという間の1年だった気がします。Christmas、ささやかなお祝いは出来ました。毎年この時期になると、来年のことを考えます。どんな1年にしたいのか、どんなことを頑張りたいのか、どんなことを楽しみたいのか、そういったいろんなことを。そして、今年1年どうだったのか、振り返るのが毎年恒例のわたしの行事です。今年...

  12. Linen and Threads  Mystery Sampler  ⑤ - いとの色

    Linen and Threads Mystery ...

    Linen and Threads Mystery Sampler 2019Part-2 February 昨日は 夕食後にSALのstitchが終わり30分ほどポツンと空いた時間にいつか読みたいと思ってそばに置いていた本をパラパラと家にいるとゆっくり座って本を読む時間は贅沢な時間だと感じます

  13. 『仇敵』池井戸潤 著 - B級グルメでいいじゃん!

    『仇敵』池井戸潤 著

    【画像をクリックすると拡大します】池井戸潤 著『架空通貨』を読み終えた主人公「辛島」は元大手商社マンで信用調査部にいがた自社のリストラ方針に嫌気がさし退職現在は私立高校の社会科教師をしてるある夜、副担任を務めるクラスの女子生徒「黒沢麻紀」が訪ねてきた翌日黒沢の父の会社が一回目の不渡りを出したので転校するという黒沢の家を訪ねた辛島は麻紀が会社を救うために、単身で田神亜鉛から押し付けられた社債7...

  14. たった、それだけ:宮下 奈都 - うららのゆるーい日常

    たった、それだけ:宮下 奈都

    何の予備知識もなく読み始めたのだけど、いきなり興味深い場面から始まった。会社内の女性社員同士の言い争い。女性たちは異例の若さで昇進した部長の愛人だった。その愛人の一人が部長の贈賄を告発し、出勤途中の部長にお金を渡し「逃げ切って」と言って逃亡させる。1話はそこで終わる。2話は全く違う場面から始まったので、短編集だったのかとちょっとがっかりしたのだけど、そうではなく失踪した望月正幸の妻の視点から...

  15. 樋口裕一「読ませるブログ」 - 湘南☆浪漫

    樋口裕一「読ませるブログ」

    真正面から見ない、っていうのは自分も気にしている部分。文章を書くときだけではなくね。

61 - 75 / 総件数:75 件

似ているタグ