論点のタグまとめ

論点」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには論点に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「論点」タグの記事(21)

  1.  著作 平成30年(ネ)10023号 ドキュメンタリ映画事件 - 裁判例と知財実務 GKブログ

    著作 平成30年(ネ)10023号 ドキュメンタリ映画事件

    ◆ドキュメンタリ映画でエンドクレジットに出所表示せず映像を利用したことが「引用」に該当するかが争点となった事件。該当せず。【著作権法32条、公正な慣行、権利濫用、48条1項1号】http://www.ip.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/950/087950_hanrei.pdf「(3) 引用の抗弁について(争点4関係) ア 控訴人は,本件映画において,本...

  2. 不競 平成29年(ネ)10083 無印良品vs.カインズ棚事件(2条1項1号、控訴審) - 裁判例と知財実務 GKブログ

    不競 平成29年(ネ)10083 無印良品vs.カイン...

    ◆カインズで販売されていた棚が、無印良品の棚に類似するとして差止めが認められた事件(不競法2条1項1号)。知財高裁でも原判決維持。【不正競争防止法2条1項1号、周知な商品等表示、商品の形態、混同、良品計画、棚、ユニットシェルフ、非デッドコピー(§2①3)、個々の形態がありふれているor形態の組合せ(まとまり)としてありふれている?、差止請求、訴訟、判決文】◆ 知財高裁 平成29年(ネ)100...

  3. 不競 平成13年(ネ)第5555号 バイエル事件(虚偽事実告知流布) - 裁判例と知財実務 GKブログ

    不競 平成13年(ネ)第5555号 バイエル事件(虚偽...

    ◆バイエルがソニーに対して特許権侵害等に関する警告書(書簡)を送った件につき不競法の虚偽事実告知流布に該当するか否かが争点となった事件。【虚偽事実告知流布、2条1項14号、2条1項15号、警告、侵害、権利行使の一環、取引先に対する信用毀損、競争優位に立つ目的、事実的法律的根拠を欠く警告、ソニー】http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/668/0...

  4. 特許 平成27年(ワ)22491号 マキサカルシトール事件(均等、損害賠償) - 裁判例と知財実務 GKブログ

    特許 平成27年(ワ)22491号 マキサカルシトール...

    ◆共有に係る特許権者の一方のみが損害賠償請求した場合に、請求できる範囲等が争点となった事件。均等侵害の場合の特§103の適用について等も。【 均等論、第5要件、意識的除外、シス体トランス体、医薬特許、ジェネリック、特許3310301、大学特許、独占的通常実施権者の積極的債権侵害、民709条、特103条】http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/0...

  5. 著作 昭51(ワ)2991 冷蔵倉庫設計図事件(設計図に表現された物の保護) - 裁判例と知財実務 GKブログ

    著作 昭51(ワ)2991 冷蔵倉庫設計図事件(設計図...

    ◆設計図に表された対象物の共通性をもって著作権侵害を問えるかが争点となった古い事件。侵害せず。【設計図の著作物、著作権、保護、類似、技術思想の共通性、図面表現の共通性、著作権法2条1項1号】(設計図著作権侵害の存否、被告の作成した乙設計図は甲設計図の複製か)「1被告Y2が昭和五〇年八月原告主張のとおり冷蔵倉庫に関する乙設計図を作成したこと(また、これに従つて建築された建物が別紙目録記載の被告...

  6. 特許 平成20年(行ケ)10433号 内燃機関の排ガス浄化方法(審査手続き、ちょっと古い) - 裁判例と知財実務 GKブログ

    特許 平成20年(行ケ)10433号 内燃機関の排ガス...

    ◆審査段階で示していなかった文献を追加して(周知技術)拒絶査定を打つことが、手続的瑕疵(§159②で準用する§50違反)に当たると判断された事件。【拒絶理由、進歩性、周知技術、刊行物、引例/引用例、新たに追加、最後の拒絶理由、一発拒絶査定、特許法159条、特許法50条、手続保障の観点、普遍的な原理/極めて常識的基礎的な事項、拒絶査定不服審判、審決取消訴訟】※図は参考http://www.co...

  7. 特許 【最判】平成28年(受)632号 シートカッター最高裁事件(平成29年7月10日) - 裁判例と知財実務 GKブログ

    特許 【最判】平成28年(受)632号 シートカッター...

    ◆事実審の口頭弁論終結時までに訂正の再抗弁をしていなかった(訂正請求/訂正審判不可のタイミング)が、その後、上告審の継続中に訂正審判が確定した場合に、その確定をもって事実審の判断を争えるか?が争点となった最高裁事件。http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/898/086898_hanrei.pdf【最高裁判例、訂正請求、訂正審判、特104条の3...

  8. 不競 平成28年(ワ)37209号 アロマテラピーサロンラフィーネ事件(2条1項1号) - 裁判例と知財実務 GKブログ

    不競 平成28年(ワ)37209号 アロマテラピーサロ...

    ◆北海道の一地域で営業していた原告のアロマテラピーサロンの営業表示と、全国展開している被告表示との間で、不競法2条1項1号の不正競争が問題となった事件。不正競争に該当せず。【周知表示混同惹起、不競法2条1項1号、周知性、需要者に広く認識、地域、帯広、全国、北海道、Raffine、マッサージ、店舗開設の具体的予定】http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei...

  9. ◆差止請求権に関する論点についてメモ(特許) - 裁判例と知財実務 GKブログ

    ◆差止請求権に関する論点についてメモ(特許)

    【特許法100条、差止請求権、大学、トロール、リガンド、最高裁判例、トロール、NPE、差し止め、不実施主体、請求適格】1. 条文・権利内容第100条 特許権者又は専用実施権者は、自己の特許権又は専用実施権を侵害する者又は侵害するおそれがある者に対し、その侵害の停止又は予防を請求することができる。2 特許権者又は専用実施権者は、前項の規定による請求をするに際し、侵害の行為を組成した物(物を生産...

  10. 意匠 平成28年(ワ)5104号 トイレタンクシート事件(意匠権侵害、虚偽事実告知) - 裁判例と知財実務 GKブログ

    意匠 平成28年(ワ)5104号 トイレタンクシート事...

    ◆トイレのタンクに取り付けて使用するシートに関し、意匠権侵害などが争点となった事件。意匠非類似・非侵害→ 販売店に対して侵害通知書を送っていた行為について、虚偽事実告知流布(不§2①15)に該当すると判断。【意匠、類否判断、基本的構成態様、アイディア、透明、模様付加、利用による侵害、不正競争防止法、2条1項15号、虚偽事実告知流布、権利行使の一環としての告知、非侵害と判断された場合の虚偽事実...

  11. 商標【最判】平成27年(受)1876号 EemaX(エマックス)事件 - 裁判例と知財実務 GKブログ

    商標【最判】平成27年(受)1876号 EemaX(エ...

    /追記 再掲/◆最高裁判決:除斥期間(商§47)の経過後の抗弁の主張が争点となった事件。除斥期間経過後は権利無効の抗弁(特§104の3)は原則不可、権利濫用の抗弁は可。【商標法47条、除斥期間、無効審判請求、4条1項10号、不正競争の目的、特許法104条の3の抗弁、権利濫用の抗弁、EemaX、エマックス事件、商標侵害訴訟、周知性、米国】http://www.courts.go.jp/app/...

  12. 特許 平成28年(ワ)7763号 ケーブル識別ラベル事件(均等論) - 裁判例と知財実務 GKブログ

    特許 平成28年(ワ)7763号 ケーブル識別ラベル事...

    ◆ケーブルに巻き付けるように貼り付けられるラベルの発明に関し均等侵害が争点となった事件。第3要件を満たさず、均等不成立。【特許権侵害訴訟、均等論、第3要件、容易想到、特許法29条2項の容易との異同、第3要件の「容易」と第4要件の「容易」、”当業者であれば誰も”、ミシン目≠切れ目】http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/801/086801_ha...

  13. ◆特許法29条の2について(拡大先願 発明者/出願人の同一性etc) - 裁判例と知財実務 GKブログ

    ◆特許法29条の2について(拡大先願 発明者/出願人の...

    ・拡大先願の規定について、いくつかの確認。【特許法29条の2、拡大された先願の地位、発明者同一、出願人同一、カッコ書き、但書き、完全同一、発明者変更、願書補正、方式審査便覧】1.条文および規定内容(1)特許法29条の2(2)典型的な適用例・出願Y…βが出願Xの明細書に開示されているので、§29の2で拒絶。・例外…出願人or発明者が同一であれば、§29の2では拒絶されない。2.語句の解釈&実務...

  14. 特許 平成27年(ワ)556号 切断装置事件(消尽etc) - 裁判例と知財実務 GKブログ

    特許 平成27年(ワ)556号 切断装置事件(消尽etc)

    ◆共有特許権者以外の者が特許製品を製造販売した場合に「消尽」が成立するか等が争点となった事件。消尽しない。【共有特許、特許法73条、自己の名義・計算による実施行為、消尽、103条、過失推定の覆滅事由、ふぐ刺身機】http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/725/086725_hanrei.pdf(共有の特許権消尽)「 ウ 争点(1)ア(ウ)(...

  15. ◆意匠の類否判断の具体的な手法 - 裁判例と知財実務 GKブログ

    ◆意匠の類否判断の具体的な手法

    **内容を少し追加して再掲(2017.4.20.)**【意匠法、類否判断、意§23、要部、基本的構成態様、具体的構成態様、要部において構成態様が共通するか、美感、凌駕、共通点・差異点の評価】◆意匠の類否判断の具体的な手法について(特許庁資料より)https://www.jpo.go.jp/shiryou/toushin/shingikai/pdf/isyou03/07.pdf(PDF)◆部分...

  16. 特許 【最判】平成28年(受)1242号 マキサカルシトール事件(均等第5要件) - 裁判例と知財実務 GKブログ

    特許 【最判】平成28年(受)1242号 マキサカルシ...

    ◆(最高裁判決)後発医薬メーカが行う製造方法が特許発明と均等であるとして特許権侵害が認められた大合議事件、均等成立。→最高裁判決、均等の第5要件について判断。【医薬、均等侵害、特§70、第1要件、第5要件、特別な事情、意識的除外、ボールスプライン最高裁判例、期間延長、マキサカルシトール、シス体、トランス体、中外製薬、オキサロール軟こう、ジェネリック、後発医薬品メーカー、製薬分野で初の均等侵害...

  17. 不競 平成26年(ワ)12570号 リサイクルトナーカートリッジ事件(品質誤認/商標) - 裁判例と知財実務 GKブログ

    不競 平成26年(ワ)12570号 リサイクルトナーカ...

    ◆リサイクルトナーについて不競法の品質誤認惹起と商標権侵害が問題となった事件。品質誤認惹起(不競§2①14)に該当し、商標権も侵害する。【品質誤認惹起、商標権侵害、不競法2条1項14号(2条1項13号)、リサイクルカートリッジ、RFIDのリセット、需要者混同のおそれ、打消し表示、詰め替え、商標の機能的侵害】http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp...

  18. 不競 平成25年(ワ)10425号 設計図データ流用事件 - 裁判例と知財実務 GKブログ

    不競 平成25年(ワ)10425号 設計図データ流用事件

    ◆設計図の無断取得/無断使用による不法行為が成立するか否か等が問題となった事件。【不法行為、民法709条、設計図、営業秘密、不正競争、虚偽告知、平成25年(ワ)第10428号、トレーラ】http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/609/086609_hanrei.pdf(規範)「8 争点4(不法行為(被告ビルドの設計図の流用)の成否),争点11...

  19. ◆商標 製品の外観の一部を商標登録している例(自動車のフロントグリル etc)と立体商標 - 裁判例と知財実務 GKブログ

    ◆商標 製品の外観の一部を商標登録している例(自動車の...

    ◆JeepやBMWの特徴的なフロントグリルは図形商標として登録されている。【製品、部品、特徴的外観、商標による保護、12類、フロントグリル、商標1806020、商標5040751、立体商標、立体的商標】1.外観の一部が商標登録されている例(1)自動車の外観の一部(2)その他 製品・靴底の例 (国際登録1291855/VIBRAM S.P.A)2.そもそも。。。 立体的商標について少しメモ(1...

  20. ◆平成28年度の特許庁調査研究報告書リンク(平成29年3月) - 裁判例と知財実務 GKブログ

    ◆平成28年度の特許庁調査研究報告書リンク(平成29年3月)

    【人工知能、AI、学習済モデル、プログラム等、保護対象、発明、ディープラーニング、3Dデータ、IoT、NPE、商標ライセンス、訴訟代理人費用】 • 大学をはじめとする公益に関する団体等を表示する商標のライセンスに関する調査研究報告書(PDF:1,425KB)大学を中心とした公益団体に係る商標の使用実態を調査するとともに、諸外国における制度及び商標のライセンス等の状況についての調査を通じて、我...

総件数:21 件

似ているタグ