谷中のタグまとめ

谷中」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには谷中に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「谷中」タグの記事(14)

  1. 『書き初めワークショップ』を2018年も開催します! - 筆耕アーティスト 道口久美子 BLOG

    『書き初めワークショップ』を2018年も開催します!

    毎年恒例の書き初めワークショップの開催が決定しました!書き初め用紙に2018年の抱負を書いて勢いをつけて気持ちよくスタートさせましょう!開催は2018年1月13日(土)14日(日)です。各回、定員6名ずつです。事前に各々抱負(書きたい言葉)をお知らせください。(予約時に思い浮かばない方は開催日の2日前までにお知らせください)書き初め用紙に入る程度の文字数でお考えください。おひとりずつにお手本...

  2. 11月19日(日)『お名前を綺麗に書きましょう!』を開催します - 筆耕アーティスト 道口久美子 BLOG

    11月19日(日)『お名前を綺麗に書きましょう!』を開...

    HOWHOUSE書道教室『お名前を綺麗に書きましょう!』を11月19日(日)に開催いたします。きれいに書けるポイントをお教えします。所要時間1時間半日時:2017年11月19日(日)時間:11:00~12:30定員:8名持ち物:筆ペン(推奨:ぺんてる中字)参加費:大人2500円 小中学生1500円(ドリンク付き)☆特典 方眼ノートをプレゼント(初参加の方全員)講師:筆耕アーティスト 道口久美...

  3. 壱拾ふわり(第一章最終話):谷中 松野屋 - 小説「下町レトロ散歩♪谷中の幽子さん」

    壱拾ふわり(第一章最終話):谷中 松野屋

     何やら、シュウさんはケンジくんの膝の上で男同士のお話をしているみたいなので、私はすぐご近所の「松野屋」さんにおじゃましています。 「松野屋」さんは、暮らしの道具…そう、日用品のお店。日用品といっても大量生産の物ではないんです。職人さんがつくる素朴な生活雑貨で、木とか藁とか布地とか自然な素材の物が多いの。金属だって、昔懐かしい感じの風合い。アルマイトの洗面器や金だらいなんて、見てると本当に欲...

  4. 鶯 谷 - ある地名の風景

    鶯 谷

    昔はこのあたりが谷で、鶯が泣いていたんだろうか。“うぐいすだに”なんて、どこからかあの鳴き声が聞こえてきそうな美しい地名だなぁと思う。 言問通りの跨線橋から鶯谷駅を望むと、上野の山裾を何本もの線路が走る。まるで山裾を流れる川・・そんな風景。上野の方が一段高くなっているのがよくわかる。谷と言えないこともないのだが。 しかし、このあたりに鶯谷という地名はない。駅名だけなのだ。実はこの地名、江戸時...

  5. 下町てぬぐい処『賞』(メデル)さんから限定マネキネコのお知らせです。 - 職人的雑貨研究所

    下町てぬぐい処『賞』(メデル)さんから限定マネキネコの...

    下町てぬぐい処『賞』(メデル)さんから限定マネキネコのお知らせです。東京谷中で、てぬぐいを販売されている『賞』(メデル)さんにて、この度新たに限定キャラが誕生しました!その名も『てぬねこ』。10/19(木)から販売開始します!数量は30個のみの先行納品となっておりますので、売り切れの際はご了承ください。(欠品次第、後日納入していく予定です)東京谷中は猫の町でも有名で、また下町風情を残す情緒あ...

  6. 九ふわり:夕焼けだんだん - 小説「下町レトロ散歩♪谷中の幽子さん」

    九ふわり:夕焼けだんだん

     よぉ、ケンジ。おまえ、なに黄昏れてんだ?「ああ、シュウさんか……。ここから見える夕焼けももう見納めなのかなって思ってさ……って、勝手にもう膝の上に乗ってるしっ!」 見納めって、どっか行くのか?「故郷(くに)に帰ろうかなぁって…まだ、ちょっと迷ってんだけどね」 おまえ、マンガ描いてるんじゃなかったっけ? ああ、マンガはどこでも描けるか。「まぁ、描けるね。でも、帰るということはマンガを捨てるっ...

  7. 10/29(日)HOWHOUSE書道教室『宛名書きをマスターしよう』開催します - 筆耕アーティスト 道口久美子 BLOG

    10/29(日)HOWHOUSE書道教室『宛名書きをマ...

    普段何気なく書いているあて名書き、綺麗に見えるコツをお教えします!講師は筆耕歴10年以上の経験を持っておりますので会社宛て、その他あて名書きに関する知識もお教えします。HOW HOUSE書道教室『宛名書きをマスターしよう』日時:2017年10月29日(日)時間:11:00~12:30定員:8名持ち物:筆ペン(ぺんてる中字推奨)方眼ノート(2回以降の方)参加費:大人2500円(ドリンク付き)☆...

  8. 二度目の谷中 和栗屋に行ったけど、モンブランはたべられなかった - ふつうの生活 ふつうのパラダイス♪

    二度目の谷中 和栗屋に行ったけど、モンブランはたべられ...

    前回行った時、入らなかった「和栗や」さんのモンブランが食べてみたくて、日曜日に旦那と、谷中にまた行きました。でも、今回、ものすごく混んでいて、ついた時には、長蛇の列、どう見積もっても、一時間以上はかかる。それでも頑張って並んでみたんだけれど、旦那は連日の残業、私はメール便の配達で、疲れていて、45分並んだところで、挫折しました。ふーーーーーーー。お店側も、もう少し何か対策をしてほしいものです...

  9. 七ふわり:あおぞら美粧院 - 小説「下町レトロ散歩♪谷中の幽子さん」

    七ふわり:あおぞら美粧院

     もうすっかり暮れてきちゃったけど、この看板見える? 素敵な美容院でしょ。「あおぞら美粧院」って名前も大好き……。 谷中銀座の看板アーチの下、夕焼けだんだんって階段近くにあるお店。外国には行ったことがないけれど、南フランスの田舎町にありそうな雰囲気かなって勝手に思っているの…ふふふ。 昼間に来ると爽やかな青空を思わせて可愛いお店。でも、私は暮れてきてからのお店の佇まいも好き。 お店の中から灯...

  10. 谷中散歩と加賀ゆびぬき - 黒猫屋のにくきゅう

    谷中散歩と加賀ゆびぬき

    きょうは加賀ゆびぬきの講師仲間とそのお友達の3人で谷中へ行きました。昭和なおせんべい屋さん、風情がありますね~お目当ては千駄木の箱義桐箱店できょうから始まった『加賀てまり&加賀ゆびぬき展』です。お店の中に入ると、大西先生がいらっしゃいました。公募展でお会いしたゆびぬき作家さんも交えて、先生とお話させていただきました。桐箱も買って、お店を後にしたら・・・近くで見つけたオシャレ~なカフェで腹ごし...

  11. 六ふわり:谷中霊園 - 小説「下町レトロ散歩♪谷中の幽子さん」

    六ふわり:谷中霊園

    「にゃーん」「ヤダ!かわいい〜♡インスタ映えする〜♪」「こっち向いて!やばーい!かわいいー♡」 オレはシュウ。谷中に居着いてかれこれ50年。いや、人間だった頃、初めて谷中に来たのが昭和32年だったからもう60年も谷中に住んでることになる。 え? 猫が50年も生きられるわけがないって? 知らねーよ、オレ現に生きてるもん。化け猫かもな、人間だった頃の記憶もあるし…。菜穂(なお)とずっと一緒にいる...

  12. 五ふわり:ひみつ堂 - 小説「下町レトロ散歩♪谷中の幽子さん」

    五ふわり:ひみつ堂

    「いやあ、幽子さんと一緒にかき氷を食べられるなんて嬉しいなぁ」 今日は「お散歩地図」の編集者ナベさんと「ひみつ堂」に来ています。 ひみつ堂って、整理券が配られるほどいつも大人気のかき氷専門店。ナベさんは二人分の整理券をもらってたんだけど、都合で同僚さんが帰っちゃったから困ってたらしいの。そこで偶然、お散歩してた私に声を掛けてくれたというわけ。(うふふ……私にとってもラッキーなお誘いです)「ナ...

  13. 参ふわり:蛍坂(三年坂) - 小説「下町レトロ散歩♪谷中の幽子さん」

    参ふわり:蛍坂(三年坂)

     東京には坂道が多いけれど、谷中の坂道はなんか情緒があって、私は好き。 その中でも「蛍坂」は、少しだけ特別。 「築地壁」をちょっと入って進むと、今はそこにただなんとなくある細い坂道は、「蛍坂」って立て札がなかったら全然わからない地味な所なの。 谷中の人たちは普通に行き交う生活道路……今はもう舗装もされてるから歩きやすい代わりにロマンのないアスファルトの道になっちゃってるわ。 でも江戸時代には...

  14. 9/24(日)『雁塔聖教序を書いてみよう』開催します - 筆耕アーティスト 道口久美子 BLOG

    9/24(日)『雁塔聖教序を書いてみよう』開催します

    筆ペンで褚遂良(ちょすいりょう)の雁塔聖教序(がんとうしょうぎょうじょ)を臨書(形などを見たままに書くこと)してみます。「楷書体でもこの特徴のある書体を書いてみたい」「臨書に興味がある」など、ご興味ある方はぜひ気軽にご参加ください。ワークショップスタイルの気軽なお教室なので、書道初心者の方でも大丈夫です☆HOW HOUSE書道教室 筆ペン編『雁塔聖教序を書いてみよう』日時:2017年9月24...

1 - 14 / 総件数:14 件

似ているタグ