谷川俊太郎のタグまとめ

谷川俊太郎」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには谷川俊太郎に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「谷川俊太郎」タグの記事(15)

  1. 始まりました - 山中現ブログ Gen Yamanaka

    始まりました

    谷川俊太郎の世界を描く -絵の内と外- 展が始まりました。7月13日まで開催しております。谷川俊太郎の世界を描く -絵の内と外- 2019年7月4日(木)~7月13日(土)

  2. 谷川俊太郎と虎屋の羊羹 - そらいろのパレット

    谷川俊太郎と虎屋の羊羹

    夫が図書館から借りて来た本がテーブルに積んである。背表紙にざっと目を通すと、おや谷川俊太郎なんか借りて来てる。ひと固まりの中からその本すなわち詩集『普通の人々』をひょいと抜き出して、夫より先に私が読み出してしまった。谷川俊太郎『普通の人々』スイッチ・パブリッシング2019年4月22日第一刷発行納められているほとんどがこの本のための書き下ろしだ。店の外にテーブルを出しているカフェなどがあると、...

  3. 谷川俊太郎の世界を描く - 山中現ブログ Gen Yamanaka

    谷川俊太郎の世界を描く

    谷川俊太郎の世界を描く -絵の内と外-2019年7月4日(木)~7月13日(土)12:00-18:00 (最終日16:30まで) (7日(日)17:00まで)(6(土)14:30~16:30はギャラリーコンサートのため画廊へ入れません)ギャラリーゴトウ〒104-0061東京都中央区銀座1-7-5銀座中央通りビル7F

  4. ソノジュウゴ - ちいさなあなぼこから

    ソノジュウゴ

    愛せないなら死んでしまいたい コンフェッシン・ザ・ブルース(ジェイ・マクシャン/ウォルター・ブラウン) 久々に「オレ」調でいこうかなと、「さて、俺は、、、、」などと構えていたんだが。 ふと、思った。 こんなふうに思考がよぎるときって、べつに「私」とか、「僕」とか、わざわざ主語付けて考えていないよね。 「俺ってさー、」などと始まるフレーズが頭の中で独り言することもある。けれど、それを観て...

  5. 万有引力とは… - 風の中で~

    万有引力とは…

    さて、お正月休み。怒涛の年末年始を乗り越え、自由になった身で何をしているかと言うと間近に迫った『墨彩画教室の作品発表会』の作品制作に追われている。今回は二枚出品する。一枚は提出済みで、もう一枚作成中。発表会は今月10日から。それまでに仕上げて、自分で裏打ち・額装して教室に持ち込む。毎度のことながら、何でこうギリギリまで動かないのかね⁉絵を描くこと自体は嫌いじゃないのだけれどね。まあ、頑張れ・...

  6. 朗読   1回目 - NPO法人オ〜マイダーリンの活動記録

    朗読 1回目

    10月より神保先生のサロンで朗読を楽しみましょうが始まりました。第1回は谷川俊太郎の朝のリレーを読みました。皆の意見や、先生のお話、谷川俊太郎の生い立ちなどを勉強しながら何度か朗読入していると色々な観点で詩を理解し考えるきっかけになりました。詩の話や色々な話をしながらおいしい手作りアップルパイや秋ナスの漬物コーヒーをいただき楽しい時間が過ぎていきました。次回は11月21日水曜日です。1時半か...

  7. 世界がぜんたい幸福に? - イーハトーブ・ガーデン

    世界がぜんたい幸福に?

    9月26日付けのA新聞の夕刊記事です。詩人谷川俊太郎の呟きが心に残りました。

  8. わたしのすきな 谷川俊太郎 絵本 - アセンス書店日記

    わたしのすきな 谷川俊太郎 絵本

    わたしのすきな 谷川俊太郎 絵本詩人と画家、詩人と絵本作家、詩人とイラストレーター文を書かれる谷川俊太郎と、絵を描く作家。文と絵、ふたりの相性や、意思の疎通、理解、情熱、いろんなタイミングが合う絵本ってスゴイ!!それらの ちょうどいいお湯加減になった時に出来上がった絵本は、何倍も大きな作品となるんだと思うのです。わたしの絵本の愉しみ方のひとつには、その科学反応を見ることです。わたしのすきな ...

  9. 谷川俊太郎展 - イーハトーブ・ガーデン

    谷川俊太郎展

    招待券をいただいたので覗いてみました。谷川俊太郎展です。今朝(1/29)の朝日新聞にも紹介記事がありましたね。ご高齢とは言え、現在活躍中の詩人の展覧会!?とは、何を見せるのかしら?と思いつつ…。その疑問に応えるかのように、入口に掲げられたご挨拶。ご自身の感想として「わたくしが死んだ後の展覧会という印象は否めない」と発言して、メディアの笑いを誘ったそうです。今回展示されている詩「自己紹介」をも...

  10. 冬ごもり - ナオの*毎日が宝石箱*

    冬ごもり

    大雪の翌日、偶然バイトも入れてなかったので冬ごもりしました。↑お隣の桜の木。私の写真でキレイなのが伝わるかなぁ。昼には、木の雪は無くなっていました。↑すき好きノート谷川俊太郎こないだ蔦屋書店で買っておいた本です。中に、自分で書きこむタイプのもの。左から開くと子供向け、右から開くと大人向けの質問が書いてあります。↑これは大人向けの質問。谷川俊太郎のコラムもあって、読み物としても面白いです。写真...

  11. 読書の秋・・・モフモフ。 - 青い海と空を追いかけて。

    読書の秋・・・モフモフ。

    もふもふ。知人の家ねこ。谷川俊太郎に何かを感じているのでしょうか・・・文学ねこ。2017秋撮影@熊本。EOS KISS X3

  12. そよかぜ墓場ダルシマー/谷川俊太郎 - mako nishitani 虚構と現実の詩のノート

    そよかぜ墓場ダルシマー/谷川俊太郎

    そよかぜ墓場ダルシマー騒がしい友達が帰った夜おそく食卓の上で何か書こうとして三十年あまり昔のある朝のことを思い出した違う家の違うテーブルでやはりぼくは「何か」を書いていた夏の間に知り合った女に宛てた「別れ」という題のそれは未練がましい手紙のようにいつまで書いてもきりがなかったそのときもラジオから音楽が流れていてその旋律を今でもぼくはおぼろげに覚えているそのときはそれでよかったぼくは若かったか...

  13. ■10月7日(土)@上野水上野外音楽堂 「ウエノ・ポエトリカン・ジャム5」志人出演決定です。 - Where`s  sibitt?

    ■10月7日(土)@上野水上野外音楽堂 「ウエノ・ポエ...

    ■10月7日(土)@上野水上野外音楽堂「ウエノ・ポエトリカン・ジャム5」谷川俊太郎松永天馬(アーバンギャルド)志人(降神/TempleATS)谷郁雄小林大吾狐火てあしくちびる etc...+オープンマイク#UPJ5UPJ5とは?来たる2017年10月7日(土)約8年の沈黙を破り、伝説のポエトリーイベントが奇跡の大復活!! ウエノ・ポエトリカン・ジャム(UPJ)とは2000年、ミュージシャン...

  14. 谷川俊太郎さんの『言葉』を書く - 書家KORINの墨遊びな日々ー書いたり描いたり

    谷川俊太郎さんの『言葉』を書く

    谷川俊太郎さんの詩を書いています。が、なかなか思うように書けず。。。心に突き刺さるというか、ジワジワっと想いと重みが広がっていく、そんな感じがしています。『言葉』(谷川俊太郎さんの詩)何もかも失って言葉まで失ったが言葉は壊れなかった流されなかったひとりひとりの心の底で言葉は発芽する瓦礫の下の大地から昔ながらの訛り走り書きの文字途切れがちな意味言い古された言葉が苦しみゆえに甦る哀しいゆえに深ま...

  15. にんげん - あるiBook G4ユーザによるブログ

    にんげん

    +成人の日に+人間とは常に人間になりつつある存在だかつて教えられたその言葉がしこりのように胸の奥に残っている成人とは人に成ることもしそうなら私たちはみな日々成人の日を生きている完全な人間はどこにもいない人間とは何かを知りつくしている者もいないだから問いかけるのだ人間とはいったい何かをそしてみな答えているのだその問いに毎日のささやかな行動で人々は人を傷つける人は人を慰める人は人を怖れ人は人を求...

総件数:15 件

似ているタグ