谷穹のタグまとめ

谷穹」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには谷穹に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「谷穹」タグの記事(9)

  1. 谷穹作・信楽壺 - やきものギャラリー文居 雑記

    谷穹作・信楽壺

     今回は谷穹作・信楽壺をご紹介させていただきます。全体的にカセた感じ火前は降灰による景色、火裏は信楽らしい綺麗な赤色をする。縦にスッと伸びた姿は全体をすっきりと見せ品性を感じさせる。また、掌に納まる不思議な感覚、酒器・湯呑・一輪挿、使い手が思い描くように使える楽しさがあります。谷穹作・信楽壺 径6.7cm 高さ7.5cm 箱なし 11,880円(税込) 谷 穹(TANI Q) 陶歴1977年...

  2. 谷穹作・信楽壺 - やきものギャラリー文居 雑記

    谷穹作・信楽壺

     今回は谷穹作・信楽壺をご紹介させていただきます。全体的にカセた感じに見受けられるが、火前は白く「しとっ」とした質感。掌に納まる不思議な感覚、酒器・湯呑・一輪挿、使い手が思い描くように使える楽しさがあります。谷穹作・信楽壺 径6.9cm 高さ7.2cm 箱なし 11,880円(税込) 谷穹(TANI Q) 陶歴1977年 滋賀県 信楽出身2000年 成安造形大学 立体造形クラス卒業2003年...

  3. 谷穹作・信楽蹲 - やきものギャラリー文居 雑記

    谷穹作・信楽蹲

     今回は谷穹作・信楽蹲をご紹介させていただきます。谷穹作・信楽蹲 径16.0cm 高さ17.2cm 86,400円(税込) 共箱谷 穹(たに きゅう) 陶歴1977年 滋賀県生まれ 祖父は谷清右衛門2007年 双胴式穴窯を築窯2012年 単室式穴窯築窯2015年 「LANDeSCAPE」ギャラリーパルク 個展2015年 「ロローロロ」京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA 個展2017年 「信...

  4. 谷穹作・黒茶碗 - やきものギャラリー文居 雑記

    谷穹作・黒茶碗

     今回は谷穹作・黒茶碗をご紹介させていただきます。谷穹作・黒茶碗 径11.1cm 高さ9.8cm 86,400円(税込) 共箱谷 穹(たに きゅう) 陶歴1977年 滋賀県生まれ 祖父は谷清右衛門2007年 双胴式穴窯を築窯2012年 単室式穴窯築窯2015年 「LANDeSCAPE」ギャラリーパルク 個展2015年 「ロローロロ」京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA 個展2017年 「信楽...

  5. 谷穹作・信楽茶碗 - 文居雑記

    谷穹作・信楽茶碗

     今回は谷穹作・信楽茶碗をご紹介させていただきます。谷穹作・信楽茶碗 径11.5cm 高さ9.1cm 64,800円(税込) 箱後日谷 穹(たに きゅう) 陶歴1977年 滋賀県生まれ 祖父は谷清右衛門2007年 双胴式穴窯を築窯2012年 単室式穴窯築窯2015年 「LANDeSCAPE」ギャラリーパルク 個展2015年 「ロローロロ」京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA 個展2017年 ...

  6. 見立て - g's style day by day ー京都嵐山から、季節を楽しむ日々をお届けしますー

    見立て

    谷穹さんの弥生建水と名付けられた器です。お茶道具の一つ、建水として作られたようですが、花入れとしても素敵そうなので、工房で選ばせて頂いた品です。谷さん自身もそう言われていました。お茶の世界でも「見立て」というのが行われ、利休さんの天才肌の見立ての才能が、お茶を面白くしている所がたくさんあるように思います。よく、お店でも「これは何に使うものですか?」と聞かれる事かありますが、使う人の感性で、器...

  7. 「信楽 谷穹展」 - 文居雑記

    「信楽 谷穹展」

     新春の候、冷え込みの厳しい毎日ですが皆様いかがお過ごしでございますでしょうか?お伺い申し上げます。 やきものギャラリー文居では1月13日(土)より本年最初の企画展「信楽 谷穹展」を開催いたします。13日(土)・14日(日)・21日(日)には谷穹さんに終日在廊いただきます。 今回の企画展では大壺・蹲・茶盌・壺を中心に作品を出品いただきました。この機会にぜひご高覧いただきたく思います。さて、こ...

  8. 谷穹さんの瓢型一輪 - g's style day by day ー京都嵐山から、季節を楽しむ日々をお届けしますー

    谷穹さんの瓢型一輪

    毎年、年末に新年用の青竹の花入れをいくつか作ることは、以前にもお話しましたね。なかでも一番楽しいのが、こちらの枝葉付きの花入れで、この次期ならではの1年に一度きりのお楽しみ。なので、いつもお別れがしのびなくもう一度生けてみました。お水につけておくと、結構、葉も持ちまだ青々と瑞々しいです。とるときは、なかなか枝ぶりまでわからないので、多めに持ち帰り、枝ぶりの程よい所を葉付けの花入れにします。前...

  9. 新春2日目、寿ぎの形 - g's style day by day ー京都嵐山から、季節を楽しむ日々をお届けしますー

    新春2日目、寿ぎの形

    新春2日目、いかがお過ごしですか? 今年はお天気にも恵まれた気持ちの良い年の始まりですね。ゆっくりと新しい気が流れるようなお正月の空気の中で、寿ぎの形を松と梅で生けてみました。清々しい若松の緑に白梅を添えるように、、谷穹さんの新作、蹲に。不老長寿、神の宿る木とされる松は、お正月には欠かせない花材。「日本」を象徴するような存在ですね。松を添えるだけで、「吉祥感」が自ずと表れます。器は、昨年末に...

1 - 9 / 総件数:9 件

似ているタグ