豊島将之のタグまとめ

豊島将之」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには豊島将之に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「豊島将之」タグの記事(22)

  1. 豊島将之二冠、A級順位戦5連勝! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    豊島将之二冠、A級順位戦5連勝!

    豊島ファンとしては実に気持ちの良い勝利である。これでA級でただ一人の5連勝である。相手は深浦康市九段。戦型は角換わりであるが、なんと言っても、羽生義治竜王から棋聖位を奪った玉底の「41飛」が出たとき、豊島ファンとしては体が震えるだろう。「玉飛接近すべからず」の格言に反するこの一手に羽生棋聖は感心したという、そう、あの一手である。しかも、飛車はその後81,また41、そして81となんと2往復する...

  2. 羽生善治と”AI世代” - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    羽生善治と”AI世代”

    20日に放映された「羽生善治と”AI世代”」 は、将棋界の絶対王者羽生竜王の素晴らしい考え方と、その羽生竜王を倒すにはどうあるべきかということがよく分かる番組である。番組は、佐藤天彦名人との今期名人戦、豊島将之八段(当時)との今期棋聖戦を中心に進むが、タイトルの”AI世代”にはあまり意識しない方がよい。結局は「AI」を離れたところで、絶対王者羽生を倒すからだ。羽生竜王の考え方が分かるのは次の...

  3. 大谷決勝アーチ、豊島棋聖二冠、日本ハムCS進出 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大谷決勝アーチ、豊島棋聖二冠、日本ハムCS進出

    エンゼルスの大谷翔平が今季22度目のマルチヒットを記録した。地元でのレンジャーズ戦、1本目は第2打席、無死2塁のチャンスで左腕からライト前にタイムリーヒットで1-1の同点に追いついた。そして2本目は8回裏、昨年まで同僚であったマーティンからレフトに決勝となる22号ホームランを放った。レフトフェンスの上部に当たってスタンドインしたもので大谷にしては珍しい1発であった。アリーグ新人王の声も聞こえ...

  4. 豊島棋聖、二冠達成! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    豊島棋聖、二冠達成!

    第59期王位戦は第七局までもつれ込み、挑戦者豊島将之棋聖が、菅井達也王位を破り王位を奪取した。これで棋聖位と合わせて二冠である。今、Abemaテレビで北浜健介八段による振り返り解説を聞いたが実に凄い。北浜八段は、居飛車・振り飛車の、共に頂点に立つ二人の「秘術を尽くした闘い」と称した。素人目に見ていても、豊島棋聖の終盤の攻めに圧倒される。豊島将棋はかつての「序盤中盤終盤隙がない」から、いまや隙...

  5. 大谷同点打、王位戦は7局目、そして韓国オープン - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大谷同点打、王位戦は7局目、そして韓国オープン

    右肘手術を発表したエンゼルスの大谷翔平が地元でのレンジャーズ戦に4番DHで先発出場した。第1、第2打席ともチャンスの場面で登場しいい当たりではったが凡打となってしまった。そして6回に同点のチャンスで打席にたった大谷は左腕投手からバットを折りながらの同点打を放ってチームの勝利に貢献した。試合後のインタビューで手術について次のように語っている。やらないという方向も含めて、いろんなプランを提案して...

  6. 大谷マルチ安打、豊島棋聖五分で最終局へ、ジャパンオープン開幕 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大谷マルチ安打、豊島棋聖五分で最終局へ、ジャパンオープン開幕

    エンゼルスの大谷翔平が苦手であった左腕投手を攻略した。レンジャーズ戦に5番・DHで出場した大谷翔平、レンジャーズの先発は左腕のマイナー、前回の対戦で一発を打った投手であった。第1打席こそ三振に打ち取られてしまったが、第2打席は右中間にヒットをはなった。野手の間は抜けなかったが快速を乏して2塁打とし、一死後三盗に成功しタイムリーで反撃の1点をあげた。そしてチャンスでむかえた7回の第4打席、変則...

  7. 全米オープン開幕、王位戦は第5局、トップリーグ明日開幕 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    全米オープン開幕、王位戦は第5局、トップリーグ明日開幕

    テニスの全米オープンがはじまった。錦織圭は、世界ランキング50位のマルテレルに6-2、6-2、6-3のストレートで勝利した。試合を振り返って錦織は「今日はほとんど完璧な内容だった。大満足。読みも当たっていて、ゾーンに入っているようなプレーができた」と語った。2回戦は難敵のモンフィスである。この試合の出来をもってすれば2回戦突破も問題ないように思えるが果たしてどうであろうか。一方の女子、大坂な...

  8. 王位戦第4局、アジア大会、そして宮台初登板 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    王位戦第4局、アジア大会、そして宮台初登板

    将棋の王位戦第4局が行われた。1勝2敗の豊島将之棋聖、この1局に敗れるとカド番となってしまう。どんな将棋を指してくれるか注目していた。将棋は1日目中盤以降で有利に将棋を進めていた豊島棋聖が2日目にはいっても落ち着いた指しまわしでリードを守って119手で菅井竜也王位に勝利し2勝2敗の五分とした。今回の王位戦、これまで4局行われたがいずれも先手番の棋士が勝利している。この流れが続くと第5局は菅井...

  9. 群雄割拠の将棋界 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    群雄割拠の将棋界

    将棋界は8つのタイトル戦があるが、その8つのタイトルホルダーがすべて別の棋士が保有している。このことは31年ぶりのことだそうで、将棋界も群雄割拠の時代に突入してかのように思える。今までは羽生善治竜王が二冠以上を保持していた時代が長かったが、その羽生竜王が棋聖位を豊島将之八段に奪取されてしまった。タイトル100期獲得まであと1つと迫っている羽生竜王であるが、このまま99期で終わってしまうことも...

  10. 豊島棋聖勝つ! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    豊島棋聖勝つ!

    将棋の第59期王位戦七番勝負の第2局が24、25の両日、神戸市で指され、挑戦者で先手の豊島将之棋聖が105手で菅井竜也王位に勝利した。戦型は、菅井王位が向飛車銀冠、挑戦者豊島棋聖が居飛車穴熊である。二日目早々に、菅井王位の角成を許しつつ、飛車を切って、金銀2枚替えに持っていくのが見ていて痛快である。その後も豊島棋聖の攻めが気持ちよく、見事に快勝した。実に強い!これで対戦成績は1勝1敗である....

  11. タイトル100期ならず、将棋界は8人の王者 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    タイトル100期ならず、将棋界は8人の王者

    将棋の第69期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の第5局が開催された。羽生善治棋聖の通算100期目のタイトル獲得がなるか注目の対局であった。豊島将之八段にしても5度目のタイトル挑戦であり、なんとしても初タイトル獲得と思っていたはずである。将棋は豊島八段が若干リードする状況ですすんだがリードもごくわずかで羽生棋聖にとって逆転のチャンスはおおいにある展開であった。その中で豊島八段は最善手を繰り出して1...

  12. 初タイトル!おめでとう! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    初タイトル!おめでとう!

    羽生善治棋聖に豊島将之八段が挑戦していた第89期棋聖戦五番勝負の最終局で、豊島八段が見事に勝利し、棋聖位を奪取した。豊島八段の初タイトルである。応援してきたファンの一人としては率直に嬉しい。若くから将来の名人と嘱望され、その実力通りに勝ち進んできたが、その強さに比して「あと一歩」と思うことも少なからずあった。ソフトに勝利した直後、豊島七段(当時)にインタビューする機会を得たが、そのとき彼は力...

  13. 第59期王位戦始まる! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    第59期王位戦始まる!

    将棋連盟アプリの解説は次の言葉で始まっている。<平成、最後の夏。平成生まれ同士のタイトル戦が、初めて実現した>菅井竜也王位に挑む豊島将之八段。元号を使うのは別としても、フレッシュな対決を表わすキャッチフレーズではあろう。ともに実力者でわくわくさせる。昨年の、佐藤天彦名人対稲葉陽八段の名人対決など、若手実力者同士の対決が続くと未来に向けての期待が膨らむ。そして本局は、20代同士のタイトル戦とい...

  14. 豊島八段、棋聖位まであと1勝! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    豊島八段、棋聖位まであと1勝!

    羽生善治棋聖に豊島将之八段が挑戦する第89期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の第3局が6月30日に行われ、豊島八段が145手で羽生棋聖に勝ち2勝1敗として、タイトル奪取に王手をかけた。前局が豊島八段らしからぬ予期せぬ逆転負けであったので、本局も終盤はらはらしたものの豊島八段が制した。この対局、なんといっても驚いたのは後手番羽生棋聖が4手目に袖飛車を採用したことだろう。対局終了後の共同インタビュー...

  15. 夢落ちか! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    夢落ちか!

    悪夢を見るような大逆転負けに、ニコ生の聞き手千葉涼子女流四段の漏らした言葉である。「夢」落ちか!17日関東からの帰路、車中でニコ生タイムシフトにより16日の対局を見る。棋聖戦5番勝負第二局、羽生善治棋聖に挑戦している豊島将之八段からみて一勝で迎えた第二局であり、豊島八段が連勝すれば一気にタイトルが近づく!そして現に対局は豊島八段優勢で推移していた。ソフトの数字もそのことを示す。普通に行けば豊...

  16. A級順位戦開幕戦を制す! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    A級順位戦開幕戦を制す!

    76期名人戦は大詰めだが、来期の名人戦挑戦者を決めるA級順位戦が始まった。開幕局は、稲葉陽八段対豊島将之八段!いやあ開幕局にふさわしい若手超実力者同士の屈指の好カードである。というか、関西の棋士を応援しているものとしては実にもったいないカードともいえる。二人は若いころからのライバル。互いに手の内は知っている。そして戦型は互いに得意とする「横歩取り」このブログで何度も書いたが「横歩取り」ほど(...

  17. 棋聖戦、豊島八段先勝! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    棋聖戦、豊島八段先勝!

    本日始まった棋聖戦、豊島将之八段が見事に勝利した。実に強い!羽生善治棋聖に挑戦する五番勝負初戦の勝利である。abemaTVの「初手からの振り返り」で山崎隆之八段の解説がいい。終盤、豊島八段が優勢であるも、羽生棋聖は勝負手を放つ。そういうときに「これは一見『詰めろ』に見えますがそうでない」とか「有段者の方はこう攻めればいいと思われるかもしれませんが実はこのときにこういう切り返しがあるのですね」...

  18. 豊島八段!王位戦挑戦! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    豊島八段!王位戦挑戦!

    4日、王位戦挑戦者を決めるリーグ戦の、白組覇者豊島八段と、紅組の覇者羽生竜王との挑戦者決定戦が本日行われたが、豊島八段が勝利した。角交換腰掛け銀!終盤どちらか勝つか分からないスリリングな展開であるが見事に豊島八段が制した。これで王位戦の挑戦者である。豊島八段は6月6日から羽生棋聖と棋聖戦で戦うが、並行して同時に王位戦で菅井王位と闘う。(羽生竜王も名人戦と棋聖戦を並行して闘うわけであるが…。)...

  19. 豊島八段のデジャブ現象! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    豊島八段のデジャブ現象!

    豊島将之八段は、昨夏以来レーティング一位の最強棋士である。贔屓目でなく強い。早晩タイトルを取るだろう。6月6日から、羽生善治棋聖に挑戦する棋聖戦が始まる。そして5月30日、王位戦白組プレイオフで豊島八段は澤田真吾六段に勝利し、紅組の覇者羽生竜王と挑戦者決定戦を戦うことになった。それが、6月4日である。つまり、羽生竜王と豊島八段は棋聖戦で戦うが、同時に王位戦挑戦者をかけても戦うのである。これは...

  20. 名人戦の挑戦者は羽生竜王! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    名人戦の挑戦者は羽生竜王!

    佐藤天彦名人への挑戦権を決めるA級順位戦で、前代未聞の六者プレイオフとなった。パラマス方式なので順位最下位の豊島八段は五連勝しなければならず、最上位の稲葉八段は最終戦に迎え撃つだけでよい。そういう状況下で、豊島八段は三連勝したものの、四回戦で羽生竜王に敗れ、そして21日最終局は、その羽生竜王対稲葉八段の決勝戦となった。相がかりで序盤から慎重に駒組が進むが、Abemaとニコ生の両解説がアマチュ...

総件数:22 件

似ているタグ