豊島将之のタグまとめ

豊島将之」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには豊島将之に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「豊島将之」タグの記事(229)

  1. 頑張ったヨカヨカ、竜王戦第3局勝負の2日目 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    頑張ったヨカヨカ、竜王戦第3局勝負の2日目

    競馬の2歳重賞ファンタジーSが行われた。九州産の星といわれるヨカヨカがどんな走りをするか注目であった。2番人気に支持されたヨカヨカはスタートは過去3戦に比べていいとはいえず、伸び上がるような形でやや遅れてしまったが、道中は焦らず好位集団の後ろでじっと我慢する競馬で最後の直線をむかえた。外に持ち出し、必死でトップのメイケイエールを追ったが、最後は坂で苦しくなってしまった。それでも5着は確保した...

  2. 野村佑希3試合連続打点、今日から竜王戦第3局 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    野村佑希3試合連続打点、今日から竜王戦第3局

    日本ハムの野村佑希が昨日のオリックス戦で初めてクリーンアップの一角となる5番サードで先発出場した。先制点を奪い一死1、2塁で打席にたった野村はレフトへタイムリーを放って2点目をチームにもたらした。2打席目の3回も安打を放ってマルチ安打を記録すると、2-3と逆転されてむかえた5回、一死1、3塁と同点のチャンスで3打席連続となるタイムリーで3-3の同点に追いついた。猛打賞は初体験、試合に出場する...

  3. LOOKを買いに! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    LOOKを買いに!

    叡王戦の新たなスポンサーが発表された。ニコ生のドワンゴが撤退し、新たに不二家がメインのスポンサー、特別協賛がSBI証券である。例年なら始まっている段位別予選が全く行われていないことからネット上、存続も危ぶまれていたが、無事に継承され将棋ファンとして嬉しい。不二家と言えば、藤井聡太二冠がデビュー後、連勝を重ねているとき、彼が対局中、不二家の「LOOK」を口にしたことから話題となった。海外にも発...

  4. 羽生九段1勝、日本ハムのドラフト1位候補 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    羽生九段1勝、日本ハムのドラフト1位候補

    将棋の第33期竜王戦七番勝負第2局が行われた。第1局を失っている挑戦者の羽生善治九段にとっては連敗は避けたいところであり、豊島将之二冠としては連勝して初防衛に邁進したいところである。角換わりですすんだ第2局は後手番の羽生九段が若干有利と思えるとことで1日目を終了した。勝負の2日目となり、午前中から駒がぶつかる激しい将棋となった。その中、羽生九段は徐々にリードを拡げていき、豊島二冠に粘りをださ...

  5. MLBプレイオフ、福永100勝、奥原決勝進出 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    MLBプレイオフ、福永100勝、奥原決勝進出

    MLBリーグ優勝決定戦が白熱してきた。アリーグはレイズが3連勝し、リーグ優勝に王手をかけながら足踏み状態で昨日もアストロズに逆転負けを喫してしまった。逆王手をかけたアストロズ、実力はNo.1といわれているだけにレッドソックス以来となるリーグ優勝決定戦での3連敗からの4連勝なるか注目である。そしてナリーグもブレーブスが王手をかけた第4戦でドジャーズが逆転勝利をおさめて2勝目をあげた。そして現在...

  6. 豊島竜王強し!! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    豊島竜王強し!!

    昨日(10月15日)王将戦リーグで豊島将之竜王(叡王)対広瀬章人八段戦がおこなわれた。ともに負け無しゆえ重要な一局である。夕刻、事務所を出るときに戦況を見ると持将棋模様で、しかも豊島竜王の大駒は1枚。いささかガックシしながら、事務所をいったん出て、再び事務所に戻って将棋プレミアムにアクセスすると、いやあ何と、持将棋が成立している!将プレのコメントを見ると「豊島竜王執念」の文字が出ているから、...

  7. 有原完封勝ち、グランパス連勝、豊島二冠先勝 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    有原完封勝ち、グランパス連勝、豊島二冠先勝

    将棋の第33期竜王戦七番勝負第1局が行われた。豊島将之二冠と羽生善治九段の対局は2日目朝から早くも終盤戦に突入しそうな勢いであった。封じ手後に羽生九段が指した角成りが緩手だったようでこの手を境に一気に流れは豊島二冠に傾き、豊島二冠があっという間にリードを拡げていった。わずか52手の短手数で羽生九段が投了し、豊島二冠が先勝した竜王戦七番勝負第1局であったが、なかなか見ごたえのある一局であったよ...

  8. 豊島二冠、復活! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    豊島二冠、復活!

    まずは先勝である。竜王戦七番勝負第1局が10月9、10日に、恒例の「セルリアンタワー能楽堂」で行われた。なんと言っても、50歳となりそしてタイトル通算100期の大記録を目指す羽生善治九段が挑戦者ゆえ注目される。迎え撃つ豊島将之竜王(叡王)は実力があり、タイトルを奪取しながらも不思議と防衛が出来ない。豊島ファンとしては何としてもそのジンクスは破ってほしい。さて注目の第1局。先手羽生九段の矢倉を...

  9. MLBプレイオフ、熱戦竜王戦、杉浦乱調 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    MLBプレイオフ、熱戦竜王戦、杉浦乱調

    MLBの地区優勝決定戦が行われている。アリーグはアストロズが3勝目をあげて4年連続でリーグ優勝決定戦進出を決めた。この試合もアスレチックスに先制されてしまった(しかも3ランで3点!)。しかしすぐに2ランで1点差に追い上げるとこのシリーズ好調のコレアが逆転の3ランを放って一気に逆転し、流れをアストロズに引き寄せた。その後1点差に迫られたものの流れをアスレチックスに渡さず、6、7回にも追加点をあ...

  10. いよいよ開幕竜王戦、WRC第6戦シェイクダウン - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    いよいよ開幕竜王戦、WRC第6戦シェイクダウン

    将棋の第33期竜王戦七番勝負第1局がはじまる。開幕局は昨年同様、、東京都渋谷区「セルリアンタワー能楽堂」にて行われるが天候も昨年同様に台風に襲われそうな按配である。今季の竜王戦七番勝負は非常に注目が集まっている。それは挑戦者の羽生善治九段の通算100期目のタイトル獲得が成るかの一点である。一方の豊島将之二冠の初防衛がなるかもやはり注目である。豊島二冠、いまだにタイトルを防衛したことがない。一...

  11. NFL第4週、藤井二冠6連敗 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    NFL第4週、藤井二冠6連敗

    ペイトリオッツのQBニュートンがコロナウィルス検査で陽性となり、試合出場が不可能になってしまった。開催される予定だったペイトリオッツ対チーフス戦は中止となり、MNFとしての開催が決まった。ペイトリオッツにしてみれば、今後3試合はニュートン抜きでの試合が余儀なくされるのでその打撃は大きそうである。さて初白星をあげたドルフィンズは地元でシーホークスと対戦した。NFCの優勝候補と目されるチームにど...

  12. 豊島竜王強し! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    豊島竜王強し!

    10月5日は注目の王将リーグ戦であった。藤井聡太二冠が年度内三冠を実現するには、その可能性のあるタイトルは王将位のみである。そして開幕カードを落とした(対羽生善治九段)藤井二冠としてはこれ以上落とせない。一方、5日の対局相手は豊島将之二冠(竜王、叡王)。公式戦で複数回対局して唯一、勝利を挙げることが出来ていない相手である。豊島二冠からすれば、藤井二冠に5戦全勝。その注目の対局。先手豊島二冠、...

  13. 敗れてもニュースに - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    敗れてもニュースに

    藤井聡太二冠(王位・棋聖)は22日、第70期王将戦挑戦者決定リーグの開幕戦で羽生善治九段に敗れ、黒星でのスタートとなった。開幕戦を、羽生九段対藤井二冠という黄金カードをもってきたところが素晴らしい。2020年度、藤井二冠がタイトル戦に出場する可能性が残るのはこの王将戦のみであること、そしてともに中学生棋士たる「天才対決」であることが否が応でも注目度を増す。しかも、羽生九段からすれば、対藤井戦...

  14. 豊島竜王、再び二冠! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    豊島竜王、再び二冠!

    第5期叡王戦7番勝負は21日に第9局を行い、挑戦者の豊島将之竜王が永瀬拓矢叡王を111手で下し、シリーズ通算成績を4勝3敗2持将棋1千日手の実質10番勝負を制し初の叡王位を獲得した。全9局で計1418手は、それまでのタイトル戦長手数記録が、中原誠名人対加藤一二三九段の名人戦1230手であったが、はるかに上回る。また、藤井聡太二冠が新記録を達成する度に、それまでの多くの記録を加藤九段がもってい...

  15. NFL第2週、豊島竜王が叡王奪取、王将戦挑決リーグ開幕 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    NFL第2週、豊島竜王が叡王奪取、王将戦挑決リーグ開幕

    NFL第2週が行われた。ドルフィンズは地元で同地区のビルズ戦であった。同地区対決で連敗は避けたいドルフィンズであったがビルズに先行されてしまう苦しい試合展開となってしまった。それでもQBフィッツパトリックを中心に攻撃陣が機能しだして第3Qに1FGをかえして13-17とすると第4QにTDを奪って20-17と逆転に成功した。しかしビルズのオフェンスをドルフィンズのディフェンスが止めることができず...

  16. 挑戦者、羽生九段! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    挑戦者、羽生九段!

    いやあ、冒頭の3手だけで将棋ファンは体が震えるだろう。竜王戦挑戦者決定三番勝負最終局、羽生善治九段と丸山忠久九段の対局が9月19日に行われた。勝者が豊島将之竜王への挑戦権を得る。羽生九段の「100タイトル」もかかっている。その注目の出だし。振り駒で先手となった羽生九段が76歩、次いで丸山九段が34歩、そして羽生九段は「予想通り」の26歩!!この3手で将棋ファンなら体が震えるだろう。何せ、丸山...

  17. NFL第1週、首の皮、豊島竜王惜敗 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    NFL第1週、首の皮、豊島竜王惜敗

    NFL2020年シーズン、第1週のMNFが終わり、第1週すべての試合が終了した。昨年プレイオフに進出し、旋風を巻き起こしたタイタンズ、すっかりエースQBの風格もでてきたタネヒルが先発QBであった。ブロンコス相手にどんな試合をしてくれるのか注目であった。第1Qはお互いパントの蹴りあいとなったが、終了直前にブロンコスが先制TDをあげ、リードを奪った。第2QにはいるとタイタンズもTDを奪い返し同点...

  18. 藤井二冠5連敗、大坂2度目の優勝 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    藤井二冠5連敗、大坂2度目の優勝

    将棋の第41回将棋日本シリーズJTプロ公式戦の2回戦が行われた。豊島将之竜王と藤井聡太二冠の対局であった。先手番となった藤井二冠、戦型は横歩取りとなり序盤から駒がぶつかりあう激しい将棋となった。中盤以降は豊島竜王がうまく指しまわして有利に対局をすすめ、藤井二冠も終盤に反撃し、一時期は優勢となったが有利な状況を活かすことができずに108手で投了した。これで豊島竜王には5連敗となってしまった。ど...

  19. まるで劇画のように… - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    まるで劇画のように…

    まるで劇画の主人公のように快進撃を続ける最年少天才棋士藤井聡太二冠であるが、昨日行われた第41回将棋日本シリーズJTプロ公式戦2回戦で豊島将之竜王に先手で敗れた。これで藤井二冠は豊島竜王に対して公式戦5戦全敗である。将棋界のタイトルホルダーは現在、この両者に加え渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠の4名であるが、藤井二冠はこの渡辺三冠には4勝1敗、永瀬二冠には2戦全勝、ちなみにレジェンド羽生善治九段には...

  20. エンゼルス5連勝、福永リーディング、豊島逆王手、タナック優勝 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    エンゼルス5連勝、福永リーディング、豊島逆王手、タナック優勝

    来季を見据えた戦力補強に動き出したと思われたエンゼルスだが、なんと今季初の5連勝である。特に昨日のアストロズ戦のダブルヘッダーが見事な勝利であった。第1試合、初回に大谷翔平のタイムリーで先制したものの、すぐに同点に追いつかれ、3回に3点を取られて逆転されてしまった。しかしエンゼルス、トラウトの300号本塁打などで4-4と追いついた。試合は一進一退の展開となり、アストロズが7回(ダブルヘッダー...

総件数:229 件

似ているタグ