豪徳寺のタグまとめ

豪徳寺」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには豪徳寺に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「豪徳寺」タグの記事(64)

  1. 日曜日 - マイニチ★コバッケン

    日曜日

    昨日今日はせたがや区民祭りですが、あまりに暑くて今年はパス!今朝は暑くなる前に、ちょっくら豪徳寺まで。ヒロシ君が見上げているのは三重塔、ところどころに猫がいるんですよ。朝から観光客が次々とやってきて、招き猫やら御朱印やら、豪徳寺も随分メジャーになりましたね。いやはや、外国人が御朱印巡りしているだなんてね。只今、豪徳寺の境内は工事中ですが、藤の花が見頃です。お昼ごはんは冷やしほうとうです。ジャ...

  2. 雨の豪徳寺 - マイニチ★コバッケン

    雨の豪徳寺

    小雨降る中、土曜日のお散歩。今朝は豪徳寺まで。しっとりした境内。濡れた紅葉の緑が美しい。三重塔に猫を探しながら・・・こちらは有名な招き猫。今日の目的はコチラでお買い物。おみくじ引いたら大吉でした!(ヒロシ君は吉)御不浄横の販売機も招き猫。と来たら、もれなく帰り道に猫電と遭遇。さすが、俺様パワースポットのヒロシ君です。(H子)

  3. 招き猫がいっぱい!豪徳寺 - 猫の部屋

    招き猫がいっぱい!豪徳寺

    豪徳寺東京都世田谷区招き猫がいっぱ~い♡豪徳寺は招き猫の発祥の地らしいです。圧巻です♡ฅ(ФωФ)奉納された招き猫たちがズラリฅ(ФωФ)ฅ(ФωФ)ฅ(ФωФ)写真にはありませんが招猫殿も参拝もしてきましたよ。招福観音様が招き猫に囲まれているからお堂の中を覗いてみてね。おみくじ大吉*舞い上がっていたのか御朱印を戴いてくるのを忘れてしまいました…もう一度おいでって呼んでるのね^^ブレブレです...

  4. 新緑 - memory

    新緑

    「平成最後の」を付ければ何もかも「今っぽい」と、この時期限定の浮かれ様が居心地を微妙なものにする。東京地方の今日は「平成最後の」布団干し日和らしい。令和になったらなったで煽りまくりのお祭り騒ぎになるだろうし、連休はヒキコモリになろうかと。どちらにしても腎不全の婆さん猫の為に(自宅で)1日おきにソルラクトの輸液と、1日に2回のラプロス錠投与をしなければいけないのでしばらくは出掛けるにしても電車...

  5. 春の陽射しに石仏もうらうらと - memory

    春の陽射しに石仏もうらうらと

    大谿山豪徳寺(だいけいざんごうとくじ)歴史は古く、近くの世田谷城(中世は武蔵吉良氏の城、現在は土塁のみ)の一部に庵をむすんだのが最初。(豪徳寺の隣にある勝光院も開基が吉良氏、赤穂浪士の高家・吉良氏は一族)秀吉の小田原攻めの時に廃城となったが、寛永10年(1633年)に井伊直孝が彦根藩井伊氏の菩提寺とした。井伊直孝は豪徳寺中興の祖とされている、、、、ってこの殿様が鷹狩りの途中に猫に招かれて命拾...

  6. 人招き - memory

    人招き

    招き猫発祥の寺(の一つ)とされる豪徳寺外国メディアが取材しているのを、たまに見かける。こんなのチャッチャと撮ってしまうのかと思ったらレポーター(或いはモデル?)込みの場合は特に時間がかかるようで・・・外国語の絵馬も随分増えた。少し表情が違うのも可愛がられていた?あれ?人招きじゃなく金招き(豪徳寺は井伊家の江戸菩提寺なので右手を挙げた人招き)打ち合わせ中?ふぅ・・・

  7. ミツバツツジ - memory

    ミツバツツジ

    このツツジは新しい園芸品種かと思っていた。Wikipediaなどで見ると関東地方から近畿地方東部の太平洋側で痩せ尾根や里山の雑木林に咲く、らしい。しかも盗掘被害に遭っているとか。花泥棒に罪は無いなんてノタマウ輩はいるんだが、とんだスットコドッコイだ#人を花に例えたりするけれど「ツツジのような人」ってひょっとして腐してる?ココロは「咲き終わってもいつまでもへばりついている(諦めが悪い)」・・・...

  8. 胴吹きの花 - memory

    胴吹きの花

    幹の途中から出る桜の花や小枝を胴吹きと言うらしい。根が弱って高い枝の先まで維持できなくなり、それでも生き延びようと水分や栄養の届く範囲に花を咲かせること。染井吉野でよく見かけるので、やはり種としての寿命が来ているのだろうか。幹の苔に着地した花一輪

  9. map - memory

    map

    Google map の写真から野中の一軒家を探して行ってみるなんてバラエティがあったが(今もある?)この苔を見ていたらこの中にポツンと人工物があるような気がしてきた。木が古びて勢いが無くなってくると苔やら生えてくるし、キノコが生えてきたらもう枯れ始めているのかも。庭の一隅にある柿の木はコゲラが苔を掘り返して(?)下にいるであろう虫を探したりする。

  10. 春になる - memory

    春になる

    山の桜里山の桜田畑の一本桜町の桜都会の桜墓地の桜・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・普段何気なく通っている住宅街の路地でもある日小さな庭の塀から桜がこぼれるように咲いてココニイルヨと微笑みかける春になるそれだけで嬉しかったりする・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ひっそりと咲く墓地の桜が好きだったりするとある寺の裏手にある小さな丘に植えられた花の下でのんびりと過ごす訪れる人もまばらな...

  11. 枝垂れる - memory

    枝垂れる

    豪徳寺の枝垂れ桜は、元々あった古い木は開花が遅め。やや弱ってきたのかもしれない。何本か新しく植えているので枝垂れ桜も代替わりになるだろうと。招き猫で有名な為か、外国人の訪問者も多いのだけど桜の枝をぶっ千切って髪に挿したり顔の傍に寄せたりホントにやり放題な人たちも。(たまに日本人と思われる人も・・・ちっとも映え(バエ)てないよっ#)手の届く枝垂れ桜は可哀想。先ず花を撮って、次に顔を撮ると「花フ...

  12. きのかたち - memory

    きのかたち

    その昔、美術の教師が葉の無い季節の樹の形をスケッチするよう指導していたのを思い出す。先生、お元気ですか。

  13. まったり(爬虫類注意) - memory

    まったり(爬虫類注意)

    うららかな陽射しにカナヘビもまったり目を開けたり閉じたりしながら体を温めていた

  14. 染井吉野 - memory

    染井吉野

    ソメイヨシノは種としての寿命が近づいていてそれに代わる桜の品種をどうするか(一部では)話題になっているらしい。クローンだからこそ同じ条件で開花予想などできるわけで寿命云々は、要するにある時期に一斉に植えられたと言うこと。以前も書いたが、戦争末期に花見などで浮かれるのはよくない!などと主導したある意味、忖度まみれのドアホが桜の伐採に走った、そんな時代を繰り返さないために戦後になって植えていった...

  15. 朝、雨が降ったのです - memory

    朝、雨が降ったのです

    牡丹が咲くまであと少し桜は沢山撮っているのですが、、、

  16. 吹雪 - memory

    吹雪

    一瞬だけ風景が見えなくなるほど花が舞い散った。桜吹雪と名付けた先人の感性がストン、とココロの中に落ちてくる。

  17. 豪徳寺のパン屋さん - ミニチュアブルテリア ダージと一緒3

    豪徳寺のパン屋さん

    税務署に行ったついでに豪徳寺の商店街をブラブラ。たまたま通りかかったパン屋さん墨繪(すみのえ)でごぼうパンとりんごパンと全粒粉フランスパンを購入。ランチでいただきました。ごぼうパンにはゴロゴロとごぼうがりんごパンには甘く煮たリンゴがパン生地に練りこまれている感じ。ごぼうはささがきのほうがいいな~。硬めの生地は好みでした。にほんブログ村

  18. 羽根木公園から豪徳寺へ - あだっちゃんの花鳥風月

    羽根木公園から豪徳寺へ

    妻と一緒に、羽根木公園から豪徳寺に行ってきました。羽根木公園は世田谷梅まつりが行われています。この公園に来たのも久しぶりの事です。以前と比べて、梅の木が少なくなったように感じました。大きな木は幹が黒くなっていて、花が咲いていない木が数本ありました。緑色の梅の花、緑がくしだれが綺麗でした。此処に来たのは梅が丘駅にある、美登利寿司のサバの押し寿司とアナゴ寿司を買う為です。家に帰ってから、二人で食...

  19. ユヌクレ - マイニチ★コバッケン

    ユヌクレ

    梅まつりからの帰り道、久しぶりに豪徳寺の商店街を通ったので、そうだ!あのパン屋に行こう!と、ズンズン突き進む私のあとを「ねー、どこに行くの?」と行き先を知らずに追いかけてくるヒロシ君。着いてみるとお店の外に人が並んでいるて「ああー、ムリ!ムリ!」と引き返そうとする彼をなだめなだめ。私も普段だったら並ばない派なんですが、今回は並んででも買いたかったんです。店内が狭いので2組ずつしか入れないから...

  20. 招き猫の豪徳寺とチロル料理のランチは大満足♪豪徳寺は楽しい♪ - ルソイの半バックパッカー旅

    招き猫の豪徳寺とチロル料理のランチは大満足♪豪徳寺は楽しい♪

    2019.2.2豪徳寺には三重塔があるんだけどねこ探しをしてみよう♪さ~てどこにいるかなあ?いた、いた!よ~く見ると、あれっ?なんで天敵のねずみが小判をくわえて差し出しているの?見~つけ!あらら、こちらにも!豪徳寺の絵馬と言えば、やっぱり招き猫♪六地蔵様の先には井伊家の墓所こちらは彦根城第13代藩主井伊直弼の墓所広い墓所にはお墓がいっぱい並んでいます。水もカチカチに凍ってる!Wikipedi...

総件数:64 件

似ているタグ