赤城山のタグまとめ

赤城山」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには赤城山に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「赤城山」タグの記事(307)

  1. 今月の一山。 - sweat lodge @ blog

    今月の一山。

    一年ぐらいは空いてたか近くで遠かったな一山。思い立ったらが発動した正月休み。ここしばらく綺麗に遠くまで山が見えてたからここなら行けるでしょう赤城山。この時期の赤城山は初だったが久々のハイクにはちょうど良いといつも思う。とりあえず出来る限りの防寒装備で雪で危険だったら撤収してドライブに切り替えるプラン。天気は晴れから曇りに変わったけど良好で良かった。なんともね久々なだけに楽しかったぞ。出だし好...

  2. 多々良沼(4) 白鳥と山 ~鳥撮り修行中~ (2021/1/5撮影) - toshiさんのお気楽ブログ

    多々良沼(4) 白鳥と山 ~鳥撮り修行中~ (2021...

    多々良沼での白鳥撮影修行たくさんの似たような画像を、これでもかと掲載してしまいました訪問してくださった方にはさぞかしご迷惑だったろうと、お詫び申し上げますおしまいは、赤城山や上信国境の雪山を背景に飛ぶ白鳥を…(画像の数は少しです)まずは、わが家の裏山、赤城山最南端の鍋割山と…すぐ近くにあるように写っていますが、約60キロメートルくらい離れていますどの画も、山は霞み、送電線が絡んでしまいました...

  3. 赤城山クリーンハイク - 山登り系 KADHAL

    赤城山クリーンハイク

    2020年11月15日(日曜日)。秋も深まった週末、赤城山の鳥居峠~満覚淵へ、クリーンハイク(清掃登山)。比較的低い山を、ごみを拾いながらハイキングします。ただ、残念ながら(?)先週地元で大規模な清掃活動があったようで、ごみは比較的少なかった。赤城山は、風がつよく寒いエリアだけど、今日はぽかぽか暖かく、歩いていると汗ばむ。利平茶屋キャンプ場から登って1時間程度で鳥居峠に到着。途中かなりの急登...

  4. 赤城山 鳥居峠からの朝景(2) (2020/10/20撮影) - toshiさんのお気楽ブログ

    赤城山 鳥居峠からの朝景(2) (2020/10/20撮影)

    赤城山鳥居峠からの雲海を期待したのですが、空振り…後ろを振り返れば覚満淵、その向こうには大沼絶景でした(6:06)大沼の上には霧も残っていてそれが、主峰黒檜山に伸びていき手前、覚満淵の湖面は鏡のよう、草もみじもきれい…覚満淵の木道には、何人ものカメラマンがこの秋景色をねらって詰めかけていました赤城山は、湖、雲海、花、ミニ湿原、紅葉、雪氷…と、撮影ポイントはたくさんあり私の撮影ベースです

  5. 赤城山 鳥居峠からの朝景(1) (2020/10/20撮影) - toshiさんのお気楽ブログ

    赤城山 鳥居峠からの朝景(1) (2020/10/20撮影)

    早朝、ふと目覚めて窓を開けると、赤城山が見えで、雲海と朝焼け期待で鳥居峠へが、そう甘くはなく…朝日は雲に遮られ、雲海は見当たらず太田桐生の街はまだ灯がともっていましたが、空はすっかり白み始めていました (5:29)でもこの時間の景色、好きですそして、幾重にも幾重にも続く山並みのグラデーションも、good紅葉の山肌も、桐生太田の街も、見た目に近い感じで写るようになりました雲の切れ間の朝焼けがき...

  6. 富士山と紅葉(2) ~赤城山小沼~ (2020/10/20撮影) - toshiさんのお気楽ブログ

    富士山と紅葉(2) ~赤城山小沼~ (2020/10/...

    赤城山小沼の紅葉、つづきです一番きれいだったのは、すぐ左手(北岸)でした鏡のような湖面に映る紅葉は得も言えぬ美しさ!!しかも湖面には消え残りの霧も…お山の紅葉というよりは、京都の寺院の庭園を見ているようですススキも湖面に映り込む紅葉どう撮ってもきれいです赤城山へは、折に触れて訪れています春のツツジ(アカヤシオ、シロヤシオ、ヤマツツジ、レンゲツツジ、ミツバツツジなど)と新緑夏の花々(ニッコウキ...

  7. 富士山と紅葉(1) ~赤城山小沼~ (2020/10/20撮影) - toshiさんのお気楽ブログ

    富士山と紅葉(1) ~赤城山小沼~ (2020/10/...

    今朝の撮りたてです早朝赤城山へお目当ては、鳥居峠からの雲海と小沼の紅葉鳥居峠の方はいまいちだったので、後回しにします小沼へのPに車を止め、向かったのはいつもの富士山スポット今日の富士山は、雪化粧をし、全容を見せてくれましたしかも、朝日に輝いて…実際には、小沼の向こうに小さく見える程度でも、今は特別…、紅葉の上に聳えています反対側は大沼小沼の岸辺に降りていきましょう湖面と白樺、そして紅葉が見え...

  8. 秋の実 - あすなろフォトグラファー

    秋の実

    2020.10.16覚満渕に朝陽が射し込むのを待っている間辺りを見渡すとナナカマドとマユミの実が露に濡れているのが目に入ったナナカマドの赤い実を見ると秋を実感する

  9. 秋のひかり - あすなろフォトグラファー

    秋のひかり

    2020.10.15覚満渕に着いたのは5時30分頃3時には起きたのだが既に新聞が届いていたので目を通していたら予定の出発時間を過ぎてしまった覚満渕に陽が射すのは6時半過ぎなので十分間に合う木道の上には20,30人のカメラマンが陣取っている残念ながら少しばかり風があり水面には波が出ていて水鏡とはならなかった

  10. 最後かもしれない群馬 - fantastic-day

    最後かもしれない群馬

    先週の連休最終日は群馬に行ってきた。特急電車に乗りたかったんだけど、5時起きで行くと新幹線しか選択肢がなくて、MAX谷川に乗るのは、最後になるかも。(乗車状況は一車両に2人、もしくは2組座席もずいぶん離して取った)ぐんまちゃんが出迎えてくれる高崎に行き、(なんでぐんまちゃんは馬なんだと聞かれたから、ぐんまのまは馬って書くんだよと教えてあげた)天気予報では、くもり雨だったのに…快晴じゃない!!...

  11. トリカブト ~赤城山にて~ (2020/9/11撮影) - toshiさんのお気楽ブログ

    トリカブト ~赤城山にて~ (2020/9/11撮影)

    前回(9/8)に行ったときには、時間がなくて探し回れなかったトリカブトの花午後は雷雨との予報だったので、午前中に再挑戦しました。まずは、大沼の湖畔薮の影に、例年通り咲いていてくれました。奇妙な形の、そして涼やかな色のトリカブトこの時季、どうしても見たい花の一つです。覚満淵に移動して探していたら、遊歩道から少し離れたところに数輪こちらの花の方が、色が濃い…でも、遠く、数もちょっぴり例のごとく、...

  12. 赤城山 朝景(2) (2020/9/8撮影) - toshiさんのお気楽ブログ

    赤城山 朝景(2) (2020/9/8撮影)

    赤城山鳥居峠の雲海の撮影を一旦切り上げ、峠の反対側を望めば、覚満淵もいい雰囲気…(5:47)足元のススキを入れてみました…そういえば、雲海側にもススキがあったのを思い出しまた戻って (5:57)空の色も一段と濃くなり日の出前が撮れなかったのは残念ですが、いい景色に出会うことができました。今日は朝から予定があって、心せくまま小沼大沼にも足を延ばして撮ったのが以下の3枚(6:15)(6:27)

  13. 赤城山 朝景(1) (2020/9/8撮影) - toshiさんのお気楽ブログ

    赤城山 朝景(1) (2020/9/8撮影)

    朝5時少し前、二階の北窓から赤城山を仰ぎ見るといい感じでした。もしかしたら、雲海が…鳥居峠に着いたときには、山の端から朝日が昇っていました。(5:33)今は、足尾の山並み方向から日が昇るようです。朝日を受けて輝く山々のグラデーションも見もの日の出後、少し時間が経過してからの一枚 (5:43)広大な関東平野を覆い尽くすように広がる雲海 (5:35)朝日を受けて輝いているのもgood!!雲海の下...

  14. 赤城山 (2020/8/23撮影) - toshiさんのお気楽ブログ

    赤城山 (2020/8/23撮影)

    早朝、およそ一か月ぶりで赤城山へ最初に行った鳥居峠からは、期待していた雲海は見られず…、覚満淵へ(5:52)梅雨明け後の少雨で、水面はだいぶ下がっていました。いつもながら、静寂が支配する佇まい鏡のような水面にへの映り込みもきれい誰もが立ち止まる人気のスポット、もちろん私もお気に入り回り込んで…夏の花は姿を消し、秋の花へ…これは、サワギキョウ(たぶん)リンドウのつぼみがあちらこちらに湖面を背景...

  15. 今度の避暑先赤城の覚満淵から - 星の小父さまフォトつづり

    今度の避暑先赤城の覚満淵から

    昨日 ( 08/11 ) は、殺人的な暑さになるとの予報も出されて、そりゃぁたまらん💦とばかりに今度は赤城山に避難しに行った。距離的には軽井沢に行くのより遠くなるのだけれど、こんな日には逆に少し遠目くらいの方がエアコンの効いた車で過ごせるから良い。そんな思惑もあって、また更に赤城の覚満淵という環境もたまには行ってみたくなるから、目指したくなる。上州人には、赤城、榛名、...

  16. 赤城山 覚満淵に咲く花 (2020/7/27撮影) - toshiさんのお気楽ブログ

    赤城山 覚満淵に咲く花 (2020/7/27撮影)

    赤城山の覚満淵ミニ尾瀬と呼ばれているのは、湿原のたたずまいだけでなく、たくさんの花が咲くからでもあります。まずは、ニッコウキスゲなんと、1輪だけ咲いていました。虫も名残惜しそう…シシウドチダケサシヨツバヒヨドリアザミ藤色がきれいな花ですが、葉の棘には閉口しますつぼみに赤とんぼが羽を休めていましたイブキトラノオカラマツソウ背景を暗くして撮ると映える花です?ウツボグサ?ツリガネニンジンワレモコウ...

  17. 赤城山 覚満淵 (2020/7/27撮影) - toshiさんのお気楽ブログ

    赤城山 覚満淵 (2020/7/27撮影)

    折に触れ、赤城山へは出かけています。鳥居峠、覚満淵、大沼、小沼、そしてそこかしこに咲く花々家から車を走らせ30分で別天地に行かれるのは、ありがたいことまず、鳥居峠からの覚満淵の全景風がなければ、湖面が鏡のようになり、この景色が飛び込んできます。山の一番低い所が、鳥居峠木道を進むと対岸の疎林が湖面に映え、いつもはカメラマンが大勢集まっているところ、私もお気に入りですさらに、木道を進むと覚満淵の...

  18. 赤城山 鳥居峠から (2020/7/27撮影) - toshiさんのお気楽ブログ

    赤城山 鳥居峠から (2020/7/27撮影)

    梅雨が明けたのに、梅雨時の話で失礼します。雨降りばかりが続く日々この朝、北の窓から赤城山が姿を見せていました。顔も洗わずにカメラを引っ提げて…出撃(男はこういうとき便利です)鳥居峠に着いてみると、青みを帯びた山並と消え始めた雲海が…太田桐生の街並み方向 (南東、6:00)関東平野も厚い雲の下気持のいい広がりです。 (6:12)その左手、足利の街は霧がかかっています。 (6:17)足尾日光の方...

  19. 赤城山の朝焼け (2020/7/20撮影) - toshiさんのお気楽ブログ

    赤城山の朝焼け (2020/7/20撮影)

    早起きして、野反湖に向けて少し走った時後に聳える赤城山の上空が赤く染まっていました。これは撮らねばなりません。(4:25)藍色の空が白み始め、地平の雲がまだ姿を見せない朝日に染まる…すきな一瞬です。左端の黒い丸い影が赤城山の中央火口丘地蔵岳、中央寄りは鍋割山わが家からはこの景色は見られません。幸先よいできごとでした。

  20. 小熊 目撃❢ (2020/6/23撮影) - toshiさんのお気楽ブログ

    小熊 目撃❢ (2020/6/23撮影)

    体長1メートル程度の子熊です。トリミングで場所は赤城山沼田市から赤城山を越えて自宅に戻る途中、カミさんが「あっ、くま、熊、クマ…」と叫ぶので見ると、車左前方のコンクリート擁壁をよじ登ろうとしていました。あわてて、スマホを取り出して撮影に及びました。でも、こんな時はなかなかうまくいかないものです。今思えば、ズームすればよかった、動画という手もある…小熊は登ることができず、あきらめて道を走って遠...

総件数:307 件

似ているタグ