赤道儀のタグまとめ

赤道儀」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには赤道儀に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「赤道儀」タグの記事(14)

  1. 修理したスカイメモRSをテストした - 亜熱帯天文台ブログ

    修理したスカイメモRSをテストした

    しばらく天気が悪かったが、少しだけ晴れた夜があったので、修理したスカイメモRSをテストしてみた。帰宅が遅くなったのでテスト開始時にはすでに月が昇っていたが、気にせずテスト開始。どうせ自宅は光害ひどいし。オリオン座がいい位置にあったので、カメラはE-P5、レンズはマイクロフォーサーズ用の廉価版ズームを使用。ズームの望遠側、150mmで撮影。フルサイズなら300mm相当。露出時間は1分。オリンパ...

  2. スカイメモRSの修理 - 亜熱帯天文台ブログ

    スカイメモRSの修理

    オーストラリアで故障が発覚したスカイメモRSだが、このまま放置ではもったいないので、修理することにした。電気的な部分の故障ならお手上げだが、ギアのかみ合わせなら何とかなりそうと、とりあえず横のパネルを開けてみた。モーターはちゃんと回っているので、電気の部分は大丈夫そう。でもウォームホイールは回ってない。やはりギアの部分か。実は以前「GP赤道儀の赤緯軸アダプター」を取り付けて旅ドブ(5kg)を...

  3. スカイメモSで遊ぶ - 亜熱帯天文台ブログ

    スカイメモSで遊ぶ

    最初に書いておくが、これはメーカーの想定外(たぶん)の機材マニアの遊びなので、初心者はまねしないように。ケンコートキナーのジャンク品でスカイメモSの本体を一昨年くらいに入手して以来、ネットでちまちまと部品を買い集めていたら、いつの間にか専用三脚以外のスカイメモSが一式そろってしまった。できれば安いジャンク品をと思ったが部品はすぐに売れてしまうので、大手カメラ店等のネット販売を利用してポイント...

  4. スカイメモSでふたご座流星群を試写したのだが - 亜熱帯天文台ブログ

    スカイメモSでふたご座流星群を試写したのだが

    前回に引き続きスカイメモSを使ってみた。今回は晴れたので、ふたご座流星群が流れるのを期待して、α7s+シグマ20mmF1,8(最新のF1.4artではなく、古い方)という流星群標準セット。空が明るいので絞りを絞って、感度を落としてシャッタースピード30秒。光害で白く飛ばないように気をつけた。しかし写った画像は何か変だ。翌日、パソコンで拡大してみて驚いた。わずか30秒なのにありえないほど流れて...

  5. スカイメモSのテストをしようとしたら曇り - 亜熱帯天文台ブログ

    スカイメモSのテストをしようとしたら曇り

    昼はよく晴れて、夕方は快晴だった。ふたご座流星群極大には数日あるが、これほど晴れていれば今夜は2,3個見られるだろうと思ってはいた。夕食後、せっかくなのでスカイメモSのテストをしながら流星撮影しようと屋上に上がったら、雲が多い。セッティングしているうちにどん曇りになっていた。まあいつものことではある。スカイメモSではまともに撮影したことがないし、テストしないで持っていったオーストラリアでは失...

  6. スカイメモR用ビクセンGP赤緯体アダプター - 亜熱帯天文台ブログ

    スカイメモR用ビクセンGP赤緯体アダプター

    スカイメモシリーズといえばポータブル赤道儀の先駆けで、その追尾精度は折り紙つきのものだったと記憶している。現行機種のスカイメモSとTは、海外製のポータブル赤道儀を国内でスカイメモとして販売しているので、私の中ではRS以前とは別物と認識している。私はスカイメモNS、R、RSを所有したが、Rはなぜか失敗が多くて、中古のRSを見つけたので現在はRSだけ使っている。これは300mm程度の短時間露出な...

  7. タカハシの古いバランスウェイト軸 - 亜熱帯天文台ブログ

    タカハシの古いバランスウェイト軸

    30年以上前に買ったタカハシのEM-100赤道儀は、今でも時々使っている。モーターが両軸駆動で、しかも自分で使う赤道儀の中では丈夫で軽くて反応が早いので扱いやすい。25cmシュミカセまでなら普通に載せられるのもいい。しかし以前の記憶ではこんなにバランスウェイトはいらなかったはずだが、ということが最近多くなった。変だと思って先日倉庫を捜索したら、予想通りバランスウェイト軸がもう1本出てきた。こ...

  8. ニセコで星景写真 - 北海道photo一撮り旅

    ニセコで星景写真

    今回の宿泊先は外資系のホテルだそうで、どの部屋からも羊蹄山が一望できると、そんな甘言に誘われて?赤道儀、微動雲台、三脚などを部屋に持ち込みスタンバイ!しかし雲が晴れない、ならば深夜からインターバルをセットして「果報は寝て待て」とベッドに横たわるも雲の状態が気になり熟睡ができない、微睡ながら空を見れば雲は晴れシリウスは高く上りオリオンはフレームアウト、左には綿帽子を冠ったような羊蹄山が、、二枚...

  9. 冬の夜空と撮影スタイル - 北海道photo一撮り旅

    冬の夜空と撮影スタイル

    昨日に続き北広方面から南の撮った画像です。久しぶりによく晴れた夜で、気温の低下が予想され、レンズ、赤道儀には電熱ヒータ、私と云えばインナーにカイロを数個貼り付け、防寒着を幾重にも重ね、帽子はウールの「正ちゃん帽」←(この名詞はいまや死語かな~)それにダウンのフードを被り、足元は毛糸の靴下に釣り用の防寒長靴、これで万全のはずで、寒さに耐えながら2時間ほど野外にいましたが、肝心な自分の年齢、体力...

  10. 正月元旦の星空@高麗の里 - デジカメ写真集

    正月元旦の星空@高麗の里

    今日は久しぶりに酒をいただいた。お蔭で夜、星を撮りに車を運転できなくなってしまった。今日の夜は月が出てないので最高の条件でしたが、仕方なく自宅近くの歩いて数分の場所で星を撮りました。道具は三脚と先日モータドライブに改造した赤道儀。しかし、どうも極軸がうまく取れてないようで少し星が流れてます。特に望遠(f=270mmで露出20秒)で撮った2枚目はかなり流れています。極軸を正確に設定するのがポ...

  11. 改造(モータードライブ化)赤道儀の試し撮り - デジカメ写真集

    改造(モータードライブ化)赤道儀の試し撮り

    今晩早速、昨日完成した改造赤道儀を使って試し撮りをしてきました。場所は巾着田の高麗川の河原です。年内は星の撮影には適さない状態(月が出てる)なんですが試し撮りということで撮ってきました。1枚目は30秒のシャッタースピードで撮った写真を2枚比較(明)合成してあります。月の明かりで見える星の数が少なかったので合成により少し見える星の数を増やしてあります。モータードライブ化がうまく行ってるかどうか...

  12. 久しぶりの星空撮影 - デジカメ写真集

    久しぶりの星空撮影

    昨日の夜中、10時ごろから高指山で星の撮影を行った。昨日は手動赤道儀にカメラを載せて長時間露光で撮影。空には薄い雲が少し残っていたが快晴。視界も良く星がたくさん見えていた。夜中の2時頃まで粘れば天の川も南の空に見えてきたと思いますが、寒くなってきたので退散しました。私は星座は「おおぐま座(北斗七星)」と「こぐま座」くらいしか分からない、星空音痴です。撮ってきた写真から分かるのはその二つくらい...

  13. 手動赤道儀ハヤブサMKⅢの改造 - デジカメ写真集

    手動赤道儀ハヤブサMKⅢの改造

    先日手動赤道儀ハヤブサMKⅢを購入して使ってみたが具合の悪い部分が見つかった。一つ目はハンドルを回したときに角度によって」引っ掛かりが感じられてスムーズに回しづらかった。二つ目はカメラの重みでハンドルを回して押さなくても勝手に大きくガタッと回ってしまう。という二つの不具合が見つかりましたので早速改良に着手しましt。まずは一つ目の問題ですが、これはハンドルに固定されたねじの先端が以下の写真のよ...

  14. 初めての赤道儀で星を撮ってみた@巾着田 - デジカメ写真集

    初めての赤道儀で星を撮ってみた@巾着田

    注文しておいた赤道儀「ハヤブサMk3ポータブル手動式赤道儀 」と自由雲台がようやく揃った。今日早速星を撮ってきた。たまたま今日は晴天でしたが半月の月が出てて条件としては最悪でした。おまけに冷たい強い北風がぴゅうぴゅうと吹きまくって久しぶりに寒い夜でした。赤道儀のセッティングは北極星を見つけることから始めます。今日は月が出ていて明るかったのでなかなか北極星が見つからなかった。巾着田へは夕方暗く...

総件数:14 件

似ているタグ