走る!のタグまとめ

走る!」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには走る!に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「走る!」タグの記事(76)

  1. 自然の威力 - Prairie Life

    自然の威力

    数日前、珍しく朝から晴れたので日の出少し前に、バルコニーから外を眺めていたらフォルス・クリークの潮が満ちて、遊歩道にまで水が流れ込んでいるのが見えました。その数時間後、今日はどちらの方向へ走ろうかなぁと考えていたらグゥが「バンクーバー公園管理局(Vancouver Park Board)がツイッターに投稿してたよ。」と教えてくれた情報は「キングタイドと高潮のため、シーウォールのライオンズゲー...

  2. サンライズラン - Prairie Life

    サンライズラン

    どんより灰色の朝が続くバンクーバー。この時期、雨は避けられないにしても気分まで沈みがち。でも日曜日の朝は晴れの予報。久しぶりにサンライズランをしよう!ジョギング途中でサンライズ(日の出)を見るのが、『サンライズラン』あくまで私の造語ですが。バンクーバーのダウンタウンには夕日が見える場所はあるけれど、朝日が見えるところで私が思いつくのは、スタンレーパークのシーウォール、コールハーバー側くらい。...

  3. 旅先ラン - ペンティクトン (KVR) 2020 - Prairie Life

    旅先ラン - ペンティクトン (KVR) 2020

    前回はトレッスル橋 (McCulloch Trestle)まで走ったケトルバレー鉄道トレイル。今回はちょっと早起きして、その先まで行ってきました。前回はここでUターンペンティクトンからナラマタ (Naramata) に入り、近くにワイナリーがたくさんあるのは知っていたけれど…ヒルサイドワイナリー(Hillside Winery)ブラックウィドーワイナリー (Black Widow Winer...

  4. Vancouver Marathon 2020  (バーチャルレース) - Prairie Life

    Vancouver Marathon 2020 (バ...

    5月3日開催予定だったバンクーバーマラソンの中止が発表されたのは3月13日。私のレースに向けたトレーニングもこの日で止まってしまい、大会中止の脱力感も手伝って、軽いジョギングが中心となっていました。「今年のバンクーバーマラソンはバーチャルレースとして開催します」というメールが届いたのは、それから一か月ほど経った頃。5月4日から7月31日の間に自分が登録した距離(フル、ハーフマラソン、10km...

  5. クイーン・エリサべス公園 - Prairie Life

    クイーン・エリサべス公園

    新型コロナウイルス対策による外出自粛や在宅勤務によってビジネス街やショッピングエリアはガラガラな反面、運動不足解消のため散歩やジョギングをする人が増えて、公園などが混みあっているのはカナダも同じ。私がランニングの起点としているシーウォールも、人混みを避けて早朝に走っているものの、以前より人が増えている気がする。せっかくだから交通量の少ない今のうちに、これまで試したことのないルートを走ってみよ...

  6. 旅先ラン - パームスプリングス ③ - Prairie Life

    旅先ラン - パームスプリングス ③

    カナダへ帰る前日は、レース前、最後のロングラン。いつもはレースのちょうど1週間前に行なうメニューだけど、バンクーバーは雨が降る確率が高いので前倒し。だいぶパームスプリングスの通り名も覚えて、地図も頭に入ってきました。まずは先日登ったMurray Hill がよく見えるRamon Street を走ります。これは空港へ続く道、地図では家から空港周辺まで約3マイルあるように見えたんだけど、実は2...

  7. 旅先ラン - パームスプリングス ② - Prairie Life

    旅先ラン - パームスプリングス ②

    前日ハイキングで4時間ほど山道を歩いたので、筋肉痛があるかなと思っていたら、目立った痛みはなくてホッ。走りだしたら、ふくらはぎが少し張っている感覚があったけれど、それも走っているうちに消えました。人も車も走ってない…ただし、なかなかスピードがあがらない。やっぱり疲れているのかな、と思いながら走り続けます。3マイル (5km) を過ぎ、Indian Canyon Drive という比較的大きな...

  8. 旅先ラン - パームスプリングス ① - Prairie Life

    旅先ラン - パームスプリングス ①

    レースまで2週間を切り、そろそろレース当日と同じ時間帯に走って身体を慣らしたいところなのだけど、なかなか晴れない今年のバンクーバー。雨の合間に走るのがやっとで、時間がうんぬんと言ってられません。そこで今回のパームスプリングス行きが決まって、一番やりたかったことがこれ。レース開始時間、8:30から走ることもうスピードトレーニングは必要ない時期なので、コースにはこだわりません。しかし…思わぬ落と...

  9. 水難の週末 - Prairie Life

    水難の週末

    年明け以来、ランナー泣かせの天候が続くバンクーバー。先週末は【金曜日】朝からずっと雪が舞い、室内でジムトレ。【土曜日】久しぶりに青空が見えました。というのも強風が雲を追い払ったから。横風に身体が流されそうになったり向かい風の見えない壁に立ち向かったり追い風でメリーポピンズ気分になったりしながら走っていくと、突風が、高波を起こしていたのでシャッターチャンスと思い水辺から離れ、岩壁近くに立ち止ま...

  10. ジョギング中に出会った動物 - Prairie Life

    ジョギング中に出会った動物

    冬は雨が多いバンクーバーだけど、去年の12月は本当に晴れた日がなく、雨の合間や小雨の時間を使ってランニング。先日、前夜の大雨でできた水たまりを避けながらロストラグーンの湖岸遊歩道を走っていると湖から何かが飛び出し、また水に戻っていったのが見えました。「カワウソだ!」以前にグゥと散歩中、この湖岸でカワウソを見たことがあったのです。また出てこないかな、と待っていると、アジア人の親子がやってきたの...

  11. 2019年のランニング - Prairie Life

    2019年のランニング

    2019年に走った距離(トレッドミルを走った距離)は1月284km(+5km)2月 85km(+5km)3月408km4月290km(+6km)5月282km6月225km7月305km8月263km9月275km10月238km11月274km12月287km(+21km)で年間走行距離 3,216km (+37km)脳しんとうを起こして2週間ほど全く走れなかった2月。代わって3月は、一か...

  12. 冬支度の時期 - Prairie Life

    冬支度の時期

    日曜日。いつもと変わらずスタンレーパーク外周のシーウォールをジョギングしていたら前方の水面に見慣れない黒い影小さな島のようそれは北(といっても、ここブリティッシュ・コロンビア州の北部)から渡ってきたホオジロガモ (Barrow’s goldeneye duck) の群れ。アイフォーンで撮った写真ではイマイチだけど、肉眼では白黒がはっきりくっきりで、とてもきれいでした。渡り鳥が移動する時期なんだな~

  13. 雨上がりの秋色 - Prairie Life

    雨上がりの秋色

    ここ一週間ほど雨天が多かったバンクーバー。せっかく紅葉の時期なのに。やっと太陽が顔を出したので、昨日、今日と写真を撮りながらシーウォールをジョギング。だいぶ葉は落ちてしまい例年ほどではないけれど、でも充分きれいでした。赤くなる前に上の方の葉がなくなっちゃった強風でいつもは波が立たない場所でも水しぶきキツラノビーチから雨が戻って来る前に、あちこちの秋の色を楽しんでおこうっと。

  14. 秋の紅葉ジョギング - Prairie Life

    秋の紅葉ジョギング

    季節は秋。木々が色づいてきました。近所の公園なのに、今朝の気温はたった2℃。一挙に冬の寒さ!でも久しぶりにきれいに晴れたので写真を撮りながら、スタンレーパーク内のトレイルや外周のシーウォールを18㎞ほど走ってきました。しばらくハイキングの記事ばかりでしたが、ランニングも続行してます。5月から9月までの5か月間の総走行距離は1,350km昨年、一昨年には及ばないけれど、週に一度ランニングの代わ...

  15. 旅先ラン - ペンティクトン (KVR) - Prairie Life

    旅先ラン - ペンティクトン (KVR)

    何回か訪れたことのあるペンティクトン。町の北にあるオカナガン湖から南のスカハ湖へ流れる運河沿いに遊歩道があって、そこが私の定番ジョギングコース…だったのだけどホテルに置いてあった町のパンフレットを眺めていたら、オカナガン湖沿いにケトルバレー鉄道トレイル(Kettle Valley Railway Trail = KVR Trail)を発見。2年前オカナガン・フォールズに宿泊した時、スカハ湖沿...

  16. バンク―バーマラソン 2019 - Prairie Life

    バンク―バーマラソン 2019

    2月に脳しんとうを起こした時、既に申し込みを済ませていたバンクーバーマラソン。一時は出走できるのか不安になったこともあったけれど、回復するにつれ「やっぱり4時間は切りたい」と思うようになり、レース前のトレーニングで良い感じで走れるようになると「自己ベスト更新」を目標に臨むことにした。【レース日の朝 ~ スタート前】4時前に目が覚めてしまい、4時半まではベッドで横になっていた。緊張か、興奮か、...

  17. 川内選手がやってきた - Prairie Life

    川内選手がやってきた

    レース2日前、ゼッケンを受け取ってきました。今年EXPOは会場が変わり、去年のような入場規制はなく、待つことなく入れて、ゼッケンの受取りもすんなり完了。翌日再びEXPOへ。目的はバンクーバーマラソン初の試み、Elite Athlete Panel(エリートランナーを囲んでの座談会)川内優輝選手がパネリストの一人として出席するという宣伝に釣られました。予定開始時刻の15分くらい前に会場へ到着し...

  18. レース一週間前のスローラン - Prairie Life

    レース一週間前のスローラン

    レース二週間前のテーパリングに入ってもまだ、レースが近づいているという実感が湧いてこないな、と思っていたら、週末になってドーンと来ました。おまけに今年のバンクーバーマラソンには、昨年のボストンマラソンの覇者、川内 優輝さんが出走するということを知り、一挙にワクワク度アップ。今日はレース前最後のLSD(21km)兼レース日プチシュミレーション。5:25起床。寝起きからスポーツドリンクを飲み始め...

  19. First Half 2019 (DNS) - Prairie Life

    First Half 2019 (DNS)

    脳しんとうを起こした翌日、ベッドから出て少し動けるようになると「このまま回復して、もしかしたら日曜日はゆっくりなら走れるかも」などと脳しんとうのこともよく知らずに甘い考えを抱いていたけれど、それはすぐに絶対無理だと気づきました。棄権せざるを得ないと分かると、「レース当日の気温は氷点下になりそうだから、寒くて自己ベストを狙うのはむずかしそう」とか「自分の性格だから寒くても無理して体調を壊したか...

  20. なぜ気絶したんだろう ~ 冬のランニング - Prairie Life

    なぜ気絶したんだろう ~ 冬のランニング

    脳しんとうはさておき、そもそもどうして倒れてしまったんだろう。冬のランニングに対して、一般的に言えること- 気温が低い中を走ると、手足などで冷やされた血液が心臓に送られるので心臓への負担が大きい。- 冷たく乾いた空気を吸うことで気管支が冷やされ、呼吸に異変をきたすことがある。- 寒さで筋肉が硬直した状態になりがち、怪我をしやすい。関係ありそうな要因【脳貧血】(脳貧血と貧血は別物)脳の血流が不...

総件数:76 件

似ているタグ