超新星爆発痕のタグまとめ

超新星爆発痕」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには超新星爆発痕に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「超新星爆発痕」タグの記事(5)

  1. ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたおうし座の超新星爆発痕かに星雲M1 - 秘密の世界        [The Secret World]

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたおうし座の超新星爆発痕かに星雲M1

    おうし座の超新星爆発痕かに星雲(Crab Nebula)(M1)(NGC1952)は、地球から6500光年の距離にあります。写真はハッブル宇宙望遠鏡が自然光のみで捉えたM1の美しい姿です。M1は、中国や日本などで西暦1054年に星が大爆発したことが観測され記録に残っています。M1は、超新星爆発によって出来た幅10光年ほどの大きさの星雲で不思議なフィラメント構造を持ち、中心にはパルサーと呼ばれ...

  2. カシオペア座のチコの超新星爆発痕 - 秘密の世界        [The Secret World]

    カシオペア座のチコの超新星爆発痕

    カシオペア座の方向に、チコの超新星爆発痕と呼ばれる美しい星雲があります。この星雲の名は、有名な天文学者チコ・ブラーエが、1572年11月11日、この超新星爆発痕の元となる超新星(SN1572)を発見したことからから名付けられています。SN1572の爆発痕は、地球から12000光年の距離にあります。現在、SN1572の元の恒星を見ることは出来ませんが、その爆発痕が星雲となって見えるのです。写真...

  3. 白鳥座の超新星爆発痕W63 - 秘密の世界        [The Secret World]

    白鳥座の超新星爆発痕W63

    白鳥座の超新星爆発痕W63は、地球から5000光年の距離にあり、その直径は150光年もあります。W63は、15000年前に著新生爆発を起こした恒星の痕跡です。社孫は、100時間かけて撮影された12枚の画像を合成したものです。SOURCE:NASA秘密の世界Ⅱへ

  4. 天空に40度の広がりを持つ巨大なガム星雲(The Gum Nebula) - 秘密の世界        [The Secret World]

    天空に40度の広がりを持つ巨大なガム星雲(The Gu...

    南天のガム星雲(The Gum Nebula)は、ほ座からとも座に大きくまたがる超新星爆発の痕跡です。あまりにも巨大なため、地球からの距離は、ガム星雲の地球に近いほうで450光年、地球から最も遠くのところからは1500光年もあります。ガム星雲の直径は1050光年あります。ガム星雲は、巨大なため、ガム星雲が見える季節には南天の夜空に40度もの広がりを持っていますが、暗い為、裸眼では確認すること...

  5. クラゲ星雲と超新星爆発痕IC443 - 秘密の世界        [The Secret World]

    クラゲ星雲と超新星爆発痕IC443

    ふたご座の足元の所にあるクラゲ星雲は、超新星の爆発痕である発光星雲(IC443)の一部で、宇宙に漂うクラゲのような形から名付けられています。写真のオレンジ色のIC443の右上から緑色の部分がクラゲ星雲です。IC443とクラゲ星雲は、地球から5000光年の距離にあります。IC443は、超新星の爆発後の姿でその中心には中性子星が高速で回転しています。画像クリックで拡大します。source:NAS...

総件数:5 件

似ているタグ