超新星のタグまとめ

超新星」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには超新星に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「超新星」タグの記事(11)

  1. 牡羊座新月。 - プランテプラネットのブログ。ここからもうちょっと

    牡羊座新月。

    牡羊座で新月を迎える今宵。月の無い夜空。形を作る前の月。春分を過ぎ、新しいサイクルに入って初めての新月。同じようなパターンは、もう通用せず、昔の原動力は当てにできず、ものすごい勢いの時流を捉えるには、力を抜いてみることも有効なよう。力を抜いて、内側に起こるゆらぎに気付くとき、新しい世界が生まれる。不自由な時に、気がつくこともたくさんあるなあ。さあさあ、ここから見えてくるものは、何か?どなたさ...

  2. ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたおうし座の超新星爆発痕かに星雲M1 - 秘密の世界        [The Secret World]

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたおうし座の超新星爆発痕かに星雲M1

    おうし座の超新星爆発痕かに星雲(Crab Nebula)(M1)(NGC1952)は、地球から6500光年の距離にあります。写真はハッブル宇宙望遠鏡が自然光のみで捉えたM1の美しい姿です。M1は、中国や日本などで西暦1054年に星が大爆発したことが観測され記録に残っています。M1は、超新星爆発によって出来た幅10光年ほどの大きさの星雲で不思議なフィラメント構造を持ち、中心にはパルサーと呼ばれ...

  3. 南天のかじき座の超新星残骸N63A - 秘密の世界        [The Secret World]

    南天のかじき座の超新星残骸N63A

    南天のかじき座の方向にある大マゼラン雲は、地球から15万光年の距離にあります。写真は、大マゼラン雲の中にある超新星残骸のN63Aの美しい姿です。N63Aは、差し渡し25光年の大きさがあります。N63Aが超新星爆発をしたのは、2000年位前と考えられています。写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が自然光で捉えた画像にチャンドラーX線宇宙望遠鏡がX線で捉えた画像(写真中央右の薄茶色の部分)を合成したもので...

  4. 更級日記の作者も見た - デンマンのブログ

    更級日記の作者も見た

    更級日記の作者も見た(nstar01.jpg)(oldcoup6.jpg)(himiko92.jpg)(himiko22b.gif)デンマンさん。。。更級日記の作者も見た と書いてありますけれど、何を見たのでござ~♪~ますかァ~?(kato3.gif)だから、この記事のタイトルのすぐ下に写真が出ているでしょう!これは何かの爆発ですわねぇ~。。。そうですよ。。。宇宙の星の爆発です。。。最近のこ...

  5. カシオペア座のチコの超新星爆発痕 - 秘密の世界        [The Secret World]

    カシオペア座のチコの超新星爆発痕

    カシオペア座の方向に、チコの超新星爆発痕と呼ばれる美しい星雲があります。この星雲の名は、有名な天文学者チコ・ブラーエが、1572年11月11日、この超新星爆発痕の元となる超新星(SN1572)を発見したことからから名付けられています。SN1572の爆発痕は、地球から12000光年の距離にあります。現在、SN1572の元の恒星を見ることは出来ませんが、その爆発痕が星雲となって見えるのです。写真...

  6. くじら座のエッジオン銀河NGC1055と超新星が観測されたM77 - 秘密の世界        [The Secret World]

    くじら座のエッジオン銀河NGC1055と超新星が観測さ...

    くじら座の方向にあるエッジオン銀河NGC1055は、写真の左上にあります。2018年11月24日に超新星(SN2018ivc)が発見されたフェイスオンの渦巻銀河M77は、写真の右下にあります。NGC1055とM77とは50万光年離れており、どちらも地球からは6000万光年の距離にあります。NGC1055とM77の大きさは、我々の天の川銀河と同じくらいの大きさで、直径は10万光年あります。写真...

  7. オリオン座のオリオン大星雲とバーナード・ループ - 秘密の世界        [The Secret World]

    オリオン座のオリオン大星雲とバーナード・ループ

    冬の星座オリオン座には、オリオン大星雲の他にも多くの星雲が集まっています。写真の中央右にあるオリオン座の三ツ星が並んでいます。三ツ星は、上からミンタカ(Mintaka)、アルニラム(Alnilam)、アルニタク(Alnitak)と名付けられています。三ツ星の右側には、オリオン大星雲M42があります。アルニタクの左下にある青白く輝く美しい散光星雲は、M78です。オリオン座の三ツ星の下方に大きく...

  8. ほ座の細長いペンシル星雲NGC2736 - 秘密の世界        [The Secret World]

    ほ座の細長いペンシル星雲NGC2736

    ほ座のペンシル星雲(The Pencil Nebula)(NGC2736)は、地球から800光年の距離にあり、その長さは5光年あります。ペンシル星雲は、鳥の羽の先に鉛筆の芯を付けた古い鉛筆の形からその名が付けられています。ペンシル星雲は、地球からはエッジオンの形で見ています。ペンシル星雲は、ほ座の端にある巨大なベラ超新星残骸の一部です。ベラ超新星残骸は、差し渡しの大きさが110光年もある巨大...

  9. 天空に40度の広がりを持つ巨大なガム星雲(The Gum Nebula) - 秘密の世界        [The Secret World]

    天空に40度の広がりを持つ巨大なガム星雲(The Gu...

    南天のガム星雲(The Gum Nebula)は、ほ座からとも座に大きくまたがる超新星爆発の痕跡です。あまりにも巨大なため、地球からの距離は、ガム星雲の地球に近いほうで450光年、地球から最も遠くのところからは1500光年もあります。ガム星雲の直径は1050光年あります。ガム星雲は、巨大なため、ガム星雲が見える季節には南天の夜空に40度もの広がりを持っていますが、暗い為、裸眼では確認すること...

  10. ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた美しい棒渦巻銀河NGC613 - 秘密の世界        [The Secret World]

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた美しい棒渦巻銀河NGC613

    南天のちょうこくしつ座の方向にある棒渦巻銀河のNGC613は、太陽系から6500万光年離れたところにあり、銀河の差し渡しの大きさは10万光年あります。NGC613は、2016年に超新星(SN2016gkg)が発見されています。NGC613は、観測データからその中心部に巨大なブラックホールが存在していると考えられています。写真は、ハッブル宇宙望遠鏡によって、SN2016gkgの発見の後に捉えら...

  11. 南天のさいだん座の美しい超新星の爆発痕RCW114 - 秘密の世界        [The Secret World]

    南天のさいだん座の美しい超新星の爆発痕RCW114

    南天のさいだん座の方向にある美しい超新星の爆発痕RCW114は、地球から600光年の距離にあります。見かけの大きさは満月の14倍もあります。RCW114の最大幅は約100光年あります。RCW114は、超新星爆発によって恒星から噴き出た水素原子が電離して外からのエネルギーによって赤く輝いています。超新星爆発したRCW114の中心にあった恒星の最初の光が、約20000年前に地球に到達したと考えら...

総件数:11 件

似ているタグ