足りない?のタグまとめ

足りない?」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには足りない?に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「足りない?」タグの記事(29)

  1. 2021年7月3日の四国新聞健康ラボに掲載されました - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    2021年7月3日の四国新聞健康ラボに掲載されました

    四国新聞の家庭欄の健康ラボは今までにも何回か大切な産婦人科・乳児栄養についての記事を載せていただきましたが、今回は、災害時に以下に赤ちゃんとその家族をまもるか?というテーマで掲載していただきました。同日、大雨による土石流でご苦労なさったみなさまには心よりお見舞いを申し上げます。新聞で伝えきれなかった情報をこちらにリンクしていきます。まず一番たくさん参考にしたのはあんどうりすさんのまとめたYa...

  2. 「おっぱいが吸えない」のウソホント〜後編〜臨床助産ケア 連載第6回 - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    「おっぱいが吸えない」のウソホント〜後編〜臨床助産ケア...

    この内容は,母乳育児支援をしているスタッフの人に対して書いています。「おっぱいが吸えない」のウソホント〜後編〜第六回の載った臨床助産ケア2020/5-6月号が発行されました。菅原光子助産師さん(IBCLC:国際認定ラクテーション・コンサルタント)の連載ウソ・ホントも回を重ねること第6回です。今までの第1-5回をご覧になられた方ももちろん、まだ、目を通していない母子保健医療にかかわるすべての人...

  3. 「おっぱいが吸えない」のウソ・ホント(日総研臨床助産ケアの連載) - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    「おっぱいが吸えない」のウソ・ホント(日総研臨床助産ケ...

    日総研「臨床助産ケア」2021年3-4月号に連載中の「母乳育児のウソ・ホント」第5回です。年間購読しかできない雑誌ですので入手するのにハードルを感じる人もいらっしゃるとは思うのですが、明日から使える内容ですので、是非是非、手に取って欲しいです。著者はIBCLCである助産師の菅原光子さんです。今回の「おっぱいが吸えないのウソ・ホント」というタイトルに私は心を掴まれました。臨床でもよく遭遇します...

  4. ストレスでは母乳は止まらないという一例 - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    ストレスでは母乳は止まらないという一例

    災害の多い時代になりました。このブログでは、赤ちゃんと暮らす人が被災したときに役立つ情報も少なくないです。そして、その都度、「ストレスでは母乳は止まりません」と伝えているのですが、それは決してずっと変わらない訳でなくて、「え?大丈夫?」という時期がある事が伝わっていないかもしれない。と、思う事もありました。この度、被災したお母さんが経験した地震後のおっぱいの変化をtwitterでとらえました...

  5. 離乳期のヤギの親子 - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    離乳期のヤギの親子

    香南アグリームに遊びに行ってみました。高松空港のすぐそばです。香川県園芸総合センターに梅林を見に行った時にお隣だったのでついでに足を伸ばしました。↑温室のラナンキュラスです。アグリームにはちょうど離乳期のヤギの親子がいました。小屋の陰にいる向かって右下の2匹です。最初に見たときは授乳していました。すぐに母親が離れていきます。ようやくおっぱいタイム。。。。と思ったら、子ヤギは三口飲んで終了。そ...

  6. ラ・レーチェ・リーグの赤ちゃんのお食事入門の説明 - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    ラ・レーチェ・リーグの赤ちゃんのお食事入門の説明

    https://llljapan.org/blw.htmlえ?赤ちゃんのサイン、むずい。。。とはよく伺います。お母さまたちにとっては赤ちゃんがとても大切なので完璧にほしいものを満たして上げたい!と必死になっているものです。総感じていると、サインに応じたお食事はとてつもなく難しく感じるかもしれません。ただ赤ちゃんの気持ちを全部汲み取る事はほぼ不可能なのです。そこの汲み取り方は、毎日、様々な行動...

  7. こういう視点の記事は珍しい(母乳育児を続けるための補足) - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    こういう視点の記事は珍しい(母乳育児を続けるための補足)

    お友だちの助産師でありIBCLCである菅原光子さんの、母乳育児支援の連載もついに第4回を重ねました。「臨床助産ケア」2021年1-2月号(日総研)は足りているかどうかを見極めるポイントと、補足量を決める方法について書いています。助産師:赤ちゃんの体重の伸びが悪いわねお母さんは母乳にこだわりますか?母親:母乳で赤ちゃんを育てたいですが、足りないのですね。赤ちゃんに一番いいようにしたいです。助産...

  8. 相川晴先生の「赤ちゃんのための補完食入門」 - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    相川晴先生の「赤ちゃんのための補完食入門」

    赤ちゃんのための補完食入門相川 晴・川口由美子/彩図社本日は新しく発売されたご本の案内です。補完食?と思う方もまだ多いでしょうか。うちのタグに離乳食の項目がなくて「卒乳」の中に乳児のお食事の内容は集めています。育児中のお母さん達におきましては「卒乳」タグで「補完食(離乳食)」という表現をよく使っているように、赤ちゃんの同じくらいの月齢の子がそれぞれに食べる「乳以外」のお食事のことと思っていた...

  9. 授乳中に病院受診せずに済むために!コロナ時代の年末年始 - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    授乳中に病院受診せずに済むために!コロナ時代の年末年始

    新型コロナウイルス感染症COVID-19にかかればどうにもこうにも病院の受診がいりますが、それ以外での、注意点についてまとめておきましょう。特に,乳腺炎は40℃近くのお熱が出て、とても慌てることが多いと思います。おっぱいのお熱や痛みを解決する為の記事は↓下の方に書いています。どんなに気をつけても調子悪くなることはあります。予防は勿論大切ですが、調子悪くなってしまうのは授乳中にも沢山あるはずで...

  10. 赤ちゃんの粉ミルクの調乳温度80℃の理由 - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    赤ちゃんの粉ミルクの調乳温度80℃の理由

    粉ミルクは溶かした時点で70℃以上のお湯で調乳すれば、粉ミルクに混ざることのある敗血症や髄膜炎の原因にもなるサカザキ菌の殺菌ができます。80℃で調乳するのはそれが理由なのです。産院のスタッフの皆さんに意識しておいて欲しいのですが、ミルクで育児をすると決めている母親はもちろん、自分が,どのように乳児の栄養を選ぶか?という意味では,母乳だけで育児する希望の母親にもこの情報は知っておいてもらいたい...

  11. 8/1ー8/7は #世界母乳育児週間2020 です。 - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    8/1ー8/7は #世界母乳育児週間2020 です。

    世界母乳育児週間をご存じでしょうか。詳しくはBSN(母乳育児支援ネットワーク)のサイトをご覧ください。↓BSNのサイト。↓世界母乳育児週間の解説https://bonyuikuji.net/?p=392↓世界母乳育児週間2020の解説https://bonyuikuji.net/?p=2654今年のテーマは「母乳育児支援で、地球も元気に」です。お母さんたちが育児のための情報や技術についてより...

  12. 2020年5月16日四国新聞健康ラボで母乳育児の基礎の基礎のお話 - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    2020年5月16日四国新聞健康ラボで母乳育児の基礎の...

    先日にお知らせしましたように四国新聞の健康ラボに、参加させていただきました。コソッと、ここに内容をアップします。ここではぎゅっといろいろ伝えてます🤱🏻乳汁分泌1期 2期 3期🤱🏻ことばは使ってないですがWHO/UNICEFの10steps🤱🏻新生児の...

  13. 2020/5/16の四国新聞「健康ラボ」に母乳の出し方の記事 - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    2020/5/16の四国新聞「健康ラボ」に母乳の出し方の記事

    まだまだ母子別室の産院が多い香川県です。主な購読者が香川県の四国新聞ですから母子別室で退院した親子を主に意識してまとめてもらいました。新型コロナウイルス感染症対策で、母親学級のように対面で学ぶ場が少ない妊産婦・授乳婦さんが今は少なくないかと思います。この記事が、赤ちゃんをお迎えするのに少しでも不安が減る助けになりましたら幸いです。手元の黄色いのはケロヒサシです。https://smilehu...

  14. 坂出市立病院の母乳外来を完全予約制で再開します - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    坂出市立病院の母乳外来を完全予約制で再開します

    東讃地区の産婦人科の医療危機対策の一環としてブログ主はさぬき市民病院に出向いて勤務していましたが、四月より坂出市立病院に戻りました。休止していました母乳外来も、予約制で再開します。病院の代表電話を診察時間にかけていただき産婦人科外来にて予約を承ります。女性が元気でいるのをじゃまをするものは内科や外科などの病気だけでなくて産婦人科の病気もいろいろあります。それは子宮筋腫や卵巣のう腫や悪性腫瘍の...

  15. 食べないから食べないのです😢 - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    食べないから食べないのです😢

    答え:赤ちゃんが食べないのはお母さんのせいではありません💗補完食(離乳食)は個人差だらけです。ものすごく沢山作って食べ残しを毎日捨てることを繰り返すお母さんもいます。また、上の兄ちゃんや姉ちゃんが食べているものにひかれて、用心していないと何でも食べちゃう子どももいます。今日、紹介するのは前者のお母さんのtweetです。ものすごく沢山作ったし、沢山捨てたとのことです。で...

  16. 久しぶりにTwitterのまとめを作りました。小豆島の写真もどうぞ。 - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    久しぶりにTwitterのまとめを作りました。小豆島の...

    最新のまとめ⬇️少し前のまとめ⬇️文章を書くのが最近は難しくなっていてブログの更新が減ってますが、せっかくの記事を、Twitterでは紹介してます。それの、母乳育児支援関連のまとめが上のリンク先にあります。私のTwitterが声優の井上真樹夫さん、グランメゾン東京、GLAYさんのものもあって、探しにくいときにはまとめ⬆️も便利です。ここからは、お正月の小豆島をお楽しみください。⬆️内海八幡宮...

  17. 赤ちゃんと暮らすときに知っておくと安心なこと - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    赤ちゃんと暮らすときに知っておくと安心なこと

    大きな災害が最近は多いですね。赤ちゃん連れの人のご心配も多くの情報が入り乱れていてさらに、深くなっていることを愁いている日々です。信頼出来る情報を書いたパンフレットを↓今回はお知らせします。多くの信頼出来る情報を元に漫画で表現されていてとても使い勝手がいいです。↑の画像はは粗く引用しているので、あんどうりすさんのサイトや母と子の育児支援ネットワークに行きますときれいな情報と参考文献とをダウン...

  18. 赤ちゃん連れで災害に出会った時 - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    赤ちゃん連れで災害に出会った時

    災害になると様々な情報が一気に噴出します。その情報が妥当かどうか知るための軸になるような情報を届けるところを知っておくと安心です。JALCNPO法人日本ラクテーション・コンサルタント協会の情報はトップページ>母乳育児情報>3.災害時の乳幼児栄養・母乳育児支援情報 http://www.jalc-net.jp/hisai/hisai_support.html (2018/07/05リンク確認...

  19. 坂出市立病院の母乳外来をしばし休止します - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    坂出市立病院の母乳外来をしばし休止します

    お産の取り扱いに至らないまま、せめて授乳期間のケアは参加しようと開設していました母乳外来ですが、誠に残念なお知らせですが、2019年9月から当面の予定では2020年3月までの間は、対応を休止させていただきます。🤱🏻😢🤱🏻😢🤱&...

  20. 産前の母親学級と、母乳育児 - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    産前の母親学級と、母乳育児

    こちらは2009年の愛媛県産科婦人科学会の集談会での発表です。母親学級で届ける内容が母乳だけで育てる人をふやすことができるのか?という内容です。これも、論文化してませんので、埋もれるのは惜しいのでこちらでアップいたします。母親学級の参考になりましたら幸いです。記事や写真・イラストの無断転載はお断りします医療的な事を扱うため個々の症例の質問への回答は責任を持てないため、基本的に行っておりません...

総件数:29 件

似ているタグ