足りない?のタグまとめ

足りない?」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには足りない?に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「足りない?」タグの記事(33)

  1. 赤ちゃんの粉ミルクの調乳温度80℃の理由 - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    赤ちゃんの粉ミルクの調乳温度80℃の理由

    粉ミルクは溶かした時点で70℃以上のお湯で調乳すれば、粉ミルクに混ざることのある敗血症や髄膜炎の原因にもなるサカザキ菌の殺菌ができます。80℃で調乳するのはそれが理由なのです。産院のスタッフの皆さんに意識しておいて欲しいのですが、ミルクで育児をすると決めている母親はもちろん、自分が,どのように乳児の栄養を選ぶか?という意味では,母乳だけで育児する希望の母親にもこの情報は知っておいてもらいたい...

  2. 2020/5/16の四国新聞「健康ラボ」に母乳の出し方の記事 - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    2020/5/16の四国新聞「健康ラボ」に母乳の出し方の記事

    まだまだ母子別室の産院が多い香川県です。主な購読者が香川県の四国新聞ですから母子別室で退院した親子を主に意識してまとめてもらいました。新型コロナウイルス感染症対策で、母親学級のように対面で学ぶ場が少ない妊産婦・授乳婦さんが今は少なくないかと思います。この記事が、赤ちゃんをお迎えするのに少しでも不安が減る助けになりましたら幸いです。手元の黄色いのはケロヒサシです。https://smilehu...

  3. 食べないから食べないのです😢 - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    食べないから食べないのです😢

    答え:赤ちゃんが食べないのはお母さんのせいではありません💗補完食(離乳食)は個人差だらけです。ものすごく沢山作って食べ残しを毎日捨てることを繰り返すお母さんもいます。また、上の兄ちゃんや姉ちゃんが食べているものにひかれて、用心していないと何でも食べちゃう子どももいます。今日、紹介するのは前者のお母さんのtweetです。ものすごく沢山作ったし、沢山捨てたとのことです。で...

  4. 久しぶりにTwitterのまとめを作りました。小豆島の写真もどうぞ。 - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    久しぶりにTwitterのまとめを作りました。小豆島の...

    最新のまとめ⬇️少し前のまとめ⬇️文章を書くのが最近は難しくなっていてブログの更新が減ってますが、せっかくの記事を、Twitterでは紹介してます。それの、母乳育児支援関連のまとめが上のリンク先にあります。私のTwitterが声優の井上真樹夫さん、グランメゾン東京、GLAYさんのものもあって、探しにくいときにはまとめ⬆️も便利です。ここからは、お正月の小豆島をお楽しみください。⬆️内海八幡宮...

  5. 赤ちゃんと暮らすときに知っておくと安心なこと - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    赤ちゃんと暮らすときに知っておくと安心なこと

    大きな災害が最近は多いですね。赤ちゃん連れの人のご心配も多くの情報が入り乱れていてさらに、深くなっていることを愁いている日々です。信頼出来る情報を書いたパンフレットを↓今回はお知らせします。多くの信頼出来る情報を元に漫画で表現されていてとても使い勝手がいいです。↑の画像はは粗く引用しているので、あんどうりすさんのサイトや母と子の育児支援ネットワークに行きますときれいな情報と参考文献とをダウン...

  6. 赤ちゃん連れで災害に出会った時 - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    赤ちゃん連れで災害に出会った時

    災害になると様々な情報が一気に噴出します。その情報が妥当かどうか知るための軸になるような情報を届けるところを知っておくと安心です。JALCNPO法人日本ラクテーション・コンサルタント協会の情報はトップページ>母乳育児情報>3.災害時の乳幼児栄養・母乳育児支援情報 http://www.jalc-net.jp/hisai/hisai_support.html (2018/07/05リンク確認...

  7. 坂出市立病院の母乳外来をしばし休止します - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    坂出市立病院の母乳外来をしばし休止します

    お産の取り扱いに至らないまま、せめて授乳期間のケアは参加しようと開設していました母乳外来ですが、誠に残念なお知らせですが、2019年9月から当面の予定では2020年3月までの間は、対応を休止させていただきます。🤱🏻😢🤱🏻😢🤱&...

  8. 産前の母親学級と、母乳育児 - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    産前の母親学級と、母乳育児

    こちらは2009年の愛媛県産科婦人科学会の集談会での発表です。母親学級で届ける内容が母乳だけで育てる人をふやすことができるのか?という内容です。これも、論文化してませんので、埋もれるのは惜しいのでこちらでアップいたします。母親学級の参考になりましたら幸いです。記事や写真・イラストの無断転載はお断りします医療的な事を扱うため個々の症例の質問への回答は責任を持てないため、基本的に行っておりません...

  9. あじさい2 と、少し母乳育児に役立つ豆知識。 - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    あじさい2 と、少し母乳育児に役立つ豆知識。

    ↑ 墨田の花火と、向日葵っぽい黄色の花。↑ ガクアジサイ。↑ おたふくあじさい。と、言っていたと思います。↑ 去年、すこやかさん(訪問看護の部署)からいただいたもの。母乳育児支援一口メモ母乳は赤ちゃんを生んでから9日目くらいになると出しただけ作られる仕組みが完成します。出す量が減るとき、、、例えばお客さんが来たとか、お出かけしたとか、お宮参りでキュッとしまったワンピースや着物でおしゃれ...

  10. 赤ちゃんのカップ授乳のおさらい - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    赤ちゃんのカップ授乳のおさらい

    ↑のリンク先に丁寧な説明があります。そこでこの記事では、コツのコツ!のお話しです。カップ授乳の必要なときは前の記事で書いている災害のときが、その一つです。その他にも、生まれて直ぐで、赤ちゃんがまだおっぱいを飲むのがうまくないとか、母乳がまだたくさん出ないとかのときに、搾った母乳や、人工ミルクを上げるときに使えます。これは実際におっぱいから飲むときのトラブルを減らします。保育園とか、家族に預け...

  11. 6/1四国新聞健康ラボで 液体ミルクの話題 - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    6/1四国新聞健康ラボで 液体ミルクの話題

    2019年6月1日の四国新聞 健康ラボで赤ちゃん向けの、液体ミルクの使い方についてお話しさせていただきました。ミルクだけで育児する家庭では粉ミルクを使うか、液体ミルクを使うかは、費用や、赤ちゃんの好みで選びます。母乳だけで育つ赤ちゃんにはミルクは液体にしても、粉にしても、災害時ですら不要です。両方を使うご家庭では、一組一組にご事情があるので一概にまとめることは難しいですが、母乳は出した分だけ...

  12. JALCの母乳育児支援のe-Learning始まってます - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    JALCの母乳育児支援のe-Learning始まってます

    NPO法人日本ラクテーション・コンサルタント協会(JALC)https://jalc-net.jp/index.html からのご案内JALCの e-learning: eJALC(イージャルク)が始まりました!JALCは母乳育児支援に関する学習会を1999年より開催していますが、長年のご要望にお応えして、2019年3月にe-learningを開始致しました。コースは3つ。3つまとめてお得...

  13. 災害で赤ちゃんを守るために。 - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    災害で赤ちゃんを守るために。

    先月の西日本豪雨では未曾有の被害が広範に及びました。今なお、通常の生活に戻れていない皆様に、心からお見舞いを申し上げます。そのときのtweetを赤ちゃんと赤ちゃんの家族の健康を主にまとめました。そのまとめをこちらでもお知らせしておきます。https://togetter.com/li/1256026以前にも災害時のまとめをつくったのですが、欲張りすぎて内容が多すぎるので、新たにまとめを作るつ...

  14. 新生児の胃袋の大きさと、出る母乳の量は同じほどです - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    新生児の胃袋の大きさと、出る母乳の量は同じほどです

    生まれたばかりの赤ちゃんの胃は写真のように小さいのです。産まれた日だと、ティースプーンに1-2杯になります。このすとまっくんは、実際に量をはかって制作されています。赤ちゃんを産んだばかりの時に、一滴も出ない人もいますが、逆にあふれるほど出る人の方がもっと少ないです。そして、このように少ない母乳だと、子宮のなかで羊水で呼吸の練習も母乳を飲む練習もしてきた赤ちゃんが、多量の母乳を肺に吸い込む危険...

  15. アメリカCDCの災害時の乳幼児栄養のプラン - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    アメリカCDCの災害時の乳幼児栄養のプラン

    立て続く大豪雨、台風による停電、地震で避難所生活をしていたり、自宅での生活でも不自由なさっている皆様にこころからお見舞いを申し上げます。この記事は情報メモです。アメリカのCDCからの災害時の乳幼児栄養のプランです。CDC:アメリカ疾病予防センター(英語ですが、簡単な単語で書かれていてわかりやすいです)https://www.cdc.gov/features/disasters-infant-...

  16. 赤ちゃんが急におっぱいを飲まなくなったけど理由は? - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    赤ちゃんが急におっぱいを飲まなくなったけど理由は?

    赤ちゃんがおっぱいかおっぱいとミルクしか飲んでいない時期に、突然、母乳を拒否されたように感じて慌てたことは多くのお母さんが経験しているのではないでしょうか。↑のリンク先には、そういう時にどのように対応したら良いかが簡単にまとめられています。おっぱいを急に飲まなくなったときに安心できますから、ブックマークをお勧めです。ある日、急に赤ちゃんが母乳を飲まなくなったとき、母乳育児について詳しく学んだ...

  17. 2018/06/23の四国新聞で母乳の増やし方を掲載してもらいました - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    2018/06/23の四国新聞で母乳の増やし方を掲載し...

    四国新聞の2018/06/23の「健康ラボ」で母乳育児についての情報を取り上げていただきました。内容は主に以前の記事↓を中心にしたものです。母乳を作る量に個人差もありますし、産後すぐの母子同室のシステムの無い所では退院時点でミルクが必要なことも少なくないです。でも、実際はきわめて稀な乳腺がない人を除くと母乳は出しただけ出る仕組みは等しく備わっています。そのことについて四国新聞さんんが取材して...

  18. 母乳をあげたいとおもっているお母さんたちに♪ (ラ・レーチェ・リーグのメッセージのご紹介) - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    母乳をあげたいとおもっているお母さんたちに♪ (ラ・レ...

    ↑のリンク先https://llljapan.org/message04.htmlは母の日に向けて、ラ・レーチェ・リーグから、お母さんたちに向けて出されたメッセージなのです。母の日にアップされた記事ですが、ご紹介が1日遅れてしまいましたが、是非ごらんください。多くのお母さんと供に歩んできたラ・レーチェ・リーグならではの視点で頑張っているお母さんを照らしている文章だと思いました。言葉として完母...

  19. 母乳の量は出せば出すだけ増えます(*^▽^*) - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    母乳の量は出せば出すだけ増えます(*^▽^*)

    ↑の記事でも書いたように、母乳は退院の時くらいに出る量が決まるのではなくて、出せば出しただけ増えます。(((o(*゚▽゚*)o)))ただし、ゆっくり増えます。2回とか3回搾ったり授乳回数を増やしたりしたくらいでは出る量は増えないように出来ています。1週間前後かけて少しずつ増えます。もともとそれほど出ない体質の人もいますが、そのような人も搾る回数が増えると出る量は少ないとしても、やはり増えます...

  20. ★「産院を混合栄養で退院しました。ミルクを止めて母乳だけにできますか?」 - やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

    ★「産院を混合栄養で退院しました。ミルクを止めて母乳だ...

    困ったときに「どこを読めば良いの?」↓のリンク先をまとめた記事2号です。少しずつ母乳外来でお会いした症例などから増やしていきます。全ての記事を読むのは時間としても難しいと思います。気になったところ、困っているところを中心に読んでみてくださいね。うちのブログで1位2位のアクセスを集めている記事が↓です。退院の時点ではミルクも母乳もあげているというお母さんが数としては一番多いのではないでしょうか...

総件数:33 件

似ているタグ