足利直義のタグまとめ

足利直義」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには足利直義に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「足利直義」タグの記事(5)

  1. 太平記をスピンオフで歩く。その8「兵どもが夢の跡」福岡市東区 - 平太郎独白録 親愛なるアッティクスへ

    太平記をスピンオフで歩く。その8「兵どもが夢の跡」福岡市東区

    先日からの続きです。実はすっかり忘れてました。松崎台地に置いて、敵の大軍を目の前にした足利方。自軍はとかえりみれば、寡兵は言うに及ばず、満足な武装すらしていない・・・。「自害する」という主将・足利尊氏を説得し、とりあえず、自害は思いとどまらせたものの、それでも、尊氏を出陣させるまでには至らず、「とりあえず、ここで見ておいてください」で実弟・足利直義、少弐頼尚ら一部の部下だけで出撃。ずらりと対...

  2. 太平記をスピンオフで歩く。その3「多々良浜合戦」福岡市東区 - 平太郎独白録 親愛なるアッティクスへ

    太平記をスピンオフで歩く。その3「多々良浜合戦」福岡市東区

    先日の続きです。足利尊氏が見て、敵のあまりの大軍に絶望したといわれる風景はこの辺だろう・・・と思いつつ、そこを過ぎ、少し先の、台地が一番高くなっている辺りに来てみたところ・・・、見事に、「ビンゴ!」でした。そこは、樹木が繁っていた関係で、あまり、見通しはよくありませんでしたが、ふと見ると、傍らの説明看板(↓)に、「ここです!」の記載が・・・。改めて、傍らの樹木の間から透かしてみると、こんな(...

  3. 太平記を歩く。その186「御所八幡宮」京都市中京区 - 坂の上のサインボード

    太平記を歩く。その186「御所八幡宮」京都市中京区

    「その157」で紹介した「足利尊氏邸・等持寺跡」から高倉通を50mほど下ったところに、「御所八幡宮」という小さな神社があるのですが、ここも、足利尊氏ゆかりの場所です。 応神天皇(第15代天皇)、その生母の神功皇后、そして比売神の三神を祭神とするここ御所八幡宮は、もとは御池通堺町西南角御所八幡町にあったそうですが、太平洋戦争中に御池通りの強制疎開によってこの地に移転されたそうです。 神社の由緒...

  4. 太平記を歩く。その182「松岡城跡(勝福寺)」神戸市須磨区 - 坂の上のサインボード

    太平記を歩く。その182「松岡城跡(勝福寺)」神戸市須磨区

    正平6年/観応2年(1351年)年2月17日に起きた「打出浜の戦い」に破れた足利尊氏軍は、西へ敗走して松岡城へ逃げ込みます。その松岡城は、神戸市須磨区にある勝福寺付近だったといわれています。 この辺りの住所は大手町といいますから、日本のあちこちにある大手という地名のほとんどがそうであるように、かつて城の正面にあたる場所だった名残だと考えられます。 『太平記』巻29「松岡城周章事」によると、「...

  5. 太平記を歩く。その181「鷲林寺」西宮市 - 坂の上のサインボード

    太平記を歩く。その181「鷲林寺」西宮市

    西宮市にある鷲林寺を訪れました。ここは、正平6年/観応2年(1351年)2月17日に起きた「観応の擾乱」における「打出浜の戦い」において、足利直義が陣を布いたとされる場所です。 「光明寺合戦」で勝負を決することができなかった足利尊氏軍は、軍勢を兵庫に移し、摂津の赤松範資と合流して大軍を形成します。 同年2月17日、ここ鷲林寺や越水に陣を布く直義に対し、これを攻めるべく尊氏は2万の軍勢を現在の...

総件数:5 件

似ているタグ