足周り・ブレーキのタグまとめ

足周り・ブレーキ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには足周り・ブレーキに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「足周り・ブレーキ」タグの記事(15)

  1. RA1Cプレオ ブレーキパッドの内/外を入れ替えようとしたが、、、 - 青いそらの下で・・・

    RA1Cプレオ ブレーキパッドの内/外を入れ替えようと...

    プレオちゃんのブレーキパッドの残り厚み左右とも、内側が、5.2~6.5mm に対して、外側は、4.2~4.5mm しかない。じゃ、内側と外側を入れ替えればいいじゃん!ジャッキアップして、タイヤを外して、カパカパっと分解。明らかに外側の減りが早い。んじゃ、金具を付け替えて、内側 ⇔ 外側 入れ替え~~~! ・・・・・・・・・・・・形状が違う、、、、、、。このまま戻すのも悔しいので、スライドピン...

  2. RA1Cプレオ パワステフルード 希釈交換 - 青いそらの下で・・・

    RA1Cプレオ パワステフルード 希釈交換

    パワステフルードが、0.4Lほど残ってたので希釈交換。調べると、4年前に同様に0.5Lを希釈交換しただけ。ちゃんとやらないかんのだけど、リターンホースを抜く = リザーブタンクが割れるみたいな。350mL抜いて、同量の新しいフルードを追加。エンジンをかけて、ハンドルをぐるぐる。抜きすぎたら戻すつもりで、100mL抜いて、新しいフルードを入れたらピッタリだった。ステアリングラックの配管を外す?...

  3. RA1Cプレオ タイロッドエンド ブーツ 交換 - 青いそらの下で・・・

    RA1Cプレオ タイロッドエンド ブーツ 交換

    プレオちゃんタイロッドエンドのブーツ交換です。純正品番:34025TA000相当品っていうか、製造元と思われる大野ゴム工業 DC-15251個 237円 モノタロウジャッキアップして、タイヤ外して、割りピン・・・・2.5mmかよ!2mmと3mmしか持ってなくて買いに走った。HEX17のナットを外してから、(外してはいけません。緩めるだけです)やったことがある人は分かる、バーーーン!ひでぇ、、...

  4. RA1Cプレオ 車検準備(その3) フロントブレーキ、タイロッドエンド、フルード点検 - 青いそらの下で・・・

    RA1Cプレオ 車検準備(その3) フロントブレーキ、...

    フロントのブレーキもチェック。パッドの残厚は、4.2mm以上。外側が4.4mm程度なのに、内側は、6.0mm程度残ってる。スライドピンのグリースアップが必要?内側/外側の交換も考慮して後日メンテ。首を突っ込んで確認。タイロッドエンドのブーツがお疲れ気味。下回りは、6月にエンジンを降ろして整備してもらったのでOK。ところが、右のタイロッドエンドのブーツが破断寸前。持ってたレガシィ用は形状が違い...

  5. RA1Cプレオ 車検準備(その2) リアブレーキ点検 - 青いそらの下で・・・

    RA1Cプレオ 車検準備(その2) リアブレーキ点検

    3月末が、17年目の車検。経費節減で、ユーザー車検を予定。4年前に前側のシューを替えたリアブレーキ 23,662km走行そろそろかなぁ、、、っと、シューは準備済み。真ん中のキャップをドライバーで外す。ハブナットは、HEX22mm割りピンは、φ3これを外して、ドラムを外すと、、、うげぇ!  ダストだらけ。フゥっと吹いたら、えらいことになった。パーツクリーナーで洗浄。 (両側で1本と半分使った)...

  6. 気動車発達史 13 急行形気動車の開発と発展 キハ28・58 第1話 - 鉄道ジャーナリスト blackcatの鉄道技術昔話

    気動車発達史 13 急行形気動車の開発と発展 キハ28...

    皆様、本日も気動車発達史と言うことでお話をさせていただこうと思います。今回は、国鉄時代、急行形の代表格、キハ28・58形を取り上げてみたいと思います。キハ44500でスタートした、液体式気動車は非電化区間における無煙化のエースとして発展を続けてきました。DMH17系エンジンは改良により180PSまでアップしたとはいえ、非力であることは否めず、勾配区間では極端に速度が下がってしまうと言う問題が...

  7. BHレガシィ 分割式ドライブシャフトブーツのグリース漏れ - 青いそらの下で・・・

    BHレガシィ 分割式ドライブシャフトブーツのグリース漏れ

    3年半、約5万kmでグリース漏れしたスピージーの分割式ドラシャブーツ。あまり触りたくないけど、嵌め合わせ部はそのままにしてあるので、確認してみる。案外、簡単に外れる。シャフト側は問題なし。って言うよりも、この内側に、グリースは全くなかった。ここが漏れた部分。篏合部の溝の中にグリースが入り込んでる。凹側凸側・篏合が不十分だった?・中のバネを変形させてしまった?・40mmのローダウンが影響した?...

  8. BHレガシィ ドラシャブーツの傷を確認してみる - 青いそらの下で・・・

    BHレガシィ ドラシャブーツの傷を確認してみる

    写真に写っていた傷を確認しなくては。最悪、もう1個買ってきてやり直し。ジャッキアップせずに、腕を突っ込んで撮影。昨日の写真と角度が違う。ここにも。傷らしきものが、、、。でも、これって表面のカスみたい。その後、何度か車を動かしてみるが、昨日の写真の角度が見えない。しゃーないので、ジャッキを出してきて潜る。これが、昨日の写真。バンドカシメの近くの「1」と、金型のパーティングラインの間の中央の凹み...

  9. BHレガシィ えぇ~~~~、うそだろ~~~~!!!!! - 青いそらの下で・・・

    BHレガシィ えぇ~~~~、うそだろ~~~~!!!!!

    今日の写真を整理してて、 ま、まさか、、、汚れであってほしいけど、キズに見える。それも嫌な向き。パンク修理剤で接着できる?

  10. BHレガシィ ドライブシャフトブーツ 交換 (その2:ブーツ交換) - 青いそらの下で・・・

    BHレガシィ ドライブシャフトブーツ 交換 (その2:...

    ドライブシャフトの取り出しは、こちら。この中のジョイントは向きが決まっているのでマーキング。グリースを掃除してると消えるので、時々書き直しが必要。おっかなびっくりで、ブーツを開けてみる。この写真は、すでにかなりのグリースを除去済み。サークリップ(針金)をードライバーで外すと、シャフトが抜ける。きれいにするのは結構大変。合いマークを付けて、Cリングを抜くと、分解完了。ここまでは、ひたすらグリー...

  11. BHレガシィ ドライブシャフトブーツ 交換 (その1:取り出し) - 青いそらの下で・・・

    BHレガシィ ドライブシャフトブーツ 交換 (その1:...

    ドライブシャフト インナーブーツの交換です。今回は、ドライブシャフトを外して作業。(外さなくて出来るけど)タイヤを少しだけ接地させて、ハブナットを、うりゃ~! っと緩める。右側この内側から2つ目の部分から漏れ出してる。左側も同じ場所。ドライブシャフトのミッション側φ5のピンポンチで、スプリングピンを打つ抜く。テーパーの無い方からやったけど合ってる?ロアアームとハブのジョイント部を外す。スタビ...

  12. BHレガシィ ドライブシャフト ブーツ交換 準備中 - 青いそらの下で・・・

    BHレガシィ ドライブシャフト ブーツ交換 準備中

    先日見つけた、フロント両側のドライブシャフト・ブーツのグリース漏れ。被害が大きくなる前に対処したい。モノタロウで、ポチポチと。今度は作業ミスがないように、ドライブシャフトを外して作業する予定。土曜日に注文したら、今朝着いた。・非分割ブーツ・・・ミヤコ:MB-1142・グリース ・・・住鉱:JG-150YM・ハブナット ・・・ノーブランド M22xP1.5 ・工具箱にあったスプリングピン・・・...

  13. BHレガシィ ドライブシャフト・ブーツ グリース漏れ - 青いそらの下で・・・

    BHレガシィ ドライブシャフト・ブーツ グリース漏れ

    フロント・左側タイヤ交換しながら、チェックのために覗き込むと、なんか、黒い。ストロボを使って写真を撮ると、黒い点々が飛び散っとる。この辺りを触ると、黒いグリースが手に付いてくる。分割式ブーツのスキ間から出てるな。右側はもっと顕著。3年半前に交換したんだけど、ここは最初にトライした場所。プロでも「時間との勝負 かなりの慣れと経験が必要」って言ってるのに、試行錯誤してた場所。作業ミスです。こっち...

  14. BHレガシィ 夏タイヤに交換 - 青いそらの下で・・・

    BHレガシィ 夏タイヤに交換

    もう一回寒くなりそうだけど、出勤するわけではないので、夏タイヤに交換。物置から30cmの段差を越えながら2往復 (戻す時も2往復)ジャッキとタイヤを運んで、作業開始。スタッドレスにマーク。回転方向は指定されてないけど、次回どこへ付けるかの参考用。足回りは問題なし。先月見つけたオイルフィルタからの漏れは、なかったんだけど、別の問題発覚(後日記載)やっぱり、このホイールが好き。スタッドレスのホイ...

  15. 気動車発達史 7 高出力機関気動車の試作 - 鉄道ジャーナリスト blackcatの鉄道技術昔話

    気動車発達史 7 高出力機関気動車の試作

    キハ44600の試作と失敗キハ44600(キハ50)形は、昭和29(1954)年に2両が試作されました。定員134人(座席92人、立席42人)でDMH17エンジンを初めて2台積んだ気動車でした。(当時の資料、交通技術。昭和30年1月号による)このような気動車が誕生した背景には、DMH17系エンジンの出力不足がありました。キハ44600試作することになった理由を述べた交通技術の記事25‰勾配...

1 - 15 / 総件数:15 件

似ているタグ