路線バスのタグまとめ

路線バス」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには路線バスに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「路線バス」タグの記事(28)

  1. 活躍の場広がる「ハイエース」<後編> - タビノイロドリ

    活躍の場広がる「ハイエース」<後編>

    「ジャンボタクシー」かと見紛う路線バス。各地で活躍を見せる「ハイエース」の後編です。【富山地方鉄道】(富山地鉄バス)で、2018年からは本格的な運用が広がっています。きのう紹介した新穂高・平湯方面への特急バスとして長距離路線をになっているのと同じく、大型車両から一気にサイズダウンとなった路線がもうひとつあります。富山駅から富山湾に沿って新湊(海王丸パーク・きっときと市場)~氷見番屋街を結ぶ観...

  2. 活躍の場広がる「ハイエース」 - タビノイロドリ

    活躍の場広がる「ハイエース」

    人口減少により、地方都市や過疎地では公共交通の存続が危ぶまれるようになって久しいですが、事業者や支援する自治体の努力によってなんとか維持されてるのが、全国の路線バスの実情です。鉄道ほどの輸送力を必要としなくとも、バスでは数十人単位で輸送できるので、比較的低廉な価格で気軽に「乗り合い」ができるのがその最大の特徴といえます。現在は、こうした数十人単位で鉄道とは別の価値観で都市間を結ぶ高速バスが発...

  3. 北九州市営バスが民営化するかも - 陸の孤島のバス日記

    北九州市営バスが民営化するかも

    交通局が2年連続の赤字決算になってしまったことをうけて、市では再び民間委譲への検討を開始、早ければ2021年度には民間委譲の可能性という報道がありました。以前、交通局の民間委譲について「事業あり方検討会議」が開かれていました。当時の交通局の存続条件は「赤字を出さないこと」でした。そのため交通局は5年間の収支審査期間を含め約8年間まったく新車を入れないこと、正規職員を転属させ大半の従事員を人件...

  4. 北九州市営バス利用者アンケート結果の公表 - 陸の孤島のバス日記

    北九州市営バス利用者アンケート結果の公表

    交通局から今年の5月実施のアンケートについての結果が公開されています。民間企業では大々的なアンケート、更に結果公表はほとんどしないのでこのような取り組みは公営企業の強みになりますね。芦屋町からも一定数の回答があったようです。残念だったのは芦屋町ホームページで告知しなかったこと。芦屋町の人のメイン交通機関は市営バスなんだから、広域連携によって路線維持とか計画に盛り込むのなら告知は必要だったので...

  5. 那覇バス - おさかなバス資料館 blog ver.

    那覇バス

    LCCシャトルバス用の那覇バスです。那覇バス_沖縄200か・967_KL-JP252NAN_201805

  6. 「線」ではなく「面」という考え方 - 陸の孤島のバス日記

    「線」ではなく「面」という考え方

    先日、西鉄バスに乗車しているときに広告があり、その広告に書かれていた売り文句があります。「面」で乗れるので安心みたいな内容でした。これがどういうことか?というと、現行の西鉄バスの定期券にはさまざまな種類のものがあります。もちろん旧来の定期券も発売されていますが、現行の売れ行きの大半は「面」で使える定期券です。これはどういうことか?北九州都市圏で使えるフリー定期券「得パス」であれば、毎月120...

  7. 地域にあった再編を - 陸の孤島のバス日記

    地域にあった再編を

    久しぶりに路線バスに関しての記事を執筆しています。以前ほどのエネルギーはないのでゆるく書かせていただきます。中央病院開院に伴う路線再編。市営バスの乗り入れはされなくてほっとしてます。タウンバスも一定の路線再編ができました。でもね、まだまだやらなきゃいかんことはたくさんある。芦屋を離れたくても離れられない人がいる。車に乗りたくても乗れない人がいる。だから、「公共」交通機関がね。いままでは市営バ...

  8. 路線バス〜挙手挨拶 - 黄色い電車に乗せて…

    路線バス〜挙手挨拶

    乗り合わせた路線バスの車内にて撮影したワンシーン。2018年6月26日対向する路線バスの運転士に対して右手を挙げて挨拶。今回乗り合わせた路線バス(小田急バスと丸判りですが)のように、まめに挙手挨拶を交わしているところがある一方、自粛あるいは原則禁止としているバス会社はむしろ増えており、風物詩とも言えるこのようなシーンは以前ほどは見られなくなっており、一抹の寂しさを感じています。理由としては①...

  9. 6/19河口湖駅、列車と新型オムニバス - 富士急行線に魅せられて…(更新休止中)

    6/19河口湖駅、列車と新型オムニバス

    6月19日撮影分です。お昼にちょこっと富士急の撮影へ。富士山駅から705レ富士山ビュー特急5号に乗り、河口湖駅へ。河口湖駅に到着。たまには留置されている6000系の写真も。ビュー特急は2番線に。1番線は特急代走の6000系です。河口湖駅のホームもリニューアル工事が成され、1番線に屋根がつきました。この日の昼の留置線。左より6000系マッターホルン号、1000形京王色、1200形リバイバルカラ...

  10. 29年度コミュニティ活動調査結果発表に思うこと - 陸の孤島のバス日記

    29年度コミュニティ活動調査結果発表に思うこと

    ようやく29年度のコミュニティ活動調査(住民に対する大規模アンケート)の報告が出たようです。相変わらず、住民に知られたくないのか、トップページからは閲覧できずひっそりとアップされていましたので、こちらにリンクを掲載し、すこしコメントをさせていただこうと思います。(ページ数の多い資料が開きますのでご注意ください芦屋町ホームページより)http://www.town.ashiya.lg.jp/v...

  11. 今夜も夢を乗せて…ドリーム号の日 - タビノイロドリ

    今夜も夢を乗せて…ドリーム号の日

    6月10日は、結構いろんな記念日が設定されている日ですが、このほど、新たに日本記念日協会を通じて【西日本JRバス】と【JRバス関東】が共同で制定したのが、『ドリーム号の日』です。【ドリーム号】とは、その名から連想されるとおり、深夜を走る夜行高速バスの代名詞ともいえる、JRバスグループが運行する長距離夜行バスの愛称です。歴史をたどれば、1969年6月10日に日本初の夜行高速バスとして東京~大阪...

  12. 路線バスに道を譲るのは正しいこと? - 袋井(駅前)は無法地帯!

    路線バスに道を譲るのは正しいこと?

    yahoo知恵袋にこんなものがありました結論から言えば、道を譲べきものです。が・・袋井市内を走行している路線バスの運転手は少し意地が悪いです!徐行しながら停車しているバスの横に差し掛かろうとする車に対してウインカーを出した直後から合流動作に移り逆幅寄せしてきます。安全を確認したうえでの出発ではなく「俺様がウインカー出しのだからお前ら止まれ!」とでも言いたげな運転です。道を譲り運航を妨げないよ...

  13. リフト付き空港リムジンバス - 車いすで街へ 踏み出そう車輪の一歩 改善活動

    リフト付き空港リムジンバス

    http://www.bus.or.jp/magazine/busstop24.html国内初!リフト付き大型空港リムジンバスの実証運行開始http://www.mlit.go.jp/common/001124740.pdf国土交通省平成28年3月28日リフト付きリムジンバスの運行路線を拡大します!https://www.limousinebus.co.jp/news/news2017121...

  14. 東久留米志木線〜路線バスは実現するか? - 黄色い電車に乗せて…

    東久留米志木線〜路線バスは実現するか?

    今回の投稿は、私の地元に因んだローカルネタです。東久留米志木線と聞いても、地元の人以外は知らない方が多いと思いますのでざっと紹介させていただきます。《Googleマップを利用の上、当方で加筆を行いました。》東久留米駅東口より北東方向に伸びる都道125号線(通称 浄牧院通り)が突き当たる、東久留米市新宝町一丁目より新座市堀ノ内三丁目に至る都市計画道路で、上の地図の赤線で示しているのがそれです。...

  15. JRバスも30周年。 - タビノイロドリ

    JRバスも30周年。

    メモリアルイヤーというのはいろいろありますが、公共交通として全国を結んでいた鉄道網は、かつては「国鉄」で、その鉄道網を補完する形で全国を走っていたのが「国鉄バス」でした。赤字に陥った国鉄を改革し、それぞれ民営化によって誕生したのが「JRグループ」と「JRバスグループ」です。2018年4月、JRバス各社は発足30周年を迎えました。北陸地方においては、【西日本JRバス】が現在は金沢市内を中心とし...

  16. 北陸の路線バス④京福バス(一般路線・コミュニティ) - タビノイロドリ

    北陸の路線バス④京福バス(一般路線・コミュニティ)

    久々に路線バスのカラーリングシリーズです。37年ぶりの大雪で、福井市内を中心に、2月10日現在全路線で運休がつづいている【京福バス】。公式ホームページによると、ようやくあす2月11日から一部路線で運行が再開される見通しになったようです。今回は、大雪にも負けないで、とエールを込めての特集です。(撮影時期は、おもに2016-2017年の夏期となっています。)ベージュ色ベースに、茶色のシックなライ...

  17. 冬のかがやき雪の合掌集落をあとにして - タビノイロドリ

    冬のかがやき雪の合掌集落をあとにして

    【富山きときと空港】からゆく『青い空 富山・五箇山1日フリーきっぷ』を利用して巡るバスの旅も、今回が最後のレポートです。『世界遺産バス』で途中下車を楽しみながら、最後に訪ねた五箇山で最大の合掌集落「相倉(あいのくら)」。高台にある全景展望スポットからの絶景を堪能したあと、集落の中を少し歩きました。1月半ばでは、午後3時を過ぎると太陽は、集落を囲む山の陰に徐々に傾きを増していき、大きな日陰を作...

  18. 美しき風景のリレー「菅沼」から「相倉」へ - タビノイロドリ

    美しき風景のリレー「菅沼」から「相倉」へ

    今回の日帰りバス旅もそろそろ終盤です。冬の昼間は短く、もう太陽も西に傾きだそうとしていました。午後3時が近づくころ、庄川に沿う国道を『世界遺産バス』は「菅沼集落」をあとにして、「相倉集落」の入り口へと走ります。この日は一日通して春を思わせるような陽射しに恵まれました。幹線道路の雪は高いレベルの除雪が行き届いていて、バスもぼぼ定時運行ができています。道路の脇には除雪の雪が壁をつくりますが、その...

  19. 菅沼集落 ~陽光注ぐ穏やかな午後 - タビノイロドリ

    菅沼集落 ~陽光注ぐ穏やかな午後

    富山きときと空港から『青い空 富山・五箇山1日フリーきっぷ』でゆく路線バス【世界遺産バス】の旅、しばし連載が途切れていましたが、旅の後半レポです。南砺市にある合掌造り集落のひとつ【菅沼集落】は、江戸時代後期の加賀藩・前田家に仕えて、煙硝を製造し、養蚕業とともに暮らしを支えてきた場所でもあります。集落の中には関連の資料館として開放している合掌造りもあります。バスの乗り継ぎ時間をみながら自分のペ...

  20. 雪から逃れられない!? - タビノイロドリ

    雪から逃れられない!?

    今週は、大寒波で、雪氷の世界にうんざり気味…当初の計画で出かける予定は大幅に変更を余儀なくされました。1月26日早朝、大阪からJR夜行バスで名古屋入りしたのですが、はぁ~ここでも雪かぁ!!とにかく異例づくめの一週間がようやく終わりましたが、富山の天気予報は、また雪マークが並びます…。

総件数:28 件

似ているタグ