路線バスのタグまとめ

路線バス」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには路線バスに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「路線バス」タグの記事(73)

  1. 趣異なるふたつの港町を巡る~金石・大野周遊シャトルバス - タビノイロドリ

    趣異なるふたつの港町を巡る~金石・大野周遊シャトルバス

    北陸新幹線から金沢駅に降り立った観光客の流れのほとんどは【もてなしドームと鼓門】のある東口(兼六園口)に向かいますが反対の西口(金沢港口)からこのバスは出発します。一見、ただの路線バスですが、金沢市が混雑する市内中心部から観光客の一部を郊外の魅力ある地域への誘導を図ろうとして近年取り組みを強化している施策のひとつで、この夏も運行されている『金石・大野周遊シャトルバス』です。今年度は7月17日...

  2. コロナという逆境下で奮闘中!!~高速・高岡高山線 - タビノイロドリ

    コロナという逆境下で奮闘中!!~高速・高岡高山線

    ほんの2年前までは、あれほど国内外の人たちが訪れていた観光地が、すっかり元気をなくして久しいです。需要の伸びを見越して、それまでの何度かの実証運行からいよいよ本格運行がスタートしたのが2020年の4月でした。北陸新幹線の新高岡駅(注)から、世界遺産・白川郷を経由して飛騨高山を結ぶ高速バスの新路線として誕生したのが、3社共同運行の【高速・高岡高山線】(加越能バス・濃飛バス・イルカ交通)です。こ...

  3. きょうも、明日も走るバス! - タビノイロドリ

    きょうも、明日も走るバス!

    コロナ禍で苦境にある公共交通機関。わたしたちの暮らしを支えるために毎日走っています。とりわけ路線バスは、乗客の減少傾向が続く中でも定時定量運行に尽力しています。9月20日、きょうは【バスの日】でした。日頃の安全運行への努力への感謝の気持ちをあらためて込めたい思います。季節のイロドリの中で力強く、ときに美しく、わたしたちの目も愉しませてくれます。ありがとう、そしてこれからもどうぞよろしくお願い...

  4. コロナ禍に消えた夜行路線 - タビノイロドリ

    コロナ禍に消えた夜行路線

    コロナ禍で長らく外出や旅行の自粛が続いています。「不要不急」の判断基準は人によりけりな部分はありますが現実問題として地域間の流動人口の減少は公共交通機関に大きなダメージを与え続けているのは間違いありません。当面の「運行休止」で、感染状況を見ながら対応してきても事業者の負担は大きく(車両維持や安全確保の費用、運転手の雇用・給与の確保など)、長期的な経営状況を鑑みると、路線維持が困難となり「路線...

  5. 増殖続いた某薬局のラッピング車両 - タビノイロドリ

    増殖続いた某薬局のラッピング車両

    私自身、特定の企業をPRするつもりも、広告収入が得られるわけではありませんが(笑)。ここ数年のドラッグストア出店拡大のなかで、勢いのある企業としては、やはり広告費のかけ方もいろいろで、まちなかを広いエリアをカバーしながら走る路線バスは格好の動く広告塔ですね。富山県下はもちろん、北陸三県内では毎月どこかで新規開店が続いている『スギ薬局』チェーン(本社:愛知県)。もちろんほかのドラッグチェーンも...

  6. 観光客減少に消えた『兼六園シャトル』 - タビノイロドリ

    観光客減少に消えた『兼六園シャトル』

    【北陸新幹線金沢開業】以前から、全国区の観光地としてさらなる誘客と訪れた旅行者の移動の利便性を考えていた金沢市からの働き掛けも受けて、備えていた観光ルート型の路線バスのひとつだったのが【兼六園シャトル】でした。運行開始は2008年7月でした。運行には専用カラーの車両(基本3台)が用意され、ルートは金沢駅を起点に、武蔵が辻や香林坊といった中心繁華街を抜け、若者や女性に人気の高い『金沢21世紀美...

  7. カラフルなバスに乗ろう! - タビノイロドリ

    カラフルなバスに乗ろう!

    新型コロナウィルスの感染拡大は、なかなか終息には至らず、私たちの行動にも物心ともども抑制がかかった状態が続いています。そんな中で、日常生活のインフラとして欠かせない公共交通は経営状況の厳しい状態が長く続いています。とくに、人口集積の希薄な地方都市やその周辺部では近いうちに路線廃止や事業の撤退、廃業などにもつながりかねない状況にあるのが路線バス事業です。これから夏休みなど、旅行や帰省に出かける...

  8. 「崖っぷち」のバスは、きょうもゆく~まいどはやバス再編 - タビノイロドリ

    「崖っぷち」のバスは、きょうもゆく~まいどはやバス再編

    「コンパクトなまちづくり」を推進してきた富山市。市街地中心部での定住人口を増やし、モビリティの便利な仕組みにも熱心に取り組み、このところさかんに謳われる『SDGs』(持続可能な開発目標)にも沿って脱マイカー社会に貢献するべく、公共交通網の強化も進めてきました。路面電車や一般路線バスを補完し、公共交通網の空白を埋める形で市中心部をこれまで2つのルートで運行してきた【まいどはやバス】は、昨年11...

  9. 5月5日に「55」の付く系統をリサーチ - 黄色い電車に乗せて…

    5月5日に「55」の付く系統をリサーチ

    2021年5月5日(水 / こどもの日)。日付になぞらえて、系統番号「55」のバス路線を訪ねてみることにしました。この日は、午後から雨が降る予報が出ていたこともあり、ターゲットを4路線に絞り、うち2路線には実際に乗車しました。☆京王バス・西55系統☆この路線は、[西八王子駅南口〜グリーンヒル寺田]を結ぶ路線です。実際は、セットダイヤとなっている西56系統[西八王子駅南口〜法政大学]がメインで...

  10. 逆風下の新路線~『北陸道青春昼特急京都号』 - タビノイロドリ

    逆風下の新路線~『北陸道青春昼特急京都号』

    「新路線」といっても、実はすでに開業から丸一年が経っています。【西日本JRバス】が運行する富山と京都を結ぶ高速路線バス、『北陸道青春昼特急京都号』です。昨年(2020年)4月1日に運行が開始されたタイトルの路線は西日本JRバスの金沢営業所が担当していますが、起終点はおろか、金沢市内の停留所に留まらない異例の路線として1日1往復で誕生しました。富山駅を起点に朝7時に出発し昼過ぎに京都駅着。折り...

  11. 加山雄三ミュージアムへ - こぴっと ちぴっと

    加山雄三ミュージアムへ

    伊豆急下田から東海バス堂ヶ島行に乗ります。

  12. 路線バスの「感染防止徹底宣言」ステッカー - 黄色い電車に乗せて…

    路線バスの「感染防止徹底宣言」ステッカー

    今年の1月8日に発出された、新型コロナウィルス感染拡大防止のための『緊急事態宣言』は、東京・埼玉・神奈川・千葉の1都3県においては、2度の期間延長を経て未だ継続中です。「再々延長」の声も漏れ聞こえて来ますが、果たしてどうなるでしょうか。仮に『緊急事態宣言』が解除されたとしても、新型コロナウィルスに感染しないよう気を付けて行くことには、当面は変わりありません。都内でこの『感染防止徹底宣言』ステ...

  13. 戻らぬにぎわいと運行形態 - タビノイロドリ

    戻らぬにぎわいと運行形態

    地方では落ち着きを見せている印象がある新型コロナウイルスの感染状況や医療体制の確保、そしてまずは医療従事者から始まったワクチン接種…3月になり、例年なら季節の歩みとともに人々の活動も拡大し、移動も多くなってくるところですが、きょうは一都三県に出されている【緊急事態宣言】の延長が正式に決定しました。首都圏の人口や機能集中は残念ながら、こうした場合には、不都合をもたらしていて、その結果が地方にも...

  14. パニックの傲慢から謙虚な当惑へ「21Lessons21世紀の人類のための21の思考」(ユヴァル・ノア・ハラリ) - 梟通信~ホンの戯言

    パニックの傲慢から謙虚な当惑へ「21Lessons21...

    赤坂のホテルで「送る会」で献花して11時前、午後二時半のCT検査までたっぷり時間があった。水を飲むほか口に入れてはならないというので、カフエで読書というのもできない。電車が空いているので、二子玉川まで乗ってみずほ銀行で通帳三冊の記帳と繰り越しをする。一冊にまとめたいのだが、振替の変更などの手続きが面倒くさい。銀行から、1月18日からe口座に切り替えだとか、一年以上記帳していないとどうのこうの...

  15. 「崖っぷち」を走る…まいどはやバス - タビノイロドリ

    「崖っぷち」を走る…まいどはやバス

    なんとも衝撃的な表現ですが…断崖絶壁の秘境路線を走るというわけではありません。富山市街地を循環ルートで2路線運行されているコミュニティバスの【まいどはやバス】のことです。一乗車100円のこのコミュニティバスは、運行費用の多くを富山市の補助金と第3セクター事業の「富山市民プラザ」の負担で運営されており、一般の路線バスや路面電車が通っていないルートで高齢者や交通弱者がまちなかに出かけるのに利便性...

  16. 最新車両の競演! - タビノイロドリ

    最新車両の競演!

    新型コロナウィルスの感染拡大以降、乗り入れ高速路線では全面運休や減便が続いている富山駅南口バスターミナルですが、昼行路線としては県内路線を除けば、どの路線よりも早く8月から通常運行に戻っているのが『富山金沢線』(富山地方鉄道・北鉄金沢中央バスの共同運行)です。平日・休日問わずもともと利用の多い短距離路線で両社にとっては安定した収入が確保できる重要な位置づけになっています。それでもコロナ禍によ...

  17. 北陸の名所を散りばめて - タビノイロドリ

    北陸の名所を散りばめて

    週末の午前9時過ぎの金沢駅兼六園口(東口)バスターミナルに並ぶ2台の【西日本JRバス】。高速バスタイプの車両にラッピングされているのは、北陸各地の観光地です。そしてベースのカラーリングは北陸新幹線の【E/W7系】のラインカラーを纏っています。この2台は、現在週末(土・日曜日)と祝日に運行されている人気の観光地を巡る『3つ星街道バス』と『越前めぐりバス』に充てられている専用車両です。いずれも金...

  18. 戻らぬ乗客~富山駅にみる高速バス路線 - タビノイロドリ

    戻らぬ乗客~富山駅にみる高速バス路線

    まもなく9月。春先の【新型コロナウィルス】の全国で感染拡大とその後の政府の【緊急事態宣言】発出により、ひとびとの移動が自粛に向かい、多くの高速バス路線で運休が拡大しました。6月以降は、徐々に運行再開の動きが広がりました。そして7月下旬から政府のすすめる【Go To キャンペーン】が始まりましたが、同時に首都圏中心に感染の再拡大がすすんでしまい、地方でもその流れが続いているため、その動きにブレ...

  19. 県民の特権。 - タビノイロドリ

    県民の特権。

    『スーパーチケットプラン』。【新型コロナウィルス】の感染拡大により、この春に全国に【緊急事態宣言】が発出され、富山県内の観光事業者、運輸事業者にとっても、外出自粛による利用者の激減に営業上の大打撃を受けました。現在、政府の推奨『Go To トラブル』、もとい『Go to トラベルキャンペーン』が現在も展開中ですが富山県ではそれに先駆けて、県民向けの県内消費拡大への取り組みとして、独自に旅行代...

  20. 徐々に運行再開~富山発着夜行路線 - タビノイロドリ

    徐々に運行再開~富山発着夜行路線

    【新型コロナウィルス】感染拡大防止のため、4月下旬にはほとんどの長距離路線が運休になっていた富山駅南口バスターミナル。7月に入り、徐々に運行が再開される路線が増えはじめ、夜行路線の運行もされるようになっています。鉄道会社系の元来の高速路線バスは、各社の営業効率の確保のため、共同運行のスタイルも変化しつつあるなかで今回の感染症という想定外の危機が重なりました。午後11時台に発着のピークを迎える...

総件数:73 件

似ているタグ