身体の不思議のタグまとめ

身体の不思議」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには身体の不思議に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「身体の不思議」タグの記事(27)

  1. 腰と首を据える - らくらく太極拳

    腰と首を据える

    腰が据わって首が据わると体軸が秤のように立って微動たりしない・・感覚が身に付く体幹を捻ると手腕が身体に纏わりついて動き出す

  2. 命門が開くと - らくらく太極拳

    命門が開くと

    命門が開くとどうなるのか・・・身体の中の繋がりは驚きの連続です。昨年9月25日に書き込んだ「含胸塌腰」傳清泉さんのお父さんの言葉で、是が太極拳の基本要領だと。あれからずっと「塌腰」を考え続けてきて、やっと本当のことが解ってきたような気がします。それは「命門」を開いて立つことで始めて腰椎が「塌腰」の状態になるということ。それが太極拳の立ち方そのもので、そこから腹圧で先ず「腰椎」を後ろへ引き込む...

  3. 命門を開くには - らくらく太極拳

    命門を開くには

    命門を開くには・・・その繋がりと感覚を辿ってみると、先ず膝を抜いて緩める、すると股関節が内旋して畳まれる。すると崩れぬ抜背が可能となり、自然に肩関節が沈んで緩みます。すると脊柱が立ち首が据わり、重力からの開放が得られます。そこから息を吸うと自然に逆複式で腹圧が掛かり気が入る。そこから息を吐いて気を鎮めると腹圧が保たれる。その時、大殿筋で腰を拡げ緩めると・・・命門の扉が開きます。

  4. 手法の擠(ジー) - らくらく太極拳

    手法の擠(ジー)

    昨日は年に一度の市連の表演会が午前で終わり午後から理事長先生の特別講習があり参加、昨年にも増して身体の中からの頸力の繋ぎ方を熱く語られての実演、私は攪雀尾の擠で止められ正しい用法の指導を受け気づきました。太極拳の手法、擠(ジー)は24式の攪雀尾で相手を掤で受け、捋で引き落とし、擠で押し飛ばす・・・連盟実技テキストには事細かく腕や手の位置、高さ、角度などが示され、後ろの腕は前の腕の手首に触れる...

  5. 初動負荷トレーニングとは - らくらく太極拳

    初動負荷トレーニングとは

    初動負荷トレーニングは小山裕史博士の理論で、力を込め続ける一般的なトレーニングではなく、リラックスした状態でトレーニングをする有酸素運動で生活習慣病の予防やリハビリに適した運動として認知され、動作の瞬発力や加速度、パワーの向上、関節可動域の拡大、故障の防止などを目的に数多くのプロ選手・オリンピック選手が実践し、身体に負担をかけることなく毎日でも気軽に出来ることも魅力の一つです。と、WORLD...

  6. 背面の意識と力 - らくらく太極拳

    背面の意識と力

    身体の背面の筋肉は前面の筋肉の約2倍あるそうです。

  7. 縮身斜帯 - らくらく太極拳

    縮身斜帯

    32式太極剣の12.縮身斜帯(ズァンシェンシェータイ)ここでの縮身が周りの方に殆んど意識が無いように見えます。身が縮む動きから左手が自然に「反穿剣指」の動きになります。前の転身右斜帯定式弓歩(右足重心)から相手の動きを警戒し身を縮めながら左足に重心を移しつつ観察、右手の剣を前に出して相手が近づくのを阻止し、(自然に左手反穿)次に胸を刺してきたので剣を左に引いて相手の攻撃をかわし相手の剣に空...

  8. 太極拳の眼法 - らくらく太極拳

    太極拳の眼法

    最近、我が師が「目を開くとは瞼を開けるのではなく、見開く場所は目の奥にあります」と、これは含蓄があり、凄いことを聞いたと思いました。今まで太極拳の指導でよく云われる眼法は、ハイ、手と目線を合わせて、太極拳らしく眼法の練習も大切ですと、殆んど外見を整える指導の様でしたが、身体の中の在り様、使い方の指導が始まったのかも知れません。身体の中の動かし方、在り方、使い方は外から見ても分かりづらく指導も...

  9. 肩関節の使い方 - らくらく太極拳

    肩関節の使い方

    太極拳で最も大切なのは肩関節と股関節の使い方だと気づきました。李自力先生が仰る「上半身は肩関節を下半身は股関節を緩めるのです」の緩めるとは単に力を抜くことではなく、簡単に言えば表層の筋肉を緩めて極力使わず、深層の筋肉をしっかり使って腕や脚を動かすことだと思います。肩関節を緩めてしっかり腕を使うにはどうしたらいいのか・・・武術的には立甲(肩甲骨を立てる)、医学的・理学的にはローテーターカフ(R...

  10. 太極拳と首と肩関節 - らくらく太極拳

    太極拳と首と肩関節

    太極拳の要訣で言われる虚領頂頸と沈肩墜肘・・筆記試験にも出てくる耳にタコの四文字熟語

  11. 内実とは - らくらく太極拳

    内実とは

    内実とは・・・外からは見えない内輪の事情。(本当の事情・内情)?太極拳での内実とは

  12. 一を聞いて十を知る - らくらく太極拳

    一を聞いて十を知る

    「一を聞いて十を知る」上達の達人は「指摘された動き」を自分の身体の感覚で掴もうと努める・・元ラグビー選手平尾剛さんの言葉

  13. 立つこと秤の如く、動くこと車輪の如し - らくらく太極拳

    立つこと秤の如く、動くこと車輪の如し

    「立つこと秤の如く」が実現して本当の「動くこと車輪の如し」となるような気がします。

  14. 上虚下実 - らくらく太極拳

    上虚下実

    「上虚下実」・・言葉の意味は解かるが、どうしたら身につくのだろう。簡単そうで意外と難しい、でも意外と繋がる、意外と役立つ、意外と気持ちが良い・・・これは意外、確かに凄いです。太極拳の動きの極意か・・言葉を駆使して説明しても、手取り足取り教えても、伝えられない感覚があると思います。slugger平尾誠二さんの言葉を思い出す・・・「感覚を辿れば、そこには創意工夫が生まれる」「一を聞いて十を知るの...

  15. 空の腰をなくす - らくらく太極拳

    空の腰をなくす

    「空の腰をなくす」・・最近アクセスが増え検索ワードにあったフレーズ・・太極拳でよく聞く「空の腰」「空の手」は同じこと・・有名な傳清泉老子が来日されて仰った言葉「日本の方は手を動かしていますが、太極拳の手は使うものです」と・・それは太極拳として使えない役にも立たない腰や手のことかも・・老子曰く「それは健康の足しにもなりません」と・・

  16. 含胸塌腰 - らくらく太極拳

    含胸塌腰

    「含胸塌腰是基本要領」楊氏太極拳五代伝人傳声遠老師(傳鐘文老師の子、傳清泉老師の父)の「論楊式太極拳練習法」の一文初めての中国・・・セントレアから上海経由で西安へ

  17. 太極拳で回すハンドルは - らくらく太極拳

    太極拳で回すハンドルは

    先日、講師を務めるカルチャー教室で「体の前面に向かう意識を身体の背面の力で押し出す意識にするだけで動きの質が格段に良くなります」と説明して実演、理解に苦しむ方もうなづく方も様々、でも出来ても出来なくても、その動きと姿勢の違いは皆さんが納得・・・休憩タイムに生徒さんの一人(少林寺拳法と居合い抜きをやっておられる)が「居合いの抜刀の際、相手に柄を抑えられたとき如何にして抜けばいいのか悩んでいまし...

  18. 太極拳と気功 - らくらく太極拳

    太極拳と気功

    最近、気功に興味を持ち様々な処にアクセスをして知識を得ています。そんな中で共感できるブログを見つけ、10年以上前の最初の書き出しから今、熟読の最中です。

  19. 明けましておめでとうございます★ - OLMI夫人の独りゴチ

    明けましておめでとうございます★

    皆様遅ればせながら明けましておめでとうございます。2018年がスタートしました。今年はどんな1年になるのでしょうか。年末に色んなお友達と来年の抱負について話したりしましたが、自分も含めてやっぱり多くの人が「平和、平穏、自然との調和、自分に無理をしない、自分の好きな事をする、地球の為になる事、生活の向上」がキーワードになっている場合が多くなった気がします。去年1年間でまた色んな人と知り合って色...

  20. 今年の最大の収穫 - らくらく太極拳

    今年の最大の収穫

    2017年も残りあと僅か・・今年の自分の太極拳での最大の収穫は、仙骨と後頭骨が繋がったこと。その感覚は・・目力が出てくる、軸が立ち、軸が極まる、視界が広がり、体が軽くなり、動きに余裕が出来てくる、力みが無くなり、足裏の捻れもなくなる。2007年、船上で24式太極拳を覚えてから10年、2017年の出来事でした。NHK紅白歌合戦・・今ちょうど桑田啓祐・若い広場♪が聞こえます。続いて、ゆず・栄光の...

総件数:27 件

似ているタグ