身体感覚のタグまとめ

身体感覚」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには身体感覚に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「身体感覚」タグの記事(20)

  1. シーズン真っ盛り! - カミナリハリナミカ?

    シーズン真っ盛り!

    夏真っ盛りですね!知っている人は知っている。知らない人は本当に知らないのですが、この時期土日はいたるところで阿波おどりのイベントが開かれています。僕が所属する浅草雷連も昨日は小岩、今日は浅草かっぱ橋で阿波おどり。土曜が夜の出演で、日曜が真っ昼間と、大忙しの2日間になるのですが、両日とも思いっきり楽しんできました。小岩は本当阿波おどり大会が根付いてきましたね。初年度からいい雰囲気のところでした...

  2. 運動前後の体重と水分摂取 - カミナリハリナミカ?

    運動前後の体重と水分摂取

    暑くなりました。テレビでは当たり前に決まりきった文句を言いますね。「熱中症の危険性がありますので、こまめに水分を取って下さい」そして僕は「取りすぎちゃダメですよ。そんなに取らなくても大丈夫ですよ。」と言います。スポーツを本格的にやっていて、トレーナーがついているところは、運動する前と後の体重を計って、しっかり水分摂取がなされているかを見たりします。食事管理をしっかりしているようなところは問題...

  3. 立腰(りつよう) - カミナリハリナミカ?

    立腰(りつよう)

    「背筋を伸ばしなさい!」子どもの頃にこう注意された方は少なくないと思います。でも僕はこのフレーズは嫌いです。間違った身体感覚を惹起させるからです。大事なところが起きてないのに、背筋を伸ばすことは無理な負担を身体に強いることになります。すべきは「立腰」腰を立てることです。骨盤を起こすと言ってもいいでしょう。腰が寝てるのに、背筋を伸ばしても意味がない。でもこういう人は多いです。子どもにも大人にも...

  4. 「食べない人たち」を読んで - カミナリハリナミカ?

    「食べない人たち」を読んで

    『食べない人たち 「不食」が人を健康にする』(マキノ出版)もちろん久しぶりに本を読んだわけではないのですが、ついさっき読み終えた本なので感想を書いておきます。「一日一食」を現在していますが、この本に感化されたわけではなく、やってみようと思い、その後この本を知り、ほとんど食べないで過ごしている人は、何を思って、何を感じているのだろう、と思い手に取りました。今日読みはじめてすぐに読了できましたが...

  5. それは、身体が知っている - 多次元を生きる、進化のプロセス

    それは、身体が知っている

    今日は、こちらは朝から激しい雨が降っています。浄化の雨かな。昨夜、戦いの波動が吹き荒れたので、それの浄化を担っている感じですね。ここ三日ほど、少々ハードでしたが、今日は少し落ち着いています。明日は夏至なので、動きの気配はすでに感じています。今日は、その前日、ワンクッション置く感じでしょうかね。地殻変動の動きが加速しているようなのですが、緩んで動きが噴出するということは、人間の内面にも同じこと...

  6. アレンジはダメ! - カミナリハリナミカ?

    アレンジはダメ!

    「ふだんやった方がいい運動ありますか?」運動器疾患でこられている方はよくこう言いますね。悪い使い方によって引き起こしたものも結構多いので、こういった対処には慎重なのですが、一応提示はさせていただきます。でも困るのが、それで満足して来なくなる方。決して売上が減るからということではないんですよ。一度言ってその通りにできる人は皆無なんです。たいがい次来たときに修正することになりますし、そのときの様...

  7. 合った靴を履く大事さ - カミナリハリナミカ?

    合った靴を履く大事さ

    僕は普段診療中は、季節や気分によって裸足か靴下か足袋かスリッパです。ですから仕事中合った靴を履くということに悩むことはないのですが、何度かブログでも書いているように、足のサイズが大きい方なので、靴選びは気をつけます。しかも右の方が1センチ以上大きい。これがこれから変わることはないし、既成の事実としてわかっているから対処できるのですが、成長期の子どもはわかっていない子も多いです。普段の靴だと痛...

  8. 肩の位置 - カミナリハリナミカ?

    肩の位置

    最近新たな感覚を手に入れました。肩のポジションです。肩があるべきところにくると、肩の中が呼吸によってしっかり動いてくれます。実は丸まっていたことを実感します。鎖骨が少し巻いていたというか、胸骨がお辞儀をしていたというか。。。偉そうなことを患者さんに言ってて、まだまだ自分が未熟です。完璧になるなんてことはないですからね。こうやって新たな発見をするのが楽しいです。そうやって自分がよくなり、患者さ...

  9. 運動会が終わって思うこと - カミナリハリナミカ?

    運動会が終わって思うこと

    次男の小学生最後の運動会が終わりました。リレーの選手になったりならなかったりの6年間でしたが、イラストがマスコットに選ばれたりと、その年その年でハイライトはあり、今回は騎馬戦。①全員一斉にやりどちらが多く残っているか②一騎討ち③大将戦(大将が取られたら負け)という三本勝負。①②と意気込むも思うような結果が残せず迎えた大将戦。敵の残り騎馬が大将のみとなり、逃げる大将に騎馬ごとアッタク!しかも頭...

  10. お腹がいっぱいになった! - カミナリハリナミカ?

    お腹がいっぱいになった!

    以前このブログで僕はこんなことを書きました。「お腹がすくというより喉がすく」または「胸がすく」実は考えてみると、ここ何年か、お腹がすくという感覚を感じてないんじゃないか、と思っていました。「食べたい」という感じになったときに、じゃあどこが空虚なのかと問われると、お腹じゃなかったのです。それで食べるものですから、満たされるところも、喉とか胸。みなさんはないですかね?これは炭水化物を多く摂取する...

  11. ブレサリアン - カミナリハリナミカ?

    ブレサリアン

    道教の世界にある「気を食べて」長寿になるという考え。長寿という目標をそこまで持っているわけではありませんが、身体に対する追求は止むことがないので、気になるわけです。一日一食をしていて、それも可能かも、と思っていたら、現実にやっている人がいるんですね。水も飲まずに日を浴びて呼吸だけでエネルギーを得ている人や、水分と呼吸だけで、出産まで普通に行なっている人、これは知っていたのですが、毎日青汁一杯...

  12. 食 - カミナリハリナミカ?

    「穀」を食らう者は、知恵があって器用である。「気」を食らう者は、神明にして長寿である。何も食らわない者は、不死にして神妙である。中国の昔の書物にはこんな記載もあります。「気」を食べる。興味深いですね。当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますありがとうございます!

  13. 続・急逝に思う - カミナリハリナミカ?

    続・急逝に思う

    昨日の続きです。健康のためにいいことをしているのに、身体に問題が出る人。これは運なのでしょうか?それとも何か理由があるのでしょうか?何が起こるかわからない。そんなフレーズも耳にしますが、運を天に任せるしかないのでしょうか?僕はそんなことはないと思っています。例をあげましょう。東大を受験する人がいるとします。一方は東大に入るために毎日10時間以上勉強している人。もう一方は、それほど勉強せずとも...

  14. まだまだ甘い - カミナリハリナミカ?

    まだまだ甘い

    「呼吸」の大事さは何度となくこの場で説いてきました。生きている上での活動で何よりも大事なこと。呼吸をよくすることで身体はすこぶるよくなるということを、常日頃患者さんにも説いています。でも、自分自身まだまだでしたね。。。とてつもなく動きの悪いところを自分の中に見つけました。結果的には喜ばしいことなんですけどね。僕は自分にできないことは患者さんにも要望しないようにしているので、ちょっと申し訳なく...

  15. 人体実験中 - カミナリハリナミカ?

    人体実験中

    ちまたに出ているいろいろな健康法。それを全てやるのは現実的じゃないし、別に健康オタクなわけではないのでしませんが、これをやるとどうなるのだろう、という興味を持てたものは実験します。その実験結果を何によって判断するか。調子がいい、悪い、便の状態、尿の状態、睡眠、様々ありますが、鍼灸師であるならば、自覚症状だけでなく、体表所見によって判断したい。今回の人体実験、いい症状、悪い症状あるのですが、食...

  16. 一日一食生活 - カミナリハリナミカ?

    一日一食生活

    以前の職場で診ていた患者さんに、現在プロスノーボーダーをしている人がいます。当時高校生から大学生。自分なりの考えを強く持っていて、でも人の意見もしっかり聞く。僕が言うことにもよく耳を傾けていました。その彼がブログで一日一食生活が一年続いていることの経過報告をしていました。疲れにくくなった。余分な体重が落ちた。肌がよくなった。使える時間が増えた。体の内側に意識がいくようになった。などなど、一年...

  17. 地に「手」がつく? - カミナリハリナミカ?

    地に「手」がつく?

    治療をする上で「体表観察」というものを非常に重視しています。体表を五感で観察して、どこに異常があるか、というのを判断するわけです。視覚も使い、聴覚も使い、嗅覚も使い、味覚は、、、使わないかな。中でも手の触覚を通して知る情報は膨大になるので、手の感覚というのは最も大事だと思います。ということは「いい手」でなくてはいけません。「いい手」とは柔らかく、あたたかく、安心感があって、包み込むような手。...

  18. 運動能力と身体の使い方 - カミナリハリナミカ?

    運動能力と身体の使い方

    「運動神経がいい」子どもの頃よく話題になりましたよね。あの子は何でもできる。いつの時代にもいると思います。そういう子。ではそういう子は身体の使い方も上手いのか?実はそうとは限らないのです。これはプロの選手でも同じです。身体の使い方も上手いとは限らないのです。いろいろなスポーツが割と得意のなのに、身体の使い方が悪い人はどのようなことからわかるか。わかりやすいのは怪我です。急性外傷でなく身体に痛...

  19. 対処法 - カミナリハリナミカ?

    対処法

    よく患者さんから聞かれることのひとつです。「もしこうなったら自分で対処するにはどうしたらいいですか?」ごく当たり前に疑問に思うところだと思います。肩がひどく凝ったら、呼吸が苦しくなったら、お腹が痛くなったら、めまいになったら、などなど。困ったときにすぐに治療に行けない場合、少しでも楽になるためになんとかしたいものですよね。でもこれにはそのときに自分で対処できるものとできないものがあります。身...

  20. あの手この手 - カミナリハリナミカ?

    あの手この手

    ある人にとって何でもない簡単な動作が、別の人にとっては理解できない難しい動作であるということは珍しいことではありません。僕は時間をとれるときは、その人が動作を理解できるまで一緒に追い求めます。そうすることで、身体への理解がより深まり、その人をより理解できるようにもなるからです。踵で地面を押して身体が前に倒れる、ということをたまにやってもらうのですが、この感覚がわからない人は多いです。膝で押す...

1 - 20 / 総件数:20 件

似ているタグ