輪違屋のタグまとめ

輪違屋」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには輪違屋に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「輪違屋」タグの記事(8)

  1. 京都市バス「トミカ」、とか - y's 通信 ~季節を彩る風物詩~

    京都市バス「トミカ」、とか

    ■昭和3に開業した京都市バス事業は、今年で90周年。それを記念したトミカが発売される。あの独特の緑のツートンカラーにキュンときます。京都鉄道博物館や京都水族館と京都駅を結ぶ103号系統の方向幕がデザインされているそう。ほしい♡■今年も 7/7~始まります。今年は御屋敷系が充実。狙うのはまず、島原の現役の置屋「輪違屋」。パンフレットにもなっている傘の間は前回 撮影禁止やったけど今度もなんかな。...

  2. 島原、輪違屋太夫賛姿語録その四 - 花街ぞめき  Kagaizomeki

    島原、輪違屋太夫賛姿語録その四

    外側より四方の花慶応三年版松の粧嶋原名妓譜輪違屋太夫花窓太夫花君太夫雲井太夫花香太夫馴君太夫八重雲太夫転進嬉野一之袖衣袖鶴袖咲花桐嬉衣如月稲積一花花鶴花月柏木芸子ちか鶴金弥小君春尾政つる登栄民路金子くら玉吉ふく松末吉小なつ小とく玉のうの栄品栄友つる来栄梅勇小つゆ松香女郎君の咲栄小雪はつ松栄雛路小いと歌栄色香今回は輪違屋さんの建物の中外の輪違紋を探してみました。

  3. 島原ぞめき島原太夫 - 花街ぞめき  Kagaizomeki

    島原ぞめき島原太夫

    輪違屋如月太夫大変無責任な立場から申し上げると、芸能などの世界で、公的機関からそれなくしては維持できない額の補助がでると、その芸能は形骸化してしまうと私は思っています。 大変残酷ですが、これは芸能に限りません。 一時火が消えかけた上方落語に、もし当時お上から多額な公的資金が流れていたら、自助努力はなされず、現在の復活は有りえなかったと思います。 現在の隆盛の礎を築いた四天王をはじめ関係者の方...

  4. 島原ぞめきまいまい京都輪違屋コース - 花街ぞめき  Kagaizomeki

    島原ぞめきまいまい京都輪違屋コース

    2017年9月18日、台風一過、まいまい京都ご一行様を私が輪違屋さんにご案内しました。如月太夫ご機嫌麗しゅう、輪違屋十代目御当主も、快くほぼ一見さんの皆様をお迎え頂きました。館内による太夫道中、かしの式、抹茶のお点前、胡弓の演奏、舞い、お座敷拝見、如月太夫子、禿ちゃんとツーショット等々盛りだくさん、そして太夫と御当主と歓談しながらの宴となり、前回、前々回同様大盛り上がりになりました。参加者二...

  5. まいまい京都輪違屋コース - 花街ぞめき  Kagaizomeki

    まいまい京都輪違屋コース

    以下の日時で輪違屋さんのお座敷に如月太夫を御招きします。お馴染みさんは別として、一般募集で輪違屋さんに一見(一現)さんがお座敷に挙がれる機会は現在まいまい京都の企画のみだと思います。太夫道中、お座敷拝見、かしの式、舞、演奏も素晴らしい感動を呼びますが、如月太夫、輪違屋十代目御当主高橋利樹さんとゆっくりお話ができるのがなによりと・・・浮世場離れの別世界をご堪能ください。くれぐれも魂を抜かれない...

  6. 島原ぞめきウィキペディア(Wikipedia) - 花街ぞめき  Kagaizomeki

    島原ぞめきウィキペディア(Wikipedia)

    桜木太夫at Hygge以下英語のウィキペディア(Wikipedia)Shimabara, Kyotoの一部を和訳しました。(大分意訳しています)島原京都歴史嶋原(島原、嶌原)は遊郭として1640年に設立され、後年花街となりました。現在は遊郭(日本では1958年に売春は法律で禁じられました。)としても、又1970年代より花街としても機能していません。今や、京都の花街の一つと数えられる事はない...

  7. 島原ぞめき島原太夫と吉原花魁 - 花街ぞめき  Kagaizomeki

    島原ぞめき島原太夫と吉原花魁

    島原太夫かしの式ネットで島原太夫に関する声を拾ってみましょう。「島原太夫は吉原の花魁とおなじ様にお客をとっていたか?」「太夫は技芸の最高峰である」「太夫には正五位の身分があった」・・・などなど、その他も色々・・・私に言わせてもらえば、正五位の身分は一先ず置いておいて、答えは・・・全てイエスであり、全てノーであります。だいたい350年前の島原太夫と100年前の島原太夫と現代の島原太夫を一つの太...

  8. 嶋原輪違屋 - 花街ぞめき  Kagaizomeki

    嶋原輪違屋

    まいまい京都のガイドとして、1月29日(日)と2月26日(日)の二回に渡り、参加者の皆様を輪違屋にお連れしました。輪違屋十代目当主高橋利樹氏の説明を聞きながら、如月太夫による太夫道中(ただし一般道路での道中は市の許可が必要なので屋敷の中で)、御客さんとの初顔合わせで行われる儀式“かしの式”、抹茶の御点前、胡弓の演奏そして舞、が厳かな雰囲気の中で進んでいきます。そして皆様を、御当主の説明による...

総件数:8 件

似ているタグ