輸入のタグまとめ

輸入」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには輸入に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「輸入」タグの記事(107)

  1. このまま放置してはいけません - 只今建築中

    このまま放置してはいけません

    マーヴィン(Marvin)社製輸入サッシ周りに施された大きめの飾りモールディング。こうしたモール材(ミルワーク)は、玄関ドアや窓の周囲を豪華に見せるという目的で輸入住宅には多く使われます。材質は硬質ウレタン。発泡プラスチックという軽い樹脂を成型して作られていますから、然程構造的な負担にはなりません。ただ、発泡スチロールと同じで、太陽光や風雨などによって経年劣化を起し、材料が収縮してくるという...

  2. 通気をするなら、軒裏(軒下)換気は必修です - 只今建築中

    通気をするなら、軒裏(軒下)換気は必修です

    こちらは、豪華でアメリカンなデザインの輸入住宅です。薄いピンク色の外壁と白い窓やディンプル・モールディングの軒飾りが印象的。そんな美しい築12年のおうちですが、今までに2階の天井から数回雨漏れが発生したことがあったそうです。お客様が以前知り合いの塗装屋さんに相談した際には、屋根からの雨漏りではないかということで結論付けたようですが、実際にどこから雨漏れをしているか場所の特定には至っていないと...

  3. 欧米の玄関には、土間はありません - 只今建築中

    欧米の玄関には、土間はありません

    アメリカの輸入木製ドア・メーカーのシンプソン(Simpson)社が紹介しているインテリアの風景です。この玄関ドアは、木製と言っても雨に強い防水加工がされたドアになっていますから、長くお使い頂けるタイプになっています。木目が好きな日本人には少しもったいないようにも思えますが、ベタ塗りで塗装された感じもなかなかアメリカンでいいですね。インテリアのコーディネートからすると、少し海っぽい感じのする白...

  4. 輸入の玄関ドアは、重くて丈夫 - 只今建築中

    輸入の玄関ドアは、重くて丈夫

    輸入住宅に施工される玄関ドアは、木製かファイバーグラス製のものが使われます。(古いものでは、スチール製もありましたね)こうした輸入ドアは、国産のアルミ製と違い、相当な重量があるものです。木製の場合であれば中まで木で出来ていますし、強化ガラスでサンドされたステンドグラスがはめ込まれていたりしますから、60kg以上の重さのものもしばしばです。ですから、泥棒や空き巣が破壊しようとしても困難を伴いま...

  5. これだけの窓部品を交換しました - 只今建築中

    これだけの窓部品を交換しました

    金属の棒のようなものが、チャネルバランサー。そして、手前にあるのが、ケースメント・サッシのオペレーターです。輸入住宅1軒分の窓のメンテナンスとなると、このくらいの量の部品になるんですね。新築から15年近く経っていますから、どれも錆び付いて再利用することも出来ません。古い輸入住宅にお住まいの皆さん。そろそろ輸入サッシのメンテナンスのタイミングかも知れませんよ。一度、窓を開け閉めして、作動点検を...

  6. シングルハング・サッシのバランサー交換 - 只今建築中

    シングルハング・サッシのバランサー交換

    昨日に引き続き、ミルガード(Milgard)社のシングルハング樹脂サッシのメンテナンスです。15年以上経ったサッシですから、建具(障子)を持ち上げているバランサーも寿命が来ています。このお宅のシングルハング・サッシは、全部で14ヶ所。バランサーはその両側に付いていますから、全部で28本交換が必要です。殆どのサッシは、窓が開かない状態か、開けても下がってきてしまう状況ですから、ほぼ窓は閉めっぱ...

  7. 輸入サッシのガラス交換 - 只今建築中

    輸入サッシのガラス交換

    ミルガード(Milgard)社のシングルハング・樹脂サッシ。ペアガラスに内部結露が発生したとのことで、新しいガラスに取替えました。建具(障子)の枠に隠れている部分のガラスを露出させ、幅・高さ・厚みを計測。既存のペアガラスと同じサイズのものを2ヶ月掛けてアメリカから取り寄せました。ミルガードでは交換ガラスの供給をしてくれませんから、別のメーカーに依頼して作ってもらったのですが、白い格子もそれ程...

  8. 外れてしまった室内側のレバーハンドル - 只今建築中

    外れてしまった室内側のレバーハンドル

    お客様から輸入玄関ドアのハンドルセットが外れてしまって何とかして欲しいという相談がありました。お客様から送って頂いた写真がこちらですが、室内側のレバーが台座ごと外れ掛かっているようです。でも、これだけではどこが悪いのかは判別出来ません。お客様にどういう状況か、詳しく教えて下さいとお願いしてもレバーの外し方も分からないし、どこをどう見ていいかも分からないとのこと。こちらの製品は、クイックセット...

  9. 使う場所が違います - 只今建築中

    使う場所が違います

    こちらの写真は、浴室に使われたマーヴィン(Marvin )社のアルミクラッド木製サッシ。木部の至る処にカビや黒ずみがあり、開閉金物が取り付けてあった場所は、塗装が剥がれ随分腐ってきています。欧米でバスルームと言えば、シャワースペースを備えた洗面でバスタブにお湯を張って肩まで浸かることは殆どありません。でも、日本の浴室は常に浴槽にお湯を張って、水分や湿気が部屋中充満している状態です。そんな場所...

  10. 基本、防犯性に問題はありませんが・・・ - 只今建築中

    基本、防犯性に問題はありませんが・・・

    夜、おうちに帰宅された際に、玄関ドアのハンドルを操作してもラッチが引っ込まず開かなくなったそうです。鍵屋さんに来てもらって開けたそうですが、どうしてもドア・ラッチ(鍵爪)が引っ込まず、最終的にはラッチの頭を切り落としてしまったとのこと。こちらのラッチは、ロックを掛けるデッドボルトのバー・ラッチではありませんから、最悪なくてもロックは掛かります。ですから、セキュリティうんぬんでは何ら問題はあり...

  11. シーリング・ファン付きのシャンデリア - 只今建築中

    シーリング・ファン付きのシャンデリア

    クリスタルやファブリック・シェードが付いた一見豪華なシャンデリア。ただ、このシャンデリアは、豪華なだけではありません。室内の空気を循環させて、温度を一定にしてくれるサーキュレーターの機能もあるんです。それがシャンデリアの一番下に付いているシーリング・ファン。この中にファン・ブレードが付いていて、それが回転することで空気を撹拌してくれるというスグレモノ。大きなシャンデリアは、吹抜けなどの高い天...

  12. オペレーターだけの問題? - 只今建築中

    オペレーターだけの問題?

    こちらは、カナダ ローウェン(Loewen)社製の4連ボウウィンドウ。お客様からサッシの開閉の調子が悪いので、クランクハンドルとオペレーターの交換をして欲しいという相談を頂きました。ハンドルやオペレーターは、回転するギアが擦り減ったりして空回りしてしまう状況であれば、交換する必要が生じます。ただ、そこで問題なのは、何故ギアが減ってしまう程の無理な力が掛かってしまったのかということ。建具(障子...

  13. ガラスが割れたハード社製ボウウィンドウ - 只今建築中

    ガラスが割れたハード社製ボウウィンドウ

    最近サッシのペアガラスの破損について相談を頂くことが、多くなってきたように思います。今回ご相談頂いたのは、ハード(Hurd)社製アルミクラッドのボウウインドウ。弓なりになった4枚建具の大きなサッシは、豪華さも飛び切りです。そのうちの1枚のペアガラスですが、内側のガラスにたくさんのヒビが入ってしまいました。(この状態ではもう1枚のガラスが残っていますから、防犯性や防雨性に問題はありません)外側...

  14. ガレージドア、トーションスプリングの破断 - 只今建築中

    ガレージドア、トーションスプリングの破断

    輸入の木製ガレージドアをお使いのお客様からガレージドアの修理のご相談を頂きました。ご覧のようにドアを開閉させる為に使うトーションスプリングと呼ばれる大きなバネが、途中で2つに破断しています。電動モーターのオープナーだけでは、重量のある木製シャッターは持ち上がりませんから、この状態ではビルトインガレージが使えなくなってしまいます。このドアの重量に合った強度のトーションスプリングを準備して交換す...

  15. バイフォールドドアのトップ・ピボット - 只今建築中

    バイフォールドドアのトップ・ピボット

    以前、頭の先にローラーが付いたピボットを紹介しましたが、今回お客様からお問い合わせを頂いたのは、全て樹脂で出来た棒状のピボットです。折れ戸の上枠に取り付けられたレールの中を、ローラーが走るのではなく、樹脂の頭が左右に動くタイプです。このタイプの金物は、20年程前の輸入住宅ブームの際に建てられたおうちにはよく使われましたが、今では国内販売されていない部品です。比較的柔らかなナイロン樹脂製の為、...

  16. 照明でも癒されますよね - 只今建築中

    照明でも癒されますよね

    お庭を見渡せるガラス張りのリビング。真っ白で清楚な感じのインテリアに、たくさんのアイアンの葉が付いたシャンデリアが吊り下げられています。ロウソク型の電球が9つ付いた照明は、明るさも十分。一日が終わっておうちに帰ってから、リビングでくつろぐ夜のひととき。そんな空間と時間には、この輸入照明はいいかも知れません。国産にはない美しい輸入照明を皆さんも如何でしょうか。輸入住宅の新築やメンテナンス、コン...

  17. シャンデリア用クリスタル - 只今建築中

    シャンデリア用クリスタル

    最近の輸入シャンデリアには、キラキラ輝くクリスタルが付けられたものが多くあります。スワロフスキーなどの有名クリスタル・ガラスが採用されたものは、輝きが違いますよね。ただ、そうしたシャンデリアでもクリスタルを落としてしまったり、小さな子供さんが外してどこかに行ってしまったりして、なくなってしまうこともよくあります。でも、そういう場合に備えて、追加が可能なクリスタルが北米では販売されているんです...

  18. シャンデリアを華やかにする天井飾り - 只今建築中

    シャンデリアを華やかにする天井飾り

    こちらは、天井を飾るシーリング・メダリオン。まん丸のものが多い中、四方八方に装飾が飛び出しているようなデザインで華やかですよね。シーリング・メダリオンは、通常発泡ウレタンを成型して作られていますが、元々は大理石を彫刻したり石灰を固めて作られていたようです。リビングやダイニング、寝室などの照明器具に台座飾りとして使われますが、やはりシャンデリアのように豪華な照明に取り付けるのが最も効果的かも知...

  19. 小さな子供やお年寄りには注意が必要 - 只今建築中

    小さな子供やお年寄りには注意が必要

    こちらは、暖炉や薪ストーブの熱や炎から人間やペットを守る為のガード・スクリーン。表面にはステンレス製の細かな網が張ってあって、炎は見えても灰や火の粉は外に出てこないというものになっています。薪ストーブは、耐熱ガラスのフタが付いていますから炎の心配はありませんが、本体に触ればやけどを負うかも知れません。特に小さな子供さんやお年寄りは、ふとした拍子に手や足が触ることがありますから、用心しなければ...

  20. バネが脱落した輸入掃出しサッシのロックケース - 只今建築中

    バネが脱落した輸入掃出しサッシのロックケース

    こちらは、サッシ・メーカー不明の北米製モーティス・ロック。掃出しサッシに取り付けられていたロック金物なんですが、ご覧のように小さなバネが飛び出しています。これは、ロック・ラッチと呼ばれる鍵爪を出し入れする際に使われるバネなんですが、こんなに小さなものですから長年使用していると劣化して金物から脱落してしまうのです。こうなると鍵を掛けられなくなりますから、防犯上心配ですね。窓メーカーも分からない...

1 - 20 / 総件数:107 件

似ているタグ