輸入のタグまとめ

輸入」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには輸入に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「輸入」タグの記事(95)

  1. オペレーター・ハンドルやカバーも消耗品 - 只今建築中

    オペレーター・ハンドルやカバーも消耗品

    樹脂製の輸入サッシに取り付けられた開閉金物のうち、室内側で目に留まるのがこのオペレーター・ハンドルとそのカバー。鋳物のハンドルは、開閉の為に常に回転していますし、カバーは薄いプラスチックで出来ていますから、無理に回したりしていると破損してしまうことがよくあります。以前にも書かせて頂きましたが、輸入サッシは本来強い力を掛けなくても軽く操作出来るように作られています。ですから、ハンドルが固くて回...

  2. 特に壊れた様子もないようですが・・・ - 只今建築中

    特に壊れた様子もないようですが・・・

    下側が開いていくミルガード(Milgard)社?のオーニング・サッシ。両袖の窓枠に写真のようなロック部品が付いています。こちらのレバー部品は、鋳物で出来ていますが、あまり破損したというご案内を頂いたことはありません。今回、お客様から注文したいというリクエストを頂いたのですが、頂いた写真を見ても特に問題がありそうな感じはありません。こちらのサッシは、浴室に施工されているようですから、もしかした...

  3. 掃出しサッシの車輪です - 只今建築中

    掃出しサッシの車輪です

    ミルガード(Milgard)社?の掃出しサッシ用の戸車が欲しいということでこの写真を頂きました。本当にミルガードのサッシなのかは不明ですが、こうした戸車部品は北米にはいくつもあります。ですから、サイズや形をしっかり見極めてから注文しないといざ付けようとしても付けられません。輸入の掃出しサッシは、強化ガラスのペアガラスとなっていますので、片方の建具(可動側の障子)だけでも最低60kg以上ありま...

  4. ここにブルノーズを使うのは、微妙ですぅ - 只今建築中

    ここにブルノーズを使うのは、微妙ですぅ

    ジョリパットの塗り壁材で仕上げた外壁ですが、玄関ポーチの開口部の角が丸く仕上げてあって、柔らかな印象になっています。壁と天井の角を丸く仕上げているのですが、恐らく内装のドライウォールのコーナー部分を丸くする時に使うブルノーズと呼ばれるコーナー材を下地に使っているのでしょうね。ただ、ジョリパットの塗り壁は、柔軟性があまりなく、下地施工に間違いがあれば、すぐに壁にクラックが入ってしまいます。また...

  5. アンティーク仕上げにも見えますが・・・ - 只今建築中

    アンティーク仕上げにも見えますが・・・

    新品のものを塗装の仕方で古いアンティークに見せることが、日本でもトレンドになりつつあります。アンティークに価値を感じる世の中は、豊かな成熟した社会と言えるのですが、それはメンテナンスを怠って放置するということとは違います。写真は、真っ白な塗装をした木製の玄関ドア。ただ、その塗装も至る処塗装が剥げて、木の下地が露出しています。このままにしておけば、太陽の強い紫外線や風雨に曝され、木部は徐々に劣...

  6. この状態は、危険です - 只今建築中

    この状態は、危険です

    先日、外壁の塗り直しの打合せの為にお客様のおうちに伺った際にこの写真を撮りました。玄関ポーチの屋根を支えている大きな円柱(エンタシス又はコラム)の台座部分ですが、白い塗装が剥げて下地の黄色いウレタン材が露出しています。ウレタンだけでは、屋根を支えるだけの強度が出せませんから、芯に太い塩ビのパイプや木材が入っていると思われますが、それを覆っているウレタンは塗装によって劣化を防いでいるのです。こ...

  7. リビングにハシゴ階段 - 只今建築中

    リビングにハシゴ階段

    名古屋市天白区で外装のリフォーム工事をさせて頂いた輸入住宅ですが、室内でもロフトに掛けるハシゴ階段を設置させて頂きました。リビングの一角にある吹き抜け空間なんですが、ここにロフト用のハシゴが欲しいというものでした。写真のように、2階の手摺が付いていない場所が設けてありました。つまり、何れかのタイミングでハシゴ階段を付けたいと思われていたのだろうと思います。このハシゴは、デンマーク製の無垢のパ...

  8. ローウェン製ケースメント用ロック部品 - 只今建築中

    ローウェン製ケースメント用ロック部品

    関東の工務店さんから、ローウェン(Loewen)社製輸入サッシのロック部分が破損した旨お客様から連絡をもらったので、部品がないかとの問い合わせを頂きました。ずっと部品がなくて壊れたままになっていたのか、ロック部品を5個程欲しいということでした。写真の左に白いプラスチックのパーツが顔を出していますが、このパーツは本来ロック部品の中に隠れているものなんですが、欠損したのか外に飛び出してきています...

  9. 木部が劣化したマーヴィン社ダブルハング - 只今建築中

    木部が劣化したマーヴィン社ダブルハング

    私の友人から、あまり使っていなかった部屋の窓について、修理が必要かどうか見てもらえないかという相談を頂きました。築20年の輸入住宅で、輸入サッシはマーヴィン(Marvin)社のものを使っているとのことでした。送って頂いた写真を見ると、上げ下げ窓のダブルハングに著しい損傷が見受けられます。あまり部屋に出入りしていなかったということなので、窓を開け閉めすることもなかったのだと思います。サッシを閉...

  10. いつものと、ちょっと違います - 只今建築中

    いつものと、ちょっと違います

    ミルガード(Milgard)などのシングルハング・樹脂サッシでは、Caldwellという部品メーカーのチャネル・バランサーが多く使われます。そのバランサーには窓枠側に安定的に装着出来るように、両端の樹脂パーツにウイングと呼ばれる羽根のようなものが付いています。今回、お客様から不具合部品をお送り頂いたのですが、そこにはウイングは付いていません。また、いつものCaldwellのバランサーとは、サ...

  11. 調子が悪くなった輸入ガレージドア - 只今建築中

    調子が悪くなった輸入ガレージドア

    随分使い込まれたガレージドアのようですが、今回全体的にこちらのドアの調子が悪いということで、ご相談を頂きました。ドアの材質は、恐らくスチールのような感じです。スチールと言っても中には断熱材が入っていますから、熱くならずしっかりした感じがするはずです。幅が5.4mもあるダブルサイズのガレージドアですから、トーションスプリングも大きいものが2本付いていますね。調子が悪いということですから、まずは...

  12. いいサッシは、見えない所に気遣いが・・ - 只今建築中

    いいサッシは、見えない所に気遣いが・・

    今日は、シエラパシフィック(Sierra Pacific)社の樹脂サッシについて、書かせて頂きます。写真は、ディスプレー用の樹脂サッシのカット・サンプル。シエラパシフィックが製造しているサッシの中でも、樹脂サッシは最もお値打ちで高い断熱性能を発揮する製品です。でも、安いからと言って手を抜かないのが、この会社のいいところ。写真の矢印の部分に、L字になったアルミ板が入っているのが分かりますか。最...

  13. 台風・竜巻、空き巣に屈しない高耐久サッシ - 只今建築中

    台風・竜巻、空き巣に屈しない高耐久サッシ

    台風12号は、勢力を弱めながらもまだ中国・九州地方を西進していますが、皆さんのおうちには被害はありませんでしたでしょうか。先日、シエラパシフィック(Sierra Pacific)社のサッシの販売促進を私共がやっていくという記事を書きましたが、これから同社の特徴的な製品をいくつか紹介していきたいと思います。以前書かせて頂いた記事で、「スーパー台風・突風対応型高強度の輸入サッシ」が存在すると書か...

  14. 販売促進に協力していきますよ - 只今建築中

    販売促進に協力していきますよ

    昨日・今日と旧ハード(Hurd)のシエラパシフィック(Sierra Pacific)社の国際セールス・ディレクターとミーティングを行いました。輸入住宅ブームの時は、輸入サッシ・メーカーは各社共相当好調な売上げを挙げていたのですが、そのブームが去り防火規定も厳しくなって、輸入サッシの人気は輸入住宅にこだわる人だけのものになりました。でも、未だに国内市場に残っている輸入サッシは、防水や断熱性能に...

  15. マーヴィンの窓にもバランサーはあります - 只今建築中

    マーヴィンの窓にもバランサーはあります

    マーヴィン(Marvin)のダブルハングのメンテナンスをしたいというご相談を頂きました。窓枠の両サイドに内蔵されたバランサーが切れたらしく、窓の開閉が難しくなったようです。マーヴィンの古いダブルハングについては、雨漏れして建具(障子)が腐ったというトラブルは多いのですが、意外とバランサーが切れたという相談は少ない状況です。それでも、年に1~2件の問い合わせを頂きますから、丈夫な部品でも経年劣...

  16. あるもの、ないものが問題です - 只今建築中

    あるもの、ないものが問題です

    静岡県のお客様からコーラー(Kohler)社のキッチン水栓についてご相談を頂きました。今では貴重なゴールド色のクラシックな水栓金具です。長い鶴首の根本の辺りから水が漏れるというトラブルなんですが、新築したビルダーさんに相談したら、古い水栓金具なので修理部品は手に入らないと言われたとのこと。そこで、何とかならないかとNETで調べた処、ホームメイドのサイトに辿り着き、問い合わせをされたのです。幸...

  17. 輸入ドアのヒンジ交換 - 只今建築中

    輸入ドアのヒンジ交換

    今日は、豊田市にある輸入住宅でドア下が床に擦るという状況の玄関ドアと室内ドアのヒンジ(蝶番)を交換してきました。輸入の玄関ドアは、グラスファイバー製。ただ、ドアのエッジ(木口)の部分は木で出来ています。そこにヒンジをビスで取り付けていくのですが、新築時に施工した人のやり方が現場毎に違っていますし、ドア自体も3次元に歪んで変形していますから、私たちもそれに合わせて交換作業を進めていかなければな...

  18. 福井でロックを解除してきました - 只今建築中

    福井でロックを解除してきました

    先週土曜に、ローウェン(Loewen)製の勝手口ドア(フレンチ・シングルドア)のメンテナンスに伺ってきました。名古屋からですと、片道3時間半。途中、道の駅で昼食の時間を取りましたから、更に30分近く余分に時間が掛かりました。ご相談は冬の時期に頂いていたのですが、雪が深い時期に当たった為、このタイミングまで延期していました。この日は、福井市でも35度前後。延期するにしても、もう少しいい季節にす...

  19. 掃出しサッシのハンドル&ロックも交換出来ます - 只今建築中

    掃出しサッシのハンドル&ロックも交換出来ます

    輸入サッシのスライディング・パティオドア、いわゆる掃出しサッシですが、ハンドルやロックレバー、ロック金物が壊れることがしばしばあります。ロック金物は、モーティシー・ロックと呼ばれるラッチ・フックの出し入れがうまくいかなくなるという問題が発生するのですが、これは経年劣化ですから15年くらいで交換することが望ましいと思います。ハンドルや付属するロックレバーについては、樹脂や鋳物で出来ているものが...

  20. 室内ドアの蝶番も減るんですよ - 只今建築中

    室内ドアの蝶番も減るんですよ

    豊田市のお客様から、輸入の玄関ドアのヒンジが摩耗したので交換したいというお問い合わせ頂きました。その際、リビングなどの室内ドアのヒンジも同様に減ってきているので、一緒に交換出来ないかというご相談を頂きました。その室内ドアの蝶番の写真が、こちらです。ヒンジのプレート同士が噛み合う場所の金属が擦れて、黒く錆が出ているのが分かります。北米式の玄関ドアのヒンジは、127mmのものか、102mmのもの...

1 - 20 / 総件数:95 件

似ているタグ