輸入のタグまとめ

輸入」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには輸入に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「輸入」タグの記事(105)

  1. 輸入ペアガラスの交換は、準備が必要 - 只今建築中

    輸入ペアガラスの交換は、準備が必要

    昨日、岐阜県山県市にある輸入住宅で、輸入樹脂サッシのペアガラスを交換してきました。ペアガラスの内部に水滴が付く内部結露が発生していた為に、今回ガラスを交換することになったのですが、ここでは国産ガラスは使えません。輸入サッシに使われているペアガラスは、国産ガラスと規格が異なる為、うまく建具に適合することが出来ないからです。ですから、今回もわざわざペアガラスの採寸を行った上で、アメリカで製造した...

  2. 天災は、忘れた頃にやってくる - 只今建築中

    天災は、忘れた頃にやってくる

    昨日、朝の通勤時間を襲った大阪北部地震(まだ仮の名称ですが)。地震自体の規模としては、然程大きなものではなかったのですが、大阪では直下型の地震であった為、被害が拡大した感じです。でも、今回住宅への被害は、最小限であったと言っても過言ではありません。ほぼ無傷だったようです。これは、すごいことだと思います。今の基準で耐震化されていない住宅も多かったはずですが、日本の家は軽く、揺れに対してはしなや...

  3. 輸入網戸を作ります - 只今建築中

    輸入網戸を作ります

    最近、輸入サッシの網戸を作って欲しいというご依頼が増えてきました。やはり、梅雨時になって部屋が湿気ってきますから、窓を開けたいですもんね。今回もミルガード(Milgard)社の窓の網戸を2枚と今後の修理用に網戸のコーナー材や取っ手の予備も購入したいという相談でした。写真のものは、シングルハング・サッシの網戸ですが、恐らくこれと同じ形のものが破損したので、これを参考に調達して欲しいということだ...

  4. 台風や突風に備えるサッシが、求められている - 只今建築中

    台風や突風に備えるサッシが、求められている

    この写真は、今朝沖縄タイムスのNETニュースに掲載された「台風6号で瞬間風速62mを観測した伊江島空港事務所の窓ガラス」。サッシのアルミ・フレームは曲がり、ガラスは粉々に砕けている。でも、この台風は、然程強いというフレコミもなく、現に今日の午前中には温帯低気圧になってしまっている。地球温暖化は、普通の台風でも何某かの特別な能力を与えてしまう恐ろしい環境変化と考えてもよさそうである。日本の住宅...

  5. 均一に引き込めるから、歪みが少ない - 只今建築中

    均一に引き込めるから、歪みが少ない

    メーカー不明の樹脂サッシのケースメントです。このサッシには、マルチロックという機能が付いていて、1ヶ所で操作すると4ヶ所の位置でロックが掛かります。白い矢印がロックレバーで操作する位置、赤い矢印が実際に鍵が掛かる位置です。お値打ちバージョンのサッシでは、操作箇所とロック箇所はそれぞれ1ヶ所。それも操作がしやすいように、窓の下の方の高さにありますから、窓の上の方が窓枠に十分引き込めないというこ...

  6. 割れたハード社のペアガラス - 只今建築中

    割れたハード社のペアガラス

    静岡からハード(Hurd)社製アルミクラッド・オーニング・サッシのペアガラスが割れてしまったという相談を頂きました。やはり、ガラスが割れたままでは、防犯や台風などが心配ですね。どうして割れたのかは不明ですが、19年前に施工された木製窓の建具を調達するというのは、国産サッシではあり得ないことですね。サッシ・メーカーに寸法やガラスの種類、格子のあるなし、アルミの外装色や施工時期等を連絡した上で、...

  7. 違うサッシメーカーの建具で窓を直す - 只今建築中

    違うサッシメーカーの建具で窓を直す

    上げ下げ窓のダブルハングですが、ご覧のように上窓(アッパーサッシュ)の下枠の木が腐っています。こういう場合、上窓自体を新しいものに交換するか、それが出来なければ木製の下枠部分だけを加工して付け替える方法があります。ただ、このサミット(Summit、Wenco)という窓メーカーは、別のメーカーに吸収されて今は存在していません。ですから、もう新しい建具を作り直してもらうことが出来ないのです。また...

  8. 時間が経っても美しい - 只今建築中

    時間が経っても美しい

    こちらは、四日市市の輸入住宅で17年前に施工されたドライウォール。淡い天窓からの光が差し込んで、美しい光と影の陰影が出来ています。お客様に話を聞いてみると、当時体の大きな外人の職人さんがこの内装の施工をしてくれたそうな。実は、私も彼のことはよく知っていて、彼がアメリカに帰るまで何軒かドライウォールの仕事をしてもらったことがありました。外人さんと聞くと、日本人よりも仕事が雑でいい加減というふう...

  9. ペラ社製ケースメント・サッシのロック不良 - 只今建築中

    ペラ社製ケースメント・サッシのロック不良

    ペラ(Pella)社製のアルミクラッド・サッシに取り付けられているマルチロックが掛からないというトラブルです。一番下に見えるロックレバーを下に降ろすと、上にある2つの鍵爪が室内側に引き込まれて鍵が掛かるという仕掛けですが、レバーがこれ以上下げられず鍵爪も中途半端な位置で止まってしまうのです。こういうトラブルは、以前岐阜の現場でもありましたが、鍵爪を作動させる金物が破損して、欠損した欠片が部品...

  10. 入荷した交換用輸入ペアガラス - 只今建築中

    入荷した交換用輸入ペアガラス

    ウィンテック(WinTech)社の樹脂サッシに取り付けるペアガラスがアメリカから入荷してきました。サッシ・メーカーにオーダーして調達する方法が一番ですが、会社がなくなってしまったり、そういったアフターサービスにあまり積極的ではなかったりする場合は、他社にガラスの製作をお願いするしか方法はありません。そういう調達ルートがあるというだけでも、本当にラッキーだと思いますし、困っているお客様の力添え...

  11. オーニング・樹脂サッシのレバーハンドル - 只今建築中

    オーニング・樹脂サッシのレバーハンドル

    こちらは、常に湯気に曝されている浴室に取り付けられた樹脂サッシ。ハンドルを動かすと建具(障子)の下側が開いていくオーニングと呼ばれる輸入サッシですが、ハンドル部分の金物に錆が見受けられます。オーニングやケースメントの輸入サッシに使われる開閉ハンドルの多くは、クルクル回すクランク・ハンドルなんですが、古いタイプのサッシではこの種のハンドルも使われています。今回の輸入サッシは、アメリカ インシュ...

  12. 50セットとなると、結構な量ですね - 只今建築中

    50セットとなると、結構な量ですね

    こちらは、先日水戸市のお客様に出荷したマーヴィン(Marvin)社サッシ向けのスクリーン・ピン。網戸を窓枠に固定する為の部品なんですが、本当に細かいんです。10~15年毎くらいに交換する消耗品ですから、家の窓全部を交換するとなると結構な量になるのです。在庫的には十分な量がありますから大丈夫なんですが、3種類の部品をそれぞれ手作業で数えなければなりません。数セットであれば特に気になりませんが、...

  13. 無理に閉めると壊れますよ - 只今建築中

    無理に閉めると壊れますよ

    今日は、午前と午後で2件の輸入住宅で現地調査を行いました。現地調査に行くと、あれもこれも見て欲しいということになるので、結構時間を取られますし、気疲れもするので一日2件が限界です。写真のおうちは、午前中に伺ったご近所さんだったのですが、大手不動産屋さんの分譲を購入したそうですが、サッシについての詳細も何もありません。ハンドルを回して開けるケースメントという輸入の樹脂サッシなんですが、ロックが...

  14. 梅雨時には気になります - 只今建築中

    梅雨時には気になります

    昨日、ペラ(Pella)のダブルハング・サッシの建具を交換してきたという記事を書きましたが、それとは違う案件でペラ社製ケースメントのメンテナンスをご相談頂きました。こうやって書くと、ペラというサッシはあまりよくないように思われる方もいらっしゃると思いますが、輸入サッシの中でもペラは品質のよい窓なんです。ですから、ペラの記事が続いたのは、あくまで偶然であることを付け加えておきたいと思います。た...

  15. 下窓のみを交換したペラのダブルハング - 只今建築中

    下窓のみを交換したペラのダブルハング

    先日、サッシ建具の木部塗装を行ったと記事に書いたペラ ウィンドウ(Pella)のダブルハング。昨日、ガラスが割れた窓2ヶ所無事交換作業を完了しました。(同じ部屋にある窓が同時に割れたということですから、原因はペアガラスの熱割れ現象と考えられます)既存の窓は、随分古くなっていますから、塗装が日焼けしてダーク・ブラウンに変色していました。ここに無塗装の白木にパラペイントのナチュラル・クリア色を塗...

  16. 古い輸入折れ戸のトップ・レール部品 - 只今建築中

    古い輸入折れ戸のトップ・レール部品

    随分前にアメリカに注文したのですが、今月中半にようやく入荷してくるのがこの部品。今輸入住宅の新築の時に取り付けられることはあまりなくなりましたが、20年くらい前にはよく付けられていたのです。折れ戸(バイフォールドドア)には、ドアを左右に移動させる為に上枠に可動レールが取り付けられています。ドアの端にこのピボットと呼ばれる部品を差し込んで、そのレールの中をこのピボットが走ります。樹脂で出来てい...

  17. これから新しい網戸を作ります - 只今建築中

    これから新しい網戸を作ります

    輸入サッシ ミルガード(Milgard)の窓をお使いの滋賀県のお客様から、網戸が破損したので新しい網戸が調達出来ないかという相談がありました。一言で網戸と言っても、その大きさや形状は窓メーカーによって変わります。ですから、窓メーカーに直接お願いして同じものを作ってもらうのが、一番いいのですが、ミルガードはこういう細かな注文にあまり応えてくれません。そこで私たちはお客様に各部材の形状や大きさを...

  18. 交換用サッシュの木部塗装及び防水処理 - 只今建築中

    交換用サッシュの木部塗装及び防水処理

    来週取付けに伺うペラ(Pella)社製アルミクラッド(外側にアルミで覆った木製サッシ)のダブルハングの下窓(ボトムサッシュ)。これを2枚、今せっせと会社の倉庫で塗装の真っ最中。古い窓との色合わせに、ほんの少しだけ着色してパラペイントのティンバーケアで木部防水塗装をしています。(完全な色合わせは不可能ですが、少しでも違和感がないようにする為の私たちの気遣いです)新築では普通窓枠に装着された状態...

  19. ガタガタで外れそうだった上げ下げ窓もこの通り - 只今建築中

    ガタガタで外れそうだった上げ下げ窓もこの通り

    先日、岡崎市の輸入住宅のシングルハング・サッシを修理した後の写真がこちら。インシュレート(Insulate)社のシングルハング・サッシなんですが、両サイドのバランサーが壊れてしまい、窓が開けられなくなりました。バランサーが機能しないサッシは、窓枠と建具(障子)との間に隙間が生じて、建具が窓枠から外れそうな感じになってしまいます。ですから、普通のお客様は窓を開けるのが怖くなって、サッシのロック...

  20. ペアガラスの中にたくさんの破片 - 只今建築中

    ペアガラスの中にたくさんの破片

    インシュレート(Insulate)社の樹脂製ハメ殺し(Picture)サッシですが、ガラスとガラスとの間のスペースに破片らしきものがたくさん落ちているのが分かりますか?これは、ペアガラスを接着して気密を保っているスペーサーと呼ばれる材料が劣化して剥がれて落ちた様子です。スペーサーが劣化しているということは、ペアガラスの内部に雨や湿気が侵入している状況ですから、ガラス内に曇りも見受けられます。...

1 - 20 / 総件数:105 件

似ているタグ