輸入のタグまとめ

輸入」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには輸入に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「輸入」タグの記事(1023)

  1. 輸入掃出しサッシの鍵交換 - 只今建築中

    輸入掃出しサッシの鍵交換

    日曜に刈谷市の輸入住宅で鍵の交換をしてきました。メーカー不明の輸入の掃出しサッシですが、写真のようにロックケースがドアのフレームの中に組み込まれているタイプです。こうやってフレームに内蔵させるのは、外部からロックケースを外せなくして、空き巣などから鍵を守る為でもありますが、逆にお客様ご自身が鍵を交換するという作業を難しくしているということでもあります。今回、私たちは、ロックケースを特定しアメ...

  2. ケーブルを2回交換したら、ドラムも交換 - 只今建築中

    ケーブルを2回交換したら、ドラムも交換

    先日、沖縄のお客様にビルトイン・ガレージドアのトーションスプリングを出荷しました。通常はガレージドアの正確なサイズや重量を計測した上で、それに見合った強度のバネをオーダーするのですが、私たちがわざわざ費用を掛けて調査に伺うことも出来ず、違うやり方でお客様から情報を頂き、製作しました。ただ、これはイレギュラーなケースであって、推奨出来るやり方ではありませんし、万一適合しなくても責任外という条件...

  3. 外せない樹脂サッシのオペレーター - 只今建築中

    外せない樹脂サッシのオペレーター

    こちらの窓の開閉金物は、浴室にある樹脂サッシに施工されたオーニング用オペレーター(たまにケースメントのサッシに使われていることもあります)。鉄で出来ている部分が、お風呂のお湯の水蒸気や結露によって錆び付いてしまっています。今回、これを交換しようと交換部品を持ってお伺いしたのですが、樹脂サッシのフレームから外すことが出来ませんでした。実は、このオペレーターは、ほぼ一体成型に近い状況で、組み付け...

  4. 分厚いワッシャー入りのドアヒンジ - 只今建築中

    分厚いワッシャー入りのドアヒンジ

    昨日、防犯対策を含めて輸入の玄関ドアの金物類を交換したという記事を書かせて頂きましたが、今日は交換途中の様子をお見せします。手前側のドアヒンジは、真新しいゴールドのものとなっていますが、画面奥のドアヒンジは交換前の錆び付いた状態のままです。また、ハンドルやデッドロックも交換前なので、真っ茶色。交換後の昨日の写真と見比べて頂けると、その違いは歴然ですね。新しくしたドアヒンジは、以前のもののよう...

  5. 錆び付いた玄関ハンドルが蘇りました - 只今建築中

    錆び付いた玄関ハンドルが蘇りました

    今日、静岡県浜松市のお客様からご依頼を頂き、ダブルの輸入玄関ドアの金物類を全て交換してきました。主な目的は、玄関周りの防犯対策だったのですが、ハンドルなども茶色く錆び付いていて、新築当初の美しさはありませんでしたので、ハンドルやデッドロック、ドアヒンジやドアクローザー、ウェザーストリップといった気密パッキンも交換したのです。写真をご覧頂くと分かりますが、室内レバーの上にあるのが今まで付いてい...

  6. 植物燃料で暖を取る - 只今建築中

    植物燃料で暖を取る

    リビングルームのソファの前にあるコーヒーテーブル。その一角には、ガラスで囲われた中に炎が立ち上がっています。これは、とうもろこしなどの穀物などで抽出したバイオ燃料を使って部屋を暖かくする暖炉なんです。何か昔の囲炉裏を思わせる感じというか、室内で焚火をしている感覚というか、ちょっと不思議な空間ですね。燃料はバイオエタノールですから、臭いや煙も出ません。ですから、部屋が汚れたりすることがないのも...

  7. 玄関ドアのメンテナンス - 只今建築中

    玄関ドアのメンテナンス

    先日、岐阜県可児市で玄関の輸入親子ドアの調整を行ってきました。もうドアヒンジが外れかかっていましたから、危ないところでした。カナダから輸入したファイバーグラス製のドアですが、高さが2.4mもある大きなドアでしたので、ドアヒンジも縦に4つ並びます。親子ドアですから、ヒンジの合計は8つもあり、尚且つヒンジの形状が私共のものと少し違っていましたから、ドアの木枠を加工してヒンジがうまく納まるように工...

  8. リビング天井の雨染み - 只今建築中

    リビング天井の雨染み

    今日、一宮のお客様の輸入住宅にお邪魔して、外装の塗り直しと雨漏れの調査をしてきました。随分長い間塗り替えをしていなかったおうちですから、いろいろ傷みが出ているのは仕方ありません。ただ、大雨や台風の時に滴り落ちる程の水が天井から出てきたとあって、単なる結露による水漏れではなさそうです。写真をご覧頂くと分かりますが、雨染みが天井の中央辺りに出来ています(少し黒いのは、カビの一種ですね)。2階は、...

  9. クイックセットの古い玄関ハンドル - 只今建築中

    クイックセットの古い玄関ハンドル

    お客様から玄関ドアのハンドルセットについて、ご相談を頂きました。こちらのハンドルセットは、バークレー(Barkley)という名前のクイックセット(Kwikset)社製デッドロック(鍵)一体型のハンドル(インターコネクト・モデル)です。実は、このタイプのハンドルセットは、メーカーでは殆ど作っていないのが現状です。一部一体型のものも作ってはいるのですが、取付け穴の位置が古いタイプのものと全く違っ...

  10. 換気ガラリは、飾りだけ? - 只今建築中

    換気ガラリは、飾りだけ?

    家の妻壁にカマボコ型や丸型デザインで取り付けられている換気ガラリ。英語で言えば、ゲーブル・ルーバー。換気ガラリと言っても、私たち ホームメイドが使うのは換気機能がない単なる飾りのものを使います。とんがった妻屋根の下にこうした飾りが付いていると、アメリカンな感じがしますよね。本来の目的は換気ですから、家の屋根裏空間に籠った熱や湿気を逃がす役割があるのですが、鎧戸状になった形状では、強い雨風の際...

  11. 今日の交換作業は厄介でした - 只今建築中

    今日の交換作業は厄介でした

    今日、お昼頃に豊田市の現場で収納用の折れ戸、バイフォールド・ドアの修理をしてきました。写真のように、扉の上枠に付いている金属のレールは、変形してしまい長いこと使いものにならない状態だったと思います。恐らくドアを開こうとした際に、何かが引っ掛かるようなことがあって、それを無理に開けようとしてレールが曲がってしまったのでしょう。勿論、それが一度だけであれば、これだけ変形することはないでしょうが、...

  12. 果たして、開閉金物の交換だけで直るのか? - 只今建築中

    果たして、開閉金物の交換だけで直るのか?

    三重県のお客様からローウェン(Loewen)の開き窓であるケースメント・サッシが開閉出来ないとの連絡を頂きました。何でも一度開けると閉めることが出来ないので、修理をしたいとのことでした。通常、クランクハンドルを回しても、建具(障子)が動いてくれないという場合は、ハンドルの奥につながっているオペレーターギアが摩耗して空回りしているというのが不具合の原因です。ただ、そうなってしまうその先の原因が...

  13. 腕のいい職人がいれば解決するのか?大手なら安心なのか? - 只今建築中

    腕のいい職人がいれば解決するのか?大手なら安心なのか?

    台風で屋根材が飛ばされ、輸入サッシや外壁からも漏水があったお客様と、今後の計画について昨日打合せをしてきました。施工上のミスや選定した材料の特性、新築後のメンテナンスがうまく出来なかったといった複数の要素が重なったことと、強烈な台風の襲来といった自然環境の変化が今回不具合を起こした原因でした。お客様もこうした状況を不安に感じられているようで、思い入れを持って輸入住宅を建てたけれど、こんなこと...

  14. ここまで来ると、ドアが敷居に当たります - 只今建築中

    ここまで来ると、ドアが敷居に当たります

    お客様からファイバーグラス製の玄関ドアのメンテナンスを自分でやりたいので、材料供給をして欲しいというご相談を頂きました。ドアの建て起こしの調整や劣化した塗装の塗り直し、ラッチやウェザーストリップの交換といったことも行う必要がありますが、全てやるのは結構高いハードルがあります。取り敢えず、ヒンジの交換がしたいということでしたので、写真をお送り頂いたのですが、噛み合わせの部分が擦り減って隙間が空...

  15. 空回りするローウェン社製オーニング・サッシ - 只今建築中

    空回りするローウェン社製オーニング・サッシ

    こちらは、随分前に交換部品の調達をご依頼頂いたローウェン(Loewen)社製のオーニング・サッシ。今回は、この窓の金物交換修理についてご相談を頂きました。関西地方にお住まいのお客様で、先日の強い台風の影響からか、開閉の為の金物類が破損して、クランクハンドルを回しても空回りして完全に閉まらなくなったということでした。確かに風が強い時に窓を開けていたりすると、建具が風に煽られてオペレーターギアが...

  16. マーヴィン社製掃出しサッシ用戸当りゴム - 只今建築中

    マーヴィン社製掃出しサッシ用戸当りゴム

    今日もマニアックな商品をご紹介しましょう。まあ、世の中の殆どの人には、何にも関係がないものだと思います。この写真は、マーヴィン(Marvin)社のスライディング・パティオドア、いわゆる掃出しサッシに付いている木製の戸当りの先に付いているゴムなんです。輸入の掃出しサッシは、通常片引きと呼ばれる片方のドアしか開閉出来ない窓になっています。ですから、ドアを全開する度に、いつもこの戸当りのゴムに負担...

  17. これこそちょっとお手上げです - 只今建築中

    これこそちょっとお手上げです

    今は亡き、ピーチツリー(Peach Tree)社の玄関ドアの写真です。ピーチツリーと言えば、勝手口のスチールドアが有名でしたが、玄関のスチールドアを採用された輸入住宅も多かったですよね。これは、玄関のダブルドアの副開閉側のドアに付いているフランス落しと呼ばれる固定用ロックの開閉レバー。ドアの木口の上と下に取り付けられている部品ですが、プラスチックで出来ている為、劣化によって破損してしまうので...

  18. マーヴィンさん、何とかしてよぉ~ - 只今建築中

    マーヴィンさん、何とかしてよぉ~

    最近、立て続けにマーヴィン(Marvin)の掃出しサッシの不具合についてお問合せを頂きました。と言っても、普通のスライディング・パティオドアではなく、防犯性が高く値段も少々高価だったセーフティ・パティオドアと呼ばれる片引きの掃出しサッシです。こちらに付いているハンドルロックがうまく機能せず、鍵が掛からなくなってしまったというトラブルなんですが、これに対処する方法があまりなくなっているという現...

  19. よくこんな風に考えましたよねぇ - 只今建築中

    よくこんな風に考えましたよねぇ

    今日は、アンダーセン(Andersen)社製ダブルハングのメンテナンスの調査の為に、お客様の輸入住宅に伺いました。長年メンテナンスをお願いする先がなかったということで、窓もいろいろ修理や交換すべき箇所がいくつもありました。上下の建具の交換や網戸の張替え、全てのダブルハングのバランサーの交換と盛りだくさんの内容でした。それでも、何とかしたいという思いがいつもあって、掃除をしたりガラスを拭いたり...

  20. レバー台座から水漏れした水栓金具 - 只今建築中

    レバー台座から水漏れした水栓金具

    こちらは、デルタ(Delta)社製の古い洗面水栓。20年程前に施工された水栓金具ということですが、ゴールドのその美しさは健在ですね。今回ご相談頂いたのは、レバーハンドル下の台座部分から水が漏れるということでした。デルタの水栓の止水バルブは、ステム・アッセンブリーと呼ばれていますが、この部品以外にいくつかの小さなパーツが合わさることでその機能を果たしています。ですから、止水バルブ1つ交換しても...

総件数:1023 件

似ているタグ