輸入のタグまとめ

輸入」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには輸入に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「輸入」タグの記事(1023)

  1. 今回もきれいに納まりました - 只今建築中

    今回もきれいに納まりました

    旧ハード(Hurd、現シエラ・パシフィック)社の新しい交換用建具(障子)を施工した処です。チルトラッチが建具の両サイドに付いていたり、クレセントのロックのデザインが新しくなっていたりしていますが、以前のダブルハングとどう違うのか、一見しても見分けが付かないと思います。ガラスの破損を相談頂いた際にお送り頂いた写真を参考にしながら、木部に少し着色をした上で防水塗装のパラペイント、ティンバーケアを...

  2. 交換前のマスキング - 只今建築中

    交換前のマスキング

    昨日、旧ハード(Hurd、現シエラ・パシフィック)社の新しい交換用建具(障子)を塗装したという記事を書きましたが、今日はサッシの防水処理です。ペアガラスの周囲に薄紫色のマスキング・テープを張りました。マスキング・テープも用途や価格も様々ですが、塗装やコーキングを施工する際には、このテープが一番いい感じです。ペアガラスの内部結露や木製建具の腐りの原因は、ガラスの周囲からの雨の侵入が一番多いよう...

  3. 形状が変わっても、ハードなら交換可能 - 只今建築中

    形状が変わっても、ハードなら交換可能

    旧ハード(Hurd、現シエラ・パシフィック)社の新しい交換用建具(障子)です。ダブルハングの建具ですから、上下2枚ありますが、木製格子まで付いています。今回は、三重県四日市市の輸入住宅で誤って窓ガラスを割ってしまったとのことで、建具を交換することとなりました。樹脂サッシの場合、多くはペアガラスだけを外して交換することが可能なのですが、アルミクラッドの木製サッシでは木枠の付いた建具ごとでしか交...

  4. 鍵を解除するのが大変でした - 只今建築中

    鍵を解除するのが大変でした

    名古屋市にある輸入住宅に住んでいる古いお客様から、掃出しサッシの鍵が掛かったまま外れなくなったので、何とか解除して欲しいという相談がありました。20年程前に新築したお客様でしたから、そろそろメンテナンスをした方がいいと何度かご案内させて頂いているのですが、なかなかすぐには出来ない状態とのこと。何れにしても、何とかしなきゃいけないということで、急遽お伺いしてきました。確かにロックが固くて、うん...

  5. 鋳物は、固いから割れるんですよねぇ - 只今建築中

    鋳物は、固いから割れるんですよねぇ

    ミルガード(Milgard)製の古い輸入サッシに取り付けられたロックレバー。ケースメントやオーニングといったタイプのサッシに鍵を掛ける為の部品ですが、経年劣化や無理な操作で壊れることもしばしばです。この部品は、固い鋳物で造られているのですが、部品の厚みも場所場所で違っていますから、比較的薄い部分は他の場所に比べて弱いというのは致し方ありません。写真をご覧頂くと分かりますが、薄くなった部分に割...

  6. JODENの洗面水栓の漏水 - 只今建築中

    JODENの洗面水栓の漏水

    名古屋では現在台風21号が接近中で、徐々に風が強くなってきています。さてさて、台風が過ぎる夕方までの数時間、風雨はどうなることでしょうか?さて、こちらは、秋田の住宅メーカーのお客様からご相談を頂いた洗面用水栓金具です。ジョーデン(JODEN)という輸入水栓メーカーのものなんですが、止水パッキンのセラミックバルブが不具合を起こしたらしく、水側の方を閉めてもポタポタ蛇口から水が漏れるとのこと。写...

  7. 早く対処をした方がいいですよ - 只今建築中

    早く対処をした方がいいですよ

    こちらは、昨日マーヴィン(Marvin)のウェザーストリップを交換しに行った輸入住宅のサッシです。グライダーという片引きタイプの窓ですが、ご覧のようにウェザーストリップのフィンが千切れて殆どありません。また、その内側になる窓枠の木部が、雨染みで真っ黒に変色してきています。触ると少し湿気った感じで柔らかかった印象です。お客様は、ウェザーストリップが劣化した為に、建具と窓枠との間に隙間が生じて、...

  8. 種類もいろいろ - 只今建築中

    種類もいろいろ

    こちらは、今日お客様の処で交換する予定のウェザーストリップ(気密パッキン材)です。輸入サッシ、マーヴィン(Marvin)の掃出しサッシと片引きサッシ用のものですが、取り付ける場所によって形も様々。古い窓の部材だと廃番になっていたり、代替えの部材になっていたりと調べるのにも結構大変です。勿論、ダブルハングやケースメント、オーニングといった種類の違う窓だったりすると、また種類が変わります。マーヴ...

  9. デザインが美しいセンサー付き輸入照明 - 只今建築中

    デザインが美しいセンサー付き輸入照明

    こちらは、お客様から交換をしたいと言われた玄関用の新しい照明器具。今の国産の照明器具は、ガラス部分はアクリル製、本体はプラスチックといった安上がりな製品が多くなってきましたが、こちらの輸入照明は本物のガラスとアルミで作られていますから、手間が少し掛かっています。明かりは、普通の電球を使えますし、勿論口金さえ合えばLEDだって大丈夫。また、側面はガラスですが、下側は空いた状態ですから、電球の交...

  10. ハンドルが外された輸入掃出しサッシ - 只今建築中

    ハンドルが外された輸入掃出しサッシ

    ドア・ハンドルが壊れてしまった為に、このようにハンドルを外してしまった輸入の掃出しサッシは、意外と多いのではないでしょうか。この掃出しサッシは、インシュレート(Insulate)社のものですが、破損がひどく完全に外してしまわれたようです。また、ロックの掛かりも悪いので、こちらもロックを使わずにつっかえ棒をしてドアが開かないようにしているようです。恐らくロック金物の鍵の掛かる位置が何らかの原因...

  11. Maritime Evageline - 只今建築中

    Maritime Evageline

    北海道のお客様から、カナダ ノバスコシア州にあるShaw Brick社の積みレンガが欲しいというご依頼がありました。私たちは、オンタリオ州のメリディアン・ブリック(Meridian Brick)社とこのショー・ブリック社のレンガを外壁として積んでいますが、北海道でもこうしたレンガ積みの輸入住宅を建てる会社があったんですね。ただ、レンガ積み外壁といった挑戦をする住宅会社は、既に北海道には存在し...

  12. 皆さんのおうちでも台風被害はないですか? - 只今建築中

    皆さんのおうちでも台風被害はないですか?

    こちらは、私共で建てたお客様から頂いた屋根の写真です。アスファルトシングルという輸入の軽い屋根材ですが、横一直線のライン状に引きちぎられたように外れています。どうやら、今回の台風20号の際の突風で剥がれてしまったようです。こちらのおうちは少し高台にあって、この屋根に面する東側には建物は建っていない状況でした。つまり、南東方向から吹く台風の強風が、直撃するような立地となっているのです。この輸入...

  13. まだ使えそうな気もしますが・・・ - 只今建築中

    まだ使えそうな気もしますが・・・

    こちらは、お客様から交換をしたいというご相談を頂いた玄関ドア。デザインとしては、シンプソン(Simpson)社製のシャトー・ミッシェル(Chateau Michelle)のようにも見えますが、ステンドグラスの装飾デザインが少し異なるような気もします。また、同じ木製でも比較的安価なヘムファー(米ツガ)やダグラスファー(米松)ではなく、こちらのドアは木目が美しいオーク(楢)が使われていますから、...

  14. 絶対ダメじゃないけど、・・・ - 只今建築中

    絶対ダメじゃないけど、・・・

    こちらは、アスファルトシングルという屋根材を横方向から写真に撮ったものです。薄いとは言え、重ね張りしている為、ある程度の厚さも出来ます。特に軒の先端部分は、少し厚張りすることによって捲り上がらないようにするのが基本です。ただ、下になる屋根材が厚い場合、屋根材が重なった処に大きな隙間が出来てしまうのも見て取れます。表面を覆うアスファルトシングルの隙間から雨水が入ることがありますが、下地のアスフ...

  15. リフトマスター 8550W - 只今建築中

    リフトマスター 8550W

    以前、Wifi対応のガレージ・オープナーについて書いたことがありましたが、高機能なリフトマスターの新製品をご紹介します。それが、この8550W。Wifiに接続された他の家電製品同様、スマート・ホームのネットワークとつながってスマホやスマートスピーカーから、ガレージドアの開閉を指示出来るようです。また、ガレージから離れた外出先でもガレージが開いたことをスマホに連絡してくれるという機能もあります...

  16. 鋳物のドアハンドルも交換可能 - 只今建築中

    鋳物のドアハンドルも交換可能

    輸入の掃出しサッシに取り付けられていたハンドルセットを外して写真に撮って頂きました。ハンドルが破損したので新しいものを調達したいというご依頼ですが、少し割れや歪みがあるのでしょうか。輸入の掃出しサッシに付いているハンドルは、屋外側と室内側とでデザインが異なるものもありますし、同じデザインで揃えてある場合もあるようです。写真のものは、ご覧のように内外で違うハンドルが装着されていますが、アメリカ...

  17. ウェザーストリップは、定期交換 - 只今建築中

    ウェザーストリップは、定期交換

    屋外からの雨風の侵入を防いだり、省エネ・断熱性能の向上の為に気密を上げたりするのに、輸入サッシにはウェザーストリップと呼ばれる気密パッキン材が使われます。柔らかな塩化ビニールやウレタンフォーム、短い毛のパイル・テープなどがありますが、太陽の熱や紫外線でどうしても劣化してしまいます。こうしたものは、おおよそ10年程度で交換していくことで、常にいい状態を保つことが可能となります。写真は、ハード(...

  18. サーモカメラで撮影した外壁 - 只今建築中

    サーモカメラで撮影した外壁

    滋賀県大津市のお客様からのご依頼で、外壁が塗り壁の輸入住宅の雨漏れチェックをしてきました。朝に車で出て、帰ってきたのが夜の9時過ぎ。高速はお盆の混雑でノロノロ運転。トンボ返りでしたが、結構疲れました。ラス網を直貼りしたモルタル下地の塗り壁の外壁を温度変化を撮影出来るサーモカメラで撮った1枚が、こちら。ジョリパットで仕上げた壁は、所々細かなヘアークラックが入っていますし、サッシの周囲にも目視で...

  19. アルミカバーが外れかけたペラのサッシ - 只今建築中

    アルミカバーが外れかけたペラのサッシ

    輸入の掃出しサッシは、ペアの強化ガラスが採用されているせいか重量も100kgを超えるものが少なくありません。そういった掃出しサッシのドアを開閉するには、少し力も入ります。だからと言って、写真のように樹脂製のハンドルが割れてしまうということはないように思うのですが、実際にはハンドルの破損は少なくないのです。確かに10年以上使っていれば、樹脂の劣化もあるとは思いますが、それ以上にドアの開閉が固く...

  20. 輸入の掃出しサッシのハンドルの破損 - 只今建築中

    輸入の掃出しサッシのハンドルの破損

    輸入の掃出しサッシは、ペアの強化ガラスが採用されているせいか重量も100kgを超えるものが少なくありません。そういった掃出しサッシのドアを開閉するには、少し力も入ります。だからと言って、写真のように樹脂製のハンドルが割れてしまうということはないように思うのですが、実際にはハンドルの破損は少なくないのです。確かに10年以上使っていれば、樹脂の劣化もあるとは思いますが、それ以上にドアの開閉が固く...

総件数:1023 件

似ているタグ