輸入のタグまとめ

輸入」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには輸入に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「輸入」タグの記事(999)

  1. ドアハンドルもいろいろあります - 只今建築中

    ドアハンドルもいろいろあります

    先日、一部のマーヴィン製掃出しサッシのハンドル・ロックが調達不可となっている旨記事を書かせて頂きましたが、こちらのハンドルはまだまだ手に入れることが出来そうです。サッシ自体はどこの輸入サッシ・メーカーのものか分からないそうですが、写真のハンドルは部材メーカーで販売されている汎用の製品です。また、写真には写っていませんが、付属のロックレバーも入手出来ます。それ以外にドア本体に内蔵されているロッ...

  2. 6月からは値上げが増えます - 只今建築中

    6月からは値上げが増えます

    ここの処、北米の建材メーカーやそれらの商品を輸入販売している国内の資材会社から値上げの案内が続々入ってきております。例えば、輸入サッシを製造するマーヴィン(Marvin)などは、6月から商品の大幅な値上げを行うとの発表がありました。以前にも木材価格の高騰という記事に書かせて頂きましたが、アメリカは低金利によって市場にお金が溢れている状態です。そうしたお金が新築・リノベーションの融資に流れて、...

  3. バランサーが破損すると、サッシュが落下します - 只今建築中

    バランサーが破損すると、サッシュが落下します

    本日、北海道のお客様からローウェン(Loewen)のダブルハングサッシが落下するというご相談を頂きました。その様子を撮影した動画と写真を頂きましたが、建具(障子)を持ち上げてもストンと下に落ちてくるといった状況です。これだと、何も知らない人が何の気なしに窓を上まで開けて手を離してしまうと、勢いよく下まで窓が落ちてきますから、建具や窓枠が破損する危険があり、放置すれば大変なことになりかねません...

  4. このハンドルが付いた掃出しサッシは、部材交換不可 - 只今建築中

    このハンドルが付いた掃出しサッシは、部材交換不可

    こちらのハンドル・ロックは、マーヴィン(Marvin)社製の掃出しサッシ、セーフ・ティ(Safe-T)スライディング・パティオドアに付いています。一般的な輸入の掃出しサッシに付いているモーティシーロックも防犯性能は格段に高いのですが、こちらは名前の通り更に強固な防犯性能を有しています。ですから、空き巣などが外から鍵を開けようとしても、まず開けられないと思って間違いありません。そんな安全性の高...

  5. ゴム素材の劣化か? - 只今建築中

    ゴム素材の劣化か?

    昔ノルディスカヒュースで建築された四日市市のお客様の処で、ウッドデッキの改修について打合せを行いました。その際、デッキへ出る北欧系のテラスドアの調子が悪いということで、ちょっと見て欲しいというご相談がありました。写真がその部分なんですが、ドアの上端にドアを開けたまま固定する為のガイドアームが付いています。このアームをドア枠にある黒いゴムのようなもので出来た受けパーツの穴に差し込んで、ドアとド...

  6. チルトラッチは、必需品 - 只今建築中

    チルトラッチは、必需品

    本日、お客様から輸入上げ下げ窓の部品がないかとの問い合わせを頂きました。どういった部品か分かりませんので、詳細寸法や必要数量と一緒に写真をお送り下さいとお願いした処、詳細と共にこちらの写真を頂きました。この部品は、上げ下げする建具を窓枠のレールに固定しておく為のものなんですが、建具を脱着する時以外全く触ることはありません。ですから、お客様も無関心の方が多いのですが、プラスチックで出来ています...

  7. 蝶番が減ると、ドアの調子が悪くなる - 只今建築中

    蝶番が減ると、ドアの調子が悪くなる

    こちらは、先日ご相談頂いた玄関ドアのドアヒンジ。左右の蝶番の噛み合わせがガタガタになっていますし、蝶番と蝶番との間に隙間が生じています。こうなってもヒンジとしての機能が失われる訳ではありませんので、ドアを開け閉めすることは可能です。ただ、長年の使用でドアヒンジが擦れて減ってくると、玄関ドアが徐々に下がってくるかも知れません。また、複数あるドアヒンジの減り方や歪み方がそれぞれ違ったりすれば、ド...

  8. これを交換するのは、相当厄介ですよぉ~ - 只今建築中

    これを交換するのは、相当厄介ですよぉ~

    昨日、お客様から錆びて古くなったシュラーゲ(Schlage)の玄関ハンドルセットを交換したいというご相談を頂きました。シュラーゲは、現在国内であまり流通していないアメリカのドアノブメーカーですが、北米では有名メーカーの一つです。そこで、どんなハンドルセットが付いているのかを写真でお送り頂きました。こちらは、玄関ドアの室内側を撮った写真ですが、ドアノブの位置とドアラッチの位置が全く違う場所にあ...

  9. ここには使わない材料ですね - 只今建築中

    ここには使わない材料ですね

    四日市市で外装のメンテナンスを予定している輸入住宅です。建築したビルダーさんは、今は亡きノルディスカヒュース。北欧系の輸入住宅の走りの時に、高級住宅として随分有名だった住宅メーカーでしたね。今回のご依頼は、外壁の塗り直しと同時に木製サッシの防水メンテナンスやウッドデッキの造り替えなどです。写真は、浴室に取り付けられたルーバーサッシの周囲を囲む木質の飾りモールなんですが、モールの下枠の一部が剥...

  10. 珍しい形状でしたが、無事に調達出来ました - 只今建築中

    珍しい形状でしたが、無事に調達出来ました

    先日記事に書かせて頂きました古いユニーク(Unique)社製チャネルバランサーとほぼ同じ形状のものが入荷して参りました。長さやバネの強度は全く同じ。ピボットシューに引っ掛けるフックが金属製になっていることとフック部品と反対側の端に白い樹脂製のエンドパーツが付いていることが違いです。フックは強度のある金属製で問題ないですし、エンドパーツも基本取外しが可能ですから、こちらも問題ありません。通常の...

  11. 古いピーチツリーのドアヒンジ - 只今建築中

    古いピーチツリーのドアヒンジ

    こちらは、神奈川県のお客様からお送り頂いたピーチツリー(PeachTree)社製輸入ドア用のヒンジ(蝶番)の写真です。塗装の様子からすると、元々はシルバー色をしたヒンジだったように思いますが、コテコテに塗料が厚塗りされた様子はアンティークな感じがしていいですね。ただ、長年使われてきたようで、蝶番同士が擦れて錆も見受けられます。お客様は古い輸入住宅を複数管理されている会社のようで、今回ドアヒン...

  12. 雨漏り対策かな? - 只今建築中

    雨漏り対策かな?

    お客様からローウェン(Loewen)製ケースメントサッシのウェザーストリップ(気密パッキン材)の調達についてご相談を頂きました。ウェザーストリップは、サッシの建具(障子)の周囲や窓枠側の周囲に付いているゴムのようなものですが、通常は塩ビ素材で出来ています。柔らかくないと隙間を埋めることが出来ませんし、耐久性を考えて固くて強いものにすることも出来ません。そういった点で、塩ビのような素材は一番バ...

  13. これから数年は高くなる - 只今建築中

    これから数年は高くなる

    一部のニュースでも取り上げられていますが、世界的に木材価格の高騰が始まっています。それは、アメリカの経済が好調な上に、各国政府が財政緩和に踏み切っていることによって、世界的な金余りで安い金利でローンが組める状況の為、アメリカでは空前の新築・リノベーションブームが起きているからなんです。それなら日本は関係ないと考える人もいるかも知れませんが、アメリカの材木価格が従来の数倍にもなって、高かった日...

  14. 網戸の製作依頼です - 只今建築中

    網戸の製作依頼です

    大阪のお客様から輸入サッシの網戸がどこかに行ってしまったので、新しく網戸を作ってもらえないかというご相談を頂きました。サッシ・メーカーは、頂いた写真から判断してミルガード(Milgard)のようです。どうして網戸がなくなってしまったのかは定かではありませんが、大きさやどんな付属部品が付いているのかが分かれば、全く同じに作ることは可能です。間違いをなくす為に一番いいのは、おうちに全く同じサイズ...

  15. サイズが合えば、使えます - 只今建築中

    サイズが合えば、使えます

    茨城県のお客様からサッシメーカー不明の網戸に取り付ける固定ピンを分けてもらえないかというご相談を頂きました。どんな網戸ピンか分からないだろうからと、写真を送って頂きました。透明のプラスチックのシャフトには問題がなさそうですが、少し黄色味がかったツマミの部品が割れて外れているようです。シャフトに付いていた小さなスプリング部品は、ツマミが外れた為に抜け落ちてしまったようで、写真にはありません。ス...

  16. こちらの不具合もありました - 只今建築中

    こちらの不具合もありました

    昨日、浜松市のお客様のお宅でハード(Hurd)社の掃出しサッシの強化ペアガラスの不具合について記事に書かせて頂きましたが、今日はそのお宅にあるダブルハングサッシについて書かせて頂きます。ハードの古いダブルハングサッシですが、不具合のある窓は2階部分の東面と西面にあるものです。2階は隣の建物によって雨風が遮られることがなく、まともにサッシに当たってくる状況にあることが環境的な要因です。ただ、そ...

  17. ヒートミラーは画期的でしたが・・・ - 只今建築中

    ヒートミラーは画期的でしたが・・・

    昨日、浜松市のお客様の処にお伺いして、サッシの不具合調査を行ってきました。輸入サッシはハード(Hurd)社のもので、不具合はダブルハングやスライディング・パティオドア(掃出しサッシ)にも及びました。まずは、南側に面した掃出しサッシについて書くこととします。新築されたのは1999年。ですから、築22年ということになります。当時は断熱性能が国産よりも高いということで、高性能な輸入サッシが多く使わ...

  18. 北米ではよく見掛けます - 只今建築中

    北米ではよく見掛けます

    昨日、長野県のお客様から玄関に付いている網戸付きのドアのヒンジを購入出来ないかというお問い合わせを頂きました。ヒンジの高さが70mmということで、通常102mm又は127mmであることが多い玄関ドアヒンジとは少し違うものでした。写真を送って頂いて、それがどういったものなのかが分かりました。それは、スクリーンドアとかストームドアと呼ばれるもので、玄関ドアとは別に付けられていて、いわゆるサッシの...

  19. エコの為に解体・分別します - 只今建築中

    エコの為に解体・分別します

    1年間修理や交換を行うと、要らなくなった古い輸入サッシの建具やドアが会社の敷地に溜まってきます。そのまま廃棄する業者さんが殆どですが、私たち ホームメイドでは1個1個細かく解体して分別します。輸入サッシは、ペアガラスだけでなく、木枠やプラスチックの枠、塩ビのウェザーストリップや外装のアルミカバー、金属製の金物といったものが複合的に組み合わさっていますから、そのまま捨てると産業廃棄物になってし...

  20. 輸入網戸の修理、完了! - 只今建築中

    輸入網戸の修理、完了!

    一昨日、輸入の網戸をバラバラに分解して、曲がった細いフレームを真っすぐに修正したという記事を書かせて頂きました。その古い網戸の修理が完了しましたので、ご覧に入れたいと思います。写真がその網戸ですが、如何でしょうか?フレームは曲がり、部品はなくなり、ほぼ使えない状態だった網戸でしたが、これだけ美しく蘇りました。中央に1個だけ付いていた取っ手を、左右2ヶ所に新しいもので交換して付け替えました。こ...

総件数:999 件

似ているタグ