農薬のタグまとめ

農薬」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには農薬に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「農薬」タグの記事(15)

  1. 黒点病・ゾウムシ・ハバチ対策として農薬をまいてみたよ⑥ - へい まささん の ひとりごと

    黒点病・ゾウムシ・ハバチ対策として農薬をまいてみたよ⑥

    黒点病・ゾウムシ・ハバチ対策として農薬をまいてみたよ⑥ローテーション二巡目の最後です。今のバラの状況です。開花は満開が過ぎ、早いバラは2番花の蕾がつきだしました。ゾウムシにやられて萎れる蕾はありますが、黒点等の病気はでず青々としてます。梅雨時期がどうなるのか?実験として楽しみです。ピェールドゥロンサール満開は終了しました。少し蕾が残っています。グラハムトーマスシャンテロゼミサトシュートがあが...

  2. カイガラムシにマシン油をまいてみたよ②(2021/02/27) - へい まささん の ひとりごと

    カイガラムシにマシン油をまいてみたよ②(2021/02...

    カイガラムシにマシン油をまいてみたよ②(2021/02/27)マシン油をまいて1週間以上経ちました。あんまり前と変わってない。歯ブラシでこすってみました。死んでるカイガラムシはこするとすぐに剥がれヒラヒラと飛んで行きました。成功やん。でも死んでないのかすぐに剥がれない奴もいました。なんのためにマシン油まいてんと思いましたが、軽く擦って飛んだ奴もいるのでまあいいか。歯ブラシ後。綺麗にとれました...

  3. 除草剤… - たしかな歩みを。

    除草剤…

    一昨日、草刈機でない音がしていて気をつけて見ていたら、うちの斜め前の家が除草剤を撒いていた。うわっ、と急いで窓を閉め、もうそれからあとはエアコンで過ごした(通常、わが家はエアコンは使わない)。いい天気だからと、しまいこんでいた毛布を洗っている途中だった。洗濯物は部屋干しできても、さすがに毛布は干せない。仕方なく毛布だけベランダに干して、風向きがこちら向きでないことを祈るのみだった。除草剤散布...

  4. 農薬以外でキオビエダシャクに対処する - たしかな歩みを。

    農薬以外でキオビエダシャクに対処する

    キオビエダシャクという名の蛾がある。真っ黒な羽根に帯状にオレンジ色が入り、体はメタリックブルーに光る。蛾とはいっても昼間に飛ぶので、蝶だと思っている人もいるくらいだ。派手派手しく、一見綺麗に見えるこの蛾(ただし近寄るとグロい)は、近年南九州で大発生することがある。宮崎や鹿児島で生垣にすることの多いイヌマキ(宮崎でいうところの「ヒトツバ」)の葉を幼虫が食い荒らし、生垣が全滅することもある。なん...

  5. 環境に負荷をかけない米作り - たしかな歩みを。

    環境に負荷をかけない米作り

    9日間に及んだ田植えが、昨日やっと終わった。昨年から始めた「一本植え農法」、手植えによる作業である。一昨年までは、主人の両親が早期水稲で3月末〜4月初くらいに田植え機(といっても4列ずつしか植えられないけど)で植えていたのを手伝う形だった。農家ではなく自分たちが食べる米を作るのが目的なので、農薬はほとんど使わないで栽培していた。両親が高齢になり自分たちの代へとシフトする中でできれば完全無農薬...

  6. 菌と土と農業。「土と内臓」の読書会が始まりました♪ - artandlove☆もんもく日記2

    菌と土と農業。「土と内臓」の読書会が始まりました♪

    楽しみにしていた「土と内臓」の読書会が始まりました。わたし以外の参加者がだいたい北海道在住らしい。ところにも懐かしさがこみ上げるのですが(東北に来る前は、北海道のいろんなところに合計24年くらい住んでいたのです)参加者が農業に関心があったり農業に従事している方々というのにも胸が高鳴ります。チェックインの時にみんなで24時間以内に嬉しかったことを一人一人あげていったのですがその中に「豆が芽を出...

  7. 知らぬが仏 - たしかな歩みを。

    知らぬが仏

    ネットというのはたしかに便利だし、このブログだってそうしたものを基盤にできているわけだけれど。しかし現実として、どこで誰がどんな内容を発信したか、どんなものを閲覧したか、総じてどんなことに関心を持っているかなどというものは、何がしかの手段でチェックされているらしい。ちょっと核心に迫るようなことを書いたためにFBのアカウントが使えなくなったなどの事例はこれまでにも耳にしてきたし、今日もまたある...

  8. 日本の農作物が危険!世界中が禁止する【除草剤ラウンドアップ】安倍政権で残留基準は中国の基準の150倍に【発がん・白血病】日本市場で溢れかえる!国民の健康や生命を危険にさらし殺人的な状況に - 日々物語エキサイト

    日本の農作物が危険!世界中が禁止する【除草剤ラウンドア...

    日本の農作物が危険!世界中が禁止する【除草剤ラウンドアップ】安倍政権で残留基準は中国の基準の150倍に【発がん・白血病】日本市場で溢れかえる!国民の健康や生命を危険にさらし殺人的な状況になっている!政府が安全とお墨付き、別名で店頭に並ぶ!殺人的な状況になっている!モンサントという一私企業に国益を売り飛ばす! 世界中が禁止するラウンドアップ余剰分が日本市場で溢れかえる | 長周新聞(記事は下...

  9. 安倍さん、『食の安全』を真剣に考えて! - ”はるもにあ” 醸す生活、葛力と日々考えていることを綴ります。

    安倍さん、『食の安全』を真剣に考えて!

    『食の安全』、私はこのblogでどれだけ、『食の安全』について語ってきたかわかりません。今、『食の安全』は、政治家、官僚、経済界の利益優先思考とお互いの持ちつ持たれつの思惑と、トランプさんの発言に対する無抵抗ぶりによって、間違いなく崩壊しつつあると思います。私はね、もうどうなってもいいの。もういい年だし、今までいろいろあったけれど、今の子供たちよりも随分恵まれた環境で過ごすことができたから。...

  10. 安倍政権で『売り渡される食の安全』山田正彦箸/自国農業の壊滅に手を貸している!国民の食の安全も食料自給も売り飛ばして恥じない売国政府!自家採種の原則禁止!農薬基準400倍に緩和 - 日々物語エキサイト

    安倍政権で『売り渡される食の安全』山田正彦箸/自国農業...

    安倍政権で『売り渡される食の安全』山田正彦箸/自国農業の壊滅に手を貸している!国民の食の安全も食料自給も売り飛ばして恥じない売国政府!自家採種の原則禁止!農薬基準400倍に緩和、遺伝子組み換え表示なしでOK!日本だけが世界と逆行!子どもや孫たちの未来のためになにができるかを考えさせる一冊!韓国の給食は有機野菜、日本は… 『売り渡される食の安全』著・山田正彦 | 長周新聞(記事は下記に)世界...

  11. 自然栽培今日も雨市民農園の難しさ - 自然栽培 釧路日記

    自然栽培今日も雨市民農園の難しさ

    今日は明け方に雨、その後は曇り。自宅の庭の気温は10時に19℃。釧路の夏としてはまあまあの気温。<今日の写真はすべて2019,7,24撮影>雨の自宅の庭。昨年の9月、右側の露地畝にニンニク41片を植えました。そのうち、20片はスーパーで購入した中国産です。2日前に5個を収穫しました。この5個はもう日本産です。残りも間もなく収穫できそうです。さて、3日前の日曜日の山花農園での出来事です。私が利...

  12. 『ベニカ』とうとう購入してしまった! - いととはり

    『ベニカ』とうとう購入してしまった!

    今日は概ね快晴。でも午後からは春嵐…(~_~;)気温は22℃〜7℃、湿度は14%とめちゃめちゃ乾燥してますだ!そうそう昨日ね、とうとう農薬系のこんなお薬を買ってしまいました。先々週辺りから草毟りをしていたらばアブラムシが気になって、まさかバラや柑橘系にいないだろうな?とガン見したらば、、、既にアブラムシが少しついていた(ノ_<)(薔薇ブルームーンとライムに)去年は何とか木酢液だとかお酢、苦土...

  13. ☕をこの頃よく飲むのですが・・・(-"-) - ”はるもにあ” 醸す生活、葛力と日々考えていることを綴ります。

    ☕をこの頃よく飲むのですが・・・(-"-)

    朝の1杯の☕コーヒー、これがないとどうも1日が始まりません。乳がんの手術翌日のもうろうとした朝でも、よろよろと1階の自販機まで行き、静かな病院の空間にけたたましく鳴る☕自販機で☕を買う私です。この間行きつけの喫茶店で、お店の常連さんに、食生活にこだわりを持ち”無農薬野菜”を購入している男性の話を聴いてへぇ~とごく普通に聴いていたのですが、今になって、とても気になってきたのが、☕のこと。そのこ...

  14. 農薬と自閉症の関係についてのレポート - 障がい者の育て方 in USA またはカリフォルニア

    農薬と自閉症の関係についてのレポート

    アメリカでは、59の出生につき、ひとりの割合で自閉症の子どもが生まれているというデータがあります。私を取り巻く環境でも自閉症の子どもの数は年々増えているように思えます。ここベイエリアという土地柄もあるのか(人が集まる場所、エンジニアが多い、など)、とは言われていますが、ニュースなどをみる限り、ここだけに限った話ではないように思えます。コロンビア大学のブラウン教授とフィンランドのチームによるリ...

  15. 不条理な社会を作り直すための技術史の教訓〜『戦争と農業』 - ブックラバー宣言

    不条理な社会を作り直すための技術史の教訓〜『戦争と農業』

    ●藤原辰史著『戦争と農業』/集英社インターナショナル/2017年10月発行食の現場、さらには食べ物を生み出す農業ががいかに不自然な状況になっているか。食から見える世界の不公正なあり方を明らかにする。これが本書の趣旨である。著者の藤原辰史は農業技術史、食の思想史、環境史、ドイツ現代史を専門とする研究者。前半、技術史に即した記述はなるほど興味深い。技術史の観点からみれば、農業と戦争は相互補完的な...

総件数:15 件

似ているタグ