送り火のタグまとめ

送り火」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには送り火に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「送り火」タグの記事(27)

  1. 生産者さんのところへ行ってきました - 花温♪ の花話

    生産者さんのところへ行ってきました

    こんばんは今日はお盆の送り火の日昔、私が子どもの頃おじいちゃんのうちは迎え火お墓から近くの池まで点々とたいまつをたいて死者の魂をあの世から現世へお迎えしてそしてお盆の最終日には送り火をたいて現世からあの世へと迷子にならないように送っていました少し離れたところに点々とたいまつの炎が燃える世界が幻想的でいつまでも見ていました今はもうたいまつは消防法で燃やせないと思いますが 笑懐かしい思い出です車...

  2. 盆の明け - ニット美津江・ダイアリー

    盆の明け

    毎年の、8月16日朝の風景。

  3. * 雨がやまない - * 雫 * 

    * 雨がやまない

    大雨の送り火雫またねあなたを待つ玄関は楽しい世界に続いてたまたね〜

  4. ではまた来年 - 京都ときどき沖縄ところにより気まぐれ

    ではまた来年

    五山送り火の二山左大文字と鳥居形お盆の間家に帰られたご先祖さまの御霊をあの世へお送りする送り火が今夜執り行われます今年も感染症対策により規模を縮小されますショッピングモールでは提灯の飾り付け色々と制限のある中での五山の送り火になりますがkaottiの気持ちはいつもの年と同じですこの1年見守って下さって有難うございますまた来年逢いましょう2011年送り火五山送り火生中継BS1119時~20時5...

  5. 京都の盆の過ごし方 - 鯵庵の京都事情

    京都の盆の過ごし方

    千本えんま堂にて亡くなった人の初めてのお盆は初盆(はつぼん)とか新盆(にいぼん)とか言う出来るだけ親族皆が寄って灯りをともしお供えをして故人を偲ぶのが優しい過ごし方だが、府県界を越えての移動も制限されたのでは、それもままならない新盆なら菩提寺の閻魔さまの前で祈祷も(?)もしてもらえるが、元々、密やかに一人してお参りしたい人もいるだろう本当は亡き人と自分の近さを感じるには一人の方がいいお盆を機...

  6. 「鬼灯送り-華盃(はなさかずき)より-」 - ほぼ京都人の密やかな眺め Excite Blog版

    「鬼灯送り-華盃(はなさかずき)より-」

    2249ほぼ京都あたりでも、連日の雨はすごかったです。なので早朝散歩も行けずに家で引きこもり状態でした。そんな中でもインスタの華盃(はなさかずき)のための写真は撮っていました。2250花屋さんで買ってきたほおずきの色と紋様がお気に入りです。2251本来なら明日は五山の送り火ですが、今年も規模縮小ということでしたが、この大雨でどうなるのでしょうか・・・。2252ほおずきは「鬼灯」と書きます。送...

  7. 「送り火」の中の「ねじまき鳥」 - 憂き世忘れ

    「送り火」の中の「ねじまき鳥」

    「野良犬の値段」を読んで、気になって、過去の記事を読んでみた。自慢じゃないけど、忘れっぽいのです。読んだけど、どうゆう話だっけ?が山ほどある。芥川賞「送り火」超ウケるんですけどhttps://tamegoro.exblog.jp/28618023/高橋弘希「送り火」すべては芝居?https://tamegoro.exblog.jp/28645974/ぶっちゃけ、芥川賞はまったく信用していませ...

  8. 繰り返される惨劇 - スズキヨシカズ幻燈画室

    繰り返される惨劇

    朝から曇り空だったとは言え気温は33℃まで上がりました。降り続いた雨と夏休み教室が始まってから時間が無かったのとが重なってのび放題となった庭の植物たち、、曇り空にたぶらかされて草刈りをしました。「切らないように気をつけて!」刈り取ってはなりませんよとの印が付けられている植物にはじゅうぶん気をつけているのですが、自分の学習能力の無さに情けなくなるほど毎回毎回何か一つは失敗します。汗まみれでの失...

  9. 五山の送り火 - 『還暦』過ぎてますが…

    五山の送り火

    還暦過ぎてますが・・・縮小送り火は初めてです!!本日16日は精霊さんを送る五山の送り火の日。今年はコロナの影響で全ての山の火床数を減らして行われました。我が家の北西にある【舟山】では【舟形】のてっぺん一カ所のみ。例年の【舟形】に比べると寂しくもありましたがお迎えしていた精霊さんたちが霊界に無事戻れるよう手を合わせてお祈りしました。例年は舟の形がくっきりお盆が近づくと火床の周りの草木が刈り取ら...

  10. 令和二年 大文字送り火 - ぎゃらりー竹斎堂

    令和二年 大文字送り火

    令和二年の大文字送り火は、六点だけの「送り火」であった。令和二年は、戦後75年目という節目の年でもあった。養和二年といい、令和二年といい、疫病の蔓延した年である。来年こそは先祖の霊、戦没者の霊、新型コロナウイルスなどで亡くなった多くの方々の霊を、例年通り送って差し上げたいものである。送り火の色は「盛者必衰の理(ことわり)をあらはすおごれる人も久しからずただ夏の夜の夢のごとしたけき者もついには...

  11. 小坊主参上 - たかさん通信

    小坊主参上

    盆の送り火に近所の海岸で和尚さんの読経の元盆飾りや塔婆などが送られました今年は可愛い小坊主さんも初参加しっかりと手を合わせて回ってくれました

  12. 賑やかなお盆最終日 - 栗駒山の里だより

    賑やかなお盆最終日

    今日も33℃超えの猛暑でした栗駒地方。お盆も今日が最終日。わが家には兄弟家族が集まりました。朝は涼しかったけど昼頃には真夏の青空。宴会の昼食も終わりった後は、折り紙に興じる女性軍です。和やかな風景に、ご先祖様も喜んでいることでしょう。宴会で残った料理を、お持ち帰り用のタッパに詰める、上の弟の娘と、下の弟の嫁さんです。姉妹のように仲の良い二人の会話を聴いているだけで楽しいです。みんなが帰って、...

  13. 送りしは・・・。 - monn-sann

    送りしは・・・。

    送りしは昨日のことかと迎え火を焚く送り火を焚いたかと思うと迎え火を焚く日が来る。炎と炎の間隔が近くなった。その意味を噛みしめた、8月13日盆の入り。

  14. 五山送り火 - Taro's Photo

    五山送り火

    16日の京都は五山送り火です。五山とあるとおり五つの山で送り火が灯されます。私たちは嵐山に近い鳥居形を見に行きました。鳥居形は広沢の池の灯籠流しと一緒に見ることができるので、映像的には一番美しいのではないかと思います。送り火と一緒に写すとこんな感じです。

  15. ではまたね - 京都ときどき沖縄ところにより気まぐれ

    ではまたね

    台風で灯火が危ぶまれましたが午後からは青空も時々見られ無事時間通り送り火を拝むことが出来ました空の神さま有難うございますではまた来年逢いましょうOKINAHOURSいつだって島は、ゆったり時間チーム美らサンゴTEAM TYURA SANGO八重山日報

  16. 京都女子一人旅・大文字焼き登山 - 月の旅人~美月ココの徒然日記~

    京都女子一人旅・大文字焼き登山

    京都二日目は朝から雨。それも、しっかりとした雨。休日だったら家を出たくないような雨でした。だけど、がんばりますっ!(笑)朝、駅前ロータリーからバスに乗り、銀閣寺へ。着いたのが8時20分頃。すでに8時半開門の前から観光客の方がいらしてます。けど、私は時間が惜しかった。この10分が惜しくて、そのまま裏山の大文字焼きで有名な山を登りました。京都の五山送り火はちょうど8月16日の夜に開催されます。そ...

  17. お盆も終わり - 栗駒山の里だより

    お盆も終わり

    今日でお盆も終わりですね。我が家でも送り火を焚いてご先祖様を見送りです。最近は大型の稲刈り機械の普及で、わら束もなかなか手に入らなくなりましたが、隣の家から分けてもらいました。夕方に点火。煙に乗ってあの世に帰って行くとか・・・。台風10号接近のせいか、風が強くなってきました。これでは、あっという間に帰ってしまいそうですね。火の子が飛ばないよう早めに火は消しました。明日から会社も始まります。盆...

  18. 高橋弘希「送り火」すべては芝居? - 憂き世忘れ

    高橋弘希「送り火」すべては芝居?

    「指の骨」=地縛霊「朝顔の日」=不安神経症「スイミングスクール」=近親相姦(兄妹)「短冊流し」=食品アレルギー(蕎麦)ということで、高橋弘希さんの作風が解りました。で、「送り火」に戻って再読しました。「送り火」一読目の感想はこちら。https://tamegoro.exblog.jp/28618023/主人公の歩は中学三年生。青森の廃校になる学校に転校してくる。男女6人ずつ12人のクラスに加...

  19. 「送り火」と「ねじまき鳥クロニクル」 - 憂き世忘れ

    「送り火」と「ねじまき鳥クロニクル」

    「送り火」の感想文、続きです。まだ、ちゃんと読んでいませんが、気になるのが「銭湯」です。「奥の細道」の「湯女」とからめれば納得できる。前のブログ「ねじまき鳥クロニクル」は「奥の細道」か。https://tamegoro.exblog.jp/27511547/納屋の中の木槌の持ち手に「豊かな沈黙」という手彫りの文字。青森は「出羽」ではない(シャレか)けど、隣なのです。

  20. 芥川賞「送り火」超ウケるんですけど - 憂き世忘れ

    芥川賞「送り火」超ウケるんですけど

    はじめて「文芸春秋」を買いました。現代の小説はほとんど興味なかったし。まして純文学とか……まったく脳外でした。それが、何の因果か、ここ2年、古典や近代文学の「解読」にハマったものだから……、昨日ね、新聞の見出しで、芥川賞「送り火」ってのが目に飛込んだ瞬間、脳のシナプスに電流が走った。「送り火」ってタイトル、ヤバいのです。「源氏物語」に「篝火」がある。「り火」かぶってる!こうゆう場合、「仕掛け...

総件数:27 件

似ているタグ