通訳・多言語化のタグまとめ

通訳・多言語化」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには通訳・多言語化に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「通訳・多言語化」タグの記事(16)

  1. 「街の顔を作る」が成功のヒントです - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    「街の顔を作る」が成功のヒントです

    インバウンドの現在と問題点、そしてこれからのインバウンドについて、評論家の中村さんにお聞きする連載もいよいよ最終回。今回は外国の人に、「正しい日本を見せる方法」を伝えるために大切なことは何か?について語っていただきます。多言語化は本当に正しいのか?――正しくインバウンドを捉えることができれば、物心両面で、恩恵を得ることができるというお話を前回聞きました。では現在、あまりインバウンドの恩恵を受...

  2. 通訳案内士&ランドオペレーター制度の規制緩和の話より事態はもっと進んでしまっている! - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    通訳案内士&ランドオペレーター制度の規制緩和の話より事...

    先週終わったツーリズムexpoジャパンですが、22日(金)の業界日にもうひとつのセミナーがありました。対馬を訪れる韓国客40万人。理由はexpected unfamiliarity(似てるけどどっか違う)という国境特有の体験 http://inbound.exblog.jp/27141258/訪日外国人の増加にともなう制度変更が懸案となっていた、来年から施行される新しい通訳案内士制度やランド...

  3. 065国境の町らしく、ロシア語も添えられる - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    065国境の町らしく、ロシア語も添えられる

    満洲里市内のシュウマイ店の看板は、漢字がメインだが、上にモンゴル語、そして国境の町らしく、左下にロシア語が添えられている。ちなみに、この店は中国のムスリム、回族の経営で、それとわかるアラビア語もある。(撮影/2016年7月) ※1枚の店の看板にこれだけいろんな言葉を記しておかなければならない国境らしさと多様な民族の雑居性というこの町の日常が感じられます。ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しも...

  4. 064併記でもモンゴル語は脇役? - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    064併記でもモンゴル語は脇役?

    満洲里市内の道路表記をみると、漢字がメインでモンゴル語はまるで振り仮名のように漢字の頭に添えられている。モンゴル語は脇役なのか?ちなみに下におかれているのは、中国語の読み。(撮影/2016年7月)※中国の少数民族自治区の面積は、確か国土の半分近くを占めるはずです。内蒙古自治区といっても、いまでは都市部の住民の半分以上は漢族の移住者たちというのが実態です。ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しも...

  5. 063ケンタッキーのモンゴル語表示とは? - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    063ケンタッキーのモンゴル語表示とは?

    満洲里で見かけたケンタッキー・フライドチキン。英語、中国語「肯徳基」とともにモンゴル語の表示があった。内蒙古自治区では、漢字とモンゴル語の併記が義務付けられている。(2016年7月) ※モンゴル語では「ケンタッキー」は中国語と同様3文字で表わすらしい。世界には何カ国語くらいの表記があるのでしょうか?ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(満洲里編)http://border-tourism...

  6. 043綏芬河の道路標示は中ロ両国語が併記されている - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    043綏芬河の道路標示は中ロ両国語が併記されている

    ロシア国境の町、綏芬河では道路標識はすべて中ロ両国語が併記されている。それだけ多くのロシア人がこの町を訪れているせいだが、郊外に出ると、さらに朝鮮語も加えた3カ国語が併記される場合もある。(撮影/2014年7月) ※日本でも駅や街の案内標識で英語や中国語、ハングルが併記されるようになっていますが、中ロ国境の町、綏芬河では中国語とその標準語(普通話)の読み方を指すピンインに加え、お隣の国のロシ...

  7. 素敵なウエブサイトも自動翻訳任せだとダメージは大きいです - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    素敵なウエブサイトも自動翻訳任せだとダメージは大きいです

    友人と始めた以下のブログで、日本に住む中国人や中国から来た観光客が街角で見つけたおかしな中国語表示を紹介しつつ、日本人が苦手とする多言語表記の問題の改善のための啓発活動を進めています。 街で見かけた 《お恥ずかしい》 中国語表示 http://ramei.exblog.jphttp://inbound.exblog.jp/26776127/以下、記事を転載します。このブログを始めて気がついた...

  8. ガイド人生55年の集大成、ジョー岡田が案内する日本ガイドブック、ついに刊行! - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    ガイド人生55年の集大成、ジョー岡田が案内する日本ガイ...

    2017年5月、日本最長老通訳ガイドのジョー岡田さんが書かれた英文ガイドブック『BEYOND SIGHTSEEING-The Ultimate Guide to JAPAN』が刊行されました。日本最長老ガイド、ジョー岡田さんは語る「訪日2000万人の半分は日本人と一言も話をしないで帰国する」http://inbound.exblog.jp/26890168/日本最高齢の通訳ガイド、「ラストサ...

  9. 日本最長老ガイド、ジョー岡田さんは語る「訪日2000万人の半分は日本人と一言も話をしないで帰国する」 - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    日本最長老ガイド、ジョー岡田さんは語る「訪日2000万...

    先週、国会で改正通訳案内士法が成立したことを受け、どうしても話を聞いてみたい方がいました。通訳案内士法改正は一歩前進だが、現状では海外から評価されない(無資格を合法にするなら登録制にすべき) http://inbound.exblog.jp/26889249/それは、御年88歳という日本最長老通訳ガイドであるジョー岡田さんです。日本最高齢の通訳ガイド、「ラストサムライ」ことジョー岡田さんに話...

  10. 通訳案内士法改正は一歩前進だが、現状では海外から評価されない(無資格を合法にするなら登録制にすべき) - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    通訳案内士法改正は一歩前進だが、現状では海外から評価さ...

    先週、ついに改正通訳案内士法が成立しました。本ブログでも、詳しく扱ってきた問題です。http://inbound.exblog.jp/tags/通訳・多言語化これまでは議論ばかりで、状況は変わらないどころか、ますます悪化していくばかりだったことを考えれば、インバウンド市場にとって欠かせないルールづくりのひとつとして一歩前進と評価できます。でも、依然問題は山積みです。通訳ガイド、無資格でも外国...

  11. 中国の流行語をうまく使った翻訳なんだけど……ちょっと微妙かも? - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    中国の流行語をうまく使った翻訳なんだけど……ちょっと微...

    友人と始めた以下のブログで、日本に住む中国人や中国から来た観光客が街角で見つけたおかしな中国語表示を紹介しつつ、日本人が苦手とする多言語表記の問題の改善のための啓発活動を進めています。街で見かけた 《お恥ずかしい》 中国語表示 http://ramei.exblog.jphttp://inbound.exblog.jp/26776127/そのブログの記事から転載します。これまで街で見かけた中...

  12. 日本語の美しさに見合わない雑な外国語併記は残念です - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    日本語の美しさに見合わない雑な外国語併記は残念です

    今年の初め、友人と始めた以下のブログで、日本に住む中国人や中国から来た観光客が街角で見つけたおかしな中国語表示を紹介しつつ、日本人が苦手とする多言語表記の問題の改善のための啓発活動を進めています。街で見かけた 《お恥ずかしい》 中国語表示 http://ramei.exblog.jphttp://inbound.exblog.jp/26776127/そのブログの記事から転載します。これは友人...

  13. 伊豆下田のユニークな歴史が持つインバウンドの可能性と気になる2、3のこと - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    伊豆下田のユニークな歴史が持つインバウンドの可能性と気...

    その日、伊豆急行下田駅を降りると、改札に岡崎大五さんが待っていて、そのまま2時間ほど、街を案内してくれました。大五さんは『添乗員騒動記』(旅行人)で作家デビューした元海外旅行添乗員ですから、街歩きガイドは手馴れたもの。伊豆下田でよく見かけたインド人ツーリスト、なぜここに? http://inbound.exblog.jp/26828882/下田の街歩きのテーマは歴史です。幕末の日本の開国後の...

  14. 「大腸癌」「ゴミ焼き」「蟹と強姦」……。もう翻訳ソフトはやめにしませんか - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    「大腸癌」「ゴミ焼き」「蟹と強姦」……。もう翻訳ソフト...

    今年の初め、友人と始めた以下のブログで、日本に住む中国人や中国から来た観光客が街角で見つけたおかしな中国語表示を紹介しつつ、日本人が苦手とする多言語表記の問題の改善のための啓発活動を進めています。街で見かけた 《お恥ずかしい》 中国語表示 http://ramei.exblog.jphttp://inbound.exblog.jp/26776127/先日、友人が中国のネットで見つけたある記...

  15. これはマズいぞ!間違いだらけの外国語表示 - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    これはマズいぞ!間違いだらけの外国語表示

    外国人向けのパンフレットやポスター、看板、案内表示、手書きのポップ、webサイトに間違いだらけの外国語があふれている。その何が問題なのか。どうすれば解決できるのか。日本に住む外国人やインバウンドの現場の関係者に話を聞いた。今年のイースター(復活祭)は4月16日。これから初夏にかけて、多くの外国人観光客が日本を訪れる季節を迎える。だが、ちょっと気になる光景がある。外国人向けのパンフレットやポス...

  16. 街で見かけた 《お恥ずかしい》 中国語表示 - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    街で見かけた 《お恥ずかしい》 中国語表示

    このたび、ある中国の友人とこんなブログを始めることにしました。街で見かけた 《お恥ずかしい》 中国語表示 http://ramei.exblog.jpこれまで本ブログでも何度か指摘してきましたが、外国人観光客が増えるのにともない外国語による案内表示が街に増えているのですが、ずいぶん間違いが目につくようなのです。これはやばい!? 日本にはおかしな中国語表示があふれている http://inbo...

総件数:16 件

似ているタグ