週刊誌のタグまとめ

週刊誌」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには週刊誌に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「週刊誌」タグの記事(155)

  1. 映画スター - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    映画スター

    BS自体がマニアックだが、そのBSの中でもさらにBS11はマニアックである。TVオタクのこのぼくがBS11で好きなのが『あのスターにもう一度逢いたい』『寺島実郎の未来先見塾』『太田和彦ふらり旅』である。今週の『あのスターにもう一度逢いたい』は鶴田浩二だった。鶴田浩二といえば、ぼくの母親世代の子宮をキュンキュン震わせたイケメン俳優だった。ぼくはその鶴田との出会いを自らの手で葬り去ったのだ。ぼく...

  2. ウェスタン - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    ウェスタン

    西部劇は基本的に嫌いだ。侵略者の白人が〝悪役〟の先住民をなぶり殺しするからだ。近年つくられる西部劇はそうした歴史認識のもと白人御都合主義の作品は減っているのだが…。今回みたのは『ブロークン・トレイル遙かなる旅路』(2006年)。伯父と甥のカウボーイが500頭もの馬をオレゴン州からワイオミング州へ運ぶ。冒頭から中国人の娘たちが性奴隷として人身売買されるところから始まる。その5人の娘と白人の娼婦...

  3. アメリカ南部21 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    アメリカ南部21

    ナッシュビルのホテルにチェックインするときは晴れていたのに、部屋に入ると突然曇ってきて土砂降りの雨と雷。あのトルネードがやってきたかと一瞬ビビったけれども夜になったら晴れて、ぐっと涼しくなって、草むらでコオロギが鳴いていた。香港でデモ隊を攻撃した白シャツ集団「三合会」とは何者か黒シャツ姿の香港デモ参加者たち(dpa/時事通信フォト)香港で大規模デモが発生してから3か月以上が過ぎた。この間、一...

  4. アメリカ南部6 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    アメリカ南部6

    アメリカ入国は事前のESTA取得やスーツケースに鍵が掛けれないとか、煩わしいことが多い。ヒューストンのボディチェックで「パーフェクト!!」とぼくは誉められた。アメリカで便利なのは空港やホテルでWi-Fiが簡単に繋がること。それとコンセントが日本と同じ。ただエアコンの75と華氏表記なので、何度か解らない。寒いぞヒルトン!!あおり運転する彼に「やめなよ」と止めたら…反応にゾッとした女子SPA!危...

  5. アメリカ南部5 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    アメリカ南部5

    昨夜、フィットネスとプールに行ったが、プールには先客のファミリーがいた。GIカットの若いダディと金髪美人でグラマーのマミー、同じく3~4歳の金髪の娘2人と、1歳~2歳で金髪の息子たちだ。金髪マミーが「ハーイ!」と声をかけてくれ、ぼくも親指を立てて応答。アジア人が珍しいのか息子くんが何度も「ハーイ!」と声をかけてくる。一緒に写真を撮りたかったが水着のため遠慮した。バーで地ビールをゴチになった「...

  6. サウナが〝狩り場〟 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    サウナが〝狩り場〟

    昔むかし、幼き頃にテレビでやっていた『ララミー牧場』という西部劇があった。映画評論家の淀川長治さんがエンドロールの後に出てきて「西部劇こぼれ話」というコーナーをしていた。スポンサーがビール会社だったので、グラスに注がれるビールの泡が溢れてこぼれるシーンを大写しにして淀川さんが登場した。「サヨナラ、サヨナラ」と言って右手の拳をニギニギするのはこのドラマからで、あの日曜洋画劇場ではない。淀川さん...

  7. カンボジア・シュムリアップ⑨ - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    カンボジア・シュムリアップ⑨

    旅の必殺技・その2。洗面器の便利さはこれまでにも述べた。もうひとつの便利グッズはゴルフボールだ。バスやシンクの栓がうまく取り外しできないとかに使える。足裏で転がせて足ツボマッサージにも使える。“滝クリ婚”進次郎は入閣確実か肩たたきの二階幹事長は逆襲も上田耕司,今西憲之首相官邸で結婚を発表した小泉進次郎衆院議員と滝川クリステルさん=8月7日(c)朝日新聞社安倍晋三首相は9月10日にも内閣改造に...

  8. ポスト と 玉川 ワイドショー & 外務大臣は「 マイナンバー 」? - SPORTS 憲法  政治

    ポスト と 玉川 ワイドショー & 外務大臣は...

    https://lite-ra.com/2019/09/post-4941.html玉川徹、、https://lite-ra.com/2019/09/post-4942.html河野外相、、、https://lite-ra.com/2019/09/post-4940.html朝日放送、、、、https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-0000002...

  9. スズメバチ - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    スズメバチ

    狭い庭の月桂樹の木にスズメバチが巣を造り始めていた。そこは玄関に近い場所で放置できない。まずスプレーで酢を希薄した液をかけたが効き目が無く、続いて洗剤薄め液をかけたがこれも効果なし。そこで完全防御の服装(麦わら帽子に虫除け網、防寒服にゴム手袋)で第三弾としてホースをストレート放水して追っ払った。ハチが退避している間隙を高枝斬り鋏で繁っていた枝を落とし駆除した。以前から気になっていたのは、我が...

  10. カンボジア・シェムリアップ③ - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    カンボジア・シェムリアップ③

    カンボジアのシェムリアップは7時30分。朝食からもどってきた。雨が降っていた(現在は雨季)がメインダイニングのテラス席にした。これまでは色々取り過ぎてお皿がぐちゃぐちゃになってしまっていた。これを反省し、画像のようにスマートにした。好物のオムレツと野菜、フルーツ、ワッフルをパン代わりとし、フォーをチョイスした。韓国人観光客が多いのか、冬ソナのテーマ曲が優雅に流れている。お揃いのオレンジ色(ア...

  11. 感想文を読ませるバイクタクシー - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    感想文を読ませるバイクタクシー

    ホーチミンのポン引きバイクタクシー(セオム)のドライバーが舗道にまで上がって声をかけてきたので少し驚いたが、手帳の感想文(ぼったくりの心配がないとか、親切だとか眉唾の記述)を読ませるので閉口した。ドライバーをよく見ると梅津栄さんに似ていると思った。貧困でも「自ら専業主婦を選ぶ」日本女性のなぜ中野 円佳:ジャーナリスト労働政策研究・研修機構(JILPT)の周燕飛氏(右)と、中野円佳氏が専業主婦...

  12. 天皇制の名のもとに強制的移転 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    天皇制の名のもとに強制的移転

    神話の世界の“初代天皇・神武”の陵を明治になって橿原市にでっち上げ、被差別部落が村ごと移転させられたが、同じように御料牧場をつくるためだとしてアイヌコタンが移転させられた。天皇制により有無を言わせない為政者のやり口はいつの世も共通している。★関根健司さん(2016年)新冠に御料牧場を造る為、元々そこに住んでいたアイヌが村ごと約50キロ離れた上貫気別に強制移住させられてから今年がちょうど100...

  13. 鬼平 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    鬼平

    銀座の松屋デパートで開催中の池波正太郎展を参観後、鬼平の軍鶏鍋屋・五鉄のモデルとなった人形町の玉ひでに向かうも13時を過ぎてクローズ。仕方なく隣りの小春軒でオムカレー950円。これが激美味。姜尚中「日韓の『求愛ゲーム』のバカバカしさに気づくべき」姜尚中姜尚中(カン・サンジュン)/1950年熊本市生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了後、東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授などを...

  14. 押し紙の無料提供 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    押し紙の無料提供

    ルートインホテルのエレベーター前に置いてある読売。押し紙の無料提供らしいが、どうりで部数が一番になるはずだ。★I・Mさすがは、押し紙。新聞店、新聞の企業以外は、押し紙という単語を知りません。他人に説明しなければなりません。読売の大量の押し紙は、新聞店の倉庫に相当備蓄してあります。紙の価格が上昇したら、きれいな押し紙を処分するのです。しかし、倉庫の小さな場所では、この押し紙が紙の価格が上昇する...

  15. 俗物大衆らしい発想 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    俗物大衆らしい発想

    今日(2018年)の朝日新聞別刷beで「行ってみたい時代」を特集している。男性の1位は高度経済成長時代で、女性の1位はバブル時代だった。なんでもかんでも集団主義で饗宴乱舞が好みであるこの国の俗物大衆らしい発想だと思った。現在の閉塞感が過去をより輝かせている思い通りにならない叶わぬ夢をタイムスリップによって幻視・幻想しようとするのは哀れですらある。日本映画(とくにアニメ)は、この種のテーマばか...

  16. 再放送 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    再放送

    2012年に放送された『薄桜記』が再放送されている。[2019年8月12日(月)から8月28日(水)毎週月曜から木曜 午後5時から43分 (最終回のみ42分30秒)[BSプレミアム]仕方なく夫婦別れした男女の切ないラブストーリーだ。年を取り涙もろくなったので毎日涙にくれている。主題歌は城南海の『silence』。この歌もいい。田原総一朗「抗議殺到を予想?『表現の不自由展』敢行を評価したい」田...

  17. エンダーのハンバーガーとルートビア - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    エンダーのハンバーガーとルートビア

    ランチはエンダーでいちばん大きいハンバーガーとお代わり自由の“飲むサロンパス”と言われるルートビアのセット1000円。ポテトは外カリと中モッチリで、ハンバーガーもマクドより美味い。ルートビアは確かに消毒液みたいな味だが、喉に痰がからんでいたので消毒できて、ちょうど良かった(笑)NHKアナウンサーの服装が気になる公共放送の矜持もつべき日刊ゲンダイDIGITALアナウンサーこそクラシックな服装を...

  18. 文化手帖資料付 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    文化手帖資料付

    創価学会広報部の友人からハガキが届いた。退職したので文化手帖資料付(潮出版社)を送れませんとの記述が付されていた。もうかれこれ30年近く文化手帖をいただいてきた。感謝。この手帖は多くの作家に愛されてきた。献本を受ける前の20代から使ってきた。合間に能率手帳、手帳の高橋、ほぼ日手帳、ミニ6穴手帳なども使ったが文化手帖に勝る手帖はなかった。献本がなくなっても直に注文して使い続けると思う。徴用工判...

  19. 「報道は権力側の手先・走狗」 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    「報道は権力側の手先・走狗」

    香港でのデモのニュースを見ていて、報道側が体制側の「テロリズムのに兆候」なるガセを垂れ流し、警察の催涙弾の直撃で失明した女子学生や無防備な民衆に警棒で乱打、暴行していることを一向に非難しない。日本でも世界でも「報道は権力側の手先・走狗」である。中国権力はあの天安門事件のように、深圳に装甲車や戦車を集結させて恫喝している。また血を流したいのか。やればやるほど民衆の心は離れ支持を失うことだろう。...

  20. 登山⑥ - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    登山⑥

    新穂高へ下山すると、芒(ススキ)と萩の花が満開。まるで中秋の名月みたい。山はすでに秋です。さて、平湯温泉で疲れをほぐしてから、盆の帰省ラッシュ渋滞の中、帰路に着きます。進次郎&滝クリの結婚報道で「小泉家の闇」にマスコミが触れない不思議女子SPA!自民党の小泉進次郎議員(38)とフリーアナウンサーの滝川クリステル(41)が7日、総理官邸で結婚発表を行いました。まさかの大物カップル誕生にマスコミ...

総件数:155 件

似ているタグ