運命のタグまとめ

運命」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには運命に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「運命」タグの記事(116)

  1. 命がけで飛行機に乗り、日光東照宮へのツアー旅行 - 満たされぬ思い、日々の出来事

    命がけで飛行機に乗り、日光東照宮へのツアー旅行

    随分前に奥さんが予約していたツアー。日光東照宮に行ってみたいということで行ってきました。坂道などありますと、奥さんには肺疾患があり、酸欠になりますので手を引いたり、背中を押したりしないといけませんので付き添い気分で行ってきました。旅行も温泉も興味のない自分ですし、飛行機恐怖症でもあります。飛行機が離陸体勢からフワっと浮いた瞬間に、人生終わったなと思い、両手の平から汗が噴き出します。着陸時、下...

  2. 格安無人ドローンが日本の原発を破壊すれば、東京に人は住めなくなるだろう - 満たされぬ思い、日々の出来事

    格安無人ドローンが日本の原発を破壊すれば、東京に人は住...

    サウジの石油施設のドローン攻撃で大きな被害がありました。格安無人自爆型ドローンで正確に目標を破壊できることに驚愕しました。もし、原発に無人自爆型のドローンが大量に飛来し原発を攻撃すればどうなるのか。敦賀、美浜、大飯、高浜の13原発が狙われれば、少なくとも関東を中心とした広い範囲は人間の住めない地域となる。平和ボケした日本の未来は非常にあやうい状況下にある。福島原発事故の放射能汚染の広がり赤枠...

  3. 理解なんてしようとするから。 - 糸のない凧

    理解なんてしようとするから。

    きっと。理解なんてしようとするから、わからなくなってしまうんだ。きっと。理解なんてしようとするから、ひどく傷ついてしまうんだ。きっと。理解なんてしようとするから、怒りがどうにも込み上げるんだ。理解で繋がる私たちは、いつも理解をし得ない失望と背中合わせで。だからきっと。理解を通して愛し合おうとする私たちの試みは、いつだって儚く散りゆく運命なんだ。

  4. 26年前に中学教師から受けた「性被害」 敗訴のニュース - 満たされぬ思い、日々の出来事

    26年前に中学教師から受けた「性被害」 敗訴のニュース

    札幌市で中学3年生、15歳の時から、教師から性的な被害を受け、裁判を起こしていた41歳の女性が時効であるとして敗訴したという。経験したことがなければ、知らない人も多いでしょうが民事訴訟は被害をお金に換算するという裁判。タチの悪い人間は、雇った弁護士とともに、反証不可能な嘘を次々と並び立てるのが当たり前の汚い戦いの世界が裁判の場である。そのように弁護士も裁判官もクズ揃いの世界だから、判決は酷い...

  5. おそるべし算命学 - マミーの伝言

    おそるべし算命学

    月2回の算命学のお勉強が、ますます楽しくなってきました。基本に忠実な先生はご丁寧にみんなにわかるようにお話してくださるのでありがたいのですが、なかなか進まない。触りを話してくれて、これはまだ先の何巻だから~って、習得するまでいったい何年かかるかわからない。ぼやけてる。早く覚えたい私にとってはじれったいのですが、「人生のお勉強」として通うならば、良いお話がてんこ盛り。膨大な量の占術なのですが、...

  6. センチメンタルな船に乗って - ゆうゆうタイム

    センチメンタルな船に乗って

    気持ちが落ち込んでいる。解決できないことや抗うことのできないことが自分の人生にもたくさんあるのだなあと強く感じる。 今までの私らしくないし、いつもの私でもない。自分でもよくわからない。どうしようもないことが多くてかなしい。運命も人生もかなしい。 思えば、この背中にさまざまなものを背負って今まで生きてきた自分。なぜ今までこの重荷を感じなかったのか不思議な気がする。立ち止まるとけっこう辛いのだ、...

  7. 海辺の本棚『ミッテランの帽子』 - 海の古書店

    海辺の本棚『ミッテランの帽子』

    帽子が運命を変えて行く、よくあるオムニバス形式の展開かと思いましたら、途中からストーリーが三つ編みのように重なり合って、さらには思いがけない仕掛けもあり、大変楽しめるエンターテインメント作品でした。奇抜なストーリーであるにも関わらず絵空事と感じさせないのは、舞台設定に緻密な下調べがあったからだと思います。特に調香師や美術蒐集家については、専門的で、なおかつロマンチックな設定が用意されており、...

  8. お隣との関係 - 満たされぬ思い、日々の出来事

    お隣との関係

    町内の回覧版を届けるためにお隣へ。もう2年も姿を見かけていなかった高齢の奥さんがちょうど玄関にいたのでそれを渡す。その姿を見て驚き、ショックを受けた。自分の知っている奥さんは体格がガッチリとしており、冬になれば早朝から雪かきに出てくるような人であった。いまは見る影もなく痩せて、顔はしぼんでしまったかのように皺だらけであった。お隣とは、ある揉め事があって以来、親しくすることがなくなっていた。2...

  9. 死に対する恐怖も年齢を重ねると薄れる - 満たされぬ思い、日々の出来事

    死に対する恐怖も年齢を重ねると薄れる

    金曜朝、ゴミ捨てに出て、収集場所に納め、戻りかけたところで心臓発作が起きた。心臓が早鐘を打つように規則正しく痙攣して気が遠くなりかける。首に指先をあて、鼓動がある(心臓が動いている)のを確かめながら、息苦しさをこらえて5~60mほどの道を自宅までフラフラしながら歩いた。軽い死の恐怖を感じながら家に入り、ソファに座り、息を止めたり、深呼吸したり、あがいているうちに平常の心拍数に戻ってくれた。発...

  10. 運命 - ポジティブに行こう!婚活アドバ日々成長中  

    運命

    多摩地域のみなさまの『結婚』を応援する多摩婚倶楽部立川ワタナベです『運命かも』とにかく仕事が忙しくて休みもシフトのサービス業の男性手探りの婚活でも何とか時間を作っての婚活お相手もまた忙しい休みが合わないと悩みながらも結構会ってるお互いに会うことが常に前提だからトントン拍子に話は進んでくそしてデートの時『運命』を感じる♪そんな出来事があったって感激してたね『運命』だとしてもやっぱり真を開けずに...

  11. 続・病気は星座でできている - 世界はぜーんぶ星座通りにできている♪

    続・病気は星座でできている

    性質は運命を作っている。体はホロスコープでできている。だからホロスコープは、性質と病気を見透かすレントゲンみたいなもの。生殖は星が関係してるから、ホロスコープは遺伝するし、そして病気も遺伝する。ニュースを聞けば、私は向こう側(ホロスコープ)から想像してみます。派手な太陽は心臓を酷使する北米ツアーの延期を発表したローリング・ストーンズの延期理由はミック・ジャガーの体調不良。心臓の病気じゃないか...

  12. 入庫式 - おじさん秀之進の山中リタイヤ生活

    入庫式

    新聞を読んでたら、北海道の信用金庫で行われた新入職員を迎えるセレモニーの話題。信用金庫のセレモニーは、入庫式っていうんだそうですね。まるで自動車のような・・・(冗談)。ところで、その信用金庫、今年、新入社員入場時にはマーチングバンドの名曲「威風堂々」、辞令交付の際にはバイオリン協奏曲「四季」をBGMとして流したそうです。「威風堂々」はいいとして、辞令交付はベートーベンの「運命」の方がいいんじ...

  13. 運命を歓喜に - 浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

    運命を歓喜に

    絶対絶命。この最悪の状況をどう乗り切るか。Pinterest Hmaremixより「今、運命が私をつかむ。やるならやってみよ運命よ!我々は自らを支配していない。始めから決定されてあることは、そうなる他はない。さあ、そうなるがよい!そして私に出来ることは何か?運命以上のものになることだ!」(ベートーヴェン)「運命ショック」から2週間、ベートーベンのことを少しずつ知りたくなってきました。学校の音...

  14. 今日は心が穏やかな日です - 満たされぬ思い、日々の出来事

    今日は心が穏やかな日です

    今日は友人が訪ねて来るというので待っている。何時頃来るのかと確認すればいいのでしょうけれども、面倒なのでしない。土日は、現役で毎日働いている方々のじゃまにならないよう出かけないようにしているので、心はとても穏やかに過ごしている。机の前の壁いっぱいに、長女が時々送ってくれた、孫が生まれた時からの成長の記録写真を、その都度、自分でプリントしたものが貼ってある。ぼんやりと、それを眺めながら、仕事ば...

  15. 笑うしかない「運命」 - 浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

    笑うしかない「運命」

    「あほみたい」付き合ってると思ってたアメリカ人のレオくん。そのレオくんにフィアンセがいると紹介された娘。母、福子につぶやいた一言。悲しいけれど、おばかだった自分をちょっと笑うことば。Pnterest Hamaremix 「レキシの現在」より人は究極に近い出来事がふりかかってきたときにその重圧からのがれるために発する、いいことばがあります。「笑うしかない」です。締め切りまでとうてい間に合いそう...

  16. 韋駄天 - 或る定年退職者の日常超雑記

    韋駄天

    私が金栗四三の名を知ったのは今から十年近くも前、会社の同僚Kさんから教えられたことによる。ただし漢字の表記はその時ははっきりせず、ただ‘カナグリシゾウ’と覚えた。Kさんは会社では広報、人事に所属し、個人としてはマラソンが趣味で、また海外旅行を楽しみとしていることもあり各国の国際マラソンに何度も参加しているスポーツマンである。そのKさんから聞いた話では‘カナグリシゾウ’という人は日本マラソン...

  17. 占うということの意義〜主観と客観・主体と対象について -  diary@.ヨハネ 知のイノベーション「無知の知」

    占うということの意義〜主観と客観・主体と対象について

    昨今の 占い師 は自身が占う立場であるがためか、なんでもかんでも「 占う 」ことで問題解決につなげたいと思いがちですが、「占うという行為」についてもっと重みを持たせてもいいんじゃないかと感じています.この「重み」とは、やたらめったら占うのではなくどういった時占うのかの、機を得るタイミングについて自分なりのルールを作るという意味と、せっかく占って得られた答えなら、その意義を最大限貴重視するとい...

  18. ヘッポコ運命論 - 或る定年退職者の日常超雑記

    ヘッポコ運命論

    漱石の‘虞美人草’に運命についての記述がある、と村上春樹が‘海辺のカフカ’の中で述べている。‘虞美人草’自体、漱石にしては大した作品とは思わないので、改めて確認はしていない。‘運命は神が考えるもの’という主旨らしい。‘考える’だけではつまらないので、‘運命’とは神が考え、人に対する配布権を専権事項として持っているものという意味に解釈したい。また、一括りに‘運命’と言っているが、具体的な詳細...

  19. 続・占いKさんと私 - 或る定年退職者の日常超雑記

    続・占いKさんと私

    Kさんは私より一回りも若いのですが、既に30年以上に亘ってお付き合いいただいている親友中の親友です。独身の身軽さから世界中を歩いており、教養や見識が十分に高いので人生論から下ネタまで何を話していても楽しく、感性や好みが合う時は勿論、議論になったとしても結論がすぐ一致してしまいます。例えばお笑い芸人の大御所、たけし、さんまはさほど面白いとも思われず、高田純次や大竹まことにはにんまりさせられる...

  20. いい言葉(仕事の心得) - あすなろ

    いい言葉(仕事の心得)

    ☆毎日が苦労だ、面白くないと感じているうちは、よい仕事ができるものではない。(仕事の心得/2松下幸之助)

総件数:116 件

似ているタグ