過去問学(実技)のタグまとめ

過去問学(実技)」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには過去問学(実技)に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「過去問学(実技)」タグの記事(15)

  1. 過去問のツボ押し~不動産取得税~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~不動産取得税~

    2018年5月2級実技試験(資産設計提案業務)より不動産を取得し保有した場合に係る税金を整理すると、以下のようになります。税額の計算ではすべて「固定資産税評価額」が基準となっている点がまず基本です。取得したときは都道府県、保有中は市町村とおおざっぱに整理して、余裕があれば試験直前に「登録免許税=国税」を頭に入れましょう。特に贈与には課税され、相続では非課税になる点をしっかり押さえてください(...

  2. 過去問のツボ押し~投資信託の商品性~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~投資信託の商品性~

    2017年1月2級実技試験(資産設計提案業務)よりこの問題はのキーポイントは、なんと言っても「株式投資信託」の部分です。まず、公社債投資信託ですが、大きな特徴は「株式をいっさい組み入れることができない」ということです。あくまで公社債を中心に運用するため、上場ということはあり得ません。一方の株式投資信託は、公社債の他に株式を組み入れて運用できる投資信託です。株式が入っているのでともすると「上場...

  3. 過去問のツボ押し~損害保険の保険金支払い~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~損害保険の保険金支払い~

    2017年9月2級実技試験(資産設計提案業務)より損害保険に関する問題ですが、今回は傷害保険と賠償保険に関する出題です。傷害保険は原則「ケガ」に対する補償です。さらにそのケガは突発的なものでなければ対象外となります。”FP試験<急所13>普通傷害保険”では、支払対象外をNGワードとして列挙しましたが、その中の「靴ずれ」や「しもやけ」が対象外の代表です。どちらも急に負傷したケガではないからです...

  4. 過去問のツボ押し~投資信託・個別元本①~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~投資信託・個別元本①~

    2018年1月2級実技試験(資産設計提案業務)より投資信託に関する出題ですが、とにかく「個別元本」の部分をしっかり押さえましょう。「個別元本」とはごく簡単に言えば、投資信託による収益である「配当」の課税額を計算するとき、どれだけの金額から収益(=配当)を出したのかを示すものです。だから「元本」であり、それが購入者ごとに異なる金額なので「個別元本」とよびます。銀行の定期預金では最初に預けるお金...

  5. 過去問のツボ押し~投資信託・個別元本②~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~投資信託・個別元本②~

    2019年9月2級実技試験(資産設計提案業務)より今回の問題は、収益分配後の基準価額が最初の個別元本よりも下落した場合のものです。前回と同じように状況を図示すると以下のとおりです。今度は分配後(決算時)の基準価額が、最初の個別元本を下回っています。この場合は配当金の分配後、個別元本は決算時の基準価額の13,580円に修正します。普通分配金との割合は変わり課税額は増えますが、「元本払戻金」があ...

  6. 過去問のツボ押し~不動産の譲渡所得~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~不動産の譲渡所得~

    2018年9月2級実技試験(資産設計提案業務)より不動産を譲渡したときの譲渡所得は、分離課税として次の式で計算されます。譲渡所得 = 収入金額 -(取得費 + 譲渡費用)文字通り、収入金額から必要経費を差し引いたものを所得とするということですが、「取得費」に関しては一定の取り決めがあります。取得費・購入時の代金・仲介手数料(取得時)・登録免許税(登記にかかる税金)・不動産取得税etc.......

  7. 過去問のツボ押し~不動産登記(抵当権)~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~不動産登記(抵当権)~

    2017年9月2級実技試験(資産設計提案業務)より不動産登記の問題では、今回のように乙区のみを材料にして出題されることがあります。”過去問のツボ押し~不動産登記~”でもすでに述べましたが、「所有権に関する事項はすべて甲区に記載される」というのがここでも基本となります。「権利者その他の事項」欄に「債務者・・・住吉健」とあります。債務者であれば普通に考えて土地を持っていると考えてしまうところです...

  8. 過去問のツボ押し~不動産登記~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~不動産登記~

    2019年1月2級実技試験(資産設計提案業務)より不動産登記の基本は、登記簿の構成です。(”FP試験<ツボ27>不動産登記”を参照)所有権に関してはすべて「甲区」に記載されることをしっかり押さえましょう。他に「差押え」や「仮処分」もここに含まれますので、合わせて記憶しておいてください。ここが基本であり、とても大切な部分です。したがって、問題文中(ウ)にある抵当権に関する事項は「乙部」というこ...

  9. 過去問のツボ押し~容積率(応用)~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~容積率(応用)~

    2018年5月2級実技試験(資産設計提案業務)より床面積の最高限度とは「容積率」のことです。容積率は、前面道路の幅員(道幅)によって計算方法が異なります。検定で出題されるのは、ほぼ間違いなく道幅が12m未満の場合の方です。ただし今回の問題では面している道路が2つ存在しています。この場合は、道幅の広い方を前面道路とすることになっています。ここが本問題のポイントで、少しひねりを加えています。①指...

  10. 過去問のツボ押し~相続での死亡保険金の扱い~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~相続での死亡保険金の扱い~

    2018年5月2級実技試験(資産設計提案業務)より相続時の死亡保険金は、本来の相続財産とは別に「みなし相続財産」として扱われます。この死亡保険金には非課税限度額が設定されています。死亡保険金の非課税限度額=500万円×法定相続人の数今回のケースでは、法定相続人は圭一、淑子、修二の3人ですから、非課税限度額=500万円×3人=1,500万円受け取る保険金額のうち、1,500万円までは非課税とな...

  11. 過去問のツボ押し~減価償却~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~減価償却~

    2018年1月2級実技試験(資産設計提案業務)より「減価償却」はタックスプランニングで登場するものですが、聞き慣れないとテキストの説明を読んだだけでは具体的な理解が難しい場合もあります。特に初学の場合には、わかったようでわからず、結局赤字の部分を暗記して済ますこともしばしばです。単純な出題ならこれでも通用しますが、今回のような計算問題として出題された場合には応用が効かず、思わぬタイムロスを被...

  12. 過去問のツボ押し~資料の読み取り~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~資料の読み取り~

    2017年5月2級実技試験(資産設計提案業務)より実技試験(資産設計提案業務)では、今回のようなデータを提示して分析させる出題が時折見られます。ライフプランに関するものや金融など、これと言った特徴はありませんが、いずれにしても普段から新聞などで目にするお金に関するデータを正確に理解していることが求められているといえます。まず(ア)については、国公立の39.5万円と私立双方の約60万円とは明ら...

  13. 過去問のツボ押し~ファイナンシャル・プランニング・プロセス~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~ファイナンシャル・プランニング・プロセス~

    2017年1月2級実技試験(資産設計提案業務)よりファイナンシャル・プランニング・プロセスには6つの手順を踏むこととされています。①顧客との関係確立②顧客の現状や希望目的等の情報を聞き取る(ヒアリング)。③顧客の情報を基に、現状の問題点を分析する。④問題点に対する対策やプランを提案する。⑤プランの実行を支援する。⑥定期的にプランの見直しを行う。素直に6つのプロセスを覚えてしまっても構いません...

  14. 過去問のツボ押し~著作権~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~著作権~

    2017年9月2級実技試験(資産設計提案業務)より著作権に関する出題は頻度としては少ないですが、ポイントが限られる内容なので簡単に得点できる部分です。著作権法上の「引用」の要件(主従関係)・自分の著作物 = 主・引用部分 = 従著作物を作成する際に、他の著作物を許諾なく使用できないのは原則ですが、「引用」は必要な要件を満たすことによりこの例外として認められています。よく見かけるものには著作物...

  15. 過去問のツボ押し~住宅ローン繰上げ返済~ - 覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

    過去問のツボ押し~住宅ローン繰上げ返済~

    2018年5月2級実技試験(資産設計提案業務)より住宅ローンの償還予定表を使った繰上げ返済に関する出題です。問われていること自体はごく簡単な事柄ですが、問題文が示しているところが償還予定表のどの部分のことなのかを正しくつかまないと、選択肢に引きずられて足をすくわれかねません。やさしい問題だからこそ慎重に得点しましょう。問題文にあるよう「…46回返済後に」繰り上げ返済をするわけですから、46回...

総件数:15 件

似ているタグ